相互リンク先の最新記事一覧!

【寝取られ】良妻賢母で難攻不落の妻【鬱勃起】

私より四歳下の妻は、四十四才。飛び切りの美人とちまたでは言われていますが、

私としては顔立ちは、端正なほうだと思っています。

元々細身な体型も、年齢相応に崩れてはいますが、やや薄く、

肉のつき掛かった腰回りなどは、見ようによって、

それはそれで魅力的と言えなくもありません。

ネットで知り会った岡本氏に言わせれば、

人工的な美魔女の美しさより、熟女は、腐り掛けに限るそうです。

岡本氏とは、非通知の電話を十数度、動画像の交換を含めたメールでの遣り取りは、

すでに、百通信を越えていました。

身元が確かで、同年代のセックスに熟達した巨根男性、

造園業を営む岡本氏は、私の出した条件にぴったりだったのです。

寝取られに関しては、構想十五年、説得四年半、難攻不落の妻を前に、

万策の尽きたと諦め掛けた頃、生返事ながら、思い掛けなく、

一度だけを条件に、了解を得ることができたのです。

妻の心境の変化について、思い当たることが一つあります。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月25日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】単身赴任の間に妻が・・【隣の芝生】

私は44歳のサラリーマンで現在単身赴任中です。

妻は42歳の専業主婦で高校2年生の息子と二人で留守を守ってくれています。単身赴任で転勤になってもう2年余りになりますが、半年ほどで本社に帰れる手はずになっています。

最初は妻と息子だけ残して転勤というのは心配でしたが、息子の高校進学もありましたし、

妻は柔道2段の段持ちで曲がったことが大嫌いな真面目な性格でもあり信頼して家を後にしました。ところが息子が高校に進学して間もなく、妻からのLINEで息子がイジメに遭ってるようだと知りました。

仲間外れにされてるようで、落ち込んでいると知らされ私も悩みました。しかししばらくして妻から自宅に友達が遊びに来るようになったと報告があり安堵していました。

妻からは毎日LINEで報告があり、息子も明るくなったとか、学校が楽しいようだということで安心していたのです。

AくんBくんはイケメンだとか少し嫉妬しそうな情報も送ってくるようになりました。(笑)

毎月とはいきませんが私も有給とか取りながら妻や息子の待つ家に帰るようにしていました。ところが昨年の秋頃からだったでしょうか、息子の友達たちが遊びに来てくれるのは良いのですが

我が家が溜まり場のようになってきてると心配するような内容になってきました。

でも私は友達が多いことは良いことだからとあまり気にしてなかったのです。

それに進学校ですし、不良みたいな生徒がいない学校でしたから余計に油断したのです。しばらくして突然、妻からのLINEやメールが来なくなったのです。

こちらからしても『大丈夫』『何も変わったことはない』との短い内容でした。

心配で気になっていたのですが、10日もしたら普通になってきたので、そんなことは忘れていたのです。我が家に帰っても特別変わったこともありませんでした。

ただ私が帰ると息子の友達は全く我が家に来ないのです。

妻は私が帰る時には息子の友達に『主人が帰ってくるから』と言ってるので気をつかって来ないのでは?


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】美しい妻が仕事関係で告られ【鬱勃起】

初めての投稿です、よろしくお願いします。

私と妻のひとみは同い年の42歳、

高校生の頃から交際を始め、

別れたり復縁したりを何度か繰り返しながら、

13年程前に結婚した夫婦です。

子供にはまだ恵まれておらず、

妻は不動産屋で夕方から閉店までの仕事をしています。妻はかなりの美人で、私の友人からも

「おまえの奥さん、20代に見えるし

綺麗でいいなあ。一度でいいからデートしたいよ」

と羨ましがられます。ただ、美しくしかも男から言い寄られることが多いのに

身持ちが堅いというのも、妻の長所ですね。

私はそんな妻を嬉しく思いながらも、

物足りなさを感じていました。4日前の日曜日でした。

不動産屋の忘年会があるとの事で、

私が出勤する夜8時半頃、妻は普段より少しお洒落をして、


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2017年12月22日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【泣ける】喧嘩・カツアゲ体験談【感動】

