相互リンク先の最新記事一覧!

【近親相姦】妹二人の全裸【血縁SEX】

去年、俺と彼女とでイタリアに旅行に行く計画を立ててたんですけど

そこに俺の妹達も便乗するってことになったんです

まぁ別に彼女とのエッチも飽きてるし、まぁどうでもいいやと・・・

妹は二人いて、高3と中2です。二人とも海外は初めてということもあり、

はしゃぎっぷりはすごいものがありました。

保護者の俺としては、大人しくしてほしいところもありましたが、

俺の彼女も妹達と気があったみたいで3人ではしゃぎまくり・・・

なんとかホテルにつくと、全裸のイタリア人・・・・・

えぇ・・・・何故?疑問はすぐに解けました

ホテルのプライベートビーチは水着ご法度・・・いわゆるヌーディストビーチ

おぉぉぉっと俺は心踊ったんですけど、女3人は険悪な感じ・・・

俺の彼女はなんとか説得して、ビーチへ

下だけはいてる人もいるし、全裸の人もいるしで

俺の下半身はギンギン・・・

砂浜に上がれない状態はそんなには長くはつづかなかった


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年11月6日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】許されない恋?【血縁SEX】

事件がおきたのは多分姉に打ち明けられた二週間後ぐらいの時、その日姉は仕事が休みで彼氏とデートするらしく浮かれていた。僕はさっさと支度をして学校に向かった。

四時間目を終え昼休みになったとき五時間目に使う数学の教科書を忘れた事に気付き昼休みは30分ぐらいある為家まで15分ぐらいかかる距離なのでチャリで飛ばせばギリギリで行けるだろと、先公に見つからぬ様急いでチャリで校門をでた。

何とか12分ぐらいで家に着き玄関の鍵を差し込み開けるが開かない

「お姉ちゃん鍵閉め忘れたのか」と思いながら鍵を開けると家の中は静だった。急いで二階の自分の部屋に行き教科書を手にし玄関を出ようとした時かすかに姉の声が聞こえてきた。

その声は少し苦しそうな、声で長い廊下奥にあるお風呂場から聞こえる様だった。何となくきになった僕はそっと洗面所のドアを開くと風呂場のドア越しから姉のあの声が聞こえてきた。すぐに彼氏とやってると気付いた俺は洗面所をでて家をでた。

それから学校でおきた事は覚えてなく、その日は家に帰らず、香織の家に行き何度も何度も香織の体を求めていた。

でも何度も香織としていても姉のあの時の声が忘れられず香織を姉に見立てては犯していた。

あれ以来俺は姉への気持ちがまた強くなっているのに気付いた。「姉のあの声を独り占めにするのは俺だ、姉は俺だけの物にしてやる」と思う様になっていった。続く

体験談関連タグ

|||

2014年10月2日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】山梨旅館【鬱勃起】

4年前の話。

おれが会社に入社して5年目の時、短大を卒業したばかりの由紀子がうちの課に配属された。

まだ二十歳そこそこの由紀子は、男ばかりの職場にとって花のような存在だった。

顔は普通よりちょっとかわいいくらいだったが、スタイルが抜群によかった。

特に大きい胸と、くびれたウエストのギャップがたまらなかった。

当然彼女はチヤホヤされた。

競争率は高かったが、おれは猛烈にアタックした。

その甲斐あって、2ヶ月ほどしておれと由紀子は付き合うことになった。

ただ、一つだけ由紀子には心配な事があった。

というのも、彼女は酔うと場の雰囲気に流されやすくなる性質だったのだ。

本人も「飲むとHな気分になる」と言っていた。

初めて由紀子を抱いた時も、二人で飲みに行った帰りだった。

もちろん本人もこれじゃいけないと自覚しているらしく

「信用できる人以外とは飲まない」

と言っていた。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年9月7日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】婚約寸前の彼女が…【鬱勃起】

ようやく、心が落ち着いたので、きりを付ける意味で実際にあったことを話します。

私は22歳で21歳の彼女がいます。彼女とは学生の時にアルバイト先が同じでそこで仲良くなって付き合いました。

彼女は私が言うのも何ですが、かなり可愛くて芸能人でいうと新垣結衣を少し小柄にしてさらに笑顔を可愛くした感じです。

付き合い当時は彼女は19歳で過去に付き合ったことがないと言っていたので恋愛には奥手のタイプかもしれません。いろいろと聞くと何度か告白もされたし言い寄られたことはあるようですが、強引な感じがして怖いというトラウマがあったようです。私と付き合えたのは私といると安心するとか落ち着く感じがするというのが最大の理由のようです。

