相互リンク先の最新記事一覧!

【恐怖】ついにトヨタは決断した【危険】

中国では、2008年に空前絶後の法律「中国民事訴訟法231条」が成立した。



これは「民事訴訟で被告側になった場合、いかなる理由があっても裁判所から下された判決に定められた債務の全額を弁済しない限り、法人の代表者は中国から出国できなくなる!という内容のものだ。



しかも何の告知もなく、突然発動されるという恐ろしいものだ。





たとえば、日本企業に対し賃上げ請求を行い、受け入れられなければ、すぐに告訴。

解決するまで日本企業の代表者は中国当局に身柄を拘束されて日本に帰国できなくなってしまうということだ。



公表されていないが、実際帰国できずに当局に拘束されている日本企業の社員や中小企業代表者は数多くいるようだ。

体験談関連タグ



2015年8月4日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】ババアの肉奴隷なんだけど質問ある?【感動】

<>1:以下、名無しにかわりまして(ry:2010/10/30(土)12:56:27.03ID:fUSq/UmM0<>

きもいババアの肉奴隷です

特定以外なら答えるよ





<>2:以下、名無しにかわりまして(ry:2010/10/30(土)12:57:04.55ID:Q9YsF1Cm0<>

経緯は?



2

喫茶店でお茶してたら話しかけられて怪しいなと思いながらも

現金見せられてついて行ったら肉奴隷になった





<>4:以下、名無しにかわりまして(ry:2010/10/30(土)12:57:11.00ID:Sk0vMRWI0<>

いくらもらえるの


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年8月1日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】この時期に中国祝賀会に駆けつけた政治家たち【危険】

この時期に中国祝賀会に駆けつけた政治家たちを監視せよ! 



都内のホテルでの九月二十九日の中華人民共和国建国六十一周年の祝賀レセプションは異常な空気の下で開催された。たとえば会場の出入り口で「出国審査並み」(日経)の厳重な警備体制が敷かれ、場内でも主催者、来賓なども挨拶を控えた。



それはもちろん今回の尖閣事件を受けてである。主催者である程永華駐日中国大使自身、日本政府に対して中国人犯人の逮捕を不法だと批判し、無条件の即時解放の要求を突きつけてきた当事者だ。





こうした緊迫した情勢の中、それでも約千人もの出席者が見られた。例年であれば日本の政財界の要人でにぎわうが、この日は政府からの出席者はわずかで、商社など企業関係者の姿が目立ち、「中国頼みの日本経済を象徴する光景」(テレビ朝日)となった。







中国が海外の「友好人士」を「培養」する手段に恫喝と利益誘導がある。だから如何なる状況下でも祝賀に駆けつけるこれら人々は、よほどあの国に手なづけられているのだろう。



だが社益を国益に優先させる企業の生態に照らせば、それも仕方ないとしても、政治家までが国益を忘れては困るのである。




体験談関連タグ



2015年7月12日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【寝取られ】清楚で美しい嫁が、母親の借金のせいで身も心もヤクザに堕ちていく 【鬱勃起】

妻のミクが、清楚な白のブラウスを着て、目隠しをされた状態でベッドの中央に女の子座りをしている。

熱を感じるくらいに明るい照明で全身を照らされているミクは、目隠しからはみ出ている部分が白飛び寸前なくらいになっていて、いつもよりも美肌に見える。



そして、そのベッドを囲むように、ブリーフ一枚だけの男達が1ダースほど、ミクを見つめながら自分のブリーフの中に手を突っ込んでまさぐっている。



そして、業務用のデカいカメラを抱えた男が、ミクを真正面から撮している。カメラを持った男が、

「どう? ドキドキする?」

と、少しからかうようなニュアンスを含みながら聞く。



するとミクは、口の端を少しあげて微笑むと、

『はい。楽しみです#9825;』

と答えた……。ほんの些細なきっかけだったのに、どうしてこんな事になったのだろう? 私は椅子に縛り付けられ、猿ぐつわをされた状態であの時のことを思いだしていた。





#8212;#8212;ミクは、エプロンを着けキッチンで朝食を作っていた。ニコニコとしながら、楽しそうに朝食を作るミクを見て、私は今日も一日頑張ろうと思っていた。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年6月18日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった4 【鬱勃起】

息子と行ったスキーで泊まった旅館は、秘境の隠れ宿みたいな宿だった。そして、そこでは私の人生において経験もしたことのないような官能的な時間が待っていた。



私は今、10歳も年下の景子ちゃんに正常位で繋がりながら、旅館の若女将にアナルに指を差し込まれている。こんな風に、一晩にして3人の女性と関係を持つなんて、当然のことながら経験はない。

私は、すでにもう何度も射精をしているのに、若女将のアナル責めの影響もあるのか、ガチガチに勃起したままだ。



そして、景子ちゃんが驚くほど整った美しい顔で私のことを見つめてくる。私の人生では、今までほとんど経験がないことだが、私のことが好きだという思いがこもった目で私を見つめてくれる。





