相互リンク先の最新記事一覧!

【浮気】中出し三昧熟女 【不倫】

先日、熟妻新生活で出会った美熟女と初めて会って、その日にエッチしました。彼女は30代後半で子持ちのシンママ、当方は20代前半の学生です。

当日、駅に待ち合わせをして車に乗り込むと、彼女は相当溜まっていたのか、いきなり熱いキスをしてきました。激しくキスをすると、それだけで感じてしまうとても敏感な体質の方でした。そして、速攻ホテルへ行きました。



部屋に入る途端に激しくキスをして、服を脱がせました。胸は少し垂れ、乳首は微かにピンク色で、子供を母乳で育てたのか大きな乳首。アソコは黒くて分厚いビラビラが出て、クリは大きい。お尻は引き締まっていてるが、とても柔らかい。スタイルはとても細いって感じでした。



軽くシャワーを浴びて、ベッドに入り、愛撫をながら話していると、彼女は膣の病気のため摘出をしている、と聞かされ、中に出して良いのか、と聞くと、大丈夫、とのことだったため、とても興奮しました。というのも、アナルでの中だしはあるが、アソコでの中だしはしたことがないからです。





フェラされながらアソコを弄り、69になってお互い舐めあいました。アソコがトロトロになったところで挿入しました。今まで年下から5つ上との経験はあるが、10も上との経験はなく、挿入した途端、熱く優しく包みこむ、今まで経験したことの無い感触にとても感じてしまいました。



相手もとても敏感な方だったため、挿入している間、自分が逝くまで5回ほど逝ってました。その度に締まる感じが凄くて、一気に射精感が込み上げてきました。そして、中に出していい?、と聞くと、いっぱい出して、と言うので一気にスピードを上げて、奥深くにザーメンを注ぎました。



アソコから抜くとたくさんのザーメンがアソコから流れだし、その光景を見ると、また起ってしまいました。アソコからザーメンを掻き出し、次はアナルを責めます。指を入れるとすんなり入り、愛液とザーメンが混じった液体をアナルに塗り込みながら、指2本で出し入れしました。






体験談関連タグ

||||||||||

2015年7月7日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【近親相姦】従姉妹の家庭教師をしたら憧れの爆乳叔母さんとも 【血縁SEX】

僕は、大学2年でまだ19歳です。

中高と男子校に行ってしまったので、女の子とは本当に縁のない日々を送っていました。



それが、今年の夏、一気に色々な体験をする事が出来ました。きっかけは、夏休み前にかかってきた、叔母からの電話でした。

叔母さんは、僕が赤ちゃんの頃にオムツを替えてもらったり、まだ僕が小さい時にも色々なところに遊びに連れて行ってもらったりで、すごく仲が良いのですが、頭が上がらないところもあります。



そんな叔母に、従姉妹のほのかちゃんの家庭教師を任命されました。でも、それはただ働きと言うことではなく、ちゃんとした報酬ももらえる、バイトみたいな感じでした。叔母さんは、そう言うところはきっちりとしてくれるので、貧乏学生の僕にはありがたい申し出でした。





そして、久しぶりに叔母さんの家に行き、ほぼ1年ぶりくらいにほのかちゃんに会いました。ほのかちゃんは、5年生にしては落ち着きが有る、妙に大人っぽい感じの美少女に成長していました。

僕の中では、ほのかちゃんは真っ黒に日焼けをして、刈り上げ頭のボーイッシュすぎる女の子というイメージだったので、驚きました。



『お兄ちゃん、久しぶり#12316;!! 元気だった!?』

ほのかちゃんは、見た目こそ美少女になっていましたが、中身は元気でボーイッシュなままでした。

『よかったわね。ずっとお兄ちゃんお兄ちゃんって言ってたもんねw』


体験談関連タグ

||||||||||

2015年6月15日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】母そっくりのデリヘル嬢と母子相姦プレイ 【血縁SEX】

