相互リンク先の最新記事一覧!

【泣ける】僕が彼女を守る【感動】

僕の彼女は少し太め でも僕はそんな彼女が大のお気に入りなんだ。いつも仲良く買い物に行っているんだが、今日は彼女が服を見に行きたいって事で、久々に街へと繰り出したんだ。

暫くぶりのデパートなんだが、服は外の暑さを忘れるくらい秋ものでいっぱいだ。



彼女が気になる服を見つけたみたいでディスプレーに飾ってある服を見ていたら店員さんが「よかったら試着してみませんか?」なんて言うもんだから彼女は更衣室へ…



もうね 男が一番困るのがこの試着中なわけ!女の子はわからないだろうが、試着してる間僕は一人なわけよね!そいでもって、あとからショップに入ってきた女子から見たら俺はカナリ浮いてる存在よ!



そりゃ彼女が試着室から出てくれば大丈夫なんだけど、その間がね…まぁそんな感じで考えていたら彼女が出てきた。



しかし彼女の服を見ると豊満な体が小さな服にギュウギュウ詰め状態!



これには店員さんも苦笑い…



そしてあろう事か、先ほど入ってきた女子もチラチラ見ながら彼女の姿を渡ってるではないか!

あまりにも彼女が無残だ!僕はいつしか怒りに震えていた!


体験談関連タグ

||||||

2015年7月26日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】初めて見る乳【感動】

<>205名前:名無しの心子知らずsage投稿日:2008/08/25(月)17:07:10ID:MEPdYS12<>

息子が年中の時、一緒に女湯に連れて行った。

息子は温泉初体験。

更衣室で「ママ大変!みんなオッパイが膨らんでる!!」と叫んだ。

ええ、ママは貧乳ですとも。ふくらんだオッパイ見るのは初めてだよね。

それ以来息子はパパと男湯です。

体験談関連タグ

|||

2015年6月27日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】続・小6の夏【危険】

の続き



Hと公園のトイレで見せ合いをした日から、僕の頭の中は「Hのあそこをもっと見たい、触りたい」という思いで渦巻いてた。その当時はまだSEXをしたい言うところまでは考えに無かった様に思う。ただ、もう一度Hのあそこを見たかった。

しかし、まだ小学生。どうやってその状況にもっていくかなんて考え付かず、寧ろ意識してしまって、そんな話題はおろか、Hと普通に話す事も出来なくなっていた。Hもあの日の事は無かったかのように毎日を送っていた。



事件が起きたのは、それから数日たった体育の時間だった。

プールが終り教室へ戻ると、悪友のSが担任に呼ばれた。また何か悪さでもしたのかと思って「ばかだな」と思ったが、教室を出る時にSがちらっと僕の方を見たことが少し気になり、なんだか嫌な予感がした。

30分後、その予感は的中した。「放送します。6年4組の俺君、至急職員室まで来るように。」担任の声だった。クラスの連中は「俺〜、何したんだよ〜!」等と冷やかした。僕は足ががくがくし、頭の中が真っ白になった。しかし、皆に悟られない様、出来る限りの作り笑いをし、「なんだろ」と教室をでた。

僕は呼ばれた件がパンツ泥棒とは違う事であってくれと心の中で祈りながら歩いた。



職員室へ行くと椅子に座りうなだれたSの前に腕を組みこちらをみらみ付ける担任が居た。担任は40歳位の目付きのきつい女性だった。普段は優しいものの怒るとその、鋭い目で睨みつけ必殺のビンタを飛ばす先生だった。

先生は僕を呼ぶと、「何で呼ばれたか分る?」と静かに言った。想像はついていたが「分りませんと答えた」鋭い目で僕を睨みつけると「プールの時間といえば分る?」と僕の目を離さずに言った。

僕は全身の血が一気に引く感覚を覚えた。無言で立ち尽くす僕に「自分でいってごらん」と冷たく言いい、その後僕が口を開く迄約30分僕の目を軽蔑のまなざしで見つめ続けた。

「女子更衣室へ入りました。」カラカラの喉を震わせてようやく出た言葉に、間髪いれずに「そして何をした?」と言った。「Hさんの・・パンツをとりました」その瞬間、鬼の様な形相に変わり一発ビンタが飛んで来た。何が起きたか分らす僕は泣いてしまった。




体験談関連タグ

|||||||||

2015年5月25日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【寝取られ】弱みを握られた絶世の美女2 【鬱勃起】

続き



伏し目がちに下を向く恥ずかしげな顔が





堪らない。







自らスカートをたくし上げて



太腿も露わに、下着を晒す



ゆずりさん。




体験談関連タグ

|||||||

2015年5月19日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【浮気】ウェディング衣装担当なのに新郎と立ちバック! 【不倫】

結婚式場の衣装を専属で担当しています。



昔からバイセクシャルな私は式場で男女が来店されるとワクワクします。



自分が胸・お尻が小さいせいか、私は胸とお尻の大きい女の子が好きです。



この前来店されたYさんはまさに理想の体型。



店員さんをされているとか。



基本的に新郎・新婦と仕事で会う機会は2回あるのですが、

初めての試着の時(1回目)に気に入った子はその日の内にメアドを聞いて

おきます。



「うらやましいなぁ〜、Yさんは胸が大きくて。私なんか全然ないから。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年4月22日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【近親相姦】裏切り・妹凌辱遍【血縁SEX】