そして、上になっているのは私なのに、さっきから腰を振っているのは景子ちゃんだ。景子ちゃんは、さっきの明奈ちゃんへの責めでよくわかったが、清楚系な見た目に反してドSだった。それなのに、今は正常位の下側で、必死で腰を振ってくれている。私にご奉仕をするように、なまめかしく、そして激しく腰を振る彼女。



『パパさん、気持ちいいですか? 私のおまんこ、気持ちいいですか?』

泣き顔にも見えるような、切なそうな顔で聞く彼女。私はこんなにも美しい女の子に好かれているというだけで、舞い上がりそうな気持ちだった。そして、今まで経験した中で一番気持ち良いと答えると、

『嬉しい! 大好きです!』

と言いながら、景子ちゃんがキスをしてくれた。でも、同時に私のアナルに指を突っ込んでいる若女将が、

『ゴメンなさいね、緩くて』


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年5月27日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】歪んだ純愛 【鬱勃起】

中・高の学生時代、俺は本当に腐った奴だった。

今の俺は、ただ償いたい。過去の過ちを懺悔し数々の罪を償いたいと思っている。



面白くも無い毎日だった。たしか中学1年から2年に上がる間の春休みだったと思う。

俺は当てもなくただ歩いていた。高野、庄司を連れて、ただ歩いていた。

偶然、小学校時代の同級生 翔太とばったり会った。俺の顔を見ると翔太は嫌な顔をした。

当然といえば当然か、俺達は翔太を散々虐めたのだから。

俺は翔太のその顔を見ると無性に腹が立って、虐めてやろうと思った。

ちょうど、近くにスーパーがあるので、そこで万引きさせようとした。

スーパーまで翔太を連れてくると、翔太が万引きしたくないとゴネやがった。

高野が蹴りを入れたり庄司が殴ったりして、やらせようとした。

すると、突然「君達!何をやってるの!」と厳しい声が聞こえた。

声の方を振り返ると、女が立っていた。

目が合うと、再度、俺に「やめなさい!」と叱り付けやがった。

俺は無言で、その女を観察した。かなりの美人だった。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年5月11日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【レイプ】両性具有 一人二役 【鬼畜】

校舎から離れたの体育倉庫に、テントや体育用品と捨てきれなかった備品が積んである。辺りは薄暗く、部活の生徒たちは帰宅した時間だ。



その体育倉庫の中で、一人の小柄な男子を、他の3人が、広げた古い体操マットに押さえ付けていた。



「やめろ! 離せっ!!」



小柄な男子は叫ぶ。

しかし、体育倉庫の裏は、山林で叫びはどこにも届かない。



「本当かよ、伊藤が女だって」

「あぁ。伊藤と同じ小学校だったやつから聞いたんだ」



押さえ付けている生徒たちが、そんなことを話している。



「ふざけんな、俺は、男だっ!」


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年5月5日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【浮気】旅行中に彼とH、翌日お見合い男性ともH 【不倫】

4年以上付き合っていて結婚してくれない彼氏(A君)がいます。



私はもう30代後半になっていて1日でも早く結婚したいと思っているのに彼(年上)はマイペースで全くそぶりを見せません。

私が40歳になってしまう前に結婚したいと思っています、赤ちゃんを産むこともあきらめたくない(切実な願い)。



友達に相談したら、「彼に内緒で、結婚相談所とかに登録しておいて他の男性とお見合いをしたら。そのほうが真友ちゃんが幸せになれると思うよ。子供ほしいなら早い方が絶対いいよ」と言われて他の男性(Bさん)とお見合いをし、並行して付き合い始めました。



旅行に行くA君とは普段の時のHはなく、旅行の時だけHをします(いつも淡白)。

だから私は年に数回の旅行のたびに彼との距離を縮めようとがんばって奉仕しています。



この前の旅行は久々となる遠方に飛行機での国内旅行でした(お互い平日に有休をとり、土曜の昼前にそれぞれの家に帰る日程)。



その旅行の夜は、珍しく彼が積極的でびっくり。



A君の方が顔もカッコ良いので、結婚にも積極的になってくれたら最高なのに!


