相互リンク先の最新記事一覧!

【近親相姦】裏切り【血縁SEX】

俺は生まれてから一度も親に笑顔を向けられたことがなかった。

というより、邪魔者扱いされていた。

なんでかはわからない…

顔だって悪くないし、道を外したこともしてない。

どんなに考えても理解できなくて、毎日1人で飯を食べていた。

そんなある日だった。

俺が授業参観に親が来なかったのをクラスメイトにバカにされて、カッとなって殴ってしまい、親が呼び出された。

その日の夜、俺は何も食べ物を与えられず、空腹で我慢ができなくなりこっそり食べ物を探すことにした。

すると台所から両親の話し声が聞こえた。

最初はマズイ!と思ったけど、話を聞いてみると俺の話だった。

短くまとめると、俺は昔母親がレイプされたときに出来た子供で、降ろすと二度と子供のできない体になるから仕方なく産んだらしい。

俺は最初、死のうかと思った。

そして、我慢できないほどの怒りを覚えた。

俺は悪くないのに…

何で俺が…


体験談関連タグ

|||||

2015年1月20日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】妻は父さんの部屋で【隣の芝生】

その日の昼休み。

俺は一度家に戻ることにした。

書類を家に忘れたからだ。たいした書類でなかった。

なにかの書類に付随した個人情報保護の同意書だ。

別に明日でも良かった。

しかし職場から家まで車で10分。

俺は取りに帰ることを選んだ。

家は実家である。

2年前のリストラに会い、帰ってきたのだ。

住人は俺と妻と5歳の息子、それに定年退職者の父さん。

父さん。

思えば子供のころから迷惑をかけっぱなしだった。

母は高校の時死んだ。

その後の2年間の浪人。

父さんにならって市役所を受けたが敗退。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年9月29日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】妻が風呂に入ってる間に高校生の娘を【血縁SEX】

