相互リンク先の最新記事一覧!

【人妻】<公開コスプレ>【隣の芝生】

<公開コスプレ> リメイク版

私達は30代の夫婦です。

数年前から34歳の妻麻奈美をモデルにコスプレさせる様になりました。衣装は主に通販などで買い揃えました。

近頃マンネリで新しい刺激を求めた末、万を辞して私が公開コスプレやろうと妻に提案すると、

あっさりとOKしたんです。少し露出願望が有るのかも知れません。

改めて見る妻のアソコはドス黒くビラビラも大きく伸び、周囲にはややストレートぎみの陰毛がびっしり生え若い娘には無い卑猥さが凝縮されています。

数日後、会社の同僚4人を呼びコスプレさせました。

同僚達は大喜びです。チョット無理があるセーラー服は超ミニスカにルーズソックス、三十路女とのアンバランス感が溜まりませんね。

OL・ミニスカポリスと続き、一番同僚達に受けたのがミニのレースクィーンでした、理由はパンティラインギリギリのコスチュームです、ノーパンでパンストを履かせた為、少し動くとパンスト超しに陰毛が覗いていました。

私は妻にも内緒で隠し球を用意してありました。白いスケスケの競泳水着です。

恥ずかしがる妻をなんとか説得して着用させる事が出来ました。

彼達も興奮状態で妻を待っています。

やっとの事で出てきた妻は、流石に恥ずかしいのか、バスタオルを捲いての登場でしたか顔を赤らめ少し震えてる様です。

仕方なく私がタオルを取り去ります、汗ばんだ体に薄い布地が張り付き、乳首、へそ、陰毛が浮かび上がっている様子を同僚達の眼前に晒しました。私も着用したのを始めて見たのですが想像以上の透け方で、乳輪がく。

全裸よりも遥かにイヤラし気持ちにさせます。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年8月10日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】「ヤリマンセフレの巨乳姉を雑に犯して中出し−翌朝編ー」【血縁SEX】

この前も少し話した、元カノのヤリマンセフレ「優子」とそのおねーちゃんのお話です。

超ヤリマンのセフレの優子は「あびる○う」似のCカップの27才で彼氏持ち。

セフレのおねーちゃんは「井上○香」似の巨乳釣り鐘型のFカップで29才でマンネリぎみの彼氏持ち。

前回のお話は、セフレの家に無理矢理泊めてもらって、ノーブラ巨乳のおねーちゃんに勃起して、予定外に犯してしまった話でしたが、今回はその続きで、朝起きた時のお話です。

セフレの妹の優子に中出しをして、優子にバレない様に姉の宏子にトイレで中出しをした後、オレはすぐに寝てしまいました。

3時位に寝たのですが、6時には目が冷めてしまいました。

オレは起きたのですが、優子は真っ裸で寝ていて、宏子を見に行ったら、昨日の疲れでまだ寝ている様でした。

ですがオレは朝立ちのせいも有り、今すぐにどちらかを犯したい気分でした。

やはり昨日の巨乳が忘れられないので、隣の宏子の部屋に忍び込みました。

ベッドに潜り込んで、宏子の巨乳を揉みまくります。

宏子はまだ起きないので、タンクトップを巻くり上げ「ブルンッ、タプン」と飛び出た巨乳をしゃぶります。

寝起きの巨乳はいつもの5割増で柔らかくなっています。

宏子も起きたのか、「うはぁ、ハァハァ、いやあ、ハァハァ、んふっ」と感じて来ました。

乳首はコリコリにシコって来ました。

宏子:「ハァハァ、やばいよ、ハァハァ、優子いるでしょ?ねぇ、ハァハァ、聞こえちゃう、あ、あん、あ」


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年8月10日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】寝取られ妄想【鬱勃起】

寝取られ妄想です。

夫33歳、妻28歳。

夫は営業マンで外回りが多い会社員です。

妻(綾香)は、美人系でスタイルもよくバストはFカップほどの美乳の主婦です。

こんなシーンから始まります。

夫はかねてからハプニングバーに一度行ってみたいなと思っていたのですが、たまたま営業で外出先の繁華街近くでハプバーの看板を見つけました。

初めてのハプバーで少しドキドキしながら店に入っていくと、噂通りに何人かの男女がメインルームで交わっていました。

別の部屋にはマジックミラーがあって、そこでは中の様子が見れるようになっていたのですが、けっこう美人そうでスタイルが良さそうな巨乳の女性一人に対して、男が3~4人で乱交が行われていました。

