相互リンク先の最新記事一覧!

【近親相姦】いつもありがとう2【血縁SEX】

お昼も食べ終わって部活がないので早めに兄さんと帰宅しました。

きょうは帰宅ラッシュでもないのにまた痴漢に会いました。

兄さんが気づいて私を後ろにして「やっぱりね!」といい次の駅でおりました。

私は驚きを隠せませんでした。痴漢してた人は同じ学校の生徒でした。

兄「なんでこんなことしてたん?」

痴漢「スミマセン!許して下さい」

兄「俺は聞いてるねん」

痴漢「私ちゃんのことが好きで・・でも話す勇気もなくて」

私「・・・」

兄「だから痴漢したん?」

痴漢「はい。本当にスミマセンでした。」

私「あのもうかかわらないで下さい。」

兄「いや、俺は許さんで!一回警察いこか」

痴漢「(つい出来心で!と言って泣いてました)」周り注目してて恥ずかしかったです。

そのまま兄さんは駅員さんに連れて行きました。家


体験談関連タグ

||||||

2018年1月10日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】義理の兄との秘密14【血縁SEX】

その後も水中メガネの男性達は、私の下半身をもてあそぶように、代わる代わる手を伸ばしお尻を触ったり割れ目をなぞったりビキニを捲って写真を撮ったりおまんこに指を入れたりされて、我慢出来なくなり悶えてしまうと兄も水中メガネの男性達の痴漢行為に気づき、どうするのかと思ったら、男性達に見せつけるように、ペニスを出して私に握らせ、固くなってくると、私の片足を持ち上げビキニをずらし、下から突き上げるように、ペニスをおまんこにあてがい指でひだを捲り少しづつ私の中に入ってきました、完全に奥まで入ると、波のリズムに合わせるように、突き上げられると、さっきまでこらえていたものがあふれ出し、声を上げて喘いでしまいました、気付くと男性達は手を出さなくなっていましたが、潜って間近で見たり、写真を撮ったりしていました、もうすぐイキそうな時に波が止まり、上がって休憩していると、兄が何か飲み物でも買ってくるよと言って、ひとりになると、さっきの水中メガネの男性らしきひとが、近づいてきて、ニヤリとしカメラを見せて撮ったよ、と言う素振りを見せ、となりに座り、いいもの見せてもらったよ、またプール入ろうよ、今度は俺のを入れさせてよ、というので、私は無視していると、じゃあ写真撮らせてよといい、勝手に撮り始めたので、やめてといって、うつむいていると、少しくらいいいじゃんといって、しつこいので兄のところに行こうと、立ち上がると、あっ割れ目が透けて見える、といい、またパチリと写真を撮ると、あーやりてーといいながらどこかへ行ってしまいました、そこに兄が戻ってきて、どうしたのなんかあったというので、男性がきて勝手に写真撮られたというと、気持ちはわかる、じゃあもっと見せつけちゃおうかと言って、ここに横になろうといい、私を仰向けに寝かせ、顔にだけタオルをかぶせ、脚を少し開かせビキニをピッタリと引き上げられよく見ると割れ目が透けて見えるようにして、兄もとなりに寝て、前を通る男性がじろじろ見てるよ、割れ目をガン見されてるよ、というので、だんだんそれだけで感じてきてしまい、あれ割れ目に沿って濡れ始めてるよ、みんなさっきよりもじろじろ見てるよと言われると、ますます感じてしまい、あれますます濡れてきてるよ、もう完全に透けておまんこのかたちがはっきりわかるほど見えてるよ、と言われると、もう我慢出来なくなってきてしまい、何もされていないのに息を荒げて悶えてしまい、さらに兄に、すごいだんだんひだまで開いてきて、パックリ割れ目が開いてるのが、濡れて何も穿いてないみたいによく見えてるよ、みんなも立ち止まって写メまで撮られてるよ、と言われると、もうダメ我慢できない、といって、兄の手を握りしめ、お願いイカせてというと、兄はまた、おうすごいビキニから蜜が溢れてる、男達がその蜜を求めて集まってきてるよ、みんなペニスを握りしめ固くそり返させて、おまんこに挿入しようと狙ってるよ、ますます蜜が溢れて完全におまんこが口をパックリ開いて、いつでもペニスを受け入れられるようになってるよ、目の前までペニスの先が迫ってきてるよ、と言われると、もうダメ我慢できない、お願いイカせて、あっあっと喘ぎ声を上げて、兄におねだりをしても、じらされるだけで、本当におかしくなってきてしまい、何度も、もうダメ我慢できない、イカせて下さいとおねだりすると、下半身にタオルを掛けられ、ビキニを脱がされ、少しづつタオルをずらし、少しだけ割れ目が見える状態にされ、また前を通る男性に見せつけさせられ、もうシートまでびしょびしょになり、みんな見てる見てると言われると、もう限界で気がおかしくなり、脚を広げておまんこを丸出しにして、もうダメお願いイカせてというと、タオルを掛けられ、指で割れ目をなぞられるとすぐにイってしまいました、その後は