<>884名前:名無しさん@一本勝ち[sage]投稿日:2006/11/17(金)20:37:23ID:N11usMap0<>

877

>人生はムカつく奴をぶったおして切り開くものだ。



そうだよな。ほんとにそう思うよ。



今まで調子にのってた奴らが、反撃されて唖然とした顔をする。

何か言うヒマも与えず、続けて連打連打・・・。

疲れ果てて殴れなくなるまで続ける。

これで8割はもう向かってこない。



残りの2割は、次の日から聞こえるように陰口を言ったり

ただ変な目つきで睨んできたり、無視をしたりする。

今まで散々嫌な思いをし、我慢をしてきたけど、もう迷わない。

陰口とかを言ったり無視した奴らに、近づいていく。


体験談関連タグ

|

2015年8月18日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】携帯電話【危険】

<>247名前:携帯電話◆oJUBn2VTGE[ウニ]投稿日:2009/06/07(日)00:26:20ID:PyPRRLYk0<>

大学二回生の夏だった。俺は凶悪な日差しが照りつける中を歩いて学食に向かっていた。

アスファルトが靴の裏に張り付くような感じがする。いくつかのグループが入口のあたりにたむろしているのを横目で見ながらふと立ち止まる。

蝉がうるさい。外はこんなに暑いのに、どうして彼らは中に入らないのだろうと不思議に思う。

学食のある二階に上り、セルフサービスで適当に安いものを選んでからキョロキョロとあたりを見回すと、知っている顔があった。

「暑いですね」

カレーを食べているその人の向かいに座る。大学院生であり、オカルト道の師匠でもあるその人はたいていこの窓際の席に座っている。指定席というわけでもないのに、多少混んでいても不思議とこの席は空いていることが多い。

まるで彼が席に着くのを待っているように。

「ここはクーラーが効いてる」

ぼそりと無愛想な返事が返ってきた。

それからまた黙々と食べる。

「携帯の番号教えてください」

「なぜか」

PHSを水に落してしまったからだった。アドレスが死んだので、手書きのメモ帳などに残っていた番号は問題なかったが、そうでないものは新たに番号を訊き直さなければならなかった。

師匠の場合、家の番号はメモしてあったが、携帯の方はPHSにしか入っていなかったのだった。


体験談関連タグ

|||||

2015年8月17日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】食べて下さい【危険】

<>321名前:名無しさん@八周年[sage]投稿日:2007/08/25(土)21:00:09ID:aJFeknTj0<>

出勤したら、ロッカーに袋がさげてあって、メモがついていた。

里帰りしていた後輩からで、



『実家の姉です。食べて下さい』



と書いてあった。開けたら柿が入っていた。

体験談関連タグ



2015年8月14日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】3年前の明日(完全版+後日談)【感動】

3年前の明日



の、後日談を含む完全版。



——

857:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金)15:48:49

3年前の明日、嫁が外出先から帰ってこなくなった。









信号無視の車にはね飛ばされてさ、

12時に外出して、次に会ったのは午後4時。病院で。

でも、あれ、本当に嫁だったのかなあ。

包帯でぐるぐる巻きになって、顔見えなかったし、よく分からなかった。


体験談関連タグ

||

2015年8月10日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】人が降ってきた【危険】

<>483名前:おさかなくわえた名無しさん[sage]投稿日:2013/04/02(火)11:24:29.47ID:4DQw+3CS<>

かすかーに男女が揉める声がしたかと思ったら

多分ビルの三階くらいから人が降ってきた。

姉と私から5メートルほど離れたところに落ちた。

落ちたのは女性で口から血の泡のようなものを吐きピクリとも動かない。

冷静な姉が救急車と警察に電話をし、私はおろおろして役立たず\(^o^)/

社内トラブル(多分痴情のもつれ)の口論の末の犯行だってー。

女の人は背中折ってリハビリ中ぽい。

社会人怖い。

体験談関連タグ



2015年8月10日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】今日人殺す【危険】

<>494名前:ラーメン大好き@名無しさん投稿日:05/02/1313:17:19ID:0YkCCBn+<>

今朝渋谷の一蘭行ってきました

日中の混雑時間を避けたとはいえ

人気の店だけ会って結構並びました

殺伐とした雰囲気を覗けば

すごく美味しくいただけました。



<>495名前:494投稿日:05/02/1313:18:47ID:0YkCCBn+<>

あわわ!!!

偶然縦読みすると犯行予告になってしまいました!

そういった意図はありませんすみませんでした

スルーして下さい!!

体験談関連タグ



2015年8月10日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】僕はただ、楽しく生きていたいだけなのに【感動】

僕はただ、楽しく生きていたいだけなのに。



どうして上司は話を聞いてくれないのだろう。

僕をはじめ、部下の意見には全く耳を貸さない。

僕の意見が全て正しいとは言わない。上司は人生の先輩だから

僕より多くの知識があるだろう。

でも、多くの人間の意見を聞き、その中から生まれるものもあるんじゃないだろうか?

会社の為、組織の為というより、自分の意見を通したいだけのように見える。

同じ会社で働いている同志として、会社の為にと思って意見してもまったく聞き入れてもらえない。それどころかよくて黙殺。機嫌が悪いと罵倒。



なぜお客さんは、無理難題を言い、いきなりキレるのだろう。

受注の確認をしただけなのに「だ・か・ら!何度も言ってるでしょ!!」

なんて怒られてしまうのか。

どうして会社にないものをオーダーして、無ければ怒り、なんとか手配しても当たり前だと思われるのだろう。いくら無理を言ってもお金を払えば正しいのだろうか。労いの言葉どころか、出来て当たり前、ほんの少しの不備(品質には問題なし)を声高に指摘して悦に入る。




体験談関連タグ

|

2015年8月8日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談
1 / 20212345...102030...最後 »

このページの先頭へ