その女性は騎乗位をしながら他の男のペニスを両手でフェラしていて、まるでAVを見ているような光景だったのです。しかも、唾をじゅるじゅる垂らしながら、鬼頭やカリをレロレロいやらしく舌で転がしながら、「ねえ、気持ちいい?すごいおちんちん、ビンビンねえ・・すごい大きくて固い・・すごいカリねえ・・旦那のよりも全然気持ち良さそう・・ああ・・・固くて大きいおちんちん大好き・・」と言いながら、時には自分のクリや乳首をいじったりしていて、「ああ・・気持ちいい・・・」と淫乱な姿を見せ付けていました。

その光景を見ていた夫は、段々興奮して来て自分のペニスが今までにないくらい勃起して来たのを感じました。

ただ、マジックミラーを通して、よくよく中を覗いてみると、なんとその女性は妻、綾香だったのです。

「こんなところで何やってんだよ」という怒りが込み上げて来たのですが、段々その怒りは興奮と嫉妬に変わって行きました。

妻は、自分が見ているとは知らずに、複数の男達と乱交しながら、「このおちんちんすごい気持ちいい・・すごいいい・・旦那のより全然大きい・・ああ・・・固い、すごい大きい、気持ちいい・・ああ・・すごい・・いく・・いっちゃう・・・」とだんだん絶頂に。

夫は、その姿に興奮し、気づいたら今までないくらいにペニスが勃起していて、たまらず手コキを始めました。

そして、妻は、他の男達のペニスで幾度となくイキまくり、何度も絶頂を迎えていました。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年8月9日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】祭りで【隣の芝生】

こんにちは。『Yu男』という者です。

一夫一妻制は、つい最近出来上がった夫婦の形で、昔は契りあうのは必ずしも生涯1人と言う事は無く、いろいろな夫婦の形があったようです。そんな男女の出会いの場と農村の楽しみの一つとして、祭りが有り、その時は無礼講となって未婚・既婚に関わらず性欲が欲するままに活動をしていました。

そんな訳で古来祭礼には、性的な部分が含まれ、明治時代に入っても一部の地域では、性的祭礼が行われていたようです。

そうは言っても昔は子供の生存率が極端に低くて、生む事が大切だった事もあるのかもしれませんね。ここも、近年まで、そんな慣習がまだ残っていました。

去年の夏、私達夫婦がはまってしまった・・はめられた・・そんな祭りでの話です。私の祖父の田舎から少し離れたある地域では、毎年、夏祭が行われます。神輿を担いだり、露天が出ていたり、一見普通のどこにでもあるような祭りです。

その祭りは、私が学生の頃、たまたま祖父の家に行った時、その地区の遠縁の親戚に臨時で神輿の担ぎ手をしてくれないかと、頼まれた事が始まりでした。実はこの祭りこそ、私が童貞を卒業した思い出がある物でした。この地区の祭り衣装は、キリリと締め込んだ褌姿と決まっていました。私も当然のことですが、褌にさせられました。

都会育ちの私の事、長くて白い布を渡され、どうするのか判らず、年配者から褌を締める指導を受けて自分も全裸になってから褌を締めましたのですがその時は、ユルフンだったようで、揉み合っている最中に褌が解けてしまい、全裸になってしまった経験があります。

お尻は丸見えですし、前袋もかろうじて局部を覆うだけで、毛深くない私の陰毛もはみ出し、全裸に近い状態で、恥ずかしかったのですが今は、幅を半分にしてよじる様に巻いていくと褌の出来上がり、この姿が一番格良く見えると思ってます。ハレの舞台・・神様の前では、何も着けない姿での奉仕が必要でした。昔は男も女もそうだったのでしょう。

だからこの日だけは特別。普通だったら猥褻物陳列罪なんて罰則があるのでしょうが、こんな姿で町中のうろうろしていてもOKなのです。暑い盛り、裸のほうがとても気持ちよく、また肛門にくい込む締め込んだ褌が男の機能を高めている様にも思います。

祭りの興奮も重なり、力水をかけられ、濡れて透けた褌の布越しに勃起しているのが丸分かり状態となっていました。

この祭りでは、そんな男衆が名物なのか、町内以外の人達も見に来ていて、女性達も男のそんな姿形を見るのが楽しみのようでした。

そんな訳かどうか、この祭りは女に許された男のストリップと言ってもいいのかも知れません。そんな状況なので、いったん外に出てから帰るまで褌姿です。2回目か3回目かの祭りの時、御神酒の酔いも手伝い、町中を抜けておじさんの家に帰ろうと歩いていたときでした。「あっ、Yu男ちゃん・・よね〜」と言う女の声でした。