俺は妻と高2の娘と3人暮らしで最近娘が可愛く思えるのと同時に娘は反抗期です。

そんなある日妻が「私先にお風呂はいるわよ」とお風呂に言ったのを確認すると俺は娘の部屋を開け中を覗くと娘がベットでくつろいでいました。

俺はもう我慢できなくなりそ~と中に入ると娘の上に乗った。

娘は何が起こったか理解できなくなっていて俺は娘を仰向けにした。

そして娘の服を剥ぎ取った。

さらに娘は抵抗したが俺はかまわずブラの上から胸を揉んだ。

Dカップぐらいはある胸で柔らかかった。

俺は娘が騒ぐので娘のブラを外し口に猿轡として押し込んだ。

娘の胸を生で見たのは娘が小学生のとき以来でとても大きくなっていました。

俺は娘の乳首を舐め始め俺は吸ったり舌で先を舐めたりいろいろした。俺は娘のズボンを脱がしパンツに手をかけるとまた抵抗をはじめた。

俺は一旦自分の部屋に行きロープを持っていき娘の両手を縛るとベットの金具に結んだ。

そしてパンツを脱がすと俺は娘のマンコに指を入れ出したり入れたりした。

娘は黙ったまま泣き出した。

俺は娘を無視して自分のズボンとパンツを脱ぎチンコを出した。

「入れるぞ」と娘のマンコに挿入した。


体験談関連タグ

||||

2014年9月16日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】親も親なら【隣の芝生】

『蛙の子は蛙』という諺があるけど、最近それを身をもって実感することになった

13歳になる息子がいるのだが、妻が息子の部屋を掃除してて机の奥から1足の黒いパンストを発見したのだ

俺に見せてくれたのだが、黒いパンストには息子の精液を思われるものが付着して乾いてた

まさか中学生の息子が他人の家から泥棒したとは考えにくいし考えたくもない、おそらく妻が穿いたものだろう

妻は問い詰めて叱ると言ったが、俺も昔から黒いパンストが好きで姉の黒いパンストでオナニーしたことがある

気持ちがわからないでもないから息子を弁護した、「しばらく気付かないふりして様子を見よう」となった

考えてみれば息子は妻の穿いた黒いパンストに欲情してパンストのままセックスした時にできた子供である

息子ができたのは結婚してすぐだった、その頃はしばらく2人だけの夫婦生活を楽しもうと考えてたので避妊してた、

ところがある日妻の実家で法事があり、俺たち夫婦は出席することになった、法事なんだから当然妻は黒いパンストを穿いていた

法事は午前中で終わったのだが、お昼に妻の実家の家族や坊さんや親戚と近くの料亭で会食した

それが終わり帰ろうとしたら義父が「○○君飲み足りんだろう、家で飲みなおさんか」と言ってきた

結局夕方まで飲んで夕食もごちそうになりかなり酔った状態でタクシーで家に帰った

実はすでに朝から妻の黒いパンストに欲情されてた、いつも穿いているベージュのパンストとは違うエロさがあった

家に入って2人きりになると我慢できなくなった、酔いも手伝って服を脱ごうとしてる妻をそのまま押し倒した

「スーツが皺になる」というのを無視して妻をむさぼった、最初は抵抗してたがしばらくして観念したらしく


体験談関連タグ

||||||||||

2014年9月8日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】私は、変態【血縁SEX】

私は、変態です。今27歳でご主人様が 7人います。

大阪に2人.福岡に1人.都内に4人です。色んなプレイで楽しませてくれます。

こんな身体になったきっかけは、9歳の頃から受けた。実父からの悪戯です。

エスカレートした父から12でロストヴァージン 14で父の借金相手4人に廻されて、調教されました。

アナル 浣腸 ディープスロート フィストバック 視姦 放置 青姦 中出し

中3で、2回堕胎

このままでは、危ないと思い、中学卒業を期に東京に逃げました。

でも、不の連鎖は、続くんですね。 24歳までの5人の彼氏は、みんなDV野郎ばかり

人生に嫌気がして、自殺も考えた。

そんな時 出会ったのが、優しい彼氏 ある程度 嫌々ながらの経験ある私が

セックスが嫌いな訳を打ち明け、理解してくれて、徐々にセックスの素晴らしさを、教えてくれました。

でも……目覚めたの 段々普通のセックスが物足らなくなるの ある日彼氏と仕事終わりに、公園で待ち合せ

転機が訪れたわ、露出系の投稿雑誌を拾っちゃった。そこに、M女求むの掲載

もう、いてもたってもいられず、待ち合せスッポカシて、手紙出して、即逢っちゃった。

1号ご主人様との 運命の出会い もうそこからは、快楽の日々


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年9月6日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】いけない関係【血縁SEX】

話は3年半前まで、逆上ります。

4月になって間もない頃、父の職場から電話がありました。それは、作業現場から転落し、病院に搬送されたというものでした。幸いにも、左腕の骨折だけで済み、命に別条はありませんでした。しかし、父と母はいわゆる『熟年離婚』をした直後であり、職人気質で亭主関白の父は、家事どころかお茶の一つも入れられない程。その上、骨折しての不自由な生活という事で、数年ぶりに実家に戻りました。

実を言うと、その当時、すでに私と夫は完全に冷め切っており、酒に溺れては手を上げる夫から逃げる様に出て来たのです。

当初、父はかたくなに「お前の助けなどいらん。」と頑固に言い張っていましたが、やはり不自由な事に直面し、私が手を差し出す事にも文句を言わなくなる様になっていました。

数ヶ月後、怪我も完治。それでも私は、ずっと実家に残りました。毎朝父にお弁当を作り、夕食を用意し帰りを待つ。そして父の為に家事をこなす。何でもない、そんな平凡な毎日を穏やかに過ごせる事に、ささやかな幸せを感じていたのです。