こんな彼女なのでまさか浮気はしないだろうと思ってましたし

実際に3年間浮気せず私一途でいてくれたのは事実です。

彼女とのエッチもすごく彼女は恥ずかしがりやでこんな子とエッチができてかなり幸せな気分でした。

私が社会人になり、彼女も大学を卒業する時期になってきたので結婚を意識して時期を考えていました。

そんなある日、私の友人と話しているときに「本当にみき(彼女の名前)ちゃんは浮気しないのかなー、他の男はほっておかないのに」と、言ってきました。私は絶対しないよて」言い返しました。

そこでその友人から本当に浮気しないか提案をしてきたのです。

私は少し戸惑いましたが、彼女のこと信じているし、少し興味もあったのでどんな提案か聞いてみました。

その提案とは

私が彼女とデートをする時に直前で用事ができてドタキャンをする。そこでその友人が彼女に声をかけてご飯に誘ってみるということでした。条件として彼女との行動は逐次メールで報告する。彼女との会話は携帯の会話状態にする。彼女に強引に口説かない。などなどです。

隠れてこそこそするわけでもないし、その会話から私がどうしても我慢できない場合は連絡するものでしたので安心かなということもあり了承してしまいました。

そして、ある夏休みの日に彼女と待ち合わせをしてドライブに行く予定を立てました。彼女がいつもの待ち合わせ場所で待っているときに電話をして「ごめん、、急に実家に帰らないといけなくなった、、もう来てるよね?」


体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年8月29日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】彼女との体験【鬱勃起】

読みづらい文章で申し訳ありません。

初めて投稿します。

私38歳、彼女27歳のカップルです。海外に住んでいます。 

皆さんのようなすごくはないのですが、先日の体験を書かせていただきます。

先日彼女と出かけたとき、食事の後ブラブラしながらアダルトストアー(大人のおもちゃ)のお店の前を通りました。

彼女に「ここに入ろうよ」と言うと普段は嫌がるのにあっさりとOKしてくれました。       

 

こっちのアダルトストアーは中に個室のようなものがあり(一人用ですが)そこでDVDが見れるようになっています。そして壁に直径20cmくらいの穴が開いていて隣の部屋とつながっています。Glory Holeと言うそうです。(海外のポルノサイトで検索するとどんなのか見れます)

少しおもちゃを物色しながら恥ずかしがる彼女を奥のの個室のコーナーへ彼女を連れて行き個室の並んでいる廊下をうろうろしていると、後から2,3人男性が来ました。

彼女に個室の中を見せて「ほら穴が開いてるよ」と言うと「え?何の穴?何するため?」と聞くので、「男性がここから出してくるからフェラするんだよ」と言うと「えーうそ。恥ずかしいからもう出よう」というので、「もう少しいいじゃん、中に入ろうよ」と言って中に連れ込みました。

ドアを閉め鍵をかけて、機械にお金を入れてビデオを描けるとGlory Holeのビデオをやっていました。

「本当に穴から出てる」といいながら見ていたので、いすに座らせキスをしていると

右隣の穴から誰か覗いていました。

彼女はそれに気づかずビデオを見ていたので、私は覗いている彼に目配せをして、

彼女のおっぱいを触り始めました。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年8月28日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】自分が寝ている間に彼女が・・・【鬱勃起】

僕が高校生の時、付き合っていた彼女のせいで女性恐怖症プラス、変態になってしまいました。

僕が17の時、初めて彼女ができました。名前はユウカ(仮名)といいます。

同じ高校でクラスも同じ、僕の方から告白し付き合うことになりました。

ユウカは顔も整っており、スタイルも抜群でした。そんな彼女ができたことを当時は自分でも信じられないくらいです。

しかし、ユウカは気が強くとてもわがままでした。反対に僕は、言いたいことを口にできないようなおとなしい性格です。

付き合いはじめの1ヶ月くらいは、お互い慣れていないこともあり、気を使い合っていたのですが、そのうちユウカはどんどん本性を現して

きました。僕は完全にユウカの尻に引かれておりました。

ユウカは自分の機嫌が悪いときは、僕のことを完全無視、逆にテストの勉強などで僕が忙しいときでも、自分の気が乗っているときは、全く

遠慮せずに強引に遊びに連れて行かれたりしていました。

ユウカは僕が初めての人ではなく、男性経験もそれなりに豊富でした。

そのせいか、ユウカは僕とのセックスには不満だったようです。最初はもちろん何も言われなかったのですが、回数を重ねるうちに不満を口

に出すようになりました。

「K(自分)って早いよね」とか、「前の人としたときはもっと気持ちよかった」など、自分にとってはひどく傷つくようなことも、平然と

言い放ちます。

たしかに、僕は早漏だし、セックスの経験もなかったので何も言い返せませんでした。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年8月27日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】彼女と1度別れて復縁【鬱勃起】