大学に入ってすぐ、童貞のくせに熟女風俗にハマッた。

俺、高校まで男子校だったんだが、卒業した先輩から「人妻風俗はいいぞ〜」と

聞かされてて、合格して独り暮らしを始めたら絶対行く!と決めてたんだ。

先輩が愛用してたのは熟女デリヘル。

ただ、下宿に呼ぶのはなんか怖かったから、俺は最初、外で待ち合わせてラブホテルへ行くタイプのにした。

電話するときは、やっぱりドキドキした。

来た嬢は30代半ばくらいかな。

美人でも不細工でもない普通の奥さん風だ。

よく分からんから90分コースを選択。

手コキとフェラと素股で1発ずつ、全部で3発抜いてくれた。

俺が初めてだと知って、いろいろ教えてくれたし、感じも悪くなかった。

貧乳なのは俺的に残念だったけど、最初にしては当たりかな。

出費は痛いけど満足したんで、また頼もうと思った。これが全ての始まりだ。

その2週間くらい後、どうしようもなく溜まって、またデリにお願いしようと決意。

2回目で少し度胸がついたし、ラブホ代ももったいないんで下宿に呼ぶことにした。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2015年6月7日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】高校生に狂う貪欲で淫乱な熟女@… 【鬱勃起】

全国送料一律無料

主要取扱商品バッグ、財布、腕時計、靴、装飾品、小物等!

弊社は販売グッチコピー、シャネルコピー、プラダコピー、セリーヌコピー、

ルイヴィトンコピー、バーバリーコピー、ミュウミュウコピー、

エルメスコピー、ディオールコピーなどを提供しております。

本日紹介する楽天ヴィトンコピー屋は、


体験談関連タグ

|

2015年5月17日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】40代兄妹の性交 【血縁SEX】

<>563:なまえを挿れて。:2014/01/25(土)18:12:36.07ID:nKXYxSJN0<>

俺も現在進行形で妹と近親相姦してるわ。

俺が45歳で妹が43歳。

妹は結婚して子供もいるから不倫になっちゃうんだろうな。

俺は基本的に若い子が好きだから30代以上の女とか無理なんだけど妹は別だわ。

10代の頃のエロい思い出があるせいだと思うけど。

俺が帰省する度に一回はやってる。完全にセフレみたいなもんだな。



しかもそういう関係になったのは5年前の事。

俺が久しぶりに帰省してるって事で妹だけ実家に来た(妹は旦那、息子と実家近くに住んでる)

いつも来る時は旦那と来てたし息子が小さい時は息子も来てた。

でもその時は旦那は仕事が忙しかったらしく、「お兄さんが帰ってきてるならお前だけでも帰ってきなよ」

と言われて妹だけ来たらしい。

寝る前に両親も含めた家族みんなで酒を飲んでて、両親はもう歳なのでそこまで長く持たず

先に寝て妹と二人で飲む感じになった。


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年2月24日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】変態ロング動画なら完全無料で見える【血縁SEX】

変態なロング動画なら完全無料で安全に見えるんです!



ダウンロードも可能なので、何度でも見えますよ。



簡単な方法なので、良かったら見てください。



ちなみに、次のようなマニア作品がいっぱいのAVサイトです。

どんな趣味も見つかると思います♪



女子高生/素人/美少女/ロリータ/ギャル・ガン黒/お尻・アナル/

ハメ撮り/痴女/熟女/クンニ/近親相姦/妊婦・母乳/若妻/

手コキ/CFNM/センズリ/脚・足コキ/足裏/パンスト/ブーツ/

フェラ/潮吹き/オナニー/相互オナニー/立ちオナニー/淫語/

こすりつけ/乳首・おっぱい/巨乳/中出し/ニューハーフ/ナンパ/

尻コキ/ブルマ/レズ/しみパン/SM/スカトロ/M男・金蹴り/


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月12日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【恐怖】俺は母親を妊娠させ、中絶させた【危険】

※気の弱い方は注意願います(精神的ブラクラかも?)



【マジキチ】母親を孕ませちまった・・・・・・・・・・・・・



<>1::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/16(水)23:57:36.11ID:kAuIw+Rh0<>

さっき家族会議終わった



血は繋がってる





<>2::以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/16(水)23:58:04.02ID:1eCk926+0<>



おめでとうパパ






体験談関連タグ

|||||||||||

2015年1月27日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】これだから朝○新聞は【危険】

思春期の「性問題」は誰にとっても切実なもの。どのように対処して良いのかわからない若者も少なくないはずです。そんな悩みに、かなりストレートな回答を提供している相談が注目を集めています。



最近朝○新聞に掲載された、男子中学生の「性欲が強すぎて困る」という質問に、社会学者上野千鶴子氏(64歳)は「経験豊富な熟女に、土下座してでもよいから、やらせてください、とお願いしてみてください」と、大胆回答をしています。15歳にはちょっと直球すぎるような……。



同紙2012年12月8日掲載の相談コーナー『悩みのるつぼ』で、匿名の男子中学生は以下のように質問をしています。



■男子中学生の相談(一部抜粋)