体験談関連タグ

||||||||||||

2015年4月1日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【近親相姦】友達の妹【血縁SEX】

大学行ってた時、友達に貸していたDVDを返してくれって言ったら、そいつがこれから学会の発表の為の作業で、どうしても手が離せないからと住んでいるアパートの部屋のカギを渡してきた。DVDだけ取りに行ってすぐカギを返そうと思い、そのままアパートに直行して鍵を開けてドアを開くと、部屋の中にとても慌てた風な中学生位の女の子がいた。



部屋を間違ったかと焦ったけれど、カギはアイツのものだったし、と混乱していたら女の子の方があの、ここ○○○○のお部屋ですよねと聞いてきた。俺がそうだけれど、あんただれ?と聞くと、彼女は私○○の家族ですが、そちらは?と聞かれ、自分は友人で貸していたものを返して貰いにカギを借りた事を説明するとお兄ちゃんは今日、帰って来れないんですか?と途端に不安な様子になった。とりあえず今は忙しいらしいよ、と説明すると困った風なので、どうしたのか聞くと親と喧嘩をして、兄である友人の家のカギをそっと持ってきて突然来たらしい。



友人に、来ている事を伝えるよ、と言うと安心した様子になり、自分は早速DVDを探そうと、CDやDVDを置いてあるラックのある女の子の後ろを覗き込んだ。女の子が慌てるので、何かと思ったら足元に不自然に友人のTシャツや服がグシャグシャになっていた。よく見ると、その下に本がちょっとはみ出していて、その服のかたまりを足でどかすと、友人が置いていたエロマンガやエロ本だった。どうやら、部屋で待っていたときに暇で見つけたエロ本を見ていたらしい。



足でそのエロ本を軽く蹴って出し、その本を拾ってパラパラとめくってふーん。こんなの見ていたんだと言って彼女を上目遣いに見ると顔を真下に向けて返事をしない。しゃがんで顔を見ようと思ったら、逃げようとするので両腕を掴んで無理矢理顔を覗き込むと真っ赤になって泣きそうな顔をしているのが妙にいじめたくさせるような、そんな感じに可愛く思えて興奮した。自分から逃れようと、イヤイヤして逃げようとするのを抱きついてねぇ、こんなエロ本見て興奮した?こういうの好きなんだ。



みたいな事を耳元に、わざと息を吹きかけるみたいに言うと、彼女はやだ、離して、ちょっと、ざけんなよとか必死に言っちゃっているのが余計に無理に強がっている様で可愛くて、また抱きついた時のちっちゃくて細い感触が興奮させて、めちゃくちゃ勃起して彼女に擦りつけていた。兄ちゃんに、お前の妹お前のエロ本見て興奮してたよって言っちゃうよと言うと、違うもん!と言って振りほどこうと暴れるので、抱え上げて耳をよだれでびしょびしょにするように舐めて耳の穴の中に舌を突っ込んだ。



最初はやーとかやめてとか言っていたのが、だんだんうーとかはぁとか言葉にならなくなって、身体から力が抜けてってた。彼女を抱えたまま、ベッドの近くまで移動してベッドに彼女を投げ出すように下ろして覆い被さった。キスをしようとしたら顔をそらしたりして逃げるので、あごやほっぺをベトベトにして舐めるように口をつけた。抵抗する両手をなんとか抑えて、左手で頭の上に押さえつけ、片足を無理矢理彼女の足の間に割り込ませ、太ももでマンコを擦るように動かした。



大丈夫、言わないから。ね。言わないからみたいな事を繰り返して言い空いた右手で彼女の服を捲り上げ、ブラを横にずらすとほんのわずかの膨らみに、薄い殆ど肌色に近い乳首と乳輪を見たらたまらずむしゃぶりついていた。感触は柔らかさより、中に何かしこりがあるような感じでちょっと固く乳首に舌を強く押し当てて舐めて強く吸ったら、彼女は痛いと言ったので思い直して優しく優しく舌で転がすと、気持ち身体がのけぞった。



そして気がつくと、太ももが凄く熱く感じ、見てみるとジーンズのデニム地が濡れて、黒いインディゴになったしみが出来ていた。彼女の顔を見てねぇ、こんなに汚されちゃったよ。俺のジーンズ。みてよと言っても彼女は目を閉じたまま。また乳首を優しく、触れるか触れないか位で舐めて、右手を彼女の下半身に伸ばした。


体験談関連タグ

||||||||

2015年3月25日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】この年末、従妹の祥子とW不倫【血縁SEX】

<>304:304:2008/01/12(土)23:21:18ID:WEX6iGmY0<>

「り、離婚?・・?バカか、おまえ。」

俺はバーミヤンの回鍋肉を堪能しながら、祥子(しょうこ・二つ年上のいとこ)に言ったんだよ。

少し酒も入っていたからか?周りの客の視線が痛かった。

祥子はそれを気にしながら、俺の右手を触ってきた。俺は左利きだから、空いている右手を触ってきた。

どうやら旦那が会社の女と不倫しているらしい。

俺は旦那を怒りたかった。羨ましいぞ、という感情も含めて。

祥子は結婚前まで、あるチラシのモデルをしていて、

実は俺、そのチラシでいろいろお世話になっていた。

たぶん祥子も知っているはず。

で、メシを食い終わって午後10時過ぎ、祥子の軽自動車でウラトコバイパスを所沢方面へ。

途中から旧道へ。



<>307:304:2008/01/13(日)18:57:44ID:Ppkuzy4D0<>

旧道へ入ってから、しばらく走るとラブホ。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年3月19日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談
1 / 1712345...10...最後 »

このページの先頭へ