相互リンク先の最新記事一覧!

【レイプ】女だらけのレクレーション(9)【鬼畜】

「じゃあ、そろそろ罰ゲームをやりましょうか? 千夏、あれやろうよ、パンツ投げ」

「え~、ここでやっちゃうの~、でも面白そうね、キャハハ」

姉二人が、健太への罰ゲームを決めた様である。

その二人の会話を聞いて、今度は顔が青ざめてしまう健太君。

実は、普段から姉二人には、よく苛められていて、お風呂に入っている隙に籠から着替え用のパンツを奪われ、

それに怒った健太君が、已むを得ずフルチンのまま、姉二人のいるリビングまで取り返しに来たところを、

まるでからかう様に、そのパンツを丸められキャッチボールされてしまうのだ。

フルチンで、走ったりジャンプしたりしながら、パンツを取り返そうとする姿が、沙希と千夏には面白くて堪らない様である。

そんな苛めをされた事が、今までに何度もあったのだ。

「そうだ、今日は優子ちゃんも入れて、三人でやろうよ、勝者の特権という事で、ねっお姉ちゃん」

「そうね、じゃあ優子ちゃんも参加してっ、楽しいわよ、フフフ」

そして優子ちゃんに、遊び方を教える沙希と千夏。

「キャー、それ楽しそう」 と、

遊び方を聞いて嬉しそうな顔をする優子ちゃん。

「じゃあ健太、あたし達三人の中央に立ちなさい」


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月1日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【レイプ】女だらけのレクレーション(3)【鬼畜】

「じゃあ、ルールを言うわね。 これからあたしが読み上げるカードを、目の前に広げられたカードの中から先に取った方が勝ち。

 負けた人は、着ている物を一枚脱いでもらいます。 お手付きもダメ、服を一枚脱いでもらいます。

 そして脱ぐ物が無くなったら、敗者決定です。 敗者には罰ゲームが待ってますので覚悟して下さい。

 それと、脱ぐのを拒んだりしたら、罰ゲームとは別にペナルティーがありますので、ちゃんとルールに従って下さいね、分かりましたか?」

沙希が、ルールを説明した後に、優子ちゃんと健太に確認を取ると

「はーい、分かりました」 と、元気良く返事をする健太に対し、優子ちゃんは不安そうな表情を浮かべる。

「優子ちゃん大丈夫? 頑張ってね」 と、沙希が優子ちゃんを励ますが、勿論これも二人の演技である。

二人の業とらしい小芝居に、笑いを押し殺している女性陣は思っていた。

何故、真理子は、この明らかに勝敗の分かる野球拳をさせようとしているのか。

それは多分、スカートめくり発言をして、あたし達を嫌な気分にさせた健太君に対するお仕置き。

あるいは、男の子のいない、あたしたち母娘へのサービス行為であるのだと。

女性陣は、そう思い、今まで少々戸惑っていた気持ちの部分を消し去ると、徐々にテンションを高めていった。

一方、何も知らない健太君は、脱がす気満々と言った表情で、目の前に座る優子ちゃんを見ている。

「じゃあ、一枚目読むわよ。 犬も歩けば~」  「はいっ」

沙希が、カルタに書かれた文章を読み上げる前に、優子ちゃんがカルタを取ったのだ。  健太君は目が点になっていた。

体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2017年12月31日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【寝取られ】サウナで会いましょう【鬱勃起】

私は28歳の会社役員です。妻は28歳大学生の時からの交際で結婚し

普通の生活を送っています。

最近同じマンションに引っ越してきた50歳の男性と意気統合し

よく近所のサウナに一緒に行くようになりました。ある日、その佐藤(仮名)さんから奥さんと浮気をしてみてくれないかと誘われました。

自分の妻の味を他の男性から聞いてみたいとの話でした。

私はドキドキしながら話を聞き、話を聞くうちに自分の妻が

佐藤さんに抱かれていることを想像したら興奮がピークに

達していることに気づきました。

二人で悪巧みを考えました。お互いの奥さんと浮気し合うことです。

もちろん妻達には内緒です。まずは佐藤さんからでした。

私の家に一度招待して食事をして、佐藤さんが帰った後

私は妻に「佐藤さんがお前のことを随分気に入っていたよ。

あんな奥さんをもらえてうらやましいと言っていた。

佐藤さんって50歳とは思えないほど精力的だよな。

サウナで見たんだけど、あそこもかなりでかいんだよ。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2017年12月25日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【浮気】彼女との合コン【不倫】

