相互リンク先の最新記事一覧!

【恐怖】ライフライナー【危険】

平野綾のおっかけをやって10余年が経過した。当時中学2年生だったオレは涼宮ハルヒ憂鬱のハルヒをやってたあ~やに出会い、即効でファンになった。元々合コンや女の子とは縁のない生活だったが、それからはあ~やの為だけに生きてきたようなモンだ。毎日あ~やの歌を聴き、毎週ラジオも聴き、もちろんメールも出しまくって月3回必ず応援の手紙と詩を送った。イベントも全部行った。全国ツアーで一緒に全国制覇したのも二度や三度じゃない。ファンやって二年目、握手会で俺の名前を覚えてくれてた時には嬉しくて本気で涙が出た。人生で最高の喜びだと有頂天になって、帰り道一人で吼えてた。地元の役場の事務に就職した後も、それだけが楽しみで生きてきた。他の事は考えようとしなかった。結婚も、彼女も、友達も、そんなのは関係ない、いらないと思ってた。けれど今日信じられないものを目にした。「平野綾にゃんにゃん画像流出!!」目を疑った。絶対ありえない、絶対ありえない。死んでもありえない。・・・なんであんな男に。ふざけんな。どこがいいんだ。あ~やと釣り合わない、失礼だ。ふざけんな。ふざけんな。今日は仕事を休んだ。失意のどん底の今。もう何もも聴こえない。会員番号2ケタ前半のファンクラブも辞める。ただ俺には何も残ってない…。20代という多感な時期に何もしなかったんだ。当たり前だ。マトモに他人と喋ったのはいつだっただろう。女の子とおしゃべりをしたのはいつだっただろう。恋について、結婚について、そして人生について最後に考えたのはいつだったんだろう。趣味も、特技も、人間性も、協調性も。何もありゃしない。残ったのはブサイクで汚い30代の中身スッカラカンな男。それだけ。こんなのが今更どうやって幸せ掴めってんだ。声優のおっかけは何も生み出さなかった。それに今まで気づかなかった俺は最高にバカだ。そして朝っぱらからこんなグチをネットでしかこぼせない俺は最高に惨めだ。是非俺を笑ってくれ。蔑んでくれ。そして自分の人生をもう一度考えるキッカケにしてくれ…さようなら

体験談関連タグ

|

2015年8月9日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】Winny利用の果て――家族崩壊した銀行マンの悲劇【危険】

 ファイル交換ソフトウェアに関連した情報漏えい事件が今なお多く、公私での使用を禁止している企業が少なくありません。それでも、やむを得ず使ってしまうことが、どのような悲劇をもたらすのでしょうか。銀行員のN氏(仮名)を襲った事例を紹介しましょう。



●真面目さが過ぎる故に



 N氏は典型的な真面目人間で、出世も同期の中では比較的遅く、50代前半で銀行の副支店長という肩書きでした。要領が良いタイプとは言えないのですが、実直で銀行業務という仕事をこよなく愛していた人です。そんな彼の人生の軸が狂ったのはある年の年度末のことでした。



 この年は業績の計算数字がなかなか合致せず、翌週月曜日には本部で支店の業績を報告し、改善策を提案しなければなりませんでした。何度も計算を繰り返すうちに帰宅時間が迫り、N氏は仕方なく、USBメモリにコピーを行う権限を持つ副支店長という立場を利用して、USBメモリに業務関連の資料データをすべてコピーし、自宅で作業することにしました。N氏は週末をかけて作業を完了し、月曜日には無事に報告を済ませました。しかし、これが彼を襲う悲劇の始まりだったのです。



 本部への報告から数日して、N氏の勤める銀行の内部資料がファイル交換ソフトウェア「Winny」のネットワーク上で発見されたという噂が流れました。N氏は、「また、そんな事件が起きたのか! しかも、うちの銀行ではないか。いったい、どこの誰がそんな馬鹿なことをしたのか」と思ったそうです。銀行では直ちに専門チームを組織して、漏えいした資料を発見し、内容を確認しました。すると、N氏の作成した資料や内部情報だったのです。



