相互リンク先の最新記事一覧!

【レイプ】二十歳の女子大生が潮吹きした話 【鬼畜】

果歩 「ぁ・・・あの・・・」





椅子に縛られ身動きのできない果歩の身体と顔を舐めるように見つめる大林。





大林 「いやぁ果歩さんは本当に可愛いねぇ、これだけ可愛いと、男の子なんかに凄くモテるでしょう?」





果歩 「い・・・いえ、そんな・・・あっ・・・」





大林は果歩にそう聞きながら、毛深い手でスカートから伸びる果歩の生脚、その脹脛(ふくらはぎ)辺りを擦り始めた。






体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2015年7月31日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【恐怖】俺は痴漢じゃない【危険】

<>253名前:774RR[]投稿日:2012/03/26(月)00:26:22.02ID:fbSdP2tq<>



この前友達と電車乗ってたら

女が「この人痴漢です!」って言いながら

俺の手を掴んできたのね



俺さぁ、ゲイと思われれば大丈夫だと思って必死に考えた結果

「あんたみたいな小娘に興味ないわよっ!」って言ったんだよねwww



そしたら周り戦慄

その女も「えっ」って感じの顔で

「しめたっ!w」と思ったわけね



そしたらおもむろに友達が

「うちの彼氏に何すんのよ!」って言って俺に軽く抱きつくみたいな形になったんだwww


体験談関連タグ

||

2015年7月17日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】プランター栽培 【感動】

大学卒業して就職するんで養父に今まで育ててくれてありがとうってお礼を言った。





本当の両親はオレが10歳の時に事故で亡くなって、お袋の弟である叔父一人に育てられた。

妹はまだ高校生だが、当時も今も独身の叔父が一人で兄妹二人を育ててくれた。

オレはたぶん地方に配属されるだろうから家を出て寮に入ることになる。

うまく近くの拠点に配属されたら自宅から通えるけど、最初は地元から遠くに飛ばされることが多いらしい。



大学まで行かせてくれてありがとうございました。

妹はまだ手がかかるけど、オレがいなくなってもこれからもよろしくお願いしますって畳に両手ついて心を込めてお礼したのよ。



そしたら、正座されて「こっちこそ今までありがとうな。お前を育てて面白かったわ。」

って頭下げられた。

「子供育てるなんてどんな無理ゲーって思ったけど、お前らはベランダのトマトよりスクスク育つんで楽しくてしょうがなかったわ。」

ってにこにこ笑いながら貯金通帳の束と印鑑を渡された。


体験談関連タグ

||

2015年7月9日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】美形は喪の人生逆転のための道具じゃない【感動】

喪男・喪女に好かれて鬱な地味系イケメン・美人



<>1:マジレスさん:2011/03/07(月)18:33:12.31ID:e/mozbw4<>

喪男・喪女は派手なイケメン・美人には「どうせ相手にされない」と敬遠するが

地味系のイケメン・美人には「この子ならいけるかも!」と思い込み、図々しく近寄って来る。

そんな被害に逢ってる地味系イケメン・美人が愚痴るスレです。



<>4:マジレスさん:2011/03/08(火)03:23:41.91ID:5eE86HHc<>

ちょっとわかる

自分に自信が無いからナメられるんだよな



<>8:マジレスさん:2011/03/08(火)14:06:35.43ID:+Gnlt3GE<>

俺もめんどくさそうな女子に好かれる

ちょっと構うと調子に乗って

ちょっとスルーしただけで喚いてくる


体験談関連タグ

|||||||||

2015年6月24日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 4 【鬱勃起】

前回↓









翌日、旅館の食堂で朝食を食べ終わった一行は、帰りのバスが待っている駐車場に集合していた。





「昨日は悪かったな菜穂、色々と面倒を掛けちゃったみたいで。俺、全く記憶がないんだ。」





「ううん……。それより智明体調は大丈夫なの?このままバスに乗っても。」





「あぁ、心配ない、もう大分酒は抜けてるし。」


体験談関連タグ

||||||||||

2015年6月15日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】弱みを握られた絶世の美女2 【鬱勃起】

