相互リンク先の最新記事一覧!

【近親相姦】姉の嫁ぎ先【血縁SEX】

去年の夏、合宿が終わって帰るときに思いついて姉の所に寄ってみようと電車を乗り換えて電話もせずに行ってしまったが、姉夫婦は夏休みを利用して旅行に出たそうで留守番してる旦那さんのお母さんがいただけだった。

突然寄った事を説明して、玄関先で失礼しようとしましたが、お母さんは折角来たのだからとあげてくれて、お寿司を取ってくれたりビールまで出してくれて歓迎をしてくれました。

遠慮しないようにと缶ビールを三本も次々とあけてくれるので飲んでしまったが、合宿の疲れで酔いが回るのが早く、

「もうご馳走様ですよ。酔ってしまいした。」

「若いんだから大丈夫でしょう。」

「すみません、ちょっと寝てもいいですか?。」

勧められて悪いと思って飲んでしまったが、疲れがどっと出た感じで眠くなってしまい、寝かせてもらう事にしました。

二三時間ほど眠ったでしょうか、目を覚ますと夏掛けが掛けられていて、座卓の向かいにおばさんも寝てしまったのだろうか、私の方に足を向けて横になっている姿が見え、合宿後の満腹と酔いとぐっすりと眠った私に残っているには性欲だけ、私の母親よりも年上で、60は過ぎていると思われるおばさんだが、足先から見上げるように見える姿は中肉中背だが大きそうな胸の膨らみ、年齢の割には括れてるウエストと大きく張り出した様子の腰辺りは、何とも言えない容姿の様に思い出されだして、ゆったりと寝息感じのおばさんの様子を伺い始めてしまい、投げ出している足の合間を覗くように伺い、微かに見えそうな白いパンツが何とも嫌らしい興奮を誘い出されて、姉の旦那さんのお母さんである以上変な事は出来ない自制心が強烈でありながらも、何とかスカートの中を覗いてみたい衝動はどうすることもできず、こんなチャンスは二度と訪れる事などなくて、葛藤する戦いは目の前のおばさんの素足には勝てなかったのでした。

そーっと手を伸ばしておばさんの足を掴み、向こうに見えるおばさんの顔は下から見ている事で目を開けているか瞑っているかは僅かな気配しか分からず、後は感に頼るしかない危険な行動でした。

微かに開き感じの足を静かに横に動かそうと必死で、スカートの中に目を、おばさんの様子に目をと目まぐるしく様子を伺いながら僅かに動かすのもやっとの事でした。

心臓は爆発寸前のように激しく鼓動を打ち、何度も一息ついてはと自分の危険な行動と興奮の狭間でおばさんの足を広げていくのに必死になっておりました。

一息呼吸をしながら何度繰り替えしましたかおばさんの足をある程度広げる事ができて、真っ白に輝くパンツを覗き見ることに成功しました。

むっちりと言う言葉がぴったりの様な太腿、そしてうちの母親の洗濯物で見るばばパンツとは違って、シルクのように反射するほどの光沢で、股間を包む張り出しが見事で、ピッタリと吸い付いてるパンツ、絶景の言葉を言ってしまいたくなるおばさんのパンツ景色、見事なまでに盛り上がった土手の膨らみ、股合間に着いた肉盛り、どれを取っても興奮を誘い、覗いてしまった衝動を更にエスカレートさせてしまうものでした。

手を伸ばして触り捲くりたい衝動、襲い掛かってぶち込みたい妄想、おばさんが気が着いて、覗いてる事を知られて、姉にでも言われてしまったら、自制心で押し殺す事に必死でしたが、この光景をおばさんの股間の姿を、指を咥えて覗く事だけで我慢していなくてはならないものに何とか納める事ができました。

そして後はセンズリを掻いてしまう事で慰めるしかない状況、それなら昔のように姉のパンツでも合わせておかずにしようと探し、洗濯機の中にあった洗濯物はおばさんの物のようで、おばさんのパンツを見つけ、必死に臭いを嗅ぎまわって、おばさんの股間の匂い、悪巧みは出来る所まで突き進んでしまい、おばさんのパンツを持って、おばさんの股間を拝みながらおばさんのパンツの匂いを嗅ぎこんで、擦り続けるオナに走ってしまいました。


