相互リンク先の最新記事一覧!

【浮気】嫁の親友「妊娠してるから中に出してもいいよ」受精してる真友美の子宮に子種を満たす 【不倫】

嫁の親友の真友美さんが泊まりに来た時のことです。



嫁からいつも聞く話では、真友美さんは僕よりも4つ年上で未婚、4年以上付き合っている彼氏(以下「4カレ」と呼ぶ)がいますが結婚になかなか積極的になってもらえずに悩んでいる女性。



最近は周りの友人から早く結婚したい、子供が本当に欲しいなら(真友美さんは39)「お見合い」をするように勧められて付き合い始めた彼(以下「お見合いカレ」)もいるそうです。



顔の好みは4カレのほうがタイプらしいのですが、ケンカも多く、ご飯を食べに行ったり旅行に行ったりするとケンカをしてテンション下げ下げで帰宅することもしばしばとのこと。





真友美さんとは嫁を車で送り迎えするときに何回も会っていて話したこともあります。



真友美さんが泊まりに来ると嫁に聞かされて初めは「なんかオレ気を使いそうだなぁ」と思っていました。



夜になり、嫁が「さあ、さあ男どもはさっさと寝て!!」と言われ、4歳の息子と2階に寝に行くことに。




体験談関連タグ

||||||||||||

2015年5月4日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【浮気】旅行中に彼とH、翌日お見合い男性ともH 【不倫】

4年以上付き合っていて結婚してくれない彼氏(A君)がいます。



私はもう30代後半になっていて1日でも早く結婚したいと思っているのに彼(年上)はマイペースで全くそぶりを見せません。

私が40歳になってしまう前に結婚したいと思っています、赤ちゃんを産むこともあきらめたくない(切実な願い)。



友達に相談したら、「彼に内緒で、結婚相談所とかに登録しておいて他の男性とお見合いをしたら。そのほうが真友ちゃんが幸せになれると思うよ。子供ほしいなら早い方が絶対いいよ」と言われて他の男性(Bさん)とお見合いをし、並行して付き合い始めました。



旅行に行くA君とは普段の時のHはなく、旅行の時だけHをします(いつも淡白)。

だから私は年に数回の旅行のたびに彼との距離を縮めようとがんばって奉仕しています。



この前の旅行は久々となる遠方に飛行機での国内旅行でした(お互い平日に有休をとり、土曜の昼前にそれぞれの家に帰る日程)。



その旅行の夜は、珍しく彼が積極的でびっくり。



A君の方が顔もカッコ良いので、結婚にも積極的になってくれたら最高なのに!


体験談関連タグ

||||||||||||

2015年4月1日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【近親相姦】妹のおし●こ苦すぎワロタwwwwwwww【血縁SEX】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/11/03(土)11:16:17.58ID:vT83z+OU0<>

胃液みたいな苦さで萎えたでござる。



<>20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/11/03(土)11:22:25.96ID:XcqC86b6O<>

妹にどう頼んだ?



<>23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/11/03(土)11:23:25.23ID:vT83z+OU0<>

20

妹が俺に飲ませたがるから、いいよって。



<>38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/11/03(土)11:41:16.11ID:5uIvfU6U0<>

ウ●コも苦いよな



<>41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/11/03(土)11:43:29.29ID:vT83z+OU0<>

38


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年3月27日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】妹と僕と 【血縁SEX】

小〜中頃の話断片的だが記憶を書き留めておきます



妹:3歳下



僕が小4の頃から性に目覚めて、毎日自慰に明け暮れていた日々で



射精がまだなくイッても痙攣するだけで無制限にイケたので

チンコがヒリヒリするまで自慰にふけっていた



精通は妹を膝に乗せて抱っこして本を読み聞かせている時に勃起して

急に電気が走ったようにパンツの中に射精した



それからしばらくはパンツにテイッシュを入れて妹を抱っこしながら射精する快感におぼれていた






体験談関連タグ

|||||||||||

2015年3月21日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】便秘の妹が…【血縁SEX】

去年のまだ寒くなる前の頃の話です。

23歳の妹が週末の夜、俺の部屋にやって来た。

「お兄ちゃん、ちょっと…いい?」と、何か俺の様子を伺う様な何時もと違う感じの妹だった。

「どした?」と何時もと変わらない応対をすると、そっとドアを閉めてモゾモゾとしながら俯き加減で後ろ手に何かを隠していた。

「あ、あのさ…その…えっと…」何か物凄く恥ずかしがっている様子だった。

「なんだ、悩み事か?」と尋ねると、「ま、まぁ、悩みって言えば悩みなんだけど…」そう言ってまた黙ってしまうので、「ハッキリ言ってくれないと俺だって何もしてやれないぞ」と言うと「そ、そうだよね…あ、あの…あーっ!やっぱ無理!」と首を激しく左右に振り「でも…」と再びしゅんとしてしまい、「な、なんだぁ?」と不思議そうに思っていると意を決したのか「お兄ちゃん、お願い!コレ…してくれる…?」と差し出したのはイチジク浣腸だった。