【スペック】

真司(俺) 23歳 新卒サラリーマン

まなみ(彼女) 20歳 アパレル 身長160cm Dカップ 本上まなみ似彼女とは2年前にバイト先で知り合った。彼女は明るく人懐っこい性格。

一年前から同棲し始め、休日は基本的に二人っきりでいることが多い。

セックスはというと、平日はお互いの時間が合わないので、休日にする

ことが多い。どちらからともなく相手の体を触りだし、ゆっくり時間をかけ

てお互いの暖かさや柔かさを楽しみながら、という感じ。しかしながら

回数は日に3~4回することも珍しくなかった。彼女は俺が2人目の彼氏で、最初の彼氏とは3回ほどしかセックスをし

なかった、とのこと。なので俺との最初の方のセックスのときは痛がって

いたし、いまでもフェラチオはぎこちなく、騎乗位なんて全くできない。しかしながらその顔、性格から遊んでいるように見えてしまうところを

彼女自身も悩んでいた。現に俺も遊んでいそうなところに惹かれ、付き

合った当初はセックスの下手さにガッカリした。今ではそのギャップが

たまらないのだが。そんなある日、まなみが携帯を手にして

まなみ「なんか店の後輩ですごい男に飢えてる子いてね、その子の為

     に合コン開かなきゃいけなくなっちゃったんだよね。。。笑」


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2017年12月21日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【近親相姦】妹二人の全裸【血縁SEX】

去年、俺と彼女とでイタリアに旅行に行く計画を立ててたんですけど

そこに俺の妹達も便乗するってことになったんです

まぁ別に彼女とのエッチも飽きてるし、まぁどうでもいいやと・・・

妹は二人いて、高3と中2です。二人とも海外は初めてということもあり、

はしゃぎっぷりはすごいものがありました。

保護者の俺としては、大人しくしてほしいところもありましたが、

俺の彼女も妹達と気があったみたいで3人ではしゃぎまくり・・・

なんとかホテルにつくと、全裸のイタリア人・・・・・

えぇ・・・・何故?疑問はすぐに解けました

ホテルのプライベートビーチは水着ご法度・・・いわゆるヌーディストビーチ

おぉぉぉっと俺は心踊ったんですけど、女3人は険悪な感じ・・・

俺の彼女はなんとか説得して、ビーチへ

下だけはいてる人もいるし、全裸の人もいるしで

俺の下半身はギンギン・・・

砂浜に上がれない状態はそんなには長くはつづかなかった


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年11月6日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】許されない恋?【血縁SEX】

事件がおきたのは多分姉に打ち明けられた二週間後ぐらいの時、その日姉は仕事が休みで彼氏とデートするらしく浮かれていた。僕はさっさと支度をして学校に向かった。

四時間目を終え昼休みになったとき五時間目に使う数学の教科書を忘れた事に気付き昼休みは30分ぐらいある為家まで15分ぐらいかかる距離なのでチャリで飛ばせばギリギリで行けるだろと、先公に見つからぬ様急いでチャリで校門をでた。

何とか12分ぐらいで家に着き玄関の鍵を差し込み開けるが開かない

「お姉ちゃん鍵閉め忘れたのか」と思いながら鍵を開けると家の中は静だった。急いで二階の自分の部屋に行き教科書を手にし玄関を出ようとした時かすかに姉の声が聞こえてきた。

その声は少し苦しそうな、声で長い廊下奥にあるお風呂場から聞こえる様だった。何となくきになった僕はそっと洗面所のドアを開くと風呂場のドア越しから姉のあの声が聞こえてきた。すぐに彼氏とやってると気付いた俺は洗面所をでて家をでた。

それから学校でおきた事は覚えてなく、その日は家に帰らず、香織の家に行き何度も何度も香織の体を求めていた。

でも何度も香織としていても姉のあの時の声が忘れられず香織を姉に見立てては犯していた。

あれ以来俺は姉への気持ちがまた強くなっているのに気付いた。「姉のあの声を独り占めにするのは俺だ、姉は俺だけの物にしてやる」と思う様になっていった。続く

体験談関連タグ

|||

2014年10月2日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】山梨旅館【鬱勃起】

4年前の話。

おれが会社に入社して5年目の時、短大を卒業したばかりの由紀子がうちの課に配属された。

まだ二十歳そこそこの由紀子は、男ばかりの職場にとって花のような存在だった。

顔は普通よりちょっとかわいいくらいだったが、スタイルが抜群によかった。

特に大きい胸と、くびれたウエストのギャップがたまらなかった。

当然彼女はチヤホヤされた。

競争率は高かったが、おれは猛烈にアタックした。

その甲斐あって、2ヶ月ほどしておれと由紀子は付き合うことになった。

ただ、一つだけ由紀子には心配な事があった。

というのも、彼女は酔うと場の雰囲気に流されやすくなる性質だったのだ。

本人も「飲むとHな気分になる」と言っていた。

初めて由紀子を抱いた時も、二人で飲みに行った帰りだった。

もちろん本人もこれじゃいけないと自覚しているらしく

「信用できる人以外とは飲まない」

と言っていた。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年9月7日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】婚約寸前の彼女が…【鬱勃起】

ようやく、心が落ち着いたので、きりを付ける意味で実際にあったことを話します。

私は22歳で21歳の彼女がいます。彼女とは学生の時にアルバイト先が同じでそこで仲良くなって付き合いました。

彼女は私が言うのも何ですが、かなり可愛くて芸能人でいうと新垣結衣を少し小柄にしてさらに笑顔を可愛くした感じです。

付き合い当時は彼女は19歳で過去に付き合ったことがないと言っていたので恋愛には奥手のタイプかもしれません。いろいろと聞くと何度か告白もされたし言い寄られたことはあるようですが、強引な感じがして怖いというトラウマがあったようです。私と付き合えたのは私といると安心するとか落ち着く感じがするというのが最大の理由のようです。