「ぼくの悩みは性欲が強すぎて、今年受験だというのに、エッチなことばかり考えて勉強が手に付かないことです。このままいくと、欲望に負けてしまい、夜道などで衝動的に女性を襲ってしまわないかと怖いです。この欲望を抑えることができるのでしょうか?」



・上野千鶴子氏の回答(一部抜粋)

「知らないことは知っているひとに教えてもらうに限ります。経験豊富な熟女に、土下座してでもよいから、やらせてください、とお願いしてみてください。昔は若者組の青年たちの筆おろし(って知ってますよね)を担ってくれる年上の女性たちがいたものでした。わたしだってもっと若ければ……」(以上、同紙より引用)



昔であれば、地域のつながりが強く、年上の女性と関わるきっかけは豊富にあったのですが、現代は世代間の交流が希薄で、なかなか思うようにいかないようです。こと「性」のこととなると、家族にも相談しにくいもの。リードしてくれる女性がいれば、相談者のような悩みをやさしくいさめてくれるかもしれませんが……。



とはいえ、あまりにも単刀直入な回答に、15歳には刺激が強すぎるとの指摘もあるようです。あなたはこの相談内容について、どのように思われるのでしょうか。

体験談関連タグ



2015年1月7日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【近親相姦】義姉のマサージが男を立たせた【血縁SEX】

考えてもいなかった夏の昼下がり、義姉のマッサージが男を屹立させた。思いもしなかった義姉と一線を越えることとなった。それは四十三歳夏の昼下がりのことだった。

妻の実家の墓参をすませ、夏の暑い陽が照りつける中を、義姉の夫の墓参に車を走らせた。義姉の夫は数年前、ガンに侵されて他界し、義姉は一人暮らし、まだ四十五歳の女盛りだ。家は、山間にぽつんと建つ一軒家で、隣家とは百メートルは離れていて誰にも災いされない静かな環境にある。

妻は昼食を済ませて買い物に出かけた。田舎の広い家には義姉と二人だけになって、私は六畳の居間に寝転がっていたが腰が痛く、つい「…腰が痛い…」と声を漏らした。すると近くにいた義姉が 「揉んであげようか…」 と言ってくれた。私は例え義姉とはいえ、独り身の女性に触られることに戸惑いを感じたが 「そうですか…申し訳ないことですが、少し揉んでください…」と言うと義姉は、「じゃぁ、その浴衣を羽織って…、そこに、うつ伏せになって…」と云った。私が言われるままうつ伏せになると、義姉の手は、肩、背中、腰、尻朶、太腿と揉みほぐしてくれて、心地よい時間が過ぎていった。

やがて義姉は 「右を上にして横になって…」 と云ったので、云われるままに向きを変えると、義姉は、私の右腕、右腰、右足と揉んでくれていたが、主には太腿を中心に揉んでくれていた。時々、義姉の手が太腿の付け根あたりに触れる。義姉は意識して触れているのかどうか、わからないが、心地よい変な気分になった。からだが次第に仰向けに変化していく。心地よさに恥ずかしいと思いながらも、とうとう仰向けになってしまった。太腿の付け根あたりを揉まれると本能的に男が怒り出し、それを押さえようと意識すればするほど、それは屹立してくるのだった。ついに肉棒を隠している浴衣がテント状に膨らんでしまった。義姉は知らぬ顔をして揉み続けていた。

怒りだしていることを義姉に知られるのが恥ずかしかった。それでも義姉は、怒棒に近い付け根あたりを、さりげなく触れてくる。(あぁ、もう…、どうでもいい…、触って欲しい…) そんな気持ちになってきて、恥ずかしさを通り越した。ついに私は勇気を出して

「ねぇ…、真ん中も揉んで…」と云った。すると義姉は

「まぁ、駄目ですよ…そんなところは…」 と云いながらも、さりげなく怒棒に触れながら「妹の旦那さんに、こんな事をするのは、妹に対して申し訳ないわ…」と言い、私は、

「大丈夫…、黙っていれば…」と云った。

そのうち女の本能が勝っのか義姉は、、私の浴衣をそっと拡げて、パンツの上から摘んでくれた。暫くパンツ越しに摘んでくれていたが、やがてパンツのゴムに手をかけて、その強張りを恐る恐る取り出した。その怒棒は鋼鉄のように固く、赤銅色をして怒り狂ったように聳え立っていた。恥ずかしさはもう無かった。義姉は夫が亡くなってから初めて男の怒棒を目にしたことだろう。義姉はその聳え立つ怒棒を潤んだ瞳で見つめながら、柔らかい手つきで怒棒を上下に扱いてくれた。