俺は一瞬「へっ?…おま、それって…」最後まで聞く前に、こくんと頷くと「もう二週間出てないの…」その言葉に思わず「に、二週間!」と叫んでしまった。

「色々便秘薬とか試したけどダメで最後の手段と思って買ってはみたものの、自分一人だと何か上手く出来なくて…だからってこの歳になってまで、お母さんに頼むのも恥ずかしいし…」「で、俺なのか?」「うん…お兄ちゃんなら、いいかなぁ…なんて(苦笑)」まぁ確かに10歳近く年の離れた俺は妹のオムツも替えていた位だから…とは言え、今はもう成人した妹の大事な所を見るなんて…

でも、本気で悩んでいる妹を見捨てる事なんて出来ないので俺は妹の手からイチジクを受け取った。

「どうすればいい?」と不安そうに聞いてくるので、「とりあえずパンツ脱いでケツ出さないとな」と言うと、履いていたデニムのスカートを捲りパンツを脱いだ。

「そこに四つん這いになって」と指示すると、床に両手を付いて四つん這いになった。

足を少し開かせ、その間に割って入る様に座ると、アナルは勿論、割れ目もバッチリ見えて、十数年前に見た割れ目とは大分変り、縮れた毛が大事な場所を守る様に茂っていた。

俺のチンポはもうギンギンだった。

何とか理由をつけて色々やりたいと思った。

イチジクを箱から取り出しキャップを外すと妹の肛門に宛がうが、「痛い…」確かに濡れてない状態での挿入は痛いよなと思い、「ちょっと待ってな」と言い残し俺はローションを取りに行った。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2015年2月21日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】幼馴染みにフェラの練習させてと言われた3 バッドエンドルート完 【鬱勃起】

栄治先輩にクローゼットの扉を開けられた瞬間、僕は驚いたショックもあって射精してしまった。

その時の涼子の顔は、驚きで目が見開かれていた。そしてすぐに、涼子の目には侮蔑の色が浮かんだ。



『気持ち悪……』



涼子にそう言われて、僕はいっそ死んでしまいたいと思った。でも、その冷たい目が、なぜか僕を興奮させた。



「なに出してんの? マジ変態だなw」

栄治先輩は、からかうように言う。僕は自分のペニスを握ったまま、フリーズしてしまった。



『小さいのに、いっぱい出るんだw』





涼子は、軽蔑するような目で言う。いつもの、親しげな目ではない。僕は、取り返しの付かないことをしてしまったと思った。

涼子は、栄治先輩と二人の時は、僕のことを馬鹿にしたようなことも言っていた。でも、幼馴染みとして、いないと困るくらいに好きとも言ってくれた。


体験談関連タグ

|||||||||

2015年2月13日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【恐怖】便秘で死亡した女性wwww【危険】

<>1:風吹けば名無し:2012/11/24(土)14:44:47.55ID:kfgtcas9<>

怖すぎワロタ・・・・・



<>2:風吹けば名無し:2012/11/24(土)14:45:07.44ID:kcTjVOGd<>

くさそう



<>3:風吹けば名無し:2012/11/24(土)14:45:40.90ID:DrD3oHvX<>

画像あったよな



<>4:風吹けば名無し:2012/11/24(土)14:45:56.23ID:09V31svF<>

詳細ハラデイ



<>5:風吹けば名無し:2012/11/24(土)14:46:06.44ID:BSKKiOVw<>

棺桶でどさくさに紛れて漏らしてそう




体験談関連タグ

|||||

2015年2月8日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【寝取られ】嫁とカップル喫茶に見学に行ったら5 【鬱勃起】

美人だけど、元ヤンっぽい嫁の希。でも、ギャルな見た目に反して、付き合い始めてから結婚して2年経つ今に至るまで、こんな僕に一途で甲斐甲斐しくつくしてくれていた。



でも、ちょっとした好奇心で行ったカップル喫茶で、人生が変わる出会いと経験をしてしまった……。



いま目の前には、5人の男の子達と異形のペニスを持つみっちゃんに、何度も中出しされ、その上、体中、髪の毛にまで精液を付着させた希がいる。



希は、そんな輪姦レイプにでもあったような姿で四つん這いになっている。

そして、そのすぐ後ろにみっちゃんがいて、希のアナルを指で撫でるように触っている。



「やっぱりね。この柔らかさは経験済みってだけじゃなく、やり込んでたでしょw」

みっちゃんが笑いながら言う。

『……はい……そっちでもイケるようになったら、ハマっちゃって……』

『へぇ、希ちゃん、お尻でもイケるんだ!』

京香さんが驚いて言う。

「お前が言うなってw お前はアナルの方がイケるんだろ?」


体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年12月28日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】本当は役に立つ豆知識2【血縁SEX】

