相互リンク先の最新記事一覧!

【レイプ】小5夏の屈辱体験談【鬼畜】

小5の時に、Sという悪ノリの男子がいた。

事件は夏の日の照りつくプールが体育の時間で行われた。

学校にプールがないため、近くの市民プールまで歩くという非常に迷惑な授業である。しかし子供ながらプールが近づくと、嬉しい声が飛ぶ。Sも猿のようにキーキーはしゃいでいた。

プールの行く間にSは一人の女子をからかっていたのだ。行列の後ろでSと女子の痴話喧嘩が聞こえ、先生(女)も度々注意した。

男子と女子が水着に着替え、準備体操の始まる前によせばいいのにSがまた女子をからかった。

何でも、デブッチョだの、ブタだのと女子にタブーな禁句を連発した。

頭にきたのか、その女子が反撃したのだ!まず、いきなりSの海パンをずり下ろし、「キャハハハ!丸見え!」と全クラスの女子に男の見られてはならないモノをオープンさせたのだ。

顔を真っ赤に猿のようになり、Sは恥ずかしさとプライドと「何すんだ!デブ!」と急いで海パンを戻そうとしゃがんだら第二の反撃が始まった。その女子にドンと突き落とされ、尻の穴とおちんちんが、見えてしまい奈落のプールへと沈んだ。海パンは、その女子が、自分の水着の中へ隠してしまいSは、泣きながら先生(女)に助けを求めその女子から海パンを返してもらったのでした。とんだ屈辱の体験談の話でした。

体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2018年1月3日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【レイプ】女だらけのレクレーション(9)【鬼畜】

「じゃあ、そろそろ罰ゲームをやりましょうか? 千夏、あれやろうよ、パンツ投げ」

「え~、ここでやっちゃうの~、でも面白そうね、キャハハ」

姉二人が、健太への罰ゲームを決めた様である。

その二人の会話を聞いて、今度は顔が青ざめてしまう健太君。

実は、普段から姉二人には、よく苛められていて、お風呂に入っている隙に籠から着替え用のパンツを奪われ、

それに怒った健太君が、已むを得ずフルチンのまま、姉二人のいるリビングまで取り返しに来たところを、

まるでからかう様に、そのパンツを丸められキャッチボールされてしまうのだ。

フルチンで、走ったりジャンプしたりしながら、パンツを取り返そうとする姿が、沙希と千夏には面白くて堪らない様である。

そんな苛めをされた事が、今までに何度もあったのだ。

「そうだ、今日は優子ちゃんも入れて、三人でやろうよ、勝者の特権という事で、ねっお姉ちゃん」

「そうね、じゃあ優子ちゃんも参加してっ、楽しいわよ、フフフ」

そして優子ちゃんに、遊び方を教える沙希と千夏。

「キャー、それ楽しそう」 と、

遊び方を聞いて嬉しそうな顔をする優子ちゃん。

「じゃあ健太、あたし達三人の中央に立ちなさい」


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月1日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【レイプ】女だらけのレクレーション(3)【鬼畜】

「じゃあ、ルールを言うわね。 これからあたしが読み上げるカードを、目の前に広げられたカードの中から先に取った方が勝ち。

 負けた人は、着ている物を一枚脱いでもらいます。 お手付きもダメ、服を一枚脱いでもらいます。

 そして脱ぐ物が無くなったら、敗者決定です。 敗者には罰ゲームが待ってますので覚悟して下さい。

 それと、脱ぐのを拒んだりしたら、罰ゲームとは別にペナルティーがありますので、ちゃんとルールに従って下さいね、分かりましたか?」

沙希が、ルールを説明した後に、優子ちゃんと健太に確認を取ると

「はーい、分かりました」 と、元気良く返事をする健太に対し、優子ちゃんは不安そうな表情を浮かべる。

「優子ちゃん大丈夫? 頑張ってね」 と、沙希が優子ちゃんを励ますが、勿論これも二人の演技である。

二人の業とらしい小芝居に、笑いを押し殺している女性陣は思っていた。

何故、真理子は、この明らかに勝敗の分かる野球拳をさせようとしているのか。

それは多分、スカートめくり発言をして、あたし達を嫌な気分にさせた健太君に対するお仕置き。

あるいは、男の子のいない、あたしたち母娘へのサービス行為であるのだと。

女性陣は、そう思い、今まで少々戸惑っていた気持ちの部分を消し去ると、徐々にテンションを高めていった。

一方、何も知らない健太君は、脱がす気満々と言った表情で、目の前に座る優子ちゃんを見ている。

「じゃあ、一枚目読むわよ。 犬も歩けば~」  「はいっ」

沙希が、カルタに書かれた文章を読み上げる前に、優子ちゃんがカルタを取ったのだ。  健太君は目が点になっていた。

体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2017年12月31日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【レイプ】逆ナンパ【鬼畜】