2人の離婚の原因は、仕事ばかりで家庭をかえりみない父に、母が愛想をつかした、というものでしたが、私には分かりませんでした。だってこんなにも一生懸命に働いてくれているのに…。他にも理由はあったかもしれませんが、それでも昔ながらの男くささを感じさせる父と平和に暮らせる事に、感謝の気持ちで一杯でした。

だけれども、この時の私は、父に対する本当の感情にまだ気付いてはいませんでした…。

半年程経った12月のある日、父が突然、「たまにはどこかへ出掛けるか。どこでも好きなとこ選べ。」と言い出したのです。面と向かってははっきり言いませんでしたが、私への感謝のつもりだった様です。父にも意外に可愛い所があったんですね。どこにしようか迷いましたが、思い切って海外旅行をおねだりしてみると、あっさりとOKが。こうして冬休みをずらして、1月半ばから一週間フィジー旅行へ行く事になりました。

初めて行くフィジーは、正に楽園でした。真っ青な空に白い砂浜、透き通る海に眩しいばかりの太陽。ホテルも、いわゆるホテルではなく、広く続くプライベートビーチにペンションが点在するという所。ログハウス調の建物にプールまで付いていました。

到着した日はそのまま休み、翌日からは日々の生活を忘れ、ビーチで遊び楽しい一時を過ごしていました。

しかしその時、予想もしていなかった気持ちに気付きました。さすがに南国、照り付ける日差しがきつく、背中に日焼け止めクリームを父に塗って貰った瞬間、心臓がドキドキ高鳴り始めたのです。ゴツゴツした指が私の背中を撫でる感覚に、僅かながらも戸惑った事は確かでした。しかしそれもあっと言う間。深く考える事もせず、再び2人で海辺で過ごしました。

ですが、今思い返せば、父を意識した瞬間はこの時が初めての時でした。

その後も街へ繰り出し、夜には、満天に煌めく星空の下、プールサイドのデッキで父はビール、私はワインを楽しみ、夜でも火照った体をプールでクールダウンさせたりしてリラックスした時を過ごしていました。

が、次の瞬間、確かなる父への想いに直面する事に…。

それはたわいもない場面でした。年甲斐もなく私達は、プールの水を掛け合ったり、中に引きずり込んだりしてはしゃいでいました。そして息も苦しくなり水面に上がると、すぐ目の前に父の顔が…。なぜだか目が合ったまま、2人共体が固まって動けなくなっていました。父の目を見つめ、吸い込まれそうになる…。確かにその中には、父娘の関係を越えた、欲望に満ちたものがあったのです…。この時が父と私の中に、『男と女』が芽生えた瞬間でした。金縛りにあったまま、自然とその距離が10cm、5cmと縮まって行き、遂には唇と唇が触れ合う…。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年8月29日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】認知症の父と妻【隣の芝生】

私の父は62歳で認知症になった。

母(55歳)は病気で亡くなり、父は1人になりました。

それでも、仕事をしている時は元気でバリバリ働いていたんですが、60歳で定年を迎えると

1人淋しさの影響なのか?1日ボ~っとする事が多くなった様です。

その頃からでしょうか?父の言葉に”んっ”と言う事が度々起きて(ごはん食べたのに、まだか?と聞いて来る)

孫(12歳)と同レベルの事を始める始末。

病院へ連れて行くと、認知症の初期と言われました。そんな訳で妻(美沙35歳)に父の面倒をお願いする事にしたんです。認知症と言われ、数週間が過ぎた頃には父と妻の仲は良くなり、いつも2人で行動するようになっていました。

子供も”ママ最近おじいちゃんとベッタリなんだ”と言われる始末。

でも父の症状は日々良くなって行く様にも感じられたんです。

それでも何だか気になり、ある日ビデオカメラをリビングの隅に設置し、録画ボタンを押したまま会社に行く事にしました。

(ビデオはHDDなので、長時間録画できます)

