相互リンク先の最新記事一覧!

【人妻】妻を説得して【隣の芝生】

私も妻が他人の男に弄ばれる事に興味をもつ30代後半の者です。

長い間妻を説得してようやく妻がしぶしぶ承諾したので先日決行しました。

妻は地味な感じの真面目な女で32歳、小柄、細身です。

妻が自宅近くでは嫌だと言ったので休日を利用して子供を祖母に預けて1泊2日で四国へ小旅行がてら出かけました。

事前にネットで見つけておいた方との待ち合わせ場所に行きました。

ところが、いざ現地について見ると相手の妻の想像より男性が若く3人もいた事から妻は土壇場で嫌がってしまいました。

暫く説得しましたが妻はどうしても恥ずかしいからと言うので相手の方達に説明してキャンセルになってしまいました。

その後、観光しながら予約してあった旅館に行きましたが、妻も私も気まずく無言の状態でした。

温泉に入り夕食を終えると気まずさも無くなっていました。

結局その日は何もせずに寝ました。

翌日、朝食を済ませた後ドライブしながら帰宅の途につきました。

私は欲求不満状態だったので助手席の妻にローターを使わせてオナさせながら車を走らせました。

3時間ほど走り予約してあったフェリー乗り場につきました。

妻は車内で何度かイっていたのですがフェリーに乗り込んだ時はかなりエロモードでした。

客室で妻は日本酒、私はビールを飲んで時間をつぶしていました。


体験談関連タグ

|||||||||

2017年12月21日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】嫁の妹 酒乱編【血縁SEX】

夕方、家族でくつろいでいる

と嫁の携帯電話が鳴りだした

「え!そうなの~」

「大丈夫なの?!」

「うん、こっちはOKだよ~」

家族全員、嫁の話に聞き耳をたてた

話の内容というのは、嫁の妹Kちゃんが父親と大喧嘩をして、家を飛び出したらしい

だから、我が家に泊めて欲しいとの事子供達は大はしゃぎ

俺も明るく元気で可愛いので大歓迎すでに近まで来ていたのか

直ぐにKちゃんはやってきた挨拶もそこそこ、子供達に捕まり子供部屋に連れていかれたその間に俺と嫁は、簡単なつまみを作り[Kちゃんの愚痴を聞く会]の準備をしたしばらくして

子供達とKちゃんは一緒に風呂に入り、先に出た子供達は嫁に連れられ、子供部屋で寝かされたKちゃんも風呂から

白いTシャツでノーブラ、下は赤いホットパンツという

エロ過ぎる格好で出てきた俺は目のやり場に困り、逃げるように風呂に行った

嫁も直ぐに入ってきた

風呂から出ると、すぐに


体験談関連タグ

||||||||||||

2017年12月21日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】3年前に再婚しました。【鬱勃起】

妻は29歳で巨乳のマゾです。

3年前に再婚しました。調教を重ねてきて更に何か刺激的なことは

ないかと考えていたのですが、1年前に思いつき今に至ってます。

 それは妻を43歳になる独身の兄やその独身仲間に精液処理の玩具

として提供すると言うことです。

 最初は兄を家に飲みに誘い、妻にはノーパン、ノーブラで薄地の

ニットピチピチワンピースなどを着させて兄に巨乳と異常にでかい

乳首の突起を晒しました。

 妻には兄の横へ行かせてお酌させたり、酔ってくると乳首やお尻を

触られても「あん、もう~」とかいっていましたが兄の横からは

離れませんでした。妻には説得し少しだけなら、と言う約束を取っています

 兄には事前に妻のSM変態ビデオを何本も見せています。兄に私の

変態な願望も話しています・・・兄が妻に「ビデオ見せてもらったよ

凄く変態な事が好きなんだね」と言うと妻は私をトロ~ンとした目で

見つめ、私が前もって命令した言葉を兄に言いました


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2017年12月21日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【浮気】彼女との合コン【不倫】

