相互リンク先の最新記事一覧!

【泣ける】夢をあきらめた先にあった世界【感動】

「新体操」と「バトン」、夢をあきらめた先にあった世界



2013.8.2418:00(1/4ページ)[スポーツ写真館]

「新体操」の本多里香さん(左)と、「バトン」の石原比佐恵さん(右)。2人が夢をあきらめた先にあったのが、チアだった



 プロ野球12球団で『チアチーム』を抱えているのは10球団。そのうち2球団の『キャプテン』が、高校時代の同級生という“奇縁”で結ばれていた。



オリックスの『Bs Dreams』でキャプテンを務める石原比佐恵(22)と、中日の『チアドラゴンズ』でリーダーを務める本多里香(21)は、ともに愛知県内の同じ高校に通い、比佐恵はバトントワリングで、里香は新体操でそれぞれ世界大会に出場した真のアスリート。



その後、比佐恵は大阪で、里香は地元愛知で、それぞれの目指す道を歩んだ。高校卒業から3年後の昨年、2人はプロ野球球団のチアとして再会。今季はオールスターの舞台で“共演”を果たした。2人の『同級生物語』を、5回にわたって、つづってみた。







 それは一体、どれくらいの確率なのだろうか。




体験談関連タグ

||||||

2015年2月7日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【近親相姦】東日本大震災で、姉貴を【血縁SEX】

投稿者:弟投稿日:2011/07/27(Wed)14:17

僕には4つ違いの〇子と言う姉貴がいます。

東日本大震災が起きて少し経った3月下旬に姉貴と被災地にボランティアに行った時の話です。

ボランティア活動が終わり花巻のホテルに着くと被災地に入っている報道、業者の人達で一杯で、やっと一部屋なんとかしてもらい姉貴と二人で同じ部屋に寝る事になりました

セミダブルのベッドは二人で寝るには狭く、お互いに背中を向けたまま寝る事に。

姉貴は長時間に及ぶ活動で疲れたのか直ぐに微かな寝息をたてはじめました、大震災が起きなければこんなチャンスは無く、すでに僕の股間は張り裂けそうに勃起していました。

そして寝息を伺いながら寝返りをうつ振りをして薄い浴衣越しに姉貴のお尻に軽く触れてみます。

無反応。。

無反応に僕は大胆になりました。

ドキドキしながら姉貴のお尻をそっとなぞりヒップラインを確認します。尻フェチの僕には最高の瞬間です。

そのまま手をヒップラインからパンティラインへ、、パンティの形状を確認。

どうやら下着は紐のビキニみたいでした。

薄い浴衣の下は、パンティのみで直接姉貴の肌の感触が伝わってきます。

次に僕は薄い浴衣の裾を持って慎重に捲りあげ、背後から手をそっとパンティの中に滑り込ませます。

姉貴は脚をくの字に曲げてお尻を僕の方に突き出すような無防備な格好で寝ています。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年11月13日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】北海道支社の天使【鬱勃起】

こんにちは、僕は今年就職した新社会人の23才の男です。

これはついこの間あった出来事です。

僕の入社した会社は、北海道に工場があって、営業部の僕は8月に研修に行ってきました。

北海道支社に研修に行くのは新人では当たり前で、新人で無くとも新商品が出来ると皆で行ったりします。

研修は2週間で、8月の初日から行きお盆休み前に終わるので、ほとんどの人は休みをそのまま北海道で過ごすみたいです。

今年の研修は僕を含めて3人だけでした。

僕の直属の上司の柴田さんは「北海道支社にはすげー可愛い娘いるぜ!」と教えてくれました。

柴田さんは、35才の独身でブサイクですが風俗大好きの遊び人です。

柴田さんが昨年北海道支社に行った時に、支社の新入社員で可愛い娘が沢山いたみたいです!

僕は彼女がいないから、それだけでワクワクしていました。

そして柴田さんいわく、「モエちゃん」って言う女の子がムチャクチャ可愛いって、ニヤニヤしながら教えてくれました!

