相互リンク先の最新記事一覧!

【寝取られ】ただ一つのことのために全てを晒した妻 【鬱勃起】

私は東京外国語大を卒業し松○電工の本社に就職しました。今は名前が変わってしまった会社です。

そこで5つ年上の今の夫と知り合い、25歳の時に結婚しました。

夫は私を本当に愛してくれ、私も夫を心から愛し、幸せな結婚生活でした。

しかし、結婚から1年後、義父が舌癌に掛かってしまったため、夫が実家の工場を継ぐことになりました。

夫の実家は都心から車で2時間以上掛かる田舎にあったため、私も夫と同時に会社を辞めてにUターンしました。

夫の工場は、地方にある農機メーカーの下請けでした。夫が社長になって、しばらくは非常に順調でした。。

発注元の農機メーカーからも先代と同様に発注して貰え、

私も専務などと煽てられて、従業員達と一緒に社員旅行で海外へ行ったりもしました。

ところが、折り悪く、リーマンショックによる大不況の波が当社にも押し寄せ、経営は非常に苦しいものとなりました。

売上の大部分を占める農機メーカーからの受注が一気に減ったことが大きな原因でした。



給与などの支払いが自転車操業状態に陥り、工場を閉鎖することも視野に入れなければならなくなりました。

しかし、従業員の多くは再就職の難しい年配者であったため、彼らの生活をなんとか守りたいという夫に

私も同意見でした。

なにより闘病生活を送っている創業者である義父にとって、工場は生きがいそのものだったのです。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年4月9日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【恐怖】気立てがよくて料理上手ってかんじだったな。【危険】

<>748名前:本当にあった怖い名無し投稿日:2010/02/17(水)00:55:45ID:8yenGAu90<>

気立てがよくて料理上手ってかんじだったな。

何って、俺の奥さんのことだよ。

部下や上司をつれてっても、文句もこぼさず、もてなしてくれてた。

おっとっと、ノロケじゃないから最後まで聞いていきなさいって。



大事にしてたつもりなんだけどさ。

男の大事にするってのは、老後も苦労させないって決意なんだよね。

俺もそうでさ、仕事にうちこんだよ。

ある時、直帰できたときに、奥さんが慌ててたのね。

変だなと思いながら着替えにいこうとすると寝室に入る前に止めようとするの。

まさかな、と思いつつも開けたら、男はいなかったけど、ベッドが乱れてた。

その時は、とっさに、昼寝してたのか、で済ませたんだ。

行為の後のシミは見なかったことにした。




体験談関連タグ

||||

2015年4月8日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】彼女が援交してたwwwワロタww【感動】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/11(火)04:51:27.81ID:HynNplfU0<>

笑えねーよ、バカ





<>4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/11(火)04:52:09.21ID:+T8qdwtt0<>

1万でって言っといて





<>9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/11(火)04:54:44.68ID:HynNplfU0<>

発覚は携帯メールから

ワクワクメールだとよ

ホ別二万でどうですか?だってwww



死ね




体験談関連タグ

|||||||

2015年4月6日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】面影【感動】

俺の実家は田舎の大きな農家

親父は6人兄弟の一番上で長男

末っ子(6番目)の叔父は俺が高校になるまで一緒に住んでいた





時々叔父の彼女が遊びに来たが、これが絵に描いたようなDQNヤンキーで

元々は叔父の高校の1年先輩だったらしいがダブッて同級になったそうだ



そうこうしているうちに叔父が大学2年(俺小5)のとき彼女が妊娠したとかで

スッタモンダの末結婚することになり、彼女が家に同居し始めた

(その為に叔父の部屋を改装したりトイレを洋式にしたり大変だった)



ただ籍はもう少し先に(安定期に入ってから)なってから、と言うことだった。






体験談関連タグ

|

2015年4月3日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】【夏の怪談】旅館の求人広告【危険】

466名前:sage投稿日:03/07/0202:04

丁度2年くらい前のことです。旅行にいきたいのでバイトを探してた時の事です。

暑い日が続いてて汗をかきながら求人をめくっては電話してました。

ところが、何故かどこもかしこも駄目,駄目駄目。

擦り切れた畳の上に大の字に寝転がり、適当に集めた求人雑誌を

ペラペラと悪態をつきながらめくってたんです。



不景気だな、、、節電の為、夜まで電気は落としています。

暗い部屋に落ちそうでおちない夕日がさしこんでいます。

窓枠に遮られた部分だけがまるで暗い十字架のような影を

畳に落としていました。 、、遠くで電車の音が響きます。

目をつむると違う部屋から夕餉の香りがしてきます。

「カップラーメンあったな、、」私は体をだるそうに起こし

散らかった求人雑誌をかたずけました。ふと、、偶然開いたの

でしょうかページがめくれていました。


体験談関連タグ

|||

2015年4月3日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【浮気】旅行中に彼とH、翌日お見合い男性ともH 【不倫】

