相互リンク先の最新記事一覧!

【泣ける】喧嘩・カツアゲ体験談【感動】

<>884名前:名無しさん@一本勝ち[sage]投稿日:2006/11/17(金)20:37:23ID:N11usMap0<>

877

>人生はムカつく奴をぶったおして切り開くものだ。



そうだよな。ほんとにそう思うよ。



今まで調子にのってた奴らが、反撃されて唖然とした顔をする。

何か言うヒマも与えず、続けて連打連打・・・。

疲れ果てて殴れなくなるまで続ける。

これで8割はもう向かってこない。



残りの2割は、次の日から聞こえるように陰口を言ったり

ただ変な目つきで睨んできたり、無視をしたりする。

今まで散々嫌な思いをし、我慢をしてきたけど、もう迷わない。

陰口とかを言ったり無視した奴らに、近づいていく。


体験談関連タグ

|

2015年8月18日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】携帯電話【危険】

<>247名前:携帯電話◆oJUBn2VTGE[ウニ]投稿日:2009/06/07(日)00:26:20ID:PyPRRLYk0<>

大学二回生の夏だった。俺は凶悪な日差しが照りつける中を歩いて学食に向かっていた。

アスファルトが靴の裏に張り付くような感じがする。いくつかのグループが入口のあたりにたむろしているのを横目で見ながらふと立ち止まる。

蝉がうるさい。外はこんなに暑いのに、どうして彼らは中に入らないのだろうと不思議に思う。

学食のある二階に上り、セルフサービスで適当に安いものを選んでからキョロキョロとあたりを見回すと、知っている顔があった。

「暑いですね」

カレーを食べているその人の向かいに座る。大学院生であり、オカルト道の師匠でもあるその人はたいていこの窓際の席に座っている。指定席というわけでもないのに、多少混んでいても不思議とこの席は空いていることが多い。

まるで彼が席に着くのを待っているように。

「ここはクーラーが効いてる」

ぼそりと無愛想な返事が返ってきた。

それからまた黙々と食べる。

「携帯の番号教えてください」

「なぜか」

PHSを水に落してしまったからだった。アドレスが死んだので、手書きのメモ帳などに残っていた番号は問題なかったが、そうでないものは新たに番号を訊き直さなければならなかった。

師匠の場合、家の番号はメモしてあったが、携帯の方はPHSにしか入っていなかったのだった。


体験談関連タグ

|||||

2015年8月17日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】食べて下さい【危険】

<>321名前:名無しさん@八周年[sage]投稿日:2007/08/25(土)21:00:09ID:aJFeknTj0<>

出勤したら、ロッカーに袋がさげてあって、メモがついていた。

里帰りしていた後輩からで、



『実家の姉です。食べて下さい』



と書いてあった。開けたら柿が入っていた。

体験談関連タグ



2015年8月14日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】3年前の明日(完全版+後日談)【感動】

3年前の明日



の、後日談を含む完全版。



——

857:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金)15:48:49

3年前の明日、嫁が外出先から帰ってこなくなった。









信号無視の車にはね飛ばされてさ、

12時に外出して、次に会ったのは午後4時。病院で。

でも、あれ、本当に嫁だったのかなあ。

包帯でぐるぐる巻きになって、顔見えなかったし、よく分からなかった。


体験談関連タグ

||

2015年8月10日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】人が降ってきた【危険】

<>483名前:おさかなくわえた名無しさん[sage]投稿日:2013/04/02(火)11:24:29.47ID:4DQw+3CS<>

かすかーに男女が揉める声がしたかと思ったら

多分ビルの三階くらいから人が降ってきた。

姉と私から5メートルほど離れたところに落ちた。

落ちたのは女性で口から血の泡のようなものを吐きピクリとも動かない。

冷静な姉が救急車と警察に電話をし、私はおろおろして役立たず\(^o^)/

社内トラブル(多分痴情のもつれ)の口論の末の犯行だってー。

女の人は背中折ってリハビリ中ぽい。

社会人怖い。

体験談関連タグ



2015年8月10日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】今日人殺す【危険】

<>494名前:ラーメン大好き@名無しさん投稿日:05/02/1313:17:19ID:0YkCCBn+<>

今朝渋谷の一蘭行ってきました

日中の混雑時間を避けたとはいえ

人気の店だけ会って結構並びました

殺伐とした雰囲気を覗けば

すごく美味しくいただけました。



<>495名前:494投稿日:05/02/1313:18:47ID:0YkCCBn+<>

あわわ!!!