続く

体験談関連タグ

|||||||

2018年1月4日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【レイプ】女性センターの悪夢③【鬼畜】

 沙耶さんが、ジーンズで僕の腹にまたがりました。乗馬のようです。 「はい、あ~んしてごらん」

 沙耶さんが言いました。脱がしたてのパンツを、僕に食べさせて、猿ぐつわにしようとしています。

 僕は、最後に残されたプライドで、それを拒みました。 すると、彼女、フルスウィングで僕の顔面を叩きました。

 何度も。 いたい痛い!!やめて、ゆるして・・・・ 「どうせ、逆らっても、無駄なのに」

 女子高生の奈津子さんが言いました。完全に人を見下したセリフです。 全身があわ立つような屈辱感ですが、確かにどうすることもできません。

 「ほら、口開けて」

 沙耶さんの二度目の命令には逆らえずに、僕は自分のパンツを口の中に押し込まれた上、ガムテープで封印され、声も出せずにしくしくと泣きました。 女性たちは、キャアキャア言いながら僕の下半身に群がっています。

 お願いだから、これ以上ひどいことはしないで・・・・。 その僕の希望をあざけるように、沙耶さんが言いました。

 「さぁて、ここから、どうやってイジメてやるかな」

 彼女の二人の子供が、目をきらきらさせて、僕を見ています。 「二度と、痴漢行為を出来ないようにする必要があるわ」

 女子高生の奈津子さんが言いました。 「それじゃ、オチンチンを、切る、とかね」

 若い母親の一人が言いました。 「麻酔なしで、ちょきん!!」

 指ではさみの形を作って、言います。 「アハハ・・そりゃ残酷だわ」

 「だって、ここまで脱がしておいて、当然おちんちんを責めるつもりなんでしょ」

 「そうだけど、おしっこが出来なかったら、死んじゃうわよ」


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2018年1月2日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【近親相姦】兄嫁の痴漢される姿を目撃【血縁SEX】

先日目撃した出来事です。私には5歳離れた兄がいます。

3年前に兄は結婚し、実家で一緒に暮らしています。

兄嫁は私と同じ年で、凄く美人で幼稚園の先生をしているんです。数日前、私は帰宅ラッシュの電車の中、人混みに揉まれていました。

辺りは新聞を見るオヤジにスマホに夢中の連中がいっぱいでした。

斜め向かいに、後ろ向きの女性がドアの隅で立っていました。

ロングヘヤーが綺麗な女性で、何となく気になった私は彼女の様子を

伺っていると、彼女の体が不自然に動いていました。

そうしたんだろう?と思い、体を少しずつ彼女の方へ向かわせたんです。

やがて彼女が痴漢されているんだと思ったんです。

明らかに頬を赤らめ、必死に声を殺している様に見えました。

彼女の横顔に見覚えがあった私は、直ぐに兄嫁(里香)だと分かりました。

里香のお尻に手が触れているんでしょう?彼女は手を後ろに回し

痴漢の手を振り解こうとしている様ですが、痴漢は2人だった様です。

里香の胸に男性の手が鷲掴みしているのが見え、股間が熱くなって

しまったんです。


体験談関連タグ

||||||||

2017年12月28日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】ズルい【血縁SEX】

私「お兄ちゃんはいつまでも居てくれるの?」

兄「父さんの命令やし少しの間はこっちにいるよ!」

妹1「お兄ちゃん♪」

兄「久しぶりやな!」

妹2「何でもっと帰ってきてくれなかったの?」

兄「遠いからしょうがないやろ?」

妹1「ぎゅっ」

兄「どうした?」私が中学になるまでお兄ちゃんが義理のお兄ちゃんだと知りませんでした。私が小学生の時のことを書きます。

当時小4だった私はお兄ちゃんは何で年離れてるんだろうと思ってました

その時妹3,2年生と4人で暮らしてました。両親は昔っからすごく忙しくて全然かまってもらえなくて、お兄ちゃんが帰って来た理由も親と別居するからでした。家の事は昔っから仕込まれていたので大丈夫でしたがいろいろと不安もあったのでお兄ちゃんが帰ってきました。妹たちもお兄ちゃんが好きでずっと取り合いもしてました。