うとうとしかけたときにメールの着信があった。ぼくは母の寝室のベッドで下半身を裸にしたままだった。ペニスにはまだ母のパンティがまきついている。

メールをあけた。「5回目の浣腸でママのお尻の穴はすっかりやわらかく開きました。ご主人様たちのおかげで浣腸が大好きになりそう。毎日浣腸のおねだりをしますって約束したのよ。お外でも浣腸して、それからお尻の穴に悪戯していただきたいわ。春男さんにもママのお尻の穴がどんなにやわらかくなったか見てほしいわ」

破廉恥な文だった。画像が添付されていた。全裸のママが映っていた。首には犬の首輪が装着されている。ママは、正面を向いてしゃがみこんでいた。しかも足を開いた格好だ。両方の膝に左右から手が伸びている。左右からの手で膝をつかまれ、無理やりに開脚させられているのだろうか。洗面器の上にしゃがんでいる母はどんな状況なのか一目瞭然だ。洗面器にほとばり出ているのは水流だった。

母はぎこちない笑顔だった。はっきりと正面を向いて右手でピースサインをしていた。乳房にも左右から手が伸びている。さらに何本ものペニスが映っていた。母の顔をはさむようにしてペニスが何本も突き出しているのだ。剛太のマンションにはいったい何人がたむろして母を責めているのだろう。

母の泣き笑いの表情が哀れだった。それでいてぼくは母の裸体から目を放せないでいた。ぼくは最低だ。



「ママはいよいよアナルセックスをしていただくの。若いたくましいおちんぽで串刺しにされるわ。ママはアナルセックスでご奉仕する奴隷未亡人よ」

メールに添付された画像では全裸の母が後ろから貫かれていた。きっとお尻の穴に挿入されているのだろう。

破廉恥な文章とは裏腹に母はすすり泣きをした辛そうな表情だった。

二枚目の画像では首輪をした母が突き出された足を舐めていた。舌を出して足を舐める母はまるで犬の扱いだ。その足は女性のものだった。女性の足を舐めながら後ろから腰を抱かれている。性交をれながら犬のように舌で女性の足を舐める惨めな姿だった。そのメールの後で母から連絡があった。母の声が携帯から聞こえてくる。

「ママの初めてのアナルセックス見ていただけたかしら。剛太さんにママはお尻の穴の処女を捧げたのよ。ママにとって記念すべき日なの。これからもママはお尻の穴を調教していただいて、ご主人様たちにアナルセックスでご奉仕するのよ。ねえ、晴男さん、ママがお尻の穴の処女を捧げた記念の日にお祝いの言葉をちょうだい。」

母の声に混じってざわめきが聞こえる。女性の声も聞こえる。若い声だ。クラスの女の子たちだろうか。

「ねえ、晴男さん、ママに祝福をください。あなたの祝福がいただけないとママはまた浣腸のお仕置きなの。ママを助けて」

哄笑が聞こえる。何人もの笑い声。肉を打つ音。きっとは母スパンキングされながらぼくと話しているのだろう。ときおり悲鳴が混じる。

「ママ、おめでとう」


体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年12月14日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【恐怖】コ口助ナリイイイイイッ!【危険】

んだろ?

かわいそうにねぇ。

俺はおかげさまで彼女ができましたのでイブは二人で過ごしますよ。

既に吉野家の席を予約済みなんだよね。

直前まで動けなかったけど幸運にも窓際取れちゃったし。

で、牛丼食べてる途中でサプライズでプレゼントも渡そうかなって。

追加で生卵。

50円もするけど彼女は卵大好きだからさ。

普段は派遣で支給された作業着ばかりの彼女もこの日ばかりはジャージ着ていていこうかななんて言っちゃってるし。

まあ一人で寂しく過ごすヒキヲタ貧乏のお前らには関係ない話だったかな。

今年のクリスマスもシコシコ童貞ヒキヲタライフ送ってちょ。





<>237:鬱マックスなつかし〜い:2010/01/19(火)11:28:51ID:MCrvnBJ5<>

     |


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年12月11日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談
1 / 1312345...10...最後 »

このページの先頭へ