私は、横に座っている義姉のスカートを捲り、尻朶や太腿を撫でていたが、義姉が扱く強烈な刺激に射精しそうになるのを、グット我慢し堪えた。それもとうとう我慢の限界にきた。私は勇気を出して 「ねぇ、いれさせて欲しい…」と云うと、義姉は 「ダメですよ…そんなこと…。入れることは出来ないわ…。触るだけよ…。妹に悪いから…」と言いながらも、頬は紅色に染まり、瞳は色濃く潤んでいた。

私は義姉のスカートを捲ってショーツのゴムに手を掛けてそれをずらそうとした。すると義姉は「このまま扱いて上げるから、出していいよ…」と言う。私は義姉の温もりに包まれてみたかった。「ダメ…、入れさせて…」というと義姉は「困った子ね…、」という。私はなおも義姉のショーツをずらそうとすると義姉は「…待って…、自分でするから…」 と言って、半立ちになって自分でショーツをづらした。

そこには四十五歳熟女の下半身全裸が現れた。肢体の線は多少崩れてはいたものの、まだ女の色艶は充分にあった。妻よりもふっくらとして肉付の良い尻朶と太腿だった。女の丘は妻よりも濃い黒い陰毛で覆われていた。

さすが年上の女だけあって、義姉は仰臥している私に跨ってきた。私の目の前に義姉のあそこが丸見えになった。跨ったことで、閉じていた恥裂がやや割れ、上辺りに女の蕾が見えた。妻の蕾は肉襞に隠れていて見えにくいのに、義姉のは大きいのか、それは、そら豆のような大きさで跳びだしてピンク色をしていた。その周辺はすっかり愛液で潤んで、光沢に輝き、いつでも怒棒を受け入れる態勢は整っていた。

義姉が怒棒を掴んだ。その先端がそら豆に擦りつけられると、私は跳び上がらんばかりの快感に襲われたが、グット堪えた。義姉はそのまま上に乗って男塊を吸い込ませた。妻のそこは狭く、進入するのが窮屈なのに、義姉のそこは緩んでいて滑りが良かった。すんなりと入ってしまった。女によってこんなにも違うのかと思った。

義姉が馬乗りになって動き出した。、顔は汗にまみれ、髪を振り乱しながら上下に律動する。私の左手は義姉の蕾を擦り、右手の指は乳房を揉んでいた。そして下から突き上げた。突き上げるたびに苦しげに顔が歪む。やがて二王様のように背を伸ばして絶叫の様相を呈した。女が絶頂に達するときは、こんなにも激しく乱れ、髪を振り乱し、顔が汗ばみ、顔の様相が一変するものかと思った。妻が見せたことのない形相だった。その凄く荒れ狂う女の形相を見て、私はこの女に精魂尽くし、この女を征服したという満足感をしみじみ味わっていた。


体験談関連タグ

||||||||||||

2014年12月22日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】従姉妹のお姉さん(続編)【血縁SEX】

従姉妹のお姉さんとの思い出の続編

最近のできごとです。



あれから約20年。

その後、みかちゃんは結婚し、2児の母に。僕も高校、大学と進み、しだいに疎遠になっていった。

法事や結婚式など親戚が集まる場で顔を合わせても、常識的な挨拶を交すだけだった。

今では僕も結婚し、嫁さんと息子娘が各1人。



そして先月、みかちゃんと久々・・・5年ぶりぐらい・・・再会する機会があった。早くに亡くなった、みかちゃんのお父さんの七回忌で、親戚がみかちゃんの実家に集まった時のこと。

法要も終わり、訪問客もあらかた帰った後に、ごく親しい親戚や、遠方から来て泊まって行く人達だけが残った。僕も泊めてもらうことになっている。もちろんみかちゃんも。



男ばかり数人が、奥座敷の仏壇の前で酒を飲んでいる。酒の弱い僕は酒の席からは早々に退散して、居間に行った。

居間では、数人がコタツに座って談笑しており、その中にみかちゃんもいた。

今では、僕も中年と言われる年になった。みかちゃんも、実年齢よりは遥かに若く見えるものの、熟女の色香がただよっている。

居間の大きなコタツは、みかちゃんの向かいの場所が空いていて、僕は特に考えることもなく、そこに座った。もちろん、この時点では、みかちゃんとエッチなことになるなんて全然考えてもいなかった。(これは本当。)


体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年11月11日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談
1 / 2612345...1020...最後 »

このページの先頭へ