相互リンク先の最新記事一覧!

【泣ける】とんでもない誤爆先での温かさ【感動】

嫁が死んだ人集まれーーーーーーーーーーーーー





284:名無しさん@お腹いっぱい。2009/05/10(日)21:14:47





やべーよどうしよう2ちゃんなんかやってる場合じゃねーけど医者に今は落ち着いて下さいって

言われてパソコンでもって座らされて何も出来ねーよ。

嫁が予定日より相当早く陣痛来て運び込まれたんだけど、途中からなんか向こうがばたばたし始めて

血液血液とか医者が叫び出して、なんか胎盤はくり? だとかで俺に書類渡して、母体と胎児どちらを

優先しますかとか言われた。南田よそれ嫁死ぬの?子供も?え?したらなんかくっついて来たうちの

親が子供に決まってる子供助けて嫁なんて新しいのもらえばいいなんてぶっこいて勝手に書類にサイン

しようとしやがったから思わずぶん殴っちまった。母体優先でお願いします妻を助けて下さいって言ったら

医者は分かりました落ち着いて下さいって言ってくれたのにうちのババアがまた子供子供ってわめくから

往復ビンタかましちまった。ぎゃんぎゃn言ってるけどもうあのババアはシラネ、元々俺らの面倒見るより


体験談関連タグ

|||||||

2015年6月22日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【寝取られ】子育てを終えた妻の衝撃的な願い2 【鬱勃起】

親の興した会社のおかげで、まったく苦労なく生きてきた私だが、亜衣を妊娠させたことによって、大きく人生が変わった。

その当時、天狗になり、遊びまくっていた私は、亜衣が妊娠したと聞いても正直何とも思わなかった。堕ろさせて、金でケリをつければいい……本気でそんな不遜なことを考えた。



それが、亜衣の潔い態度に感銘を受け、結婚することになった。それからの18年間は、あっという間だった。そして、私は亜衣との生活の中、真人間になれたと思う。



そして、東京の大学に進学することになった息子。また亜衣との二人の生活が始まることは、私にとっては嬉しいことだった。

そんな中、亜衣からのお願いは、信じられないものだった。



『あなた、私、他の男の人とセックスしてみたいです』



亜衣のその一言は、私にはまったく理解の出来ないものだった。でも、あまりに真剣な亜衣の態度と、18歳の彼女を妊娠させてしまい、彼女の青春の大切な時期を、ほとんど全て子育てに費やすことになってしまった負い目も有り、それを許してしまった。



そしていま、目の前にはベッドに仰向けで寝転がり、だらしなく足も広げている亜衣がいる。彼女の両目は固く閉じられていて、失神状態なのがよくわかる。



その横では、マッサージ師の安井さんが、タオルで亜衣の下腹部やベッドを拭いたりしている。ついさっき、安井さんは亜衣のヘソのあたりを叩くようにしただけで、潮を吹いて失神するほど彼女をイカせまくった。


体験談関連タグ

|||||||||

2015年6月18日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】子育てを終えた妻の衝撃的な願い 【鬱勃起】

結婚して18年、本当にあっという間だった。嫁の亜衣とは、まだ18歳で短大に入学したばかりの彼女を妊娠させてしまったことで、結婚に至った。



当時26歳だった私は、その時すでに父が興した会社の社長だった。父と母を事故で亡くしたことによりそうなったのだが、それは人生の転機だった。父が興した会社は、父が作り出した健康食品のおかげで、ほとんど何もしなくても、毎年一般サラリーマンの生涯賃金ほどの年収を私にもたらしてくれた。



そんな状況で、若い私は増長して天狗になっていた。その結果、遊びまくって18歳のまだ右も左もわからないような亜衣を妊娠させてしまった。当然、金で解決して堕ろさせようと思ったが、その時の亜衣の態度に感銘を受けて結婚に至った。



その時の亜衣は、すべて自分の不注意のせいなので、自分で解決すると言った。私に責任を追及するでもなく、お金を要求するわけでもなく、あまりに潔い態度に、私は心を奪われた。



そして、結婚して本当に良かったと思える18年間だった。息子のこともしっかりと育て上げ、息子は今年から東京の国立大学に通い始めた。そして、妻としても申し分がなかった。結婚当初は下手だった料理も、出産する頃には小料理屋で出てきてもおかしくないほど美味しくなっていた。そして夜の生活の方も、妊娠中も、子育ての期間も、しっかりと恋人として対応してくれた。

母と恋人、そして妻、すべてを完璧にこなしてくれる亜衣に、私は日々愛を深めていった。



金銭的にも精神的にも満たされた毎日を送りながら、こんな日々がこの先も続くものだと思っていた。



息子が家を出た夜、亜衣を抱いた。思春期の息子がいると、どうしてもセックスの回数が減ってしまう。私が亜衣のことを抱きしめキスをすると、妻もそれを待っていたように応えてくれた。




