相互リンク先の最新記事一覧!

【近親相姦】初めてのお義母さん【血縁SEX】

会社の飲み会で遅く帰る義妹を、妻が駅まで迎えに行く事になった。俺は、酔っ払ってる義母を部屋まで運んで、ベッドに寝かせる。

普段 気が合い話しが合う愉しい義母・・・酒を飲むと一段と愉しい。こんな事は、今までにも何回か有り 何も気にならずに世話をして来たのに

今回は、妻も義妹も居なくて、家には義母と俺だけと思う所為か、

義母を抱き抱えた時のオッパイの感触や体の温もりが気になった。

「抱き合っている」っていう感じがして、ドキドキした。義母に肩を貸して、抱き抱える様に義母の部屋まで行き、

ベッドに仰向けに寝かせる為に、お嬢さま抱っこで抱き上げたら 

義母がふざけて『降ろしちゃダメ~』と、首に抱きついてきた。

ベッドに降ろしても手を放さないので、俺も一緒にベッドに倒れ込み

覆い被さって抱き寄せて、シャツの上からオッパイを揉む・・・ 

義母は『コラ』と俺の手を抑えるが軽くオッパイに押し付けてるだけ…

抱き締めてそのままオッパイを揉むと義母も抱き返してきた。唇を吸い合いながら、義母のズボンのベルトを外すと

義母が、口では『バカ ー』って言いながらも、脱がせ易い様に腰を上げた。

ズボンとパンティーを脱がせ、シャツを開けてブラジャーも外し

俺も下半身裸になって、義母に覆い被さって抱き締める。オッパイを揉み、その手をだんだん下に這わせていき

花びらを撫で、かき分けて指を挿し込むと ゥッ と力が入っている。


体験談関連タグ

|||||||

2018年1月3日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】良妻賢母で難攻不落の妻【鬱勃起】

私より四歳下の妻は、四十四才。飛び切りの美人とちまたでは言われていますが、

私としては顔立ちは、端正なほうだと思っています。

元々細身な体型も、年齢相応に崩れてはいますが、やや薄く、

肉のつき掛かった腰回りなどは、見ようによって、

それはそれで魅力的と言えなくもありません。

ネットで知り会った岡本氏に言わせれば、

人工的な美魔女の美しさより、熟女は、腐り掛けに限るそうです。

岡本氏とは、非通知の電話を十数度、動画像の交換を含めたメールでの遣り取りは、

すでに、百通信を越えていました。

身元が確かで、同年代のセックスに熟達した巨根男性、

造園業を営む岡本氏は、私の出した条件にぴったりだったのです。

寝取られに関しては、構想十五年、説得四年半、難攻不落の妻を前に、

万策の尽きたと諦め掛けた頃、生返事ながら、思い掛けなく、

一度だけを条件に、了解を得ることができたのです。

妻の心境の変化について、思い当たることが一つあります。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月25日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【泣ける】嫁「よし、じゃあ私が30になる時にお互い独り身だったら結婚しない?」【感動】

14:名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/09(水)21:47:32.55



妻と初めてした会話スレ576です。



俺の家は当時家を建てて引っ越したばかりで

現嫁の通学ルートにあった転校生でクラスメイトの姉を迎えに来てた。

嫁の記憶によると転校数日後に姉を迎えに来たところ

俺が幼稚園の制服姿で姉が忘れたハンカチを玄関まで持ってきたらしい。

その時が初会話。











で、当然数ヶ月後、俺も小学校入学。


体験談関連タグ

||

2015年8月18日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】童貞に風俗行けとか言う奴は何なの?【感動】

高齢童貞にとってS○Xはもはやそんなに軽いものじゃないんだよ!



<>1名前:名無しさん@涙目です。(大阪府)[]:2011/03/28(月)20:29:53.07ID:uyxEJfNY0●?2BP<>(6566)

結婚しているフリをしていた童貞男 初体験時に震える



 マキは恋愛問題に詳しいカウンセラー。

メールで女性の恋愛相談に応じているうち、

いつしか「相談」とは名ばかりの赤裸々な告白が全国から送られてくるように。

今回紹介するのは26歳・アルバイトの女性からの告白だ。



 バイト先のお客さんに口説かれたんだけど、彼の左手には指輪が。

不倫はバツだけど、あんまり「好きだ」っていうから1回だけのつもりでホテルへ。

でも様子が変。顔色も悪いし、震えてるし。「どうしたの?」って聞くと「実は初めてなんだ」って。

誘ってきたクセに童貞だったの。




体験談関連タグ

||||||||||||

2015年8月17日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】メンヘラと一年付き合って別れた【感動】

<>4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/07(木)13:05:44.36ID:Vl8vseBd0<>

そのメンヘラ可愛かった?

セクロスは何回やった?

メールとか頻繁に来るの?