僕達新人3人は、そればっかり考えてウハウハでした。

そして研修当日。

はじめての北海道を楽しみながら、宿舎に到着しました。

初日は施設を案内されて終りでした。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年9月1日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】私たち夫婦のNTR体験(ver.1.0)【隣の芝生】

皆さんのようにうまく書けるかどうか心配していますが、私は自分のことをNTRだと、最初から思っていた訳ではありません。妻とは結婚して5年になります。あ、私は34歳、妻の由紀は28歳です。妻と私とは会社で知り合いました。職場結婚です。会社は通信関係の大手です。私は技術職、妻は事務職でした。子供はいません。ほしいのですが、コウノトリの機嫌を取り損ねたのか、まだできません。最近は夫婦生活もめっきり減っていて、この前はいつだっけ、という感じです。熟睡タイプの私は布団にはいるとすぐ眠ってしまうのでした。妻が欲求不満気味なのは気がついてはいたのですが、私が妻の魅力に「慣れてしまった」という感じでした。妻があれを言い出したのも、私に責任があると思います。

ある日のこと夕食後にリビングのパソコンでインターネットを見ていた妻が、

「ねえ、倦怠期の夫婦を助けるのに、夫婦で行くエステサロンとかあるんだって。現役AV男優がいるって書いてある。あと助っ人役の他の男の人と奥さんが寝るところを見せると、夫の元気ががぜん良くなるんだって…。このNTRてな~に?」

突然の刺激的な話題に、妻が見ているパソコンの画面のところに急いで行って中身を見ると、なるほど私が今まで知らなかった、倦怠期の夫婦のためのエッチな話題がいっぱい出ています。

「由紀ちゃん、こんなのしてみたいの?」

「だって、かず君(私のこと)、このごろちっとも元気ないじゃない。あたしが浮気するよりはましでしょう。あたしチクワと結婚したんじゃないわ…」

チクワ?…ちくわ!…私のあそこがちくわ!!!おでんに入っているちくわが目の前に浮かびました。刺さる、言葉が刃物となって股間に、いや、胸に刺さる。でも反論はありません。ネットの体験談のところを読むうちに私もエロ心を刺激されて

「一度やってみようか。」

と妻に言ったのでした。

 

そこで妻はあるサイトに次のような「募集」を出しました。

『夫34、妻26です。私たち夫婦と素敵な夜を過ごして頂ける30代の男性の方、ご連絡ください。妻は身長162で89-61-88です。』

 それを見たとき

「何で自分の年だけ2歳ごまかしてるの?」

と私が聞くと、自分はそう見えるからいいの、と答える由紀でした。若い夫婦だったせいもあると思いますが、沢山の応募を頂きました。その中で妻が選んだのは38歳のKさんでした。Kさんは離婚暦があって、別れた奥さんとの間にお子さんもいるとのことでした。何でもっと若い人を選ばないのかを由紀に聞くと、遊びなれた経験豊富な人のほうが安心できるし楽しめそうだから、と言うのでした。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年7月27日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】姉はカウンセラー 僕の属性診断【血縁SEX】

郊外の私鉄駅前の商店街を

俺は肩をすぼめて一人歩いていた。

(…………

 な、何でダメだったんだ。

 チクショウ………)

俺は今年大学に入学した18歳。

何とか滑り止めの2流私大に合格した。

旅行研究会なるサークルに入り

その新歓コンパの席で、同じ新入生の女の子と仲良くなった。

実は18になるまでまともに女の子と付き合ったこともなく

何を喋ったらいいか解らないというオクテの俺だった。

だが、その娘とは何故か打ち解けて、それが縁で付き合うようになった。

何度かデートを重ねてキスもした。

そして今日、渋谷でデートをした。

代々木公園でしばらく過ごしたあとラブホテルへ向かった。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年6月2日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】妻の貸し出し(ver.2)【鬱勃起】