年齢が近く、おじさんの家で遊んだ記憶がある女の子がいました。その声は、すっかり大きくなったその子でした。

大人の女に変身し、浴衣姿の彼女は、ほんのりと石鹸の良い香りがしています。その時も濡れた褌に亀頭の形を浮かび上がらせている状態でした。そんな私の股間をちらちら見ながら

「帰るの〜」と言う彼女に「うん」と頷く私でした。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年8月9日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】人妻に筆卸された話【隣の芝生】



21歳

165cm 60kg

どこにでもいる普通の大学生

ちょっと髪が薄い

天パ人妻

35歳

160cmくらい

茶髪セミロング Eカップ(本人談)

倉科カナを童顔にして横に一回り半くらい大きくした感じ

20代って言われてたら恐らく信じてたであろうビジュアル今時の35歳はメイクして服装もしっかりしてる人が多い割に自分の年齢の価値が低いこともわかってるようで驚くほど美人でも年下ってだけでチヤホヤしてくれる

まず略歴から中学まではそこそこ勉強ができ、地元で有数の進学校に入ったものの、勉強そっちのけで部活に明け暮れた結果、留年寸前レベルまで落ちこぼれた。

このままではまずいと思ったが手遅れ。結局一浪した挙げ句、普通レベルの大学に入学した。奥手&人見知りな性格のせいで中学まで浮いた話はまるで無し。

高校の時にちょっと色気出して、3年間で2人告白したがいずれも玉砕だった。そんな状態で迎える大学入学、リア充なキャンパスライフを少しだけ夢見ていた。

2年になりサークルに入ったりして好きな人も出来て告白したりなんかもした。答えは当然ノー。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年8月9日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】ロリ系な姉1【血縁SEX】

俺の名は早馬 圭司。一応高校生だ。というの殆ど学校にはいないから高校生と言えるのかは謎だ。え?ふだんは何してるかって?土手でさぼりか学校の屋上で寝てるな。・・・って、そんな事どうでもいい!今からする話は、俺の姉早馬 裕美との話だ。「・・・ふぁ~・・・」午前11時に目が覚めるのが彼、早馬 圭司の日課だ。普段ならば、この後すぐに姉の裕美があの手この手で起こしにくるのだが、今日は違っていた。「(ん?なんかいつもより布団が温い?)・・・。」彼はすぐに異変に気づいた。「・・・アンタは人の布団でなにしとんじゃー!!」布団の中で裕美が寝ていた。裕美は童顔で華奢な体格をしているため。実年齢より幼く見える罪作りな人だ。さらに家族だからと家の中では薄着姿でいるということも多々あるので男としては目のやり場に困る。とにかく裕美姉は罪作りな人なのだ、薄着の時に気付いたのは小柄な体格の割に胸が大きいのだ。おそらくCかDカップほどはあるだろうか。そんないけない体が無防備な姿で横たわっている。「・・・。」裕美姉は起きる様子もなく、寝息を立てて寝ている。「(こうして見てると、やっぱこの人は罪作りな人だよ・・・)」

体験談関連タグ

||||||||||

2014年8月9日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【浮気】今までの経験・・・。【不倫】

私38歳 男 既婚者。

妻は7つ下。結婚したのが妻が23歳。初めて体を重ねたのは妻が22歳の時。バージンでした。

それから妻は小柄な体ながら、私のモノをほぼ根元まで受け入れられる様になりました。と言いますのも、当初は大き目の私のモノは半分程度しか入らなかったのです。貞操観念が強く、一生涯彼女のお相手は私だけでしょう。

今回は私の妻の話では有りません。世の中、「こういう女性」が多いのに嫌気がさしバージンだった妻と結婚したのです。

こういう女性とは・・・、まあ性に貪欲というか・・・自分も若い頃はそれでも付き合うには良かったけれど・・・。

結婚はしたくないと言いますか・・・散々女性と関係を持っておいて私も人のことを言えないと言いますか。

ちなみに結婚前は経験30人、結婚後はもう50人くらいです。もしかしたら私が最も性に貪欲なのかも知れませんね。

覚えているだけでも凄まじい女性が何人もいらっしゃいました。

まず頭に浮かぶのはH子。結婚前にセフレだった子。

最初は本気で好きだったのですが、あまりに色々あったのでセフレとしてキープしていただけになりましたが・・・。

40代のおじさんにアパート代やお小遣いを貰っていた子なのです。

凄く性的好奇心が強い子で(父親が居ない女性はSEX依存症になる可能性が高いと言われますが・・・)

同じ職場で出会い、ある日H子のアパートに飲み会の帰りにお邪魔したら、その日のうち・・・。

襲ってもいいかな?なんて聴いても無言なので、そのままDキス。

お互い全てを脱ぎ、フェラ。「大きい!太い!」を連発し、インサートの雰囲気に・・・。


体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年8月8日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【人妻】婚約【隣の芝生】

