相互リンク先の最新記事一覧!

【浮気】嫁の出産月に嫁の母親とセックスして妊娠させた 【不倫】

嫁の知香が妊娠、予定日が近づいてきたら嫁の母親(お義母さん)がうちに泊まりにきてサポートしてくれるようになった。



知香はお義母さんが若いときに産んだ子で、お義母さん自身も若く(40歳代)て美人。

お義母さんがもし知香の年齢だったらきっと知香よりも美人でかわいいと思う。



お義母さんはよく「早く孫の顔が見たいわぁ」と言っていて、知香のお腹の中の子はもう男の子だと分かっているので尚うれしく思っている。



嫁の出産予定日の月になり、妊娠が分かって以来ずっと嫁とセックスしていない欲求不満の僕は、お義母さんとカラダの関係を持ってしまった。



お義母さんと言っても一人の女性。その女性と同じ家、鍵のしていない隣の部屋で夜は寝ている。



嫁が体調があまり良くないと早く寝てしまった夜に

お義母さんが寝ている部屋(寝室のとなりの部屋)で・・・



お義母さんはルームライトの豆球(オレンジ灯)を点けて寝ていて辺りはよく見えていた。


体験談関連タグ

|||||||

2015年5月31日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【近親相姦】夢の中で肉親相手にどこまでできる?【血縁SEX】

心理学とかそっちの世界に「自覚夢」って言葉があるのかどうか知らないが、

たまに夢を見ながら、自分で「これは夢だ」と分かってることがある。



そんな夢を見たら「これは夢だから痛くないはず」と自分の頬をつねってみる。

ベタで恐縮だけど。いやマジで、夢の中で頬をつねっても、つままれてる感触だけで

全然痛くないんだよな。おまえらも試してみたら?





 ☆☆ ☆☆ ☆☆





これは俺が中3の夏休みに見た「自覚夢」の話。



その日、地元の夏祭りに行ったら、卒業したヤンキー系の先輩と出くわした。

俺は別にヤンキーの仲間じゃないけど、なんでか目をかけてくれてた人で、


体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年9月28日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】明美を孕ませる【隣の芝生】

「ウッ!クッ!出る。出る!ウッウッツ、まだ出る!ウッウッ」

ブリュブリュ〜 リュ、ブリュリュリュ〜という擬音を伴って一週間溜めた大量の精液が高速に尿道を擦過する。脳が痺れる快感だ。無垢の処女地に無責任に汚液が撒き散らされる。

「フー…明美、やっぱり初物は絞まりが違う。こんなに早くイッテしまった。たっぷりと子種を注ぎ込んでやったからな。」

「先輩、ひどい〜い」

俺はチンポをひねって残汁を絞り出し乳にかぶりつく。歯形をつけてやりたかったがやめておく。

「処女膣に精液を注ぎ込んで一生取れない臭いを染み付かせるのは生チンポで処女膜を破った男の義務だからな。ヒダヒダにぬり込んでやるからな。」亀頭で膣壁をこする。

「そんなあ〜彼、楽しみにしてたんですよ。初夜に私の初めてのものをもらって中に出すんだって。それまでは我慢するって。彼に悪いい〜」

「じゃあ、彼に言ってやろうか?明美の処女膜は俺のでかい生チンポで破ってやったって。ついでに特濃の子種を撒き散らしてやったって。」

「や、やめてください。来月結婚式なんですよ。」テニス部の後輩だった明美は来月資産家の息子と結婚するらしい。今時珍しい童貞処女で結婚するまでは純潔を守ってたらしい。(天然記念物か、お前ら…)

