相互リンク先の最新記事一覧!

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 5 【鬱勃起】

前回↓









早朝、菜穂は家族のために1人早起きして朝食を作り、夫のネクタイやカッターシャツを用意する。



そして夫と子供達を起こし、家族皆で一緒に朝食を食べる。





「ほら、お腹空いてなくても朝ごはんはしっかり食べなきゃ駄目よ。一日のエネルギーになるんだから。」





食卓の席に座ってもまだ眠そうな子供達。




体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年6月23日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【恐怖】【朝日新聞】「『ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実』日本語版出版…準強姦致死罪などに問われた受刑者は日本に帰化した在日韓国人。彼を生んだのは日本社会そのもの」 【危険】

<>1:パロスペシャル(愛媛県)@\(^o^)/:2015/06/12(金)00:15:24.69ID:jiFb4zqS0.net<>

ルーシー・ブラックマンさん事件「15年目の真実」とは



■著者に会いたい「黒い迷宮 ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実」

《リチャード・ロイド・パリーさん(46)》



2001年、英国人女性ルーシー・ブラックマンさんが遺体で見つかった事件。発覚当時から事件を

追い続けた英国人ジャーナリストが、手記をまとめた。当時は英インディペンデント紙の特派員。



「記事になる話」としか思わなかった。だが、世の関心が薄れても、次第に夢の中にまで事件が出てくるほど

入れ込んだ。イラク戦争の取材中も頭を離れることはなかった。「ただの犯罪の話ではない。

私がよく知る日本と英国という二つの社会が交わる物語だと思った」



初来日は16歳の時。クイズショーで優勝して得た日本旅行だった。ヨーロッパとは全く異質の文化に

魅了され、英国の大学卒業後、日本で暮らすように。事件が起きたのは、日本を「第二の家」と思い始めた


体験談関連タグ

||||||||||

2015年6月23日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】伯母さん(母さん)【感動】

母親代わりだった伯母が亡くなった

44歳で一週間前に亡くなった。

少し気持ちも落ち着いてきた。

何でスレ立てようとしてるかもわかんないけど、

話聞いてくれないかな?



伯母が母親代わりになったのは、俺が3歳の時から。

父親が交通事故、母親が後追い自殺で、身寄りがなくなったんだ。

祖父母が施設に預けようと話していた時に、烈火の如く怒り、俺を預かってくれたのが伯母なんだ。

父親が今で言うDQNで、母親は妊娠したから結婚しちゃった的な人間だったらしい。

なので、父親側の祖父母も、母親側の祖父母も俺のことを嫌っていた。

伯母は母親の姉にあたる人ね。

俺が今25歳。伯母は俺を預かった時22歳ぐらい。



伯母は結婚もしていないのに俺を預かり、


体験談関連タグ

|||||||

2015年6月19日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】同窓会【危険】

<>265名前:本当にあった怖い名無し[]投稿日:2010/05/12(水)19:32:31ID:Q/SZIyn90<>

その日僕は同窓会に行きました

みんなのムードメーカーのA

頭がよくてわからない問題を教えてくれたB

クラスのマドンナでみんなに憧れられてたC



僕はまたこの愉快なメンバーと騒げることに幸せを感じました



わいわいがやがやと思い出を語っているうちについに最期の修学旅行の話になりました

飛行機の中すごかったよな? だってファーストクラスだぜwww

そんな事を話しているといきなり空気が変わりました



なんだと思ってみてみると木曽が・・・木曽?木曽がなぜここに



さっきまで馬鹿騒ぎしていたAもBもCもクラスの皆もそして私もおびえました


体験談関連タグ

|

2015年6月17日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 4 【鬱勃起】

前回↓









翌日、旅館の食堂で朝食を食べ終わった一行は、帰りのバスが待っている駐車場に集合していた。





「昨日は悪かったな菜穂、色々と面倒を掛けちゃったみたいで。俺、全く記憶がないんだ。」





「ううん……。それより智明体調は大丈夫なの?このままバスに乗っても。」





「あぁ、心配ない、もう大分酒は抜けてるし。」


体験談関連タグ

||||||||||

2015年6月15日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 3 【鬱勃起】

前回↓









天野と菜穂はベッドの近くにまで移動していた。



裸の男女がベッドの前にいる。



もうする事は一つだと、菜穂も分かっている。





今度はこっちのお口でたっぷり味わわせてあげますから






体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年6月13日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】自由に誰とでもエッチをする条件で結婚してくれた妻と3 【鬱勃起】