体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年3月18日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【恐怖】医者がレイプ狂だった時の絶望感は半端じゃない【危険】

<>1:名も無きひじき:2012/03/05(月)21:27:26.46ID:aoBPOp1N0<>



たったらきいてくれ





<>8:名も無きひじき:2012/03/05(月)21:28:38.01ID:aoBPOp1N0<>



スペック書く



33歳毒女

フリーター

ひとり暮らし



興味なくなったろ?w




体験談関連タグ

|||||||||

2015年2月25日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】メグミ【感動】

泣けるかどうかわからないが。

俺の中でもそろそろ気持ちの整理がついたから話そうと思う。



当時俺は高2だった。

そのときのクラスメートにメグミって子がいたんだ。

メグミは学校のアイドル的存在だった。

1年のときはクラスも違ったしな。

よく休み時間に見に行ってたものだったよ。

だからメグミと同じクラスだってわかったとき、

すげー嬉しかったよ。

メグミは明るくて優しかった。

おまけに頭も良かった。

俺はそんなにも特別顔がいいとかではなかったからな。

正直、メグミと釣り合わないことくらいわかってたんだよ。




体験談関連タグ

||

2014年11月9日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】じいちゃんが残したもの【感動】

俺の祖父は医者だった。

っていっても金はなく家はボロボロで食事なんか庭の野菜とお茶漬けと患者さんからの頂き物だけ。

毎朝4時に起きて身寄りのいない体の不自由なお年寄りの家を診察時間になるまで何件も往診して回る。

診察時間になると戻ってきて待合室に入りきらないで外まで並んでる患者さんを診察していく。

昼休みはおにぎりを片手にまた往診。

午後の診察をこなし食事をすませてまた往診。

夜中に玄関口に患者が来たり電話があればいつでも駆けつける。

一年365日休みなど無かった。

自分の体調が悪くなっても自分を必要としている人がいるからと病院にもいかず診療を続け無理矢理家族に

病院に連れて行かれた時にはもう手遅れ。

末期がんだった。

でもどうせ治らないなら入院はしないと痛みをごまかし死ぬ間際まで往診続けてた。

遺産なんか何もなし。残ったのはボロボロの家だけ。

聞けば治療費を支払えない人ばかりを診察・往診していてほとんど収入なんか無かったんだって。

でも葬式のとき驚いた。


体験談関連タグ

||

2014年10月17日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【人妻】妻が看護師【隣の芝生】

先に投稿された人で奥さんが看護師をしていて患者との出来事を聞かされて興奮したとの記述を読み、散々迷いましたが、私も書くことにしました。

数年前のことですが、実は私の妻も看護師で、まだ結婚前の付き合っているころからエッチな患者がいる等々、聞かされているうちに、

いろいろなイメージを膨らませ、だんだんと本当にエッチに協力するよう指示するようになってしまいました。

そこは個人の整形外科病院のため看護師は少なく特に夜勤のときは一人だけとなるため、よほどのことがない限り、ほぼ何をやっても問題はないとの事だっだため、

まずてはじめは、患者の体を拭くときにベッドに肩ひざをつきパンチラ等で挑発することからはじめタッチ・手コキ・フェラまではOKと要請し、

そのときの様子を根掘り葉掘り聞き非常に興奮し、その夜はどんな感じでしたのかを実際に検証しつつ嫉妬心と欲望のはざ間で激しいSEXを行っていました。

がしかし、要求も次第にエスカレートしてしまい、私が「フェラの時に患者にタッチさせてみれば」と言ったところ、「それは多少抵抗がある」との返事でした。

しかし「好みの子がいれば多少積極的にしてみる」との返事だったため、この際と思い「状況によってはエッチもしてあげて」と頼んでみたところ、一応考えてみるとの事。

それからは毎日毎日、まだかまだかと確認し、そのたびに興奮してシュミレーションを行っていました。

が、中々その日は訪れず2、3ヶ月たったある日、

サッカーで足の複雑骨折をした大学生で背も高く非常にハンサムな子の担当になったと聞かされ、「このチャンスを生かさない手はない」とけしかけましたが、

結構重症のため下手に動かせないとのこと。

多少がっかりしましたが、手術が終わり抜糸が終わった後、石膏で固めるため、「1日だけお風呂に入れるかもしれないが、その場合介助必要」との事。

それからまたシュミレーションをはじめいろいろ考えた末、入浴時にあるタイミングで、シャワーのお湯が全身にかかってしまいナース服がびしょぬれ状態となる状況を作り出し、もちろんそのときは白の下着のみでスリップはなしという計画を立て、さらには「中出し」をさせるためピルを飲みながらその日を待つことにしました。予定通りその日がやってきて、介助用のエプロンの下に着替えの白衣を隠し持ちつつドキドキした気持ちでお風呂についていき、体を洗う手伝いのため裸になってもらった瞬間、その子のあまりのオチンチンの大きさに驚き正直不安になったそうです。