偶然縦読みすると犯行予告になってしまいました!

そういった意図はありませんすみませんでした

スルーして下さい!!

体験談関連タグ



2015年8月10日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】僕はただ、楽しく生きていたいだけなのに【感動】

僕はただ、楽しく生きていたいだけなのに。



どうして上司は話を聞いてくれないのだろう。

僕をはじめ、部下の意見には全く耳を貸さない。

僕の意見が全て正しいとは言わない。上司は人生の先輩だから

僕より多くの知識があるだろう。

でも、多くの人間の意見を聞き、その中から生まれるものもあるんじゃないだろうか?

会社の為、組織の為というより、自分の意見を通したいだけのように見える。

同じ会社で働いている同志として、会社の為にと思って意見してもまったく聞き入れてもらえない。それどころかよくて黙殺。機嫌が悪いと罵倒。



なぜお客さんは、無理難題を言い、いきなりキレるのだろう。

受注の確認をしただけなのに「だ・か・ら!何度も言ってるでしょ!!」

なんて怒られてしまうのか。

どうして会社にないものをオーダーして、無ければ怒り、なんとか手配しても当たり前だと思われるのだろう。いくら無理を言ってもお金を払えば正しいのだろうか。労いの言葉どころか、出来て当たり前、ほんの少しの不備(品質には問題なし)を声高に指摘して悦に入る。




体験談関連タグ

|

2015年8月8日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】自宅で亡くなった女性、飼い猫20匹に食べられる!【危険】

<>1名前:らいちφ★投稿日:2008/10/11(土)19:22:31ID:[八重]<>

ルーマニア発、自宅で亡くなった女性、飼い猫20匹に食べられる!!

英『デイリー・メール』た報じたところによると、自宅で自然死したと見られる女性の遺体を、飼い猫たちがよってたかって食いあさったという、身の毛もよだつような事件が起きた。



その女性は、ルーマニア西部のトムナティクという土地に暮らしていた58歳

のリヴィア・メリントさんといい、今から約3週間前、自宅で死亡している姿

が警察官によって発見された。事件・事故の可能性は認められず、

自然死とみられている。



ところがそのリヴィアさんの遺体に群がっていたのは、20匹以上いると

思われる飼い猫たち。ご主人様の死で突然食を断たれ、ひもじくなったのか、

彼女の頭の先からつま先に至るまでもう無我夢中でむさぼり食っていたという。



近所の人は警察に、「彼女は無類の猫好きでした。自分の時間の半分を

猫に餌をあげることに費やしていたのくらいよ。ここの猫たちは皆、とても


体験談関連タグ



2015年8月5日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】一発いくら?【危険】

<>400名前:可愛い奥様[]投稿日:2009/09/05(土)02:11:56ID:w7Yb2Mf5O<>

旦那と付き合ってた頃、旦那がシャワー浴びてる間に急いで下のATMいって金をおろしてたこと。

当時インターネットバンキングなんてものはなく、

旦那は通帳も持ってなかったのをいいことに癖になってた。

まさかその人と結婚するとはな。

体験談関連タグ

|

2015年8月3日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】無料タクシー【危険】

<>15名前:おさかなくわえた名無しさん投稿日:2010/08/25(水)08:48:16ID:Eln3qFnK<>

世帯数のかなり多いマンションに済んでいる。

新築なので子供のいる家庭ばかりで横にある小学校の生徒ばかりでほとんど顔見知り。

我が子はとある習い事をしてるんだが同じマンションから通う子が多い。

仲良しの子を俺が預かり我が子と一緒に通ってるんだがただの顔見知り程度のおばさんが「ついでに」と子供の送迎を頼んでくるようになった。

いつの間にか人数が増え最近ではステップワゴンの定員にまで増えた。

最初は車まで来て挨拶してたおばさんも今では乗って当然のようになり挨拶しにすら来なくなった。

子供たちは学年も知らないし号室も知らないし連絡先すら知らない。

同じマンションってだけ。

先日我が子と仲良し子を連れて旅行に行く事になり急遽習い事を休んだ。

夕方になりマンションに戻るとそのおばさんが寄ってきて怒鳴りつけられた。

「息子が約束の時間(←約束した覚えはない)に来たらアンタがいなかった」

「しばらく待って来ないから帰ってきた」

「習い事を休んだので◯千円無駄になった」

「勝手に休まれたら困る、事前に連絡しろ(←電話番号知らない)」


体験談関連タグ

|

2015年7月30日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談
1 / 20112345...102030...最後 »

このページの先頭へ