妻の真希との結婚式は、私の立場を思い出させるものでした。真希は、私などでは釣り合いが取れないと自覚するほど、美しい女性でした。私なんかと結婚してくれたのは、本当に奇跡のようなものだと思います。



私がプロポーズした時、真希は私に二つの条件を出しました。それは、一生彼女を離さないことと、彼女が私以外の男性と自由にセックスをすることを認めるというものでした……。でも、それは彼女の照れ隠しのようなもので、本気だとは思っていませんでした。



でも、結婚式の当日、それが本気だったことを思い知らされました。まさか、これから式を挙げる直前の控え室で、元カレの巨根に狂わされる真希を見ることになるとは、想像すらしていませんでした。



そして、真希は他人の精液を膣に入れた状態で私と式を挙げ、誓いのキスをしました。それは、私にとってはこの上ない屈辱でしたが、どうしても興奮する自分を隠せませんでした。





そして、表面上は感動的な結婚式……。私にとっては、屈辱的で泣き出したくなるような結婚式は終わりました。



でも、それはほんのスタートでした。新婚初夜、やっと二人きりになれたと思ったら、真希は着替えて出かけていきました。今日の結婚式での、純白の姿からは真逆にも思える、マイクロミニに肩出しキャミに着替えた真希は、日本に到着した元カレの黒人を迎えに行きました。



『じゃあ、ファックしてきま〜す#9825;』

と、悪びれもせずに言いながら出かける真希。彼女が、セックスのことをなぜかファックと言う理由がわかりました……。


体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年6月12日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【恐怖】大学時代に凄い人がいた【危険】

22:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/01(金)13:49:48

大学時代に凄い人がいた。

仮にTさんとしておくが、Tさん自身は

小柄で線の細い普通の女性なのだ。

だが彼女の陰のあだ名は「最終兵器」

その由来には、幾つかのエピソードがある。



Tさんは高校時代にコンビニでバイトをしていた。

そのコンビニは「幽霊が出る」と噂され

多数の目撃情報もあり、夜間はまったく来客がなかった。

だがTさんがバイトに入った途端、幽霊が一切現れなくなった。

その功績(?)からか、Tさんは他のバイトよりも多めに給料をもらっていた



Tさんの友人が肝試しから帰ってから度々自室で

男の幽霊を見るようになりTさんに泣き付いた。


体験談関連タグ



2015年6月10日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【寝取られ】混浴温泉に行って加藤あい似の彼女が淳似のヤリチンにやられた話 【鬱勃起】

735:ワールド名無しサテライト:2014/03/16(日)21:53:01.30ID:fHJaI5u

混浴温泉に彼女と行った時に彼女と友達の彼女が喧嘩になったわ



846:ワールド名無しサテライト:2014/03/16(日)21:58:02.10ID:fHJaI5u

>>783

友達の彼女が俺の彼女を貧乳扱いしてたんだけど混浴で

見比べたら彼女の方がおっぱい大きかったんだ

それでも彼女をガリ扱いするポチャっとした友達の彼女は口喧嘩になり

そのまま殴り合いの喧嘩になったんだ

881:ワールド名無しサテライト:2014/03/16(日)22:01:42.09ID:fHJaI5u

>>858

友達の息子より俺の息子は小さかったからそれも友達の彼女つついてきた

彼女がおっぱいでリベンジしてくれて嬉しかったよ

926:ワールド名無しサテライト:2014/03/16(日)22:31:03.54ID:fHJaI5u

>>921


体験談関連タグ

||

2015年6月2日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【泣ける】3人で取った写真【感動】

元嫁が死んだら悲しいか?



305:1/2:2008/12/04(木)19:48:05

実際死なれた、悲しいよ。ホント悲しい。



娘が2つの時、元嫁の不倫が発覚。

不倫相手と添い遂げたいという元嫁に脱力して二人が結婚する事を条件に、

慰謝料なし、財産分与なし、親権こっちで離婚。



その後、遠方に行ってしまって一切音沙汰なし。

俺の方と言えば×1子アリと再婚しそれなりに幸せ、今も。



で、最近元妻親から連絡が俺実家に入り死んだとの事。

お願いだから1度着てくれと言われ俺一人で行ってきた。

お線香をあげた後元妻の事を聞いた。


体験談関連タグ

||||

2015年6月1日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談
3 / 11412345...102030...最後 »

このページの先頭へ