去年に友達4人(全員女)でプールに行った時の事。

友達と売店でお昼ご飯を買ってたらいきなり後ろから

「ねえねえ!」って感じで男の人が声をかけてきたから振り返ると、

なんと中学生2人組!しかも1人はあきらかに中学生ってわかるぐらい背が低くて童顔!!すごく笑えたけど、その時は私達も2人だったから

一応「友達いるから。」って言ってその場を離れたんです。それでも彼等はしつこくついてきて「一緒にあそぼ~よ」とか言ってくるから

だんだん腹が立ってきて「ガキに興味ないから。」って言ってやったの♪そしたらいきなり逆ギレして「うるせー!ブス!」

とかいって目の前でツバをはいたりしてきたんです。私の友達はそれでとうとう怒っちゃって背の低いほうの彼の髪をつかんだんです。

それと同時に私達も「あ~あ。し~らない。」

「この娘の彼は怖いからね~♪」とかいってやったの♪実際はそうでもないんだけど・・・彼等はそれですごくビビッちゃって黙ってた。

それで調子に乗った私達は4人で彼の海パンを脱がして足元から抜き取ってやったんです。

私達は大爆笑♪その間にもう1人の彼は走って逃げてっちゃったけど…。周りには他にも女の人がいたわけで…脱がされた彼は、かなり慌ててた(笑)

まだ毛が生えてなくて皮が被ってたから、割り箸でつついたりつまんだりして

「こんなんでよくナンパするよね~♪」とかいって苛めてやった。さすがに泣きそうな顔してたけど、結局、最後は友達が彼の海パンを女子トイレに捨てて彼は帰してやった。

あれからどうなったんだろう?それにしてももう1人の友達もひどいよね・・・。

男ってそういうもんなのかな?

体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2017年12月30日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【寝取られ】家に帰ると妻が襲われていた話【鬱勃起】

私の妻の裕子は、鶴田真由に似た、明るく聡明な女性であった。

○○大学で古文を研究し、その経験を生かすため

私立高校の国語教師という仕事に情熱を傾けていた。

結婚して2年、裕子が25歳になって間もないあの日まで、

私たちは人も羨む仲むつまじい夫婦として暮らしてきた。

あんな悪夢のような日の出来事さえなければ・・・。あれは1年前の3月26日だった。

3日前に卒業式を終え、春休みで裕子が家にいるので、

私は取引先からそのまま直帰し、7時前に帰宅した。

買ったばかりのマンションのロビーで呼び鈴を押したが返事がない。

仕方なく解除番号を押して5階に上がった。

玄関でもう一度ベルを押したが中に人の気配があるのに返事がない。

不審に思った私は鍵を開けて、玄関に男物のスニーカーが

複数脱ぎ捨ててあるのを見て、ハッとした。

その時、奥の部屋の方から、「ムグゥ~」と言う、

くぐもったような女の声が聞こえてきた。「裕子、どうした。」思わず声のした方に駆け寄った私は、突然部屋の影から飛び出した人影に


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2017年12月21日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】ご希望に、答えて、俺の仕事(詳細編)【隣の芝生】

始めに覚えていて、もらいたいのは、ボンは、わがままで独占欲が強く、男女問わず、征服欲が強いって事

俺たちの、母親を喰うときは、初めは、眠らせてた、から、母親たちは、目が覚めた、朝漏れでた精子で、パンツが汚れてるのを、不思議に思ってたんじゃないかな(笑)。

プレイ的には、

眠ってる女をヤるのは、独りじゃ

難しいから、

例えば、(必ず)、自分の母親のレイプを手伝わせる。

マンコを舐める時、両足を持たせる。(正常位も)。

バックの時は、腰を持たせる。

確かに母親を、

憎んではいたけど目の前で、見るのは、少し忍びがたかった。俺たちの表情を見て、興奮

二週目は、撮影させる。ボンはセックスのテクニックは、劣るけど、外人並みのチンポは、必見だったが、母親は眠ってたからね。威力は、未知数だった。

女教師の時に、思い知ったな、

俺たちが、押さえつけて、ボンが、服を切り裂いて、極太を喉の奥まで、突っ込んで、

女教師は、放心状態。間髪いれず、乾いたマンコに、狂った様に腰を打ち付ける。この時、女は、全裸より、引き裂かれた服が若干残ってるほうが興奮する。

ボンは、中出ししたら、俺たちに、輪姦させたが、


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年8月3日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】妻と教え子【隣の芝生】