妹は俺を嫌っていた。

おそらく、事情を知っているのだろう。

学校で会っても無視するし、声をかけても睨んでくる。

そんな奴に情けをかけるわけがない。

俺は考えつくありとあらゆる非道なことを実行した。

まずは、妹の下着を同学年の男子に売りさばいた。

妹は可愛かったからかなり売れた。

そして、プールのある日に妹の水着の乳首とマンコの場所に切り込みを入れた。面白いほどうまく進んで、妹はクラスの男子に乳首を見られて泣きながら更衣室に戻った。

そして、風呂から上がって部屋に戻るとパンツ一丁になる癖があるのでそれを盗撮してまた売った。

その中の何人かを使って、妹を脅してレイプさせることにした。

まずは俺が処女をいただいたけどな(笑)

それからは、妹とのセックス一回一万で稼いだ。

集まったのは気持ち悪いオタクばかりで、妹は泣き崩れた。

俺は構わず、「中出しは二倍払えばさせてやるぞ」と言ったが、みんな子供ができるのが怖くてしなかった。

こうして妹は俺に従順になり、毎日性欲処理させている。


体験談関連タグ

|||||||||||

2015年3月26日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】小1の女の子とハードないたずら【血縁SEX】

ヤッてはないからスレ違いなんだが長文置いていきます 



随分昔だが、俺が小5〜6くらいの話

夏休みに親の知り合いの人の家に数日泊まりにいった

外で遊んでいるとその人の家の隣に住んでる同い年の男の子と仲良くなった

タメという事もあり話が合い、その日は彼の家に泊まる事になった



家に行くと彼の弟(小3くらい)と妹Aちゃん(小1、美系)がいた

二人とも良い子でよく懐いてくれ、居心地よくて楽しかった



夜、3兄弟と俺は同じ部屋で寝ることになった

Aちゃんが「○○くん(←俺)と一緒に寝るー!」と布団に入ってきた

Aちゃんの母親は「ほんとに○○君の事好きなのね〜^^」と笑っていた



4人でしばし談笑の後、消灯


体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年2月20日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】市民プールで妹にいたずら【血縁SEX】

いつも妹にプールに連れて行ってとせがまれ今日もせがまれて仕方なく連れていくことにしました。

もちろん水着に着替えてプールにつくと妹が心配なので男性更衣室で着替えさせた。

妹も楽しそうにはしゃいでいて準備体操を終わらせプールに入った。

妹はビキニタイプの水着で俺はそんな妹を可愛いなと思っていた。

妹が泳いでるときに後ろから近づき妹の水着をTバッグ状態にすると「やめてよ」と恥ずかしそうに言った。

俺は笑いながら謝った。

今度は妹の下に回ると妹に水着を一気に脱がし俺の海パンに入れてプールから上がった。

妹は恥ずかしそうに前を隠し小声で「返して」と俺に訴えたが俺は無視し眺めてると幼稚園か小1ぐらいの男の子が2人来て妹の下に気づくと不思議そうに首をかしげ向こうに行った。

俺はさすがに可哀想なことをしたなと思い水着を返して妹は「もう帰る」と言うので帰る支度をし更衣室で着替える時に俺の最後のいたずらです。

「お兄ちゃんタオル貸して」

「あ、ごめん忘れた」タオルを忘れたふりをした。

「え~ あ、そうだ来る時水着で来たから下着は?」

「あ~悪い俺の分しかない」とわざと入れなかった。

ついでに妹は小4で胸もあったが仕方なくタオルをまかず着替えだした。

着替えてる男の人たちは妹に注目が集まった。


体験談関連タグ

||||||||||

2014年12月17日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【恐怖】守護卯神(宮大工番外)【危険】

今夜は、かつて沙織様を守護していた動物神のお話をお届けしよう…



沙織様はオオカミ様が現世に顕現した存在である為、

それを自覚する前から不可思議な現象や能力を見せる事が間々有ったという。

そして、それ故に助けを求めて縋り付く様々な霊や、

沙織様を取り込んで力を得ようとする存在に狙われる事も多かったらしい。

沙織様の故郷である伊勢に居る時には彼らも手を出す事は出来なかった様だが、

旅行や所用などで伊勢を離れた際、出掛けた先の近くに

縁ある社が存在しない時等、何らかの理由により守護を受けられない時に

そういった危険な事象から沙織様を御護りした存在が有ったとの事。

沙織様に拠れば三対の動物神が居たそうだ。



今夜は、その内の一対、卯神のエピソードをお届けしよう…



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


体験談関連タグ

|||||

2014年10月15日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【寝取られ】遠距離恋愛している間彼女が喰われる話 4 【鬱勃起】

26



「はぁ・・・・。」



ため息をつきながら自分の部屋でアルバイトに行くための準備をする果歩、鏡のまえで身なりを整える。



鏡に映る自分の顔は前より少しだけ痩せて見えた。



この2日間まともな食事を摂れなかったのだ。摂れなかったというより、ごはんが喉を通らなかったというべきか。



あれから2日間、果歩は大学とアルバイトを休んでいた。



友哉の携帯に電話したあの夜は、涙が枯れてしまうほど泣き続けた。



次の日、大学に行く時間になっても、体と心が重く感じてとても行く気にはなれなかった。


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年10月6日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談
1 / 1212345...10...最後 »

このページの先頭へ