4年以上付き合っていて結婚してくれない彼氏(A君)がいます。



私はもう30代後半になっていて1日でも早く結婚したいと思っているのに彼(年上)はマイペースで全くそぶりを見せません。

私が40歳になってしまう前に結婚したいと思っています、赤ちゃんを産むこともあきらめたくない(切実な願い)。



友達に相談したら、「彼に内緒で、結婚相談所とかに登録しておいて他の男性とお見合いをしたら。そのほうが真友ちゃんが幸せになれると思うよ。子供ほしいなら早い方が絶対いいよ」と言われて他の男性(Bさん)とお見合いをし、並行して付き合い始めました。



旅行に行くA君とは普段の時のHはなく、旅行の時だけHをします(いつも淡白)。

だから私は年に数回の旅行のたびに彼との距離を縮めようとがんばって奉仕しています。



この前の旅行は久々となる遠方に飛行機での国内旅行でした(お互い平日に有休をとり、土曜の昼前にそれぞれの家に帰る日程)。



その旅行の夜は、珍しく彼が積極的でびっくり。



A君の方が顔もカッコ良いので、結婚にも積極的になってくれたら最高なのに!


体験談関連タグ

||||||||||||

2015年4月1日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【泣ける】AIBO、君を死なせない  【感動】

AIBO、君を死なせない 修理サポート終了「飼い主」の悲しみ

2201



2014年07月28日15:30dot.





ロボットだから永遠に一緒だと思ってたのに……。

迫りくる「別れの日」を前に「飼い主」たちの努力は続いている。(編集部・高橋有紀)



 リビングで飼われている「ほくと」は10歳。毎朝8時半になると目を覚ます。飼い主の60代の女性が「ほくと、何してるの?」と話しかけると、ほくとが答える。



「ぼんやりしてた」「なでなでして」



 10年変わらない、この家の日常の風景だ。




体験談関連タグ



2015年3月31日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】口蹄疫「非常事態宣言も」殺処分対象は3万4000頭に【宮崎の口蹄疫は韓国と同タイプ】【危険】

【引用ここから】







——————————————————————



韓国豚の輸入禁止処置



なぜか口蹄疫が日本国内に発生。福岡大分熊本をスルーして宮崎で発生。



政府が対応しない。



自治体が自主的に動いたけど消毒薬足りねー!!



国がマスコミに「オレらが消毒薬手配した」


体験談関連タグ



2015年3月31日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】従姉妹の丑の刻参り【危険】

高校生になってから「髪伸ばして三つ編みするのが夢なんだ!」とか嬉しそうに言ってた従姉妹が、ばっさりと髪を切った。

失恋とは違うらしい。



「どういう心境の変化だ?三つ編みするんじゃなかったのか?」



「あ、もう止めた」



従姉妹は、にこにこ笑いながら、ピンピンに跳ねた後ろ髪を何回も撫でつけてた。



ちょっと違和感を感じた。従姉妹はこんなに笑う子じゃなかった。どっちかっていうと無愛想で、拗ねたみたいな顔してるタイプだった。



何かあったんだなって思って、しつこく聞いた。



そしたら、こんな話をしてくれた。




体験談関連タグ

|||

2015年3月31日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】キモ面【危険】

<>178:84◆Kj3wnOXXfw:2009/05/26(火)16:38:07ID:lC3URjdn<>

1/2

【キモ面との出会い】

初めての就職先の最初の夏休み明け、インドネシアだかバリだかに

旅行した上司からお土産として貰う。

他の人には、片手に乗る小さな可愛い木彫りの動物で、私には何故か

上下40cm位ある木彫りのお面。

耳の辺りに木で出来たビーズ(?)の飾り付き、頭には変な羽飾り、

鼻の下にはトウモロコシのヒゲみたいな髭付き。

「気持ち悪いのでいらない」とも言えず持ち帰るのも嫌だし、

ロッカーも無いのでそのままデスクに飾る。

その日の内に、別の階の人にも『気持ち悪いお面』として噂になり

わざわざ見に来る人多数。



・それから数年後、念願の海外勤務が決まりデスク周りの整理。


体験談関連タグ

|||||

2015年3月23日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

このページの先頭へ