私38歳自営業 妻33歳結婚7年目子どもなしの夫婦です。

私は親が経営する居酒屋の手伝いをして一応「専務」という肩書きを貰っています。

仕事は夕方前に家を出て、家に戻るのは深夜になります。

妻は元教師で結婚してからは小学生相手に夕方から夜にかけて個人授業の塾を自宅で開いています。

生徒は5年生が2人、6年生が3人の5人だけです。

 ある日夕食の時に妻が「K君が親にデジカメを買ってもらったのでモデルになって欲して言うの、どうしよう・・・」と相談してきました。

K君は5年生で可愛い感じの子です。

「例えばテストをして80点以上だったらワンポーズ、85点でツーポーズとかにすれば

頑張って勉強するのでは?」と提案しました。

妻は「それいい!」ととてもはしゃいだ様子で納得していました。

次の週に「ねえねえ、K君だけど今まで嫌々の勉強だったのに撮影の条件を言ったら急に頑張りだしたの」と嬉しそうに報告して来ました。

 それでもなかなか条件の点数は取れないようでした。

妻がK君に撮ってもらった写真を見せてくれたのはそれから数週間してからでした。

写真はリビングのソファーに妻が座っているだけの写真でした。

その後は妻の写真を見ることはなかったので条件が高くてなかなか撮影できないのかと思っていました。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年8月2日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】中2男の子【隣の芝生】

ぼくホモなんです~

ぼくのアナルほじってください~

浣腸もしてください~

ちんこもいぢって~

ghostreacon-future-soldier2452アットエーユーあああいく~



ああ~



ああ~

体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月3日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】寝とられ?【鬱勃起】

昔あった寝取られ?に近い体験です。



自分:21歳、大学3年生、塾講師のバイト、身長169cm

麻美:17歳、高2、小柄151cmのロリ系

先輩講師:23歳、医学生、身長185cm



当時、英語を担当していた麻美から告白を受けて1年ほど付き合っており、キス~エッチまで全て自分が初めての相手でした。

麻美は、講師飲みの際のありきたりな話題「塾内で誰がかわいいと思うか?」等の時に結構名前が挙がっており、それを聞く度に「その子、実は俺と付き合ってるんですよ」と少し優越感に浸っている自分がいました。



そんな最中、塾終りに3人の講師仲間で飲みに行った時のこと。

先輩講師の人が俄かに信じがたいことを話し始めました…。



先輩「程よく酔ってきたところで、爆弾投入しようか?(笑)」

僕ら「爆弾?…ですか?」

先輩「言っておくけど、お前らにだけしか話さない…というより話せないから他の人には絶対内緒だぞ!」


体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年6月10日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】妻が教え子に犯された ②【隣の芝生】

妻はとうとう僕の目の前で、木島に「イカせて下さい!」と言って、激しく潮を噴いてイってしまいました。



僕はショックで何も言えなかったが、段々妻に対する怒りが湧いてきてしまい、自分の不甲斐なさを棚に上げて怒鳴ってしまった。

「どうして君からイキたいなんて言うんだ!僕がここにいるんだぞ!恥ずかしいと思わないのか!無理矢理されてるんじゃないのか!」と怒鳴り付けると、妻は泣き出してしまい「ごめんなさい、ごめんなさい」と言っていました。



すると木島が妻の頭を優しく撫でて、「ゆかりは悪くねーよ!当たり前の事しただけだよ!悪りーのは武田だろ?自分の女も守れないくせに、ゆかりに怒鳴り付けやがって!ゆかりが可哀相だろ!」とゆかりをかばうように優しくしています。

そして周りの奴ら全員で「ゆかりは悪くねーよ、武田がダメなんだよ!」と言い出すと、ゆかりはもっと泣いてしまいました。

でも、この涙は明らかに、自分を守ってくれてる不良達に対する嬉し涙です・・・



僕は一人だけ悪者になって、妻さえも敵にしてしまった空気になってしまいました・・・



そして木島は妻のアソコに指を入れた・・・

「おい武田!今度は中のイジり方教えてやるよ、こやって入れたら、指を手前にグッと曲げて、ここで押し上げるんだよ!そうすとほらぁ!!!」と木島が言うと「グチュグチュブチュウウウウウ」と大きな音が響いて、同時に妻が「ああああ、それダメ、ああああ、いやあああああ、また、あああああ」と声をあげた。

そしてすぐに、「ビチュッビュッ」と水鉄砲みたいな潮が、僕の顔面に降り注いだ・・・




体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月20日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談
1 / 212

このページの先頭へ