兄「帰って来ていきなりで悪いけど少し部屋行って寝るわ」

妹2「お兄ちゃんの部屋妹1が使ってるからないよ?」

兄「へ?そうなん?じゃあ畳の部屋で寝て来るから起こしてくれん?」

私「いいよ!じゃあ晩御飯の用意しとくね♪」

兄「私が作ってくれるや♪楽しみにしとくわ」


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2017年12月26日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【レイプ】二十歳の女子大生が潮吹きした話 【鬼畜】

果歩 「ぁ・・・あの・・・」





椅子に縛られ身動きのできない果歩の身体と顔を舐めるように見つめる大林。





大林 「いやぁ果歩さんは本当に可愛いねぇ、これだけ可愛いと、男の子なんかに凄くモテるでしょう?」





果歩 「い・・・いえ、そんな・・・あっ・・・」





大林は果歩にそう聞きながら、毛深い手でスカートから伸びる果歩の生脚、その脹脛(ふくらはぎ)辺りを擦り始めた。






体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年7月31日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【恐怖】俺は痴漢じゃない【危険】

<>253名前:774RR[]投稿日:2012/03/26(月)00:26:22.02ID:fbSdP2tq<>



この前友達と電車乗ってたら

女が「この人痴漢です!」って言いながら

俺の手を掴んできたのね



俺さぁ、ゲイと思われれば大丈夫だと思って必死に考えた結果

「あんたみたいな小娘に興味ないわよっ!」って言ったんだよねwww



そしたら周り戦慄

その女も「えっ」って感じの顔で

「しめたっ!w」と思ったわけね



そしたらおもむろに友達が

「うちの彼氏に何すんのよ!」って言って俺に軽く抱きつくみたいな形になったんだwww


体験談関連タグ

||

2015年7月17日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】プランター栽培 【感動】

大学卒業して就職するんで養父に今まで育ててくれてありがとうってお礼を言った。





本当の両親はオレが10歳の時に事故で亡くなって、お袋の弟である叔父一人に育てられた。

妹はまだ高校生だが、当時も今も独身の叔父が一人で兄妹二人を育ててくれた。

オレはたぶん地方に配属されるだろうから家を出て寮に入ることになる。

うまく近くの拠点に配属されたら自宅から通えるけど、最初は地元から遠くに飛ばされることが多いらしい。



大学まで行かせてくれてありがとうございました。

妹はまだ手がかかるけど、オレがいなくなってもこれからもよろしくお願いしますって畳に両手ついて心を込めてお礼したのよ。



そしたら、正座されて「こっちこそ今までありがとうな。お前を育てて面白かったわ。」

って頭下げられた。

「子供育てるなんてどんな無理ゲーって思ったけど、お前らはベランダのトマトよりスクスク育つんで楽しくてしょうがなかったわ。」

ってにこにこ笑いながら貯金通帳の束と印鑑を渡された。


体験談関連タグ

||

2015年7月9日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】美形は喪の人生逆転のための道具じゃない【感動】

喪男・喪女に好かれて鬱な地味系イケメン・美人



<>1:マジレスさん:2011/03/07(月)18:33:12.31ID:e/mozbw4<>

喪男・喪女は派手なイケメン・美人には「どうせ相手にされない」と敬遠するが

地味系のイケメン・美人には「この子ならいけるかも!」と思い込み、図々しく近寄って来る。

そんな被害に逢ってる地味系イケメン・美人が愚痴るスレです。



<>4:マジレスさん:2011/03/08(火)03:23:41.91ID:5eE86HHc<>

ちょっとわかる

自分に自信が無いからナメられるんだよな



<>8:マジレスさん:2011/03/08(火)14:06:35.43ID:+Gnlt3GE<>

俺もめんどくさそうな女子に好かれる

ちょっと構うと調子に乗って

ちょっとスルーしただけで喚いてくる


体験談関連タグ

|||||||||

2015年6月24日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 4 【鬱勃起】

前回↓









翌日、旅館の食堂で朝食を食べ終わった一行は、帰りのバスが待っている駐車場に集合していた。





「昨日は悪かったな菜穂、色々と面倒を掛けちゃったみたいで。俺、全く記憶がないんだ。」





「ううん……。それより智明体調は大丈夫なの?このままバスに乗っても。」





「あぁ、心配ない、もう大分酒は抜けてるし。」


体験談関連タグ

||||||||||

2015年6月15日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談
1 / 2412345...1020...最後 »

このページの先頭へ