<>8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/07(木)13:06:57.25ID:QJ2pvmlF0<>

4

普通に可愛かった

わからない15回ぐらい

電話ならしてないとファビョりだす





<>6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/07(木)13:06:52.43ID:IMAwrFC1O<>

うん、お疲れさま


体験談関連タグ

||||||||

2015年8月12日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】ぷるーんじゅーす【感動】

330:(‘A):04/03/2710:19

おい リアルでなけるぞ。俺は今泣きながら書いてるけどよ。

明日彼女の誕生日だからプレゼントを買ったのよ。給料ちまちまためてよ。

ついでにプロポーズしようと思ってよ。指輪を買ったんだよ。

17万(税抜き)もしたんだ。俺にしたら大金さ。

で、さっき「天気いいから景色いいところにいきたい」と呼び出されてな。



「好きな人ができたから別れてほしいの。ごめんなさい」



俺の聞き間違いか?俺はついに幻聴までも聞こえるようになってしまったのか?

俺は冷静に判断して、頭沸騰するほど一瞬で考えてこう言ったよ。



「そんなことでいちいち呼び出すんじゃねーよ。

ちょうど俺も別れたかったからお前から言ってくれてすっきりしたよ。

お前知らなかっただろうけど俺今まですげー浮気しててよ、いろんな奴と出会ったよ。


体験談関連タグ

||||||

2015年8月9日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】絶対に死なない【感動】

<>497:おさかなくわえた名無しさん:2006/06/27(火)17:43:08ID:KeTZnUso<>



父が定年目前で脳梗塞で倒れた。



今でこそ一人で歩いたりできるんだけど、手術した当初は自分の名前もわからないぐらいで、もう父は一生こうなんだと私は覚悟した。



ICUにいる父は面会時間が決まっていて、二人で病院に朝から晩までずっと待機して、会える時間はずっと会った。



その待ち時間に、

母が父と結婚した経緯を話してくれた。



父は若い頃にも重い病気にかかって、当時診た医者がヤブだったのか、悪くなる一方でサジを投げられて転院した。

そこで看護婦をしていたのが母だった。

その頃は恋愛感情なんてなく、看護婦と患者として普通に接していたんだ。

数年後、無事父は退院。地元に戻り就職、その後は特に連絡を取り合ったりはしなかったらしい。


体験談関連タグ

|||

2015年7月29日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】事業家の男性と【危険】

<>878名前:本当にあった怖い名無し投稿日:2008/08/13(水)08:33:38ID:6ORV1AWYO<>

471のヤリマソ女でございます。

最近、珍しいモノが憑いた男性と関係しましたのでその時の話を

落とさせて下さいませ。

ちなみに長文ですから、お嫌な方はスルーをお願い致します。



先日、とある事業家男性と知り合い、えらい立派なホテルのスイートに

一泊する事になりました。

この男性、ムカつく程の勝ち組人生を歩んでいるのですが

恋愛はことごとく失恋。

何と三回も結婚に失敗、しかも全部奥さんに捨てられているそう。

最初の奥さんは福祉に目覚め勉強の為スエーデンに社会人留学。

二番目の奥さんは男性の部下と浮気の末逃亡。

三番目の奥さんは、なんと漫画家になってしまったそうです。




体験談関連タグ

|

2015年7月25日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】ファンの人【危険】

@Hysteric_Barbie



あ〜や、見てる?ホントは昨日の内に書きたかったけど、



気持ちの整理をつけたかった。ちょっと長くなるけど、聞いてね。



とりあえず、昨日のグータン観たよ。



なんか、ネットとかで色々な人達の意見があるみたいだね。続きます











@Hysteric_Barbie


体験談関連タグ



2015年7月11日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】女神霊慰(宮大工番外)【危険】

今回、俺はJと風熊に誘われ、オオカミ様の転生であるという

沙織様にお逢いする為、宮大工様のお宅にお伺いした。

Jと俺は学生時代からの親友だが、風熊と俺は従兄弟である。

風熊をJに紹介したのが俺なのだが、

最近は風熊とJの二人のほうが頻繁に会って居るみたいだ。



まず、俺達姉弟と風熊の関係を簡単にお話しよう。

俺達姉弟はかなり田舎の出身で、姉は特異な体質の事が有り

追われる様にして実家を飛び出し、姉を愛していた俺も姉を追って飛び出した。

風熊とは住んでいる地域が離れていたが、

俺達よりも年上の彼は姉に対して酷薄な対応をする

親戚筋の連中から護ってくれ、姉が家を飛び出した時にも

ずっと庇い、精神的にも金銭的にも援助してくれた。

俺の学費や生活費は実家が出してくれたが、姉は家出同然だし、

母は姉を深く愛していたけれど父や祖父母は姉に対しての情が薄く、


体験談関連タグ

|

2015年6月27日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談
1 / 8112345...102030...最後 »

このページの先頭へ