体験談関連タグ

||||||

2014年7月5日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】後輩の嫁さんを【鬱勃起】

わたしは(仮名Aとします)36歳独身で建設会社に勤めています。

後輩(仮名Bとします)から「相談があるのですが」と言われ

会社の帰りに飲みに行きました。

Bはわたしの8年後輩で、可愛がっている後輩の1人でもあります。

Bが結婚をしたのは半年前で、結婚式にも出席をしました。

結婚する前には良く飲みに言ったり、遊んだりした後輩です。そのBから

「相談」と言われたので、仕事の事か何かで悩んでいるのかな?と思っていましたが

相談内容に驚いたのです。

「A先輩、僕の嫁さんを口説いてくれませんか?」との事です。

A「はぁ?何を言ってるの?お前、マジか?」

B「はい、本気なんです」と真面目な顔。

よくよく聞いてみるとBの嫁さんはHには淡白である。

嫁さんをHにして欲しい

自分(B)のチ○ポに自信が無い。などなど・・・

以前に嫁さん(仮名C子にします)が僕の事を「優しそうで格好良い」と


体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年7月4日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【泣ける】好きな娘のセックスを、ベランダから・・(健太) 【感動】

僕は童貞です。

年齢は35歳になります。

身長は160cm体重は95kg。

あだ名はありませんが、陰口は言われてるみたいです。

会社では営業みたいなことをしてますが成績はサッパリです。

風俗では2回に1回はキスしてくれません。

そんな僕。



彼女は巨乳。

名前はまい。

下の名前で呼んだことなどありません。

年齢は24歳。

身長は148cmくらい。

でもすごい巨乳で机に胸がのっかってます。

あだ名はまいとか、まいっちとか言われてます。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年7月3日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【寝取られ】元彼にのめりこむ妻【鬱勃起】

結構

鬱な話ですが、良ければ読んであげて下さい。



その年

俺の勤める会社が消滅しました。

倒産する寸前は休み無く働きましたが、もがき苦しむだけでした。

気付くと円形脱毛症にもなっていました。

段々と範囲が拡大し、やがて地肌を黒く塗るだけでは隠せなくなりました。



人と会うと

痩せた?

疲れてる?

気心の知れた奴には

年取ったねと言われる事もすっかり慣れました。




体験談関連タグ

|||||||||

2014年7月2日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】スワッピングって興味ある?【隣の芝生】

妻が「スワッピングって興味ある?」とベットの中で聞いてきた。

どう答えていいかわからないから迷っていると「友達のU子が旦那に半分騙されてしたんだって。私はあなたが他の人とするのは嫌よ、言い出さないでね」

と言われたから内心ホッしたような残念なような気持ちでいたら

「でも、奥さんだけが他の人に抱かれて、それで興奮した旦那が前よりも奥さんを愛したっていうパターンもあるんでしょ?それには興味あるわね」と話題を変えてきた。

「他の男としたいのか?」と聞くと

「それであなたが嫉妬に燃え狂ってくれるならちょっとしてみたいかも」と言い出した。

「お前が他の男のチンポ入れられるなんて考えただけでおかしくなりそうだよ」

「どうおかしくなるの?」

「そういうHP見てみるか?」

「見たい!あるの?」

「検索したら出るだろ」

知っていたけど知らぬ振りをして見せた。

「うわぁーこれって旦那以外の人としてるの?」

「たぶんな」

「エローい」


体験談関連タグ

|||||||

2014年7月2日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた3【鬱勃起】

嫁の麗子が、部長と一泊で温泉に旅行に行って以来、ただでさえ男女逆転していたウチの家庭は、より逆転に拍車がかかっていた。



嫁に寝取られ性癖を見抜かれてしまったこともあり、麗子はそれを巧みに刺激して俺を興奮させてくれる。



今日も甲斐甲斐しく嫁のために夕食を作っていると、嫁が帰ってきた。

同じ社内で、どんどん出世していく嫁に対して、出世を諦めている俺は、毎日こんな風に嫁よりも早く帰って夕食や家事をする日々だ。



「ただいま。わぁ、良い匂い!あんたは本当に良い嫁だよねw」

「それほどでも、、 もう食べる? 先に風呂入る?」

「wwそれとも、わ・た・し は?w」

「えっ?良いのっ!?」

「ウソだよw じゃあ、食べよっかw」

「は、はーーい、、」

あれ以来、麗子はセックスをさせてくれない、、 

この自宅で、部長が嫁を抱くのを俺が覗く、、 そんなプレイをするのを嫁と約束している。それが終わるまではセックス禁止だそうだ、、


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月2日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【修羅場】母が亡くなった。立て込んでいて連絡できなかった。慶弔休暇を欲しい【脱力】