「先輩、早く抜いて下さい。早く洗わないと赤ちゃんできちゃう〜」明美は半べそだ。

「うん?何を抜いてほしいんだ?」

「せ、先輩のそれ…」

「ちゃんと言わないと抜かないぞ。明美のオメコから子種を撒き散らしたチンポを抜いて下さいって。」

「そ、そんな恥ずかしいこと言えない〜」

「早く言わないと子種が奥に染み込むぞ。早く言ってみろ。」


体験談関連タグ

||||||||||||

2014年9月19日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】看護師 弓子【隣の芝生】

看護師、俺は看護婦さんと呼ぶのが好きだな。看護婦さん、特に人妻の看護婦さんは開放的で性にも積極的な女が多い。弓子もその一人。34才、子供はいない。旦那は千葉に単身赴任中で1ヶ月に一回帰ってきても疲れたと言って寝てしまうらしい。俺が足の骨折で入院した時に知り合った。一目見てヤレルと思った。厚い唇に光をためた目。ユニフォームがはち切れそうな乳と尻。話しやすくエロ話にも付き合ってくれる。入院中のオナニーのオカズにしていた。ある日弓子が検温に来たとき、膨らんだ股間を見せた。腹に力を入れてピンビンビンとチンポを振った。弓子は視線をそらさず鼻を鳴らしニヤッと笑った。退院の日にダメもとで携帯番号とメアドを書いたメモを渡して

「今度付き合ってよ。」と。弓子は何も言わなかった。連絡がなく諦めかけたころ、メールがきた。夜勤明けは遊びたいからどっか連れてって やったあ〜 弓子の夜勤開け、朝6時半に車で迎えに行った。私服の弓子はまぶしく、舐めるようにからだを盗み見る。生足の太ももが白い。突き出た胸、座席をおおいつくしている巨尻。車の中で俺のチンポが小鬼のように勃ってきた。腹が減ったと言うので早朝からでもやってるファミレスへ。思ったほど食べなかったが、よくしゃべった。夜勤開けはたまってるらしい。病院での辛いことや旦那に対する不満。話の中からどうやら旦那がEDであることがわかった。もう2年になるらしい。34才の女盛りにEDの旦那は可哀想だわな。ようガス。俺がご奉仕しよう。車に戻る。車の中では弓子は口数が少なかった。足をモジモジさせている。手を握ったら手のひらがシットリと湿っている。アソコが濡れているはずだ。俺は意を決して弓子を早朝のモーテルに連れ込んだ。弓子は何も言わなかったが階段を登るとき、ひざがガクガクして手を貸してやらないとまともに歩けない。部屋に入って直ぐに後ろから抱きしめてやる。ボディソープのいい香りがする。(病院でシャワーを浴びてきたのか?…

弓子はアカンと言ってへなへなと床に座り込む。俺はもしやと思って弓子の股ぐらに手を突っ込にパンティの脇から淫肉に指を進める。あらら、底が抜けてる。グチョグチョだ。ベージュのパンティのシミがひどい。その事を告げると…

「ごめん…一回指で逝かせて…」

つづく…

体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年8月21日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【浮気】彼女の友達【不倫】

僕の彼女・里香の友達に裕子(27歳)ちゃんがいる。

 身長は150cmくらいだが胸は大きく、お尻もデカくて巨尻だ。顔は眉がくっきり、きりっとしてて卓球の愛ちゃんみたいな顔をしている。

 彼女の里香の部屋で3人で飲んで、僕の車を置いたまま寝ることに・・・。裕子ちゃんは里香の車にのせてもらっている。

 里香と僕はベット(ローファーベット)に、(生倉)裕子ちゃんは来客用の布団で寝ることに・・・。

 結構3人とも飲んでいて、里香は途中で体調が悪くなって寝てしまった。じゃあ、お開きということで眠りについた。

 夜中、裕子ちゃんがトイレから出てきた。

 僕もあまり眠れず、裕子ちゃんに「慣れない枕だと寝れんでしょ。」というと「そうだね、最近(保母さんの)仕事で疲れて寝れなくて・・・。ストレス溜まってるし・・・。彼氏も忙しくてできんし・・・。さびしいよ・・・。」

