相互リンク先の最新記事一覧!

【近親相姦】従姉妹の家庭教師をしたら憧れの爆乳叔母さんとも2 【血縁SEX】

中高男子校に行ってしまった僕は、女の子とまったく縁のない大学生活を送っていました。そんな僕に、叔母から従姉妹の家庭教師のアルバイトの話が持ちかけられました。



従姉妹のほのかちゃんはまだ5年生で、全然子供だと思っていましたが、これくらいの年頃の少女の性的なモノへの好奇心を舐めていました……。



そして、ほのかちゃんは僕なんかに好意を持っていてくれて、積極的にアプローチされた結果、なぜか勃起した状態のアレを見せるハメになり、その上手コキ、お口でとエスカレートしてしまいました……。



でも、僕の憧れの叔母さんに似て美少女のほのかちゃんと、そんな経験を出来たのは僕にとっては信じられないくらいにラッキーでした。そして、僕の最高の夏休みは始まりました。



衝撃的な前回の訪問から3日後に、僕はほのかちゃんが帰り際に小声で言ってくれた通り、コンドームを隠し持ってほのかちゃんの家に向かいました。



相手が従姉妹と言うことと、まだ5年生だと言うことに、さすがに僕の中の良心も揺らぎましたが、十代の性欲はコントロール不能でした。僕は期待に胸と股間を膨らませながら、ほのかちゃんの自宅のインターフォンを押しました。



『あっくんこんにちは#12316;。ゴメンね、ほのかまだ戻ってないの。あんなに楽しみにしてたのに、何やってんだかw』

叔母さんはドアを開けるなりそう言いました。どうやら、午前中は部活の関係で学校に行っているようで、それが長引いてしまっているとのことでした。




体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年7月30日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【泣ける】冒険の書が消えてしまった【感動】

俺には、姉ちゃんがいた。3つ年上の姉ちゃんは、弟想いでやさしかった。

ドラクエ3を姉ちゃんと一緒にやってた。(俺は見てるだけ。。)

勇者が姉ちゃん、僧侶が俺、遊び人はペットの鶏の名前にしてた。

バランスの悪い3人パーティ。苦労しながらコツコツすすめた。見てるだけだったけどおもしろかった。

たしか、砂漠でピラミッドがあった場所だったと思う。とても強かったので、大苦戦してた。



ある日、姉ちゃんが友達とプールにいくときに、俺に言った。

「レベル上げだけならやってみられ。でも先には進めるんじゃなかとよ。」

俺はいつもみてるだけでよくわからなかったけど、すごくうれしかった。

だけどそれが姉ちゃんの最後の言葉になった。スピード違反・信号無視の車にはねられてしまった。



葬式の日、父ちゃんは姉ちゃんの大事にしてたものを棺おけにいれてった。

お気に入りの服、水着、アクセサリー、電動こけし、そして、ドラクエ3。

でも、俺はドラクエ3は入れないように言った。

姉ちゃんからレベル上げを頼まれてたから。それが最後の言葉だったから。


体験談関連タグ

||

2015年6月6日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】ほしのあき似の彼女【感動】

俺の高校3年間を通じての恋人は、ほしのあきそっくりだった。

ほしのあきは165cmということらしい。俺の彼女、美来は高1のときにそのくらいの身長だった。

ほしのあきそっくりというのは童顔で細身の巨乳だったということなんだ。

俺は同じクラスになった彼女が、背が高くほっそりした童顔の女の子だと感じたものの、

俺の好みではなかったので、実は全く関心がなかった。俺はきりりとしたきつめの目をした女性が好みだった。

当時でいえば女優の中島ゆたかみたいなちょっと悪女っぽい大人の雰囲気の女性に憧れていた。

だから美来のことは眼中になかった。彼女は明るく世話好きで人気があったし、勉強もよくできた。

体育の時間に女子と一緒にグランドに出たとき、彼女の胸がただものではないことに男子全員が気づき、俺の周りは

「おい、H(美来の姓)、ブルンブルン揺れてるぞ、すげぇなぁ」と言っていたが、俺は巨乳(当時そういう言葉は

なかった)にもそれほど関心がなかったので、特に反応しなかったと思う。

5月下旬の中間考査が終わった日に、俺は美来から手招きされた。それまで親しく喋ったこともなかったので、何事かわからず、

俺は彼女に歩み寄った。すると周囲に素早く目を走らせた彼女はさっと俺にメモを渡した。その場で見るのはまずそうな気がして、

何気なく歩いて廊下に出てから見た。「今日の放課後に■(地名)の●(店名)に来て下さい。どうしてもお話したいことがあります」

と書かれていた。一瞬俺ラブレターかなと思ったが、俺と親しく話したわけでもないし、彼女から俺に親しく話しかけてきたこともない。

すると彼女と仲のよいE美が、俺を・・・・と思った。というのはE美は細身のきりりとした顔立ちで、俺は好きというわけではなかったが、


体験談関連タグ

|||||||||

2015年5月13日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【寝取られ】内緒で付合っていた彼女が王様ゲームで見せた本性 【鬱勃起】