238名前:名無しさん@HOME[sage]投稿日:2012/02/16(木)20:55:14.940

連絡なしに休んだA係長の携帯に電話してみた。

「母が亡くなった。立て込んでいて連絡できなかった。慶弔休暇を欲しい」

「通夜・葬儀については後で連絡する」

そのままいくら待っても連絡が来ない。携帯にもつながらない。



会社も弔電やご香典やいろいろあるので困ってしまい、とりあえず香典を用意して

俺が自宅に様子伺い兼ねて行ってみることになった。

A係長のお母さん、死んでませんでしたw 先に香典出さずによかった。



事情を話すとA係長のお母さんも奥様もびっくりして、

心当たりに電話しまくったところ

浮気相手と旅行にいってたことが判明w

居合わせた俺、般若のような修羅のような女性2人の間でいたたまれず、

といって逃げもできず


体験談関連タグ

|||

2014年7月2日 | 体験談カテゴリ:修羅場体験談

【人妻】泥酔した夜【隣の芝生】

私の秘密を、ばらしちゃいます。

旦那とは、定期的にセックスは、してるけど、子作りの為のセックスだから、新婚当初の熱い感じは、無くなって、事務的なセックスに終始してます。

ある日、旦那が、二泊三日の社員旅行で外泊した。

独身の女友達3人と飲み会をしました。私はお酒が弱くマイペースに飲んでたんですが、若い男性から声をかけられて、

可愛いだの、スタイル良いだのと、おだてられて、

旦那からは、発せられないセリフについ嬉しくなってピッチか上がり、泥酔しました。

帰り道が同じ3人の男性と、私はtaxiに乗り込みましたが、寝ちゃいました。

目を覚ましたら、裸で挿入されて、中に射精する瞬間でした。次々と男性が私に挿入し、中に果てて、

朝、完全に目を覚まして、だるい体を持ち上げると、3人どころか、8人の男性が折り重なり、雑魚寝してる。こんなに相手したのかと、改めて考えました。

重い腰をあげて、破れた服を、手で押さえて、taxiで帰宅中、中から、ザーメンがしみだして、パンツはおろかスカートまで濡れて、座席を汚してしまったわ。帰宅して、直ぐにシャワーを浴びて下腹に力を入れると、ボトボトと、ザーメンが漏れだしました。

不思議と、屈辱感も旦那への罪悪感もなくて、気だるい体が心地良かったわ。

翌日、女友達に話を聞くと、茶を濁すので、私程では無いにしろ、何かは、起きてると思った。

ある日、スーパーで、男性に声をかけられて、動画を見せられました。恍惚な表情で、顔射を受けて、お掃除フェラしながらマンコを突かれて両手で、チンポをしごいてる姿、

男性は、決まり文句で、誘ってきた。

私は思い切って、ずっと考えてた。事を男性に告げた。素面で複数に、ヤられたいって、男性は、願ってもないと、言いました。但し、夜は、旦那の手前、無理だから、昼に私の家でと、頼みました。 最初は、4人しか集まりませんでしたが、さいこうで、セックスで、意識が飛ぶのをはじめて経験しました。週2ペースで、集まってますこの前なんて、15人に輪姦、それもアナルと口とマンコで、3周もザーメンを受けきり。次の集まりでは、調教師ってあだ名の男性が傘下するって今から、濡れ濡れだわ。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月1日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】祐子【血縁SEX】

俺ん家の近所には、2つ下の女の子が住んでる。名前は、祐子(仮)。

祐子の兄貴、正樹(仮)と仲が良かったので小学生のころまでは一緒にゲームしたりして遊んだが、

たまに正樹はサバイバルゲームに混ぜて祐子をエアーガンで打ったりしてた(笑)。

俺と祐子は仲が良く、正樹が居なくても一緒に遊んだし、一緒に風呂に入ったりもした。

「俊ちゃん(俺)(仮)、助けてー」なんて半泣きになりながら俺のうしろにかくれたりすることもあって、

性的な対象として見ることこそなかったものの、俺はなんだかんだいって祐子のことを気に入っていた。



俺らはほんとの兄妹じゃないかと思うぐらい仲がよくて、

お互いの家に連泊したり、一緒に旅行行ったりすることなんて多々あったぐらいだ。

そして、3人とも同じ高校に進学。

ってわけで、俺と正樹は高校3年生、祐子は1年生。



祐子は活発で友達付き合いも良く、クラスでも部活でもひときわ目立ってた。

胸はDぐらいあるし、顔も可愛くて、男からもわりとモテていたみたいだ。

そして、俺が祐子を「女」として意識してしまう出来事が起こった。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年6月30日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】姉は無防備【鬱勃起】

俺には、一つ上のお姉ちゃんがいる。



今どき珍しく、結婚するまではエッチしないって決めてるしっかりとした考えを持ってるお姉ちゃんなんだけど、このお姉ちゃん、恐ろしいくらい無防備なんです。



そんな、お姉ちゃんの話させてもらいます。



小学校の頃から、ミニスカはけばパンチラ当たり前のお姉ちゃんも中学になれば変わると思ってた俺。



しかし、家では思春期の俺がいるのに、当たり前のようにパンチラ・廊下を拭いてたらお尻フリフリしてるお姉ちゃんがいた。



学校では大丈夫なんだろうかと心配になって本人に注意したら



「大丈夫よ。私って誰にも興味もたれてないから」



と軽く流された。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年6月29日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

このページの先頭へ