こんな彼女なのでまさか浮気はしないだろうと思ってましたし

実際に3年間浮気せず私一途でいてくれたのは事実です。

彼女とのエッチもすごく彼女は恥ずかしがりやでこんな子とエッチができてかなり幸せな気分でした。

私が社会人になり、彼女も大学を卒業する時期になってきたので結婚を意識して時期を考えていました。

そんなある日、私の友人と話しているときに「本当にみき(彼女の名前)ちゃんは浮気しないのかなー、他の男はほっておかないのに」と、言ってきました。私は絶対しないよて」言い返しました。

そこでその友人から本当に浮気しないか提案をしてきたのです。

私は少し戸惑いましたが、彼女のこと信じているし、少し興味もあったのでどんな提案か聞いてみました。

その提案とは

私が彼女とデートをする時に直前で用事ができてドタキャンをする。そこでその友人が彼女に声をかけてご飯に誘ってみるということでした。条件として彼女との行動は逐次メールで報告する。彼女との会話は携帯の会話状態にする。彼女に強引に口説かない。などなどです。

隠れてこそこそするわけでもないし、その会話から私がどうしても我慢できない場合は連絡するものでしたので安心かなということもあり了承してしまいました。

そして、ある夏休みの日に彼女と待ち合わせをしてドライブに行く予定を立てました。彼女がいつもの待ち合わせ場所で待っているときに電話をして「ごめん、、急に実家に帰らないといけなくなった、、もう来てるよね?」


体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年8月29日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】彼女との体験【鬱勃起】

読みづらい文章で申し訳ありません。

初めて投稿します。

私38歳、彼女27歳のカップルです。海外に住んでいます。 

皆さんのようなすごくはないのですが、先日の体験を書かせていただきます。

先日彼女と出かけたとき、食事の後ブラブラしながらアダルトストアー(大人のおもちゃ)のお店の前を通りました。

彼女に「ここに入ろうよ」と言うと普段は嫌がるのにあっさりとOKしてくれました。       

 

こっちのアダルトストアーは中に個室のようなものがあり(一人用ですが)そこでDVDが見れるようになっています。そして壁に直径20cmくらいの穴が開いていて隣の部屋とつながっています。Glory Holeと言うそうです。(海外のポルノサイトで検索するとどんなのか見れます)

少しおもちゃを物色しながら恥ずかしがる彼女を奥のの個室のコーナーへ彼女を連れて行き個室の並んでいる廊下をうろうろしていると、後から2,3人男性が来ました。

彼女に個室の中を見せて「ほら穴が開いてるよ」と言うと「え?何の穴?何するため?」と聞くので、「男性がここから出してくるからフェラするんだよ」と言うと「えーうそ。恥ずかしいからもう出よう」というので、「もう少しいいじゃん、中に入ろうよ」と言って中に連れ込みました。

ドアを閉め鍵をかけて、機械にお金を入れてビデオを描けるとGlory Holeのビデオをやっていました。

「本当に穴から出てる」といいながら見ていたので、いすに座らせキスをしていると

右隣の穴から誰か覗いていました。

彼女はそれに気づかずビデオを見ていたので、私は覗いている彼に目配せをして、

彼女のおっぱいを触り始めました。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年8月28日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】自分が寝ている間に彼女が・・・【鬱勃起】

僕が高校生の時、付き合っていた彼女のせいで女性恐怖症プラス、変態になってしまいました。

僕が17の時、初めて彼女ができました。名前はユウカ(仮名)といいます。

同じ高校でクラスも同じ、僕の方から告白し付き合うことになりました。

ユウカは顔も整っており、スタイルも抜群でした。そんな彼女ができたことを当時は自分でも信じられないくらいです。

しかし、ユウカは気が強くとてもわがままでした。反対に僕は、言いたいことを口にできないようなおとなしい性格です。

付き合いはじめの1ヶ月くらいは、お互い慣れていないこともあり、気を使い合っていたのですが、そのうちユウカはどんどん本性を現して

きました。僕は完全にユウカの尻に引かれておりました。

ユウカは自分の機嫌が悪いときは、僕のことを完全無視、逆にテストの勉強などで僕が忙しいときでも、自分の気が乗っているときは、全く

遠慮せずに強引に遊びに連れて行かれたりしていました。

ユウカは僕が初めての人ではなく、男性経験もそれなりに豊富でした。

そのせいか、ユウカは僕とのセックスには不満だったようです。最初はもちろん何も言われなかったのですが、回数を重ねるうちに不満を口

に出すようになりました。

「K(自分)って早いよね」とか、「前の人としたときはもっと気持ちよかった」など、自分にとってはひどく傷つくようなことも、平然と

言い放ちます。

たしかに、僕は早漏だし、セックスの経験もなかったので何も言い返せませんでした。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年8月27日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談
1 / 1112345...10...最後 »

このページの先頭へ