こんにちは、幹夫と申します。



僕は顔はジ○ニーズ系で、女の子からはモテる方ですが、男の子からはイジられるタイプです。

そんな性格のせいか、彼女になる人は強気な女の子が多いです。



コンプレックスはチ○コが細い所です。

体つきも細いので、外人さんのチ○コみたいに太くて逞しい物に憧れています。

彼女からも、気を使われて「大きいと逆に痛いだけだよ・・・」なんて慰められる事も有ります。



今からお話するのは、僕が19才の大学生の時のお話です。



僕は「ダーツサークル」に入っていて、当時は今みたいにダーツバー等が余り無く、ハードダーツで練習して、その後は飲みに行くのが定番のサークル活動でした。

意外にオシャレなイメージが有るのか、女の子が多くて、可愛い娘も多かったです。



サークルの中でも、僕は母性本能をくすぐるタイプらしく、結構モテた記憶があります。


体験談関連タグ

||||||||||

2015年5月6日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】裏切り・妹凌辱遍【血縁SEX】

妹は俺を嫌っていた。

おそらく、事情を知っているのだろう。

学校で会っても無視するし、声をかけても睨んでくる。

そんな奴に情けをかけるわけがない。

俺は考えつくありとあらゆる非道なことを実行した。

まずは、妹の下着を同学年の男子に売りさばいた。

妹は可愛かったからかなり売れた。

そして、プールのある日に妹の水着の乳首とマンコの場所に切り込みを入れた。面白いほどうまく進んで、妹はクラスの男子に乳首を見られて泣きながら更衣室に戻った。

そして、風呂から上がって部屋に戻るとパンツ一丁になる癖があるのでそれを盗撮してまた売った。

その中の何人かを使って、妹を脅してレイプさせることにした。

まずは俺が処女をいただいたけどな(笑)

それからは、妹とのセックス一回一万で稼いだ。

集まったのは気持ち悪いオタクばかりで、妹は泣き崩れた。

俺は構わず、「中出しは二倍払えばさせてやるぞ」と言ったが、みんな子供ができるのが怖くてしなかった。

こうして妹は俺に従順になり、毎日性欲処理させている。


体験談関連タグ

|||||||||||

2015年3月26日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】穴場の避暑地に妹と【血縁SEX】

俺は今年20歳で会社勤めをしていて、3歳下の妹が居ます。

俺は16歳でバイクの免許を取り、暇さえあればあちこちドライブへと出かけていた。

特に夏は穴場な避暑地が無いか、遠くでは無く割と近所に無いか探しまわっていた。

そして一昨年、家から1時間程の所に穴場スポットを発見!

幹線道路から獣道を走る事15分程、雑木林が突然開けて陽射しが照らされている小さな滝壺を発見、バイクが止められて尚平らで砂利の場所があり休憩も出来るスペースが有り、水の流れも穏やかで深さもそこそこあるので泳いだり水浴びには最高に丁度良い場所だった。

更に一番気に入ったのは、幹線道路からここまでは歩くには道が悪く…って言うか道がある事すら見落とす様な道で、距離もあり人気が全く無く、オフロードバイクだからこそ来れた場所で、ここなら誰にも邪魔されず、のんびり涼む事が出来ると思った。

実際一日居たが誰一人訪れる事は無かった。

そんな最高の穴場を見つけた俺は夏の間、休みの日には必ず訪れていた。

そして去年の夏も何度か訪れて、また行こうとしていた時だった…妹が「ねぇ!お兄ちゃん、私をバイクで何処か泳ぎに連れて行ってよぉ~」と言って来た。

「なに高校生にもなって甘えてるんだよっ!友達と行ってこいよっ」と言い返すと「だって行ってくれる友達居ないんだもんっ!」と脹れっ面で言い返して来たので「お前…友達居ないのか?」と心配になり聞いてみると「違うよっ!友達はみんな彼氏と出掛けて居ないのっ!」と…

「な~んだ…だったらお前も彼氏と行けばいいじゃん」と言うと「彼氏居れば、お兄ちゃんなんかに頼まないよっ!」とカチンと来る台詞を吐いたので「そんな可愛くない事言うヤツは何処も連れて行ってやらんっ!」と突っ撥ねると掌を反した様に「あっ…ウソウソ!お願~い♪頼れるのはお兄ちゃんだけなんだよ~」と甘えて来た。

ま、元々妹は可愛いと思っているので本気で嫌がっていた訳では無かったから、「しょうがねぇーなっ!俺のとっておきの場所に連れて行ってやるよっ」と言うと「わーい!やったぁ~♪」と分かり易い反応をした。