妻の貸し出し行為に至る経緯と内容を詳しく書かせて頂きます。

妻、美幸は私よりも9歳年下の24歳です。本来少しM系で、強引な男に弱い所が有りました。短大まで新体操をしていた美幸は、身長160cm、バスト90cm、ウエスト62cm、ヒップ87cmの結構いいボディです。顔は淡白な韓流女優のイメージがあって、私のひいき目かもしれませんが美人のほうだと思います。結婚して4年たちますが、夫婦の間に子供はいません。一度不妊外来にも行きましたが、どうも私のほうに問題があるような話しでした。子供はほしかったのですが、あまり医学的な方法をとる気にもなれず、仕事が忙しいこともあって、セックスも倦怠ムードでめっきり回数が減ってしまっていました。今思えば専業主婦の若い美幸を、相当に欲求不満にしていたと反省しています。

そんなある日、友人のKさんを私の自宅に連れてきて、3人で飲んでいた時、話題が下ネタになりました。そこでKさんが余りにもオープンに女性との武勇伝を語るので、私も美幸も笑いながら「嘘だ~」とか言って盛り上がっていると、

「お前さんの奥さんも俺の一物のとりこになるか、ためしてみる?」

とKさんが言うので、酔っていた勢いで

「どうぞ、ためしてみてよ」

と言ってしまったのでした。

最初はしゃれというか、冗談のつもりでしたが、なかなかイケメンのKさんでしたので、妻の美幸の

「えー、ウソー、やだー」

とか言って笑う姿は、まんざら本心は嫌でもなさそうでした。ネットなどでたまにエロチックな体験談の書き込みなどを読んでいた私は、このとき危ない好奇心に火がついてしまったのでした。しかし、美幸が乗ってくるとは、正直最後まで思いませんでした。

その夜に3人ともほろ酔い以上になった時、Kさんと美幸のセックスが始まりました。

Kさんが妻の手を引っ張って、寝室に連れていくことで、事は始まりました…

最初、美幸はKさんをしらけさせると悪いと思ったのだそうです。「え~~」とか言いながら遠慮がちにKさんについてゆくと、ベッドにふたり並んで座りました。アルコールに酔って妻もエッチになっていたせいもあるでしょうし、Kさんは今思うとフェロモンむんむんの状態でした。美幸も最初はKさんのキスの要求を、

「ちょっとー」

とか言って笑いながらかわしていましたが、そうかといってはっきりいやとう意志表示もしませんでした。Kさんは美幸の肩に手を廻すと、甘い笑顔で自分の方に引き寄せました。私は少しずつ不安になっていました。さらに、美幸の首筋や耳たぶにKさんが優しくキスをし始めると、若い美幸は段々と感じ出してしまったようでした。やがてKさんが美幸の豊満な乳房をノーブラのシャツの上から、ワシつかみで揉み揉みして、美幸が身を捩りながら「アン」とかわいい声をだすと、急にKさんは積極的になって、美幸のシャツを慣れた手つきで脱がせてしまいました。見ると美幸のピンクの乳首はいくぶん硬くなっていて、形の良い色白の乳房の上で誇らしげにつんと上を向いています。その乳首を見てKさんはカプッと甘く噛みしました。「ア、ア」と美幸が反応します。Kさんの唾液で濡れた妻のピンク色の乳首は何とも刺激的でした。自分で言うとおりKさんは女性の扱いがとても上手でした。武勇伝は本当でした。妻はあっというまにパンティだけにされてしまいました。この日はタイミング良く妻は黒のセクシーなパンティでした。私はこの時、妻を貸し出した事を後悔し始めましたが、Kさんの真剣な表情、美幸の上気したピンク色の肌と、潤んだ瞳は今さら止めないでほしいと言っているようでした。美幸はKさんの攻めに「うんぅ…あ…あん…だめ~」と小さいながらも声を漏らしていました。美幸がどこまでいってしまうのかと私が心配しだしたとき、Kさんは唇を美幸の口に重ねました。美幸も今は嫌がらずKさんのキスに応えます。とうとう2人は私の目の前でキスを始めました。美幸が少しずつ口を空けてKさんの舌を自分の口にまねきます。お互いに舌を絡ませあい、まるで愛し合う恋人同士のような濃厚なキスでした。Kさんの股間に目をやると、Kさんの物が下着を押し上げて大きくそそりたっているのが分ります。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年5月18日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【浮気】亜矢子 続き【不倫】