その日の夜、ビデオは自動停止していました。こっそり皆の目を盗んで、ビデオを書斎(自分の部屋)に持ち込みました。

夜も深まり、妻も寝ると言うので先に寝て貰いました。

私は、書斎で昼間のビデオを確認して驚きました。<ビデオ内容>

妻が掃除機をかけていました。父はソファーで新聞を読んでいます。


体験談関連タグ

||||||||||||

2014年8月22日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】最愛の娘【血縁SEX】

俺には二人の娘がいます。

本当は男の子が欲しかったんだけど・・・

俺達昔から夫婦は共稼ぎです。俺は公務員で残業などまったくない部署にいます。

妻は事務員をやっており、残業のオンパレードで娘の世話は妻より俺のほうが多いんじゃないかと

思うぐらいです。

特に次女の甘えたぶりはけっこうひどい。

小さいときから面倒くさいなって思うぐらい甘えてきます。

寝るときはいつも俺の耳たぶを触りながら寝る^^;

少し俺も居心地がいいってのも確かにあります。

ほぼ毎日次女と寝る毎日です。

そんなある日のことです。

いつものように一緒に寝てたんだけど、夜中に娘が起きてトイレにいきました。

これは、めったにないことでしたので、トイレから戻ると

「どうかしたのか?」って聞くと

「お腹いたい」って娘がいうので俺はお腹をさすってやってやった


体験談関連タグ

|||||||

2014年8月14日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】父からバイブをプレゼントされた私【血縁SEX】

私の誰にも言えなかった秘密を告白させてください

私は学生です

私は、小さい時から父親に売春のようなことをしてました。

きっかけは覚えていません。けど四歳の辺りにはもう、手を出されていました

最初は裸やアレを撮られていました。けどその代わりに…欲しいものは何でも買ってもらえました。

しかし当日の私は事の重大さがわかりませんでした。そして小学校の中辺りからエスカレートしていきました

アレを舐められたり、乳首を舐められたり……そしてついには

裸で私のアレと父のアレをこすりあわせたりしました

そしてフェラをさせられたり、ファーストキスを奪われたり…

…もしかしたら父親は私が小さい時から目をつけていたのかもしれません。

表では仲の良い父と娘ですが、裏では…私と父が2人っきりの時は写真やビデオを撮ったり

恥部をこすり合わせたりしています

だから私はみんなが外で遊んでいても、父とカーテンを閉め切った部屋でやっていました

私のアレの毛は、たまに剃られて毛が生えていない時もあります

そのうち私も感じるようになってしまい、気付かれないようにしていました。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年8月7日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】秘密【血縁SEX】

主人40歳私32歳で子供2人の夫婦です。主人とは18歳で知り合いその後結婚して12年が経ちました。主人とは何の問題もなく平和な家庭です。だけど一つだけ秘密にしてることがあります。それは主人と出会う前から今でも続いています。実は自分の父親と関係をしてしまっているのです。高校の3年の夏のある日の夜母親がパート先の社員旅行で留守の日でした。夜ベットで寝ていると股間に違和感を感じました。部屋は真っ暗で誰かわかりません。声を出したら、乱暴はしないから騒ぐな!って言われしたがいました。何がなんだかわからない内にその男が股間に突き立ててきて挿入されました。涙が止まりませんでした。その時この人はお父さんかもって気付きお父さん?って聞いたけど、無言でした。それからは母のいない時は私の部屋へきて関係を持つようになりました。父親は何時も無言で私を犯し続けました。結婚式前夜は何も知らない母親が私に今日ぐらいお風呂で父親の背中でも洗ってあげなさいって言われ一緒に入ってエッチした時はドキドキでした。そんな父親とは今でも週に1度は関係が続いています。今でもエッチをしてる時は無言でする父親です。。

体験談関連タグ

|||

2014年7月14日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談
1 / 3123

このページの先頭へ