【スペック】

真司(俺) 23歳 新卒サラリーマン

まなみ(彼女) 20歳 アパレル 身長160cm Dカップ 本上まなみ似彼女とは2年前にバイト先で知り合った。彼女は明るく人懐っこい性格。

一年前から同棲し始め、休日は基本的に二人っきりでいることが多い。

セックスはというと、平日はお互いの時間が合わないので、休日にする

ことが多い。どちらからともなく相手の体を触りだし、ゆっくり時間をかけ

てお互いの暖かさや柔かさを楽しみながら、という感じ。しかしながら

回数は日に3~4回することも珍しくなかった。彼女は俺が2人目の彼氏で、最初の彼氏とは3回ほどしかセックスをし

なかった、とのこと。なので俺との最初の方のセックスのときは痛がって

いたし、いまでもフェラチオはぎこちなく、騎乗位なんて全くできない。しかしながらその顔、性格から遊んでいるように見えてしまうところを

彼女自身も悩んでいた。現に俺も遊んでいそうなところに惹かれ、付き

合った当初はセックスの下手さにガッカリした。今ではそのギャップが

たまらないのだが。そんなある日、まなみが携帯を手にして

まなみ「なんか店の後輩ですごい男に飢えてる子いてね、その子の為

     に合コン開かなきゃいけなくなっちゃったんだよね。。。笑」


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

2017年12月21日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【近親相姦】妹【血縁SEX】

1つ下の妹は発育がよくて、6年のときにもうCカップくらいあった。

 妹も自慢したいみたいで、いちどおれの部屋にきてキャミからおっぱいを出して「ほらけっこう大きい?」とか見せるので、「もんだらもっと大きくなるらしいで」というと「ほんま?」と言ってそれから、自分でもんだり、学校でも男子にもませたりしてたらしい。

 そのせいか、今中2で余裕でEらしい。

 夏休みは家の中ではキャミだけで、大きい胸をぶらぶらさせて目の毒だった。

 いちど風呂あがりに白いキャミでぼくの部屋にきたので、乳首がぷくっと透けててめちゃエロい。見てたら「なになに、見たいん??」と笑うので「おう」と言うと、「いいよ!」とキャミをまくった。

 おれはめちゃボッキしてしまい、「いやー、たってる~!!」と笑って、僕のをスエットの上から握るんで、こらえられずにあせってチンポを出して、床にふりまいてしまった。

「うわあー!!」

 妹は出るとこを見るのが初めてで、「すごいすごい!!」と興奮してた。

 ある日、おれが補習から帰ってシャワーしてたら、妹も部活から帰ってきて、すぐにまっぱになって入ってきた。

 自分でおっぱいを揉みながら、「なあなあ、今すごいの見てん!」と言ってからだをぶつけてくる。

 聞くと、2年のカップルが前を歩いてて、公園にはいるからのぞいたらトイレの裏にいってすぐにだきあってキスしたり、そのまま下半身をさげて入れあってたって言った。

 そのカップルは知ってて、女子のほうは歩いてても胸が揺れてる感じで、もう多分してるだろなと思ってたので、おれは思い切り立ってしまった。

「中に出してたんか?」

「ううん、さいご抜いて、ぴゅーて出してた。お兄ちゃんのほうがおっきいで! おちんちん」

 そう言って俺のを触るので、俺もがまんできず妹のおっぱいを揉んだ。


体験談関連タグ

||||||||

2015年3月29日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】義妹と淡い気持ち3【血縁SEX】

完全自滅だった。「そうなんだ、よかった・・・。」美菜がそう言うとキスをしてきた。本当の初めてのキス。「私、お兄の事が好き。初めて会ったその時から・・・。」思考が止まる、息が荒くなり始め、何かが崩れた気がした。初めての事ばかりでパニックに陥る。「ずっと伝えたくて、でも家族だしホントはだめって頭では分かってた。でも、もう無理だよ・・・お兄がどう想ってても私が嫌いでも構わない、私はお兄が、お兄の事が・・・」美菜はすっと息を吸い、僕の手を握る。「「大好きです」」ほぼ同じタイミングで声が重なった。返事は不要だった。両親は帰ってこない二人だけの甘く穏やかな気持ちになれる時間。そして美菜と二度目のキスをした。長く、深い大人のキス。初めてのキスの時はあまりにも突然すぎて気付けなかった唇の柔らかさ、不思議とふわふわした気持ちになる舌の感触。そしてとても近くにある美菜の顔。キスの回数を重ねるごとに確かにそして強くなる美菜への気持ち。「大好きだよ、美菜。一人の女として大切にするから」