梅雨が明けた。

初夏の日差しは、暑さに慣れていない私の身体に容赦なく降り注ぎ、ジリジリ肌を焼き付けていた。

私は庭に出て花壇の手入れをしていた。

午前九時をまわったばかりだというのに、夏の太陽は手加減を知らない。

今日は昼から金子さんが自宅に来ることになっていた。

そんなこともあり心も弾み、朝からジッとして居られず庭に出たのでした。

春の花達が夏の日差しにうんざりしたように葉を垂らしいる。

花殻を摘み、肥料を蒔き、ひと通り終わらせ汚れた手を裏庭にある流しで洗っているとき、「おはようございます。」

お隣の佐々木さんの奥様が声を掛けてきた。

佐々木さんのお宅は、今年の春にお隣に引っ越して来られた新婚のご夫婦。

ご主人はその直後、転勤の辞令を受け単身赴任を余儀なくされ、寂しいながら現在は奥様一人で暮らしている。

佐々木さんの奥様は、私より三つ下の22歳。

小柄で色が白く、まだ高校生と言っても通ってしまうほど若々しい。

女性の私でさえ抱きしめて上げたくなるほど可憐な、可愛い感じの女性なんです。

「あら、裕美さんおはよう。今日も暑くなりそうね。」


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年2月3日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【レイプ】バカな親 【鬼畜】

ある新体操クラブのオーナー兼理事の息子の俺。

いつも練習風景を違った眼で楽しむ俺。

ただ一人の少女にだけを目で追う。



芦原智子 15歳 中学3年生



ここに来てもう4年になる少女だ。

見る見る内に女らしくなって行く智子に俺は段々淫らな想いを抱くようになって来た。

あの身体を俺の物にしたい・・

もう そればかりを考える日々が続く。



ある県大会が近付き選考会が開かれる事に。

智子はまだトップになるには実力が無い・・

だが母親は どうしてもトップの選手に育てたいらしい・・

日頃の母親の必死な姿が物語っていた。


体験談関連タグ

|||||||||

2013年11月8日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【近親相姦】姉はカウンセラー 僕の属性診断 【血縁SEX】

郊外の私鉄駅前の商店街を

俺は肩をすぼめて一人歩いていた。

(…………

 な、何でダメだったんだ。

 チクショウ………)



俺は今年大学に入学した18歳。

何とか滑り止めの2流私大に合格した。

旅行研究会なるサークルに入り

その新歓コンパの席で、同じ新入生の女の子と仲良くなった。

実は18になるまでまともに女の子と付き合ったこともなく

何を喋ったらいいか解らないというオクテの俺だった。

だが、その娘とは何故か打ち解けて、それが縁で付き合うようになった。

何度かデートを重ねてキスもした。

そして今日、渋谷でデートをした。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2013年11月2日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】愛の形【隣の芝生】

僕の妻は、今年30(僕と同じ歳です。)です。

背が154cmと小柄ですが、胸は90cmあり、それでいて太ってはいません。

子供は、10歳の娘がいます。

昔、新体操をやっていたこともあり、あそこの具合も最高に良く、

普段は貞淑で、浮気も全くしません。(僕はしてますが(笑))

顔は川島なおみに似ていて、僕から見ても美人で可愛いと思います。

その妻を先日友達4人(僕を入れて5人ですが)で可愛がってあげました。

事の発端は乱交系のAVを観たのがきっかけでした。

僕は前から、妻が複数の男に抱かれて感じまくる姿を見たいとずっと思っていましたが、

妻はそんなことをする女ではないと思い、

ずっと言えないでいたんです。

思いきって、

「このビデオみたいなことをしたい。お前が男に抱かれて喘いでいるとこを見たいんだ。」

と、言ってみました。

初めは黙って俯いていましたが・・・


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2013年9月25日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談
1 / 212

このページの先頭へ