 N氏はすぐに本部へ呼ばれ、状況を聴取されました。また、彼には内緒で別の調査チームがN氏の自宅に出向き、彼の使っていたノートPCを夫人の承諾を得て入手しました。N氏には全く身に覚えがありません。当然ながら否定するしかなかったのです。しかし、回収したノートPCを専門家が調査したところ、わずか15分でWinnyの暴露ウイルスが発見されたのでした。



 さらに調査を進めたところ、PCの使用履歴にはN氏が勤務していた時間帯が多数記録され、情報を流出させたのは家族である可能性が高まり、最終的に大学生の長男が使用していたことが判明しました。当然ながら、長男は自分のPCは持っていました。しかし、メーカーへ修理に出していたところだったのです。



 自分のPCが戻るまでの時間、長男はどうにも待つことができなかったようです。長男はいわゆる「Winny中毒者」でした。映画や音楽などを違法コピーしたデータなどを簡単に入手できるという快感がどうしても忘れられず、少しの間でも我慢できなかったのです。つい父親が留守にしている平日の昼間に無断でN氏のPCを借りて、Winnyの操作に没頭していたということでした。


体験談関連タグ

||

2015年6月12日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】結婚こわい【危険】

政伸Vs美元「6・1」法廷初バトル!ドロ沼いよいよ大詰め

2012.5.422:02(1/2ページ)[俳優]



 俳優、高嶋政伸(45)と妻でモデル、美元(みをん=32)の離婚裁判で、6月1日に本人同士が東京家庭裁判所に出廷し、対決することが3日、分かった。高嶋が訴えを起こした昨年3月から1年2カ月。生活費の金額をめぐるバトルが発覚したほか、2人の夫婦げんかとみられる音声がインターネット上に流出するなど、泥沼化する裁判が大詰めを迎える。(サンケイスポーツ)



 芸能界のおしどり夫婦として有名な高島忠夫(81)、寿美花代(80)を両親に持つ政伸。その両親とは真逆で、別居中の妻と法廷対決する日がやってくる。



 関係者によると、6月1日に東京家裁で行われるのは、原告の政伸と被告の美元に対する本人尋問。これまでは書面や証拠資料を提出して裁判が進められてきたが、初めて2人が裁判官と双方の弁護士から夫婦関係の破綻した経緯などについて尋問を受けることになる。



 政伸は昨年、原因についてマスコミあての文書で「主にお互いの性格の不一致、考え方(生活観、仕事観)の相違」と説明し、修復困難として離婚を希望。美元に渡す毎月の生活費50万円などをめぐって対立してきたことも明らかになった。現在も法にのっとり、婚姻費用として毎月45万円を美元に払っている。



 これに対し、美元は証拠資料として家裁に政伸からのDV(家庭内暴力)をほのめかす夫婦げんかの音声データを提出。にもかかわらず、慰謝料など金銭的な要求を一切せず「離婚はしたくない」としており、双方の主張は平行線をたどっている。



 離婚裁判の本人尋問では通常、それぞれが感情的になるのを避けるため時間差で出廷する。今回も政伸か美元のいずれかが先に尋問を受けて退廷した後、控室などにいるいずれかが出廷することになりそう。このため、直接顔を合わせる可能性は少ないが、同じ日の対決で裁判自体は大詰めを迎えることになる。




体験談関連タグ

||||

2015年6月9日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【寝取られ】妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活2 【鬱勃起】

果穂のアソコから出ているヒモみたいなもの……それが何かはわからなかったけど、いやな予感だけはどんどん大きくなっていく。

私は、震える手でそのヒモをつかんだ。

『早くぅ。引っ張ってみて!』

果穂は、子供がイタズラをしているときのような無邪気な顔で言う。



私は、果穂にせかされるようにそのヒモを引っ張った。思いのほか手応えを感じながら、そのヒモを引っ張っていくと、

『ん……フゥン』

と、果穂はなんとも悩ましげな声を出す。そして、いきなりそれは抜けた。果穂のアソコから引きずり出されたそれは、真っ白いコットンみたいな塊で結構な大きさだった。そして、それが抜け落ちると同時に、果穂のアソコからはドロッとした白い液体が流れ出てきた。それは、そのまま床にまでツゥーと垂れ流れ、床に液溜まりが出来た。