「ふーん。保母さんの仕事ってやっぱり大変なんだねー」

「まっくん(牧野だからまっくんと呼ばれている)さぁ、わたしのストレス解消してくれんかなぁー」

「えっ、どうやって?」

「ふふっ」

 いきなり里香と僕のベットの布団に手を入れてきて、アソコを触り始めました。

「だめだよ。里香いるし・・・。」

「しーっ! 里香ちゃん向こう向いてるから・・・。こっち(の布団)来て。」

 ローファーベットなので高さがほとんどなく、1メーター以上離れているが高さ的には、真横に里香がいる感じ。


体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年7月26日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【寝取られ】続・私が高校の夏休み頃の話です・・・ 【鬱勃起】

その日は母と一緒に帰り、後日病院に来た時、松葉杖を突いて休憩所に居るおじさんを見付け、この間の事を聞いてみると、



「ああ、もう興奮が収まらなくてなぁ・・・奥さんに話し掛け、近づいて来た所で尻を撫でて見たんだ。奥さんは「キャッ」と言いながら、冗談は止めてって言ってたんだけど、奥さんに勃起したチンポ見せたら、無言で顔を背けただけだったから、試しに握らせたら、さすがに怒っちゃってねぇ・・・足が痛いから正座は出来ないが、必死に頭を下げ、どうか一度だけでもってお願いしたら、絶対ダメって言われて・・・」



「断られたんですか?」



「うん・・・それでもしつこく何度も何度も頼んだら、こんなおばさんに・・・服の上から触るだけならって言ってくれて」



 おじさんの話によれば、その後カーテンを閉め、母の胸を服の上から揉みながら、おじさんは自慰をしたそうでした。いきそうになったおじさんは、慌ててティシュでチンポをくるみ、ティシュからはおじさんの精液が滲み、ティシュを貫いたチンポを見た母は、無言でティシュを手に持つと、後処理を手伝ってくれたそうだった。



「これからも触るのは良いかなぁ?って聞いてみたら、服の上からだけよって、主人や子供には絶対内緒ねって、クスって笑ってたっけ」



「それで、この前母の尻を・・・」



「ああ、何か君の親父さんから寝取った気分になって、親父さんの目の前で触ってやろうとね」


体験談関連タグ

|||||||||

2014年7月2日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】新メニュ−【鬱勃起】

家は小規模ながら中華料理屋をしています。メニュ−の種類は少ないのも影響してか人気店って分けにはいきませんが、何とか潰さずに両親は頑張っています。

私が高校の頃一度潰れるかどうかまでなった事がありました。父が身体を壊し3ヶ月程入院した為、母が一人で店を切り盛りしていたのですが、メインとなるラ−メン担当は父だった為、母は悪戦苦闘しながら頑張っていたのですが、次第に客足は遠のいていったのでした。

そんなある日の昼の事、テスト期間だった為昼には家に帰っていた私も店を手伝っていましたが客はほとんど来ませんでした。

2時になったので17時までの休憩時間にしようと店の暖簾を中に仕舞っていると、

「あら、もうお終いかな?」

私がそちらを見ると年配の男性がニコニコしながら立っていました。私は母に確認すると、母は目でご案内してと合図をしたので、私はどうぞとおじさんを招きいれそのまま暖簾を仕舞い奥に下がった。

しばらくすると母達はラ−メン談義を語っていたのだが、

「エッ!?本当ですか!!鶏がらを・・・なるほど・・・」

母はおじさんの話を感心しながら聞いているようだったのだが、

「それは・・・困りますぅ・・・そう仰らないで・・・アッ」

そんな言葉を聞きチラリと奥から店内を覗き見ると、メモを取る母の尻をおじさんは撫でながらニコニコしておじさんのラ−メンマニュアルを母に教える。

(50近い母の身体を・・・ゴクリ)