妹の分のヘルメットを用意し待っていると背中にリュックを背負った妹がやってきた。

「お待たせ~♪」俺の荷物はバイクに取り付けたコンテナボックスに入れてあるので、そのままバイクに跨ると妹も俺の背中側に跨りシッカリと抱き付いて来た。

妹が中学2年を過ぎたあたりからバイクに乗せてやると背中に柔らかい感触を感じる様になって、最近ではその膨らみもかなりのもので正直バイクに乗せてやるのは嬉しいんだよな♪


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年3月25日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】初めて見た【血縁SEX】

小5の夏休み、平日はおきまりで町営のプール。



仲良しの同級生を誘ったら、妹(小3)を連れてきた。



友達は俺と2人だけで遊びたかったらしく、妹を邪魔者扱い。



脱衣所でもさっさと着替えて妹をおいていってしまい、妹は半べそで着替え。



俺は兄妹げんかの間に挟まれていたたまれなくなり、妹の着替えを待ってやることにした。



その妹はタオルで隠そうともせず、裸になってから水着を取り出すという手際の悪さ。(笑)



おかげでワレメをじーっくりと見せてもらったんだけど姉妹のいない俺は

女の子ってちんちん無いだけじゃなくてこうなっているんだとすごくドキドキしたよ。

体験談関連タグ

|||||

2015年3月18日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】妹の浮気現場【血縁SEX】

 この前あった話です。 みんなで海にバーベキューをやりに、妹家族、いとこ家族、わたし(35歳独身)の三組で海に行った。

 わたしの従弟の嫁さんS美(30歳位)が可愛くて別な意味での楽しみがあった。独身で変態のわたしは今回のバーベキューでS美の水着姿をじっくりとビデオ撮影や視姦で楽しみ、S美の使った箸やコップを舐めたり。いろいろと楽しみがあるのだ。



 みんなが泳いでる時にわたしはコテージに戻り、S美の荷物の中を物色した。(犯罪者だね)

 S美の下着が中にあった。黒とピンクのブラとショーツと水色のブラ&ショーツがあった。 わたしは水色の方を手に取り匂いを嗅いだり舐めまわしたりした。もちろん自分でチンポをしごきながらである。

 ハアハア、ハアハアと息も荒くオナニーしていると、突然玄関を開ける音が。

 !!??鍵はかけたはず?! でも鍵を開ける音が??やばい!!誰か入ってくる!!

 わたしは慌てて下着をバックに戻し、自分の荷物を取りに来たかのようにふるまった。



 やがて玄関が開きなにやら男女の話声が。

 「だめだよ・・人来ちゃうよ・・・」

 「鍵かけとけば大丈夫だよ。」

 「でもぅ・・・」

 「いいから早く早く」

 


体験談関連タグ

|||||||||

2015年3月15日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】妹にマッサージ【血縁SEX】

僕は妹ととても仲が良いです。喧嘩もほとんどしたことがありません。妹は僕のことを尊敬しているみたいで、僕は妹だからとても可愛がっています。



妹にとって僕は、勉強もスポーツも出来てかっこいいらしいのです。少し恥ずかしいけど、まあ、自慢の兄だそうです。



僕は妹にはちゃんとした大人になって欲しいので、何一つ惜しまずにすべてを教えています。



自分で見つけた勉強の攻略法とか、時間があったら一緒にスポーツクラブに行ったりとか・・・。もちろん息抜きにゲームをしたりもします。



たまにいっしょに図書館に行って勉強をしていると、どうやらカップルに見えるらしく、知り合いに合うと「彼女?」とかよく聞かれて困ります。



たしかに妹は可愛いので、彼女と思われてもいいのですが、誤解されて本当の彼女に嫉妬されるので困ってしまいます。



そんな僕達兄弟ですが、実は人には言えない過去があります。たった一度だけの間違いでした。



僕が高2の時で妹は高1でした。僕も妹も水泳部に入っていました。ちょうどお盆で田舎に帰省していました。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年3月15日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】妹が水着に着替えたら【血縁SEX】

「兄貴、これどう?似合う?」

「むおっ!」

外の猛暑に外出する気にならず部屋でエアコンつけて涼んでいたら水着姿の妹が入ってきた。

「明日、彼氏と海に行くんだけど… どう?この新しい水着」

こいつ何て身体してやがるんだ… こんなんだったっけか?

ここ何年も妹の水着姿なんて見てなかった俺は、そのプロポーションの良さに目を奪われた。

まだ成長途中で手足ばかり長く女っぽい丸みが無いのにこの巨乳。

明らかにEカップはあるんじゃないか?

ビキニの横から余った乳肉がはみ出してるじゃないか!

「ま、まあ似合ってるよ。それにしても…」

「え?それにしても何?」

「お前、オッパイすごいのな。いつの間にそんなになったんだ?」

「へへ〜 すごいっしょ!興奮する〜?」

妹は腕を身体の前で交差させて兄の俺にこれ見よがしに谷間を強調する。




体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年3月12日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談
1 / 3612345...102030...最後 »

このページの先頭へ