それが何なのかは、聞くまでもなく、部屋に充満した青臭い臭いですぐにわかった。

『へへ。垂れちゃったね』

果穂はこんな事を、悪びれもせず言う。本当に楽しそうな感じだ。



「な、中に出されたの? コンドームは付けなかったの!?」

私は、あまりのことに声を荒げてしまった。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年4月11日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】俺が中2【血縁SEX】

<>17:15:2012/03/24(土)22:56:11.42ID:Qpmymq5x0<>

書き貯めてないうえに思いだしながらなので、めっさ遅筆ですがよろしくお願いします。



当時、俺が中2、妹が小4。

元々は兄妹仲も悪くなかったんだが

俺が中学でいじめを受けてひきこもりになってから、妹から嫌われるようになっていった。

直接的には居ないものとして無視されるくらいだったが

親には俺の妹と知られたくないから別な中学校に行きたいと言ってたそうなw





<>18:15:2012/03/24(土)23:10:58.68ID:Qpmymq5x0<>

俺のことが原因にあったのかは定かじゃないが、その頃から両親も不仲になって

俺が中3の時に親父の使い込み(祖母の遺産)が発覚して離婚する事になった。



不安障害みたいな状態になってた俺はそれらのストレスが極まってか


体験談関連タグ

||||||||||||

2015年3月7日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】同棲している彼女が隠してたHDDには叔父さんが映った 【鬱勃起】

僕には、付き合い始めてもうすぐ5年の彼女がいる。大学時代から付き合い始めて、社会人になった今も続いている。といっても、あまり大きな声では言いづらいが、彼女の真美はまだ大学生で22歳だ。

なので、付き合い始めた時、真美はまだ高校生だった。



僕が社会人になって1年目は、色々と環境も激変して、別れてしまうかな? と思う場面もあった。でも、それを乗り越えて今は同棲している。

一応、真美の母親公認だ。僕は間違いなく彼女と結婚するつもりだし、そのうち折を見て真美の父親にも挨拶をするつもりだ。



僕は一応一部上場している会社に就職出来て、仕事もとても順調だ。でも、会社の知名度が低く、コンパ受けが悪いと同僚は嘆いている。僕には真美がいるのでそんな事は関係なく、毎日幸せを噛みしめている。



僕は身長175cm、体重60kgと痩せ型で、顔もごくごく普通だ。

そんな僕に対して、真美は本当に可愛いと思う。最近消えてしまったが、グラドルの山真美に似ていると思う。



どうして僕なんかを好きになってくれたのか、未だに謎だ。僕といると安心すると言ってくれるので、ありがたいことだと思ってる。



ただ、一つ心配事がある。真美がまだ大学生活を送っているということだ。ゼミの飲み会、サークルの飲み会、心配の種は尽きない。でも、真美は見た目のエロさとは違い、すごく恥ずかしがりで、貞操観念もしっかりしていると思う。そこは、信じるしかないと思っている。




体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年1月10日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【泣ける】こういう熱心な方々が支える業界です【感動】

・AK47のハマタさんがステージ上で倒れた時の反応





<>3:名無しさん@涙目です。(中部地方):2011/07/23(土)20:45:05.78ID:Hi0SkcxF0<>

<>182:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土)19:59:51.08ID:vxXZMFc5O<>





iwaachu_8:



あっちゃんの歌声聞こえる。





舞台裏で倒れながらも歌ってるみたい。泣けるこれがAKB魂!#西武ドーム






体験談関連タグ

|||||||

2015年1月5日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】2030 日本自治区の誕生【危険】

「ご覧ください、全日本国民が熱狂をもって中華人民共和国首相を迎えています」



テレビのアナウンサーが、力強い声でそう話している。



映像は、東京の街に降り立つ中国の首相、そして笑顔で紅い旗を振る日本人たち。



日本が傾中政策をとって20年、中国以外のあらゆる国を敵にまわしながら、それでも急激な経済成長を遂げた中国に守られ、日本は生き延びて来た。中国に生産拠点を移した日本の製造業は、その多くがいつの間にか中国資本となり、中国人経営者たちによって再び活力を取り戻していた。