体験談関連タグ

||||||||||||

2015年3月27日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】裏切り・妹凌辱遍【血縁SEX】

妹は俺を嫌っていた。

おそらく、事情を知っているのだろう。

学校で会っても無視するし、声をかけても睨んでくる。

そんな奴に情けをかけるわけがない。

俺は考えつくありとあらゆる非道なことを実行した。

まずは、妹の下着を同学年の男子に売りさばいた。

妹は可愛かったからかなり売れた。

そして、プールのある日に妹の水着の乳首とマンコの場所に切り込みを入れた。面白いほどうまく進んで、妹はクラスの男子に乳首を見られて泣きながら更衣室に戻った。

そして、風呂から上がって部屋に戻るとパンツ一丁になる癖があるのでそれを盗撮してまた売った。

その中の何人かを使って、妹を脅してレイプさせることにした。

まずは俺が処女をいただいたけどな(笑)

それからは、妹とのセックス一回一万で稼いだ。

集まったのは気持ち悪いオタクばかりで、妹は泣き崩れた。

俺は構わず、「中出しは二倍払えばさせてやるぞ」と言ったが、みんな子供ができるのが怖くてしなかった。

こうして妹は俺に従順になり、毎日性欲処理させている。


体験談関連タグ

|||||||||||

2015年3月26日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】『偽愛/博愛/狂愛——雫の紅、夜に満つ』【血縁SEX】

 ———日は呑み込まれ。夜は、我がものとこそ思う。昔日の唱に露とも違わざる望月は、我が頭上にて、やはり虧けたる事なく、狂々廻る。イザナギが眼のかくたる如し慈虐の熒。

 自室にて、今夜も今夜とて、自慰に耽る。イヤホンをし、部屋の照明を落とし、割かし完璧とも言える状況で、アダルトビデオの鑑賞を開始した。凌辱モノだった。女優の嫌がる顔、そして、歪み歪んで悦楽に死ぬ貌。或いは、悲鳴と慟哭が嬌声に堕ちた怨念歌も、総て、俺をエクスタシーへ駆り立てる。まるで、追われる殺人犯の圧迫される心臓が移植されたかの様。

 故に、と言うべきか。

 故に、としか言えないのか。

 俺の世界は、その刻、ただ「其処」にしかなった———そう、故に。来訪者が堂々と世界に闖入していった事など、眼中どころか、脳内にすら、認識を見逃した。これが第1の失策だった。

「何してんの、アンタ?」

 不意に。声が背中に刺さる。否、〝刺さった〟と気づく迄、時間を要した。……先ず、背後の侵入者が居たという事。次に、背後の容疑者は誰かという事。最後に、背後の発声者は何故殺意を向けているのかという事。

「ねぇ。何してんのって訊いているのよ、莫迦兄貴!」

 俺は疑問を持った。

 之を見て、「何」しているのか、理解らないのか。開き直れば、「オナニーだよ、オナ二—。お前も毎晩、ヤってんだろーが。声、抑えろよ」とか、ぶっちゃけ申すが。

 ———そうじゃなくて、と訂正する。

「なんで、お前が俺の部屋に居るんだよ?」

「ッ! なんで? じゃないわよッ! 

 てゆーか、アンタこそ、なんで、妹の前で、それを続けんのよ! 莫迦!? 変態!?」

 酷い言われ様である。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2015年3月26日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】穴場の避暑地に妹と【血縁SEX】

俺は今年20歳で会社勤めをしていて、3歳下の妹が居ます。

俺は16歳でバイクの免許を取り、暇さえあればあちこちドライブへと出かけていた。

特に夏は穴場な避暑地が無いか、遠くでは無く割と近所に無いか探しまわっていた。

そして一昨年、家から1時間程の所に穴場スポットを発見!