続き



伏し目がちに下を向く恥ずかしげな顔が





堪らない。







自らスカートをたくし上げて



太腿も露わに、下着を晒す



ゆずりさん。




体験談関連タグ

|||||||

2015年5月19日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【恐怖】某ホテルでの出来事【危険】

就職して3年もすれば一人前とまでは行かないけど

それなりに出張とか一人でこなせる様にはなるものだ。

そんな俺も某県の宿に泊まった。

イベント月なのでどこも満室、予約すら取れず

キャンセル待ちに近い状態。



繁華街ではまず見つからず裏通りの寂しいビジネスへ。

どうも怪しい。安い汚い気持ち悪い!出張YKKが揃ってる!

霊感はそこそこ!寺の息子だからかな?ww

霊なんてそこらへんにいぱ〜い居るし…というと友達出来ないので極秘事項w



とりあえず寝る。デリヘルとか頼んでる場合じゃない。

次の日は朝から会議だから資料整理して寝る。

だが資料に向かってカリカリと書いてると後ろから視線が…

「みてんじゃねぇよww」


体験談関連タグ

||||||||||

2015年4月4日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】スキーの夜【危険】

うちの中学は、毎年1月ごろ1年生がスキー林間学校ってのをやるんだけど、毎年同じスキー場、旅館だから先輩とかに色々聞く。



で、おきまりの怪談話。



中学校一年なんて、つい最近まで小学生やってたやつらだから、そういうのめちゃくちゃ怖がるんだよね。



それで、先輩たちも面白がって「あの、三号リフトに乗ってるときに三つ目の柱の下を見るな」とか、根拠も無いことをいって変に怖がらせる。



で、自分が1年の時、スキーの経験で班をわけるんだけど一番下手なグループが、三号リフトを使うんだよね、ルート的に。



で、自分は結構滑れるから、そのリフトを使わなかったんだけど、そのリフト使ったやつらが、旅館に帰ってきて、いきなりみんなに話し出すんだよ。



幽霊がでた、って。



で、みんなでわいわい話して結局まとめると「三号リフトの三つ目の柱の下を見たら、真っ赤なスキーウェアを着た女の人が立っていた」ってことだったのだけど、どうせ普通のスキーヤーの見間違いだろう、ってことでその日は終わったんだよね。


体験談関連タグ



2015年3月30日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】異常な事件【危険】

1名前:証人◆k77zBQp.投稿日:02/05/1102:18

――俺は今、恐怖に震えている。







理不尽だ。何で俺が?



俺は関係ないのに。俺は通りかかっただけなのに。





3名前:証人◆k77zBQp.投稿日:02/05/1102:19

俺は今年38歳。



この事件でクビになるまでは某ファーストフード店の店長をしていた。




体験談関連タグ

|||||

2015年3月29日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】DV加害者の特徴【危険】

(1)処女厨である

過去にさかのぼって嫉妬する、強烈な独占欲と支配欲のあらわれ。

また「新品」「中古」という表現は、他人を物品のように扱うことへの抵抗のなさの証明。

 

(2)友達が少ない

他人の痛みには全く興味が無く、自分が受ける侮辱や痛みには被害妄想的なほど敏感なため、

友達にするには付き合いづらく、避けられる。「俺をバカにしやがって」が決まり文句。

 

(3)孤独な女を好む

友達がおらず孤立している女を好んだり、友達付き合いを禁じることで女を孤立させることを好む。

頼るものは男しか居ない状況を作り出し、支配欲や所有欲を充たす。

 

(4)「女の仕事」が多い

家事、育児、献身的なセックスなど「女の仕事」が多く、それぞれ完璧なクオリティを女に求める。

男が無職であろうと、女が外で給料を得ていようと、「女の仕事」であることは変わらない。


体験談関連タグ

||||

2015年2月21日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談
1 / 2412345...1020...最後 »

このページの先頭へ