彼女と1度別れて復縁したんだけどさ。

別れてる時に他の男と付き合ってヤった話を聞いちまった。

付き合って2年ぐらいした時にくだらない喧嘩をして別れたのよ。

まぁ彼女の一方的な我侭が原因だったからいずれ戻ってくるとは思ってたんだけど。

で、案の定4ヶ月したら「復縁しよう」って電話がかかってきて復縁したんだ復縁した後に4ヶ月間なにしてた?って聞かれたからちょっとイジワルしてやろうと

「他の女と付き合ってた」って嘘ついたら「私も色々あったよ」って。何があったの?と聞いてみたら

「別れた後すぐに告白されて付き合った

でもその男は元彼女と浮気をしてて別れた

改めて私には○○←俺の名前 しかいない」と言われた。

あぁ…こいつ他の男とヤってたんだ…ってすげーショックだったな。

嘘でもあんな事を言わなきゃこんな話題にもならなかったかも知れないのにって。復縁してから彼女と出かけたら「別れてる間に付き合った元彼の家がこの辺りだった」と聞かされた。

と言っても彼女も男の家には行った事が無いらしいが。

じゃあラブホ行ったんだーと勝手に俺が解釈してた。翌日、久々にラブホにでも行こうか?って話になり彼女に

「どこかおすすめのラブホって無い?あったらそこに行こうよ」と言ったら

「私はあなたとしかラブホに行ったことないよ」だって。


体験談関連タグ

||||||||

2014年8月25日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】DQNの手でヤリマン化した幼なじみ【鬱勃起】

高校1年の時の話です。

当時、僕は幼なじみのレイコと半分付き合っている様な状態でした。

告白はしていなかったけど、しょっちゅうデートをしたり、お互いの部屋に行き来したり・・・。

少なくとも、僕は恋人だと思って接していたんです。

家は隣で小中と同じ、成績の良い彼女と同じ高校に進学するために必死で勉強したものです。

誕生日に叔父からプレゼントされた双眼鏡で、受験勉強の合間に屋根裏部屋に昇って彼女の部屋を覗き見していた事もありました・・・。

レイコは結構可愛くて、眼鏡がとてもよく似合う女の子でした。

3回くらい告白された事があるとか、彼女の友達が言っていたのを覚えています。

1回目は小学生の時、2回目3回目は中学生の時と。

引っ込み思案な彼女は全てお断りしていたそうですけど。

僕とレイコが付き合っていた事を知っている人はあまりいなかったと思います。

5月に入った辺りの事です。放課後、レイコとゲームセンターで遊んでいるとAに声をかけられたのです。

「久しぶりだなぁオイ」

Aは近所に住んでいた素行のよろしくない男でした。僕より5歳年上で小学生の時から彼を知っていますが

弱い者イジメと暴力が大好きで、僕も何度か被害に遭っていたものです。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月23日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】Y佳菜とS店長、その後【鬱勃起】

その後、自分はこっちに人が来ないかビクビクしながら隠れていました。

時間にして10分くらいでしょうか、Y佳菜は動けなくなっているよう

で、S店長とGが会話をしていました。

G「マジでこのコたまんないね」

S店長「いいでしょ?フェラうまいっしょ?」

S店長とY佳菜の関係が想像出来てきました。2人の会話はあまり大き

な声では無かったのでこれ以上は聞こえませんでした。

時間は12時前、さすがにもう何もないだろうと動き出すのを待ってい

ました。

G「こっちの部屋何なの?」

Y佳菜「あーダメ、そっちは開けないで」

Y佳菜が起きたのか、ベットルームに入るのを防ぎます。

S店長「そっちは入れてくれないんだって、彼氏と寝る部屋だからダメなんだって」

G「えーいいじゃん、そんなこと言われるとそっちでヤリたくなるなー」

Y佳菜「ダメ、絶対ダメ」


体験談関連タグ

|||

2014年8月19日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】すごく小さくて、ぜんぜん感じなかったよ【鬱勃起】

男3人で自分の部屋で飲んでるときに、外で飲み終ったと彼女から電話。

今から行っていいかと。いまさら男共を帰す時間でも無く、相当酔ってて

男がいるけどいいならと彼女を呼ぶ。彼女含めて4人でさらに飲んで、

男2人は床とソファーに雑寝で、俺と彼女がベッドで寝ることに。

彼女も相当酔ってて、少し絡んできたけど、軽くタッチ程度で俺は爆睡。

で、、、

「起きちゃうよ」

と彼女のか細い声に俺の目がさめる。

「ん?起きちゃうとまずいのか?」

と寝惚けながら彼女の体を確認しようとするがベッドにはいない。

「んん?どうなってんだっけ?」

かなり酔って寝たので、寝るまえの状況を思い出しながら、

(男HとNで飲んでるときに彼女Sが来て、そのまま寝たんだった)

周囲を見渡すと、床で寝てたHのあたりに彼女Sの気配が。

「あれれ?」


体験談関連タグ

||||||

2014年8月13日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談
1 / 1112345...10...最後 »

このページの先頭へ