幹線道路から獣道を走る事15分程、雑木林が突然開けて陽射しが照らされている小さな滝壺を発見、バイクが止められて尚平らで砂利の場所があり休憩も出来るスペースが有り、水の流れも穏やかで深さもそこそこあるので泳いだり水浴びには最高に丁度良い場所だった。

更に一番気に入ったのは、幹線道路からここまでは歩くには道が悪く…って言うか道がある事すら見落とす様な道で、距離もあり人気が全く無く、オフロードバイクだからこそ来れた場所で、ここなら誰にも邪魔されず、のんびり涼む事が出来ると思った。

実際一日居たが誰一人訪れる事は無かった。

そんな最高の穴場を見つけた俺は夏の間、休みの日には必ず訪れていた。

そして去年の夏も何度か訪れて、また行こうとしていた時だった…妹が「ねぇ!お兄ちゃん、私をバイクで何処か泳ぎに連れて行ってよぉ~」と言って来た。

「なに高校生にもなって甘えてるんだよっ!友達と行ってこいよっ」と言い返すと「だって行ってくれる友達居ないんだもんっ!」と脹れっ面で言い返して来たので「お前…友達居ないのか?」と心配になり聞いてみると「違うよっ!友達はみんな彼氏と出掛けて居ないのっ!」と…

「な~んだ…だったらお前も彼氏と行けばいいじゃん」と言うと「彼氏居れば、お兄ちゃんなんかに頼まないよっ!」とカチンと来る台詞を吐いたので「そんな可愛くない事言うヤツは何処も連れて行ってやらんっ!」と突っ撥ねると掌を反した様に「あっ…ウソウソ!お願~い♪頼れるのはお兄ちゃんだけなんだよ~」と甘えて来た。

ま、元々妹は可愛いと思っているので本気で嫌がっていた訳では無かったから、「しょうがねぇーなっ!俺のとっておきの場所に連れて行ってやるよっ」と言うと「わーい!やったぁ~♪」と分かり易い反応をした。

妹の分のヘルメットを用意し待っていると背中にリュックを背負った妹がやってきた。

「お待たせ~♪」俺の荷物はバイクに取り付けたコンテナボックスに入れてあるので、そのままバイクに跨ると妹も俺の背中側に跨りシッカリと抱き付いて来た。

妹が中学2年を過ぎたあたりからバイクに乗せてやると背中に柔らかい感触を感じる様になって、最近ではその膨らみもかなりのもので正直バイクに乗せてやるのは嬉しいんだよな♪


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年3月25日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】妹を診察【血縁SEX】

あれは忘れもしない俺が中学3年で妹が小学6年のときだった。

俺は当時性的に爆発しそうなぐらい、頭の中はエッチなことでいっぱいだった。

ちょっと間違えると変質者になるぐらいの衝動があった。

その当時はもう妹とは一緒にお風呂にはいることはなかったが、妹はまだパンツ

一丁でうろうろするぐらいでした。胸はもうけっこう大きかった。

俺の性の矛先は妹に向けられた。

夏休みで妹は登校日で、汗だくで帰ってきた。

妹はシャワーへ直行したので、野獣と化して俺は、強引にお風呂に入っていった

かなり嫌がられたがそこは強引に。

妹も俺の息子が大きくなってるのをはじめてみて驚いていた。

嫌がる妹に無理やり俺の息子をにぎらせて、テコキしてもらった。

あまりの気持ちよさに俺は数分で逝ってしまった

でも一回ぐらいでは俺の息子は小さくならず、2回目に突入したが、2回目は

なかかな逝くことができなかった。そして俺は妹の足を広げてアソコを

舐めてやった。最初は嫌がってたけどまんざらでもないようで、妹はそのうち


体験談関連タグ

|||||

2015年3月24日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

このページの先頭へ