無事婚約しました。彼女もよろこんで受けてくれました。

 相変わらず二人のスケジュールが合わず、なかなか会えない日が続いてますが、8月に夏休みを取りちょっと贅沢にホテルに泊まる計画を立てました。

 彼女の仕事が終わるのを待って、職場近くで待ち合わせます。彼女は胸元が大きく開いたノースリーブとゆったりしたパンツ。普段は恥ずかしがって胸の目立つ服装はしないんですけど今日はいつもと感じが違います。

 ちょっと色っぽい。それを言ったら恥ずかしそうに笑って叩かれました。

 六本木で待ち合わせをして、まずはホテルへチェックイン。その後、六本木ヒルズのレストランで食事をしました。

 食事が終わったら映画を観て、深夜までカフェでおしゃべりしてました。

 そろそろ部屋に戻ろうか、ということで二人でホテルへ。エレベーターで部屋に向かいます。

 エレベータには私たちだけだったのですが、乗ったらすかさず彼女の腰を抱き寄せ唇にキス。彼女も予期していたのか、私に身を寄せ私に応えます。幸い誰にも邪魔されずにキスを満喫し、部屋に戻ります。

 廊下を歩いているときもお互いの腰を手で探りながら、身を寄せ合いながら、部屋へなだれ込みました。

 ドアを開け、キーを壁に挿すと薄暗い電気が点きますが、その薄暗がりのまま、彼女を壁に押し付け唇を貪ります。

「ちょ、ちょっと。ん、む、むぅん、ん」

 彼女が何か言いそうでしたが、唇を塞ぎ左手で腰を抱き、右手はお尻をまさぐります。

 お尻をなでながらキスを続け、私が腰を密着させると彼女も腰を押し付けてきました。

 その場で、彼女のパンツの留め金を外し、ストンと下へ落とします。ゆったりしたパンツだったので、脱がすのも簡単でした。そのまま右手はシャツの下から胸をさぐります。彼女の両手は私のジーンズのベルトを外し、脱がそうとしてました。

 私のペニスはすでに隆起し、トランクスからはみ出さんばかりに勢いづいてました。


体験談関連タグ

||||

2014年8月8日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】僕のもと嫁1【隣の芝生】

ある夏の暑い日、友達を家に招いて食事会?をした時の話です。嫁の手料理をつつきながら、酒を飲み、三人でワイワイ、くだらない話で盛り上がっていました。嫁のその日の格好は、黒のキャミソール、茶色のミニスカ(B87.W59.H80)色白で、僕の言うことなら何でも聞いてくれる、かわいい嫁でした。その日の格好も、友達が来る前に、僕の指示で好みの格好にさせました。ちなみに、ノーブラ、ピンクのTバックです。友達がきた時、最初は、落ち着きのない嫁でしたが、酒がすすむにつれ、だんだんリラックスしてきました。友達のほうも、最初、目のやり場に困っていたようですが、さすが、僕の見込んだ男です、股間を膨らまし、それを嫁にきずかれない様に、隠しながら酒をのんでます。話は、今から盛り上がるとこですが、今日はここまで。

体験談関連タグ

||||||||||

2014年8月8日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【浮気】会社の女【不倫】

彼女のスカートを捲ってみると…割れ目が見えかけるほど

サイズが小さいピンク色のパンティーが出てきた お尻もあまり隠れていない

横からムチムチの尻肉が溢れんばかりにはみ出している。

もしかして…これから彼氏とヤル予定だったのかもしれない そんな雰囲気がスカートとパンティーから出ていた。

「何でこんないやらしいの履いてんの? もしかして今日彼氏と勝負? けど残念だったなぁ」と声をかけた。

彼女は図星を突かれたのか うつむいてしまった オレはお尻を揉みしだく。

「んっ…ん〜 あっ」

感じ方が少しずつ大きくなってきた

「諦めな ここまでされたら 最後までつきあってもらうよ」

パンティーをTバック常に食い込ませてさらにお尻を揉んでみた ただ無駄にムッチリしてるだけじゃなく ハリもあって桃尻という感じ

「ずっと触ってみたかったんだよ…あんたがこんなやらしいお尻をプリプリさせて歩いてるから ずっと欲情してたんだよ…」 今まで言いたかった やりたかった事をぶちまける勢いで彼女に囁く。

「あっ…あぁぁ…」

ついに ん が あに変わった 意外だったが嬉しい限りだ

オレは彼女のパンティーを脱がせてしゃがみこんだ。

眼前には 彼女の生のお尻が見えてる


体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年8月8日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

このページの先頭へ