私は母がどうするのかその後の行動に注目した。



「もっと知りたかったら・・・フフフ、奥さんもうちょっとサ−ビスしてもらわにゃ」


体験談関連タグ

|||||

2014年7月1日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】合格パーティー【隣の芝生】

友人のAから聞いた話。

話はうまいが妄想癖と虚言癖がひどい奴だから、

ネタというか創作として聞くのが適当かと。今年の春休み、Aが主宰する塾の打ち上げがあって、

名門私立中に無事合格した教え子と保護者が呼ばれたんだ。

塾つっても学生がやってる小さい所で、打ち上げもAのマンション自室。

もっとも塾経営で羽振りが良いのか(一応、学生なんだけどな)、

郊外だけど結構高級な物件ではある。

俺もよく行くんだが、リビングはちょっとしたパーティーができそうな広さで、

いっちょ前にソファーセットも何組かあった。打ち上げに来たのは、小学校を卒業したばかりの男子5人と保護者。

平日の昼間だから全員母親だった。名門私学を狙うくらいだから、

餓鬼はみんなボンボンだし、ママも上流夫人…とまでは言わんが

上品な有閑マダムって感じ。かなり気合を入れた服装と化粧だが、

テンション高めで喜びを隠し切れない様子だ。

息子の合格が決まったばかりだから仕方ないが。取り寄せのランチを食べながら、みんなでカラオケ大会。

騒音の苦情は来なかったのか?調子が乗ってきたところでゲーム大会に続く。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月18日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】私が高校の夏休み頃の話です・・・ 【鬱勃起】

私が高校の夏休み頃の話です・・・

法事で実家に帰っていた親父ですが、親戚の子供と遊んで居て夢中になり、

木登りしていて落ち、田舎の従兄が送ってくれたものの、足を骨折して帰って来ました・・・



病院に連れて行ったら、父は全治一ヶ月、

入院して3日後に手術する事になってしまいました。

母は、何しに行ったんだかとブツブツ文句を言いながらも、

仕事帰りには毎日父の入院している病院に顔を出していました。

当時の母は40過ぎ、肉付きの良い少しぽっちゃりとした巨乳、巨尻の持ち主で、

私が子供の頃、母の尻をサンドバック代わりにして、よく怒られたものでした・・・



その病院は、それほど大きくなく、病室も二人部屋でした。

父と同室だったのは、父と同年代ぐらいの、少し毛の薄いふくよかなおじさんで、

私が父のお見舞いに行った時も、気さくに会話してくる優しそうな人でした。




体験談関連タグ

|||||||||

2014年6月18日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【浮気】彼女の横で巨尻の生倉裕子ちゃんとセックス【不倫】

僕の彼女・里香の友達に生倉裕子(いくらゆうこ)(27歳)ちゃんがいる。今は保育園の先生をしている。

身長は150cmくらいだが胸は大きく、お尻もデカくて巨尻だ。

顔は眉がくっきり、きりっとしてて卓球の愛ちゃんみたいな顔をしている。

彼女の里香の部屋で3人で飲んで、僕の車を置いたまま寝ることに・・・。裕子ちゃんは里香の車にのせてもらっている。

里香と僕はベット(ローファーベット)に、(生倉)裕子ちゃんは来客用の布団で寝ることに・・・。

結構3人とも飲んでいて、里香は途中で体調が悪くなって寝てしまった。じゃあ、お開きということで眠りについた。

夜中、裕子ちゃんがトイレから出てきた。

僕もあまり眠れず、裕子ちゃんに「慣れない枕だと寝れんでしょ。」というと「そうだね、最近(保母さんの)仕事で疲れて寝れなくて・・・。ストレス溜まってるし・・・。彼氏も忙しくてできんし・・・。さびしいよ・・・。」

「ふーん。保母さんの仕事ってやっぱり大変なんだねー」

「まっくん(牧野だからまっくんと呼ばれている)さぁ、わたしのストレス解消してくれんかなぁー」

「えっ、どうやって?」

「ふふっ」

いきなり里香と僕のベットの布団に手を入れてきて

アソコを触り始めました。

「だめだよ。里香いるし・・・。」


体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年6月5日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談
1 / 41234

このページの先頭へ