(その時が初対面との事)しかし事は順調に進み、いすに座らせ頭、体を洗っい石鹸を洗い流す際に手が滑ったふりをし自分の白衣へ目いっぱいシャワーをかけてびしょぬれ。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年10月12日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【修羅場】ミュンヒハウゼン症候群の無能旦那【脱力】

858名無しさん@HOME2007/05/10(木)22:16:03



今日夫はGW振り替えで休みだった。

娘を連れて遊びに行っていたのだが、帰ってきたら娘のうでに包帯、泣き疲れてて目が腫れ上がってる。

夫いわく、娘が生まれてから一度も私の両親に会わせていないのでこっそりつれていったと。

最初は初めて会う孫娘に舞い上がっていた父が、何かの拍子にいきなり切れて

娘にむかって灰皿投げつけ→腕に当たってひび。



何回も話したよね、私の右耳が聞こえないのは父になぐられたからだって。

私の姉がかるく足を引きずって歩くのは父に床に投げつけられたから。

兄は額に傷が残ってるけど実は体中に残っている傷も、父の暴力から私と姉をかばったからだよ。

まともに食事もさせず、中卒で十分だと高校からは学費すら出さなかった。不憫に思った祖父母が出してくれたよ。

姉が18歳で高校を卒業したら風俗に売ろうとした親だよ。

結婚前から兄弟そろって親と縁を切って、結婚式には兄姉が親代わりとして出てくれた。

絶対に私の親とは関わるなと何度もお願いしていたのに、なんで勝手に娘を連れて行く?!


体験談関連タグ

|||||||||

2014年5月31日 | 体験談カテゴリ:修羅場体験談

【人妻】身も心も奪われて、ついには先生の愛人に…その後の妻は2【隣の芝生】

以前にも投稿しましたが、また妻と性感マッサージの先生が愛し合っている所を目撃(見せつけられた)しました。

あれから、もうすっかり先生の女にされてしまった妻は、私とのノーマルなSEXでは満足できなくなってしまい

私がどんなに妻を攻め立てても、喘ぎ声すら出してもらえません。

それどころかSEXの最中、妻は「私が先生にイヤらしい性感マッサージを受けている所を、あなたにもう一度見られたい」

と私にしつこく誘ってくる始末です。。

当然、それを聞いて激しい嫉妬心が込み上げてきますが、それよりも診療所でのあの出来事!!

私が見ている前で、初対面の男に妻が寝取られてしまったあの興奮をまた味わいたいという気持ちの方が強く

結局、一緒に先生の所に行こうと言う事になったのです。

早速妻は、携帯で先生と会う約束をして、今回は夫である私も同行する事を告げると、先生も何故か即OKの返事。

約束したとたん、私は前回の事を想像してしまいSEXが終わったばかりだと言うのにビンビンに勃起してしまいました。

すぐ妻にもう一回しようと求めましたが、「明日の性感マッサージが終わってからね」と断わられました。

当日になり、妻はノーブラに黒いミニワンピース、その上に薄いカーディガンを羽織った姿で出かける準備を済ませ

私の所へ歩み寄ると、徐にワンピースの裾を捲り上げ「ねえ、今日は先生の大好きな下着を穿いてみたの!!どうかな?」

妻が穿いていたのは、お尻が半分しか隠れない程、布面積の少ないとても小さなピンク色のパンティでした。

それは、妻の手持ちのパンティでも私が一番気に入っているパンティだったのです。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年5月20日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【浮気】妻の浮気初体験【不倫】

今年の6月の事です。出産後どうも腰が痛いのが引かないと妻がこぼしており、

一度産婦人科の先生に相談したのです。産科の先生曰く、特に珍しい話では無い

そうで育児の疲れが弱った体調に拍車を掛けているのではとの事。心配ならば、

一度専門医を紹介すると申し出て下さったのですが、妻も医者に相談して少し

安心したのでしょう。とりあえず東洋医学で痛みだけ取ろうかと思ったらしい

です。妻に相談された私は、知人からマッサージのうまい人を紹介してもらっ

たのです。



妻は今年26歳になる二人の子持ちの専業主婦です。私が言うのもなんですが

けっこう可愛いと思います。顔は普通ですが色白もち肌で、いかにも触りたく

なる様な可愛さといえばいいでしょうか?二人の子供は人工乳で育てたので、

胸もまったく垂れておらず、硬からず、柔らかすぎず、ちょうどいいモミ心地

です。お尻も結婚前はちょっと貧弱かなと思っていたのですが、今は程よく肉

が乗り人妻らしくむっちりしてきました。妻の為にマッサージ師を紹介してく

れたのは私たち夫婦の共通の知合いの女性で、妻の昔の職場の先輩でした。た


体験談関連タグ

||||||||||||

2014年4月20日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談
1 / 41234

このページの先頭へ