日本政府は高騰していた日本の人件費を削ることもできず、また積み重なっていた国債の返済のために、大量の円を刷った。結果、インフレーションが発生し、円の価値は急激に下落。市場に出されるようになった人民元が急騰したのもあいまって、中国企業たちはこぞって日本への直接投資を開始した。日本を代表する大企業が次々に買収されていった。80年代バブル期のアメリカ人はこんな気持ちだったのだろうか。



日本は2010年代に研究費を削り、また研究者たちの国外大量流出もあって、もはや学術も技術も戦後レベルに後退していた。優秀な人間ほど、活動の場を海外に移していたからだ。



反面、そうした日本の研究者や技術者を1990年代より吸収し続けていた韓国は、中国以上に急成長していた。素材から製品、あらゆる「日本の強み」と言われてたものは「韓国の強み」となった。中国主導で南北朝鮮問題も急速に改善しつつある。韓国からの資本を受け入れた北朝鮮もまた急成長し、南北統一への期待も高まっていた。



テレビの映像は、首相官邸を映している。いやもはやここは首相官邸ではない。ここは日本自治区の主席がその指令拠点として使うことになる。首相官邸の中では、在日米軍のトップと中国から派遣されて来た日本自治区主席が握手していた。在日米軍は今日をもって日本より撤退し、中国軍にその基地を引き渡すことになっている。


体験談関連タグ

|

2014年9月6日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【寝取られ】セックスレスの嫁がエロビデオを隠してた3 【鬱勃起】

嫁の加奈子とは、子供が中学になった頃から、セックスレスだった。

それでも俺は、キャバ嬢とよろしくやっていたし、家庭も幸せな家庭だと思っていた。



それが、偶然見てしまった、嫁が若い男達にひどいことをされている動画、、、 それによって、すべてが壊れつつあった、、





俺に、ある日突然送りつけられた動画は、嫁をオモチャにする、大学生くらいの男達3人が映っていた、、

嫁は何かで脅されてレイプされている、、、 そう思っていたのに、嫁は積極的に快感をむさぼっているように見えた、、、





ただ、どちらにしても、この酷い状況を変えなければいけない、、 そう思った。

でも、加奈子も含めて、誰かに動画のことを話したら、ネットにばらまくと警告されている、、、



ネット拡散の恐怖は、過去の色々な流出事件でよく知っている、、 正直、手の打ちようがないと思った。




体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年8月23日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】セックスレスの嫁がエロビデオを隠してた2 【鬱勃起】

子供が中学生になったことがきっかけで、嫁の加奈子とはもう何年もセックスレスだった。

でも、俺にはキャバ嬢のセフレもいたし、特に不満もなかった。



浮気していながら言うのもなんだが、家庭は幸せそのもので、独立した仕事も順調で、本当になにも文句のない人生だと思っていた。



それがある日、俺が急に家に着替えに帰ったことから、崩れつつあった。



何気なくレコーダーに挿入されたままだったディスクを見ると、無修正のかなりハードなエロ動画だった。



アナルを犯され、男達に口もアソコも同時に貫かれている女には、乳首とクリトリスにピアスがあった。そして、ツルツルに剃り上げられた恥丘にも”恥女”という入墨があった。

それだけなら、嫁が過激なエロ動画でオナってるなぁという感想を持つ程度だったと思うのだが、動画に出ている女の声が、嫁の加奈子の声にそっくりだと気がつき、疑惑を持ってしまった。



色々あって、もう一度動画を確認したとき、加奈子の口元にあるほくろが、動画の女にはなかった。



心底ホッとして、今までの自分の不誠実な行いも、そろそろあらためる時だと思った瞬間、動画の中の女が口元の精子をぬぐい取った。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年8月19日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談
1 / 41234

このページの先頭へ