相互リンク先の最新記事一覧!

【近親相姦】妹の浮気現場【血縁SEX】

 この前あった話です。 みんなで海にバーベキューをやりに、妹家族、いとこ家族、わたし(35歳独身)の三組で海に行った。

 わたしの従弟の嫁さんS美(30歳位)が可愛くて別な意味での楽しみがあった。独身で変態のわたしは今回のバーベキューでS美の水着姿をじっくりとビデオ撮影や視姦で楽しみ、S美の使った箸やコップを舐めたり。いろいろと楽しみがあるのだ。



 みんなが泳いでる時にわたしはコテージに戻り、S美の荷物の中を物色した。(犯罪者だね)

 S美の下着が中にあった。黒とピンクのブラとショーツと水色のブラ&ショーツがあった。 わたしは水色の方を手に取り匂いを嗅いだり舐めまわしたりした。もちろん自分でチンポをしごきながらである。

 ハアハア、ハアハアと息も荒くオナニーしていると、突然玄関を開ける音が。

 !!??鍵はかけたはず?! でも鍵を開ける音が??やばい!!誰か入ってくる!!

 わたしは慌てて下着をバックに戻し、自分の荷物を取りに来たかのようにふるまった。



 やがて玄関が開きなにやら男女の話声が。

 「だめだよ・・人来ちゃうよ・・・」

 「鍵かけとけば大丈夫だよ。」

 「でもぅ・・・」

 「いいから早く早く」

 


体験談関連タグ

|||||||||

2015年3月15日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】妹の浮気【血縁SEX】

 昨日あった話を書きます。

 大晦日、私の実家に妹家族が泊まりに来た。私はこの家の長男で36歳になるが未だに独身、2歳年下34歳の妹は子供2人の主婦。 従兄弟のK家族も遊びに来てみんなで昼頃から飲み始めた。

 宴会も盛り上がり、飲み物が無くなり台所に取りに行くと、妹が従兄弟のKに後ろからお尻をまさぐられていた。

 妹はやめてやめてとKの手を振り払っていたがKはしつこくお尻を触る。やがて手は上にいき後ろから胸を揉み始めた。

 なんという事だ・・・Kも妻がいて子供もいる。妹も夫がいて子供もいる。2人はどんな関係なのか・・

 妹は感じ始めたのか、うっとりした顔になりハァハァ言ってるようだ。私は2人に気づかれないように見ていた。

 胸を後ろから揉まれながら、顔を後ろに向かせキスをし始めた。舌を絡めた激しいキス、妹は前に向き直し両手をKの首に回ししつこくキス。私はもう心臓が飛び出すくらいに興奮してチンポはギンギンに勃起状態だ。

 わたしは穿いていたジャージの中に手を入れてチンポをしごき始めた。 後ろから子供たちの騒がしい声が。妹とKはビックリしてすぐに離れた。 私もすぐにその場を離れた。

 私はそのままトイレに駆け込み、激しくしごいて射精した。 実の妹でオナニーするなんて・・・少し後悔した。

 

体験談関連タグ

|||||

2015年3月3日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】脱衣所で23歳の妹と…【血縁SEX】

先日の週末の事、日付が変わる頃に風呂に入ろうと脱衣所兼洗面所のドアを開けたところ、ちょうど下着姿になった今年23歳になった妹…樹里が居た。

「おっ!わりーわりー」と慌てて出て行こうとしたところ「お兄ちゃんもお風呂?」と聞いてくるので「ああ…」と答えると「私時間掛るから、お兄ちゃん先に入っていいよ」と言いながら脱いだばかりの服を再び着始めた。

「そ、そうか…悪いなぁ…なんだったら久しぶりに一緒に入るか?(笑)」と冗談で言ったつもりが「えっ!?いいの?」と…

何か冗談だよと言えずに「あ、ああ…樹里が良ければな…」と言うと「じゃあ入ろっかなぁ~♪」と着始めた服を脱ぎ始めた。

俺は思ってもいない展開に戸惑いながら妹に背を向けたまま服を脱ぎ浴室へサッサと入ってしまった。

シャワーノズルを手に取り蛇口を捻ってお湯を出すと、湯加減を見て熱くないのを確認したところで妹がドアを開けて入ってきた。

「わぁ~い♪お兄ちゃんとお風呂だぁ~♪」と無邪気に子供の様な言い方をして入ってきた。

シャワーの湯加減を確認させて熱くないと分かると俺は妹の身体にシャワーを浴びせた。

次に自分も浴びると身体を洗うスポンジを手に取り、ボディーソープをつけると、よ~く泡立てて「樹里、背中洗ってやるよ」と言って妹の背中を洗い始めた。

「いつもお兄ちゃんが先に洗ってくれてたよねぇ」と、子供の頃の事を言いだし良く覚えていない俺は「そうだったか?」と聞くと「そうだよ~私を先に洗って湯船に浸からせてる間にお兄ちゃんが身体と頭を洗って、終わると交替で私が頭を洗うのをお兄ちゃんが手伝ってくれてたじゃん!」と説明されている間に思い出し、そんな話の間に妹の背中なんかあっという間に洗い終わってしまっていたので、ついでに全身を洗ってやる事にした。

背中から両腕、両足を洗い終わる頃妹の説明も終わり思い出した俺は妹の右側に立つと「そう言えばそうだったなぁ~あの頃はこんな膨らみも無ければ毛も生えてなかったよなぁ~(笑)」と微笑混じりにオッパイと股間をスポンジで洗った。

すると「当たり前じゃ~ん小学校の中学年くらいだよ~オッパイどころか毛なんか生えてる訳ないじゃん(笑)」と俺にオッパイや股間を洗われても無邪気に話すので調子に乗った俺はスポンジから泡を両手いっぱいに取り妹の後ろへ回ると「それがこんなに大きく育ってぇ~♪どのくらいあるんだ?」と言いながらオッパイを手の平で包み込むように洗うと言うより揉み始めた。

その時には俺のチンポは既にスカイツリー状態(笑)それを妹の腰にわざと押し付ける様にして妹の返答を聞くと「え~多分82cm位でカップはDだよ…って言うかっ!お兄ちゃん何興奮してんのよっ!(笑)」と勃起チンポが腰に押し付けられている事に突っ込みを入れてきた。

「いや~樹里のオッパイが余りにも良かったから…つい…(苦笑)」そう言いながら俺はオッパイを揉む手を休めずにいると「何が『つい…』よ~(笑)ハイッ!今度は私が洗う番ねっ♪」そう言って俺の手を振り解くと落ちているスポンジを拾い上げボディーソープを足すと泡立てて「背中からねぇ~」と俺に背中を向ける様に言って来た。

言われるまま妹に背中を洗ってもらっていると当然のことながらそのまま両腕、両足と俺が洗ってやった様に洗い、最後は正面に膝立ちになると、そびえ立つチンポを手で洗い始めた。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年2月15日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】臨時休業で見た妹の一人エッチ【血縁SEX】

不景気で会社は臨時休業となり、月に二回金曜日が休みになりました

家族皆仕事に出かけ、派遣切りで失業中の妹と自分だけが残り

自分は朝からずっと布団でゴロゴロテレビを見ていました

昼前頃、隣の妹の部屋から大音量で音楽がかかり

「うるさすぎ」と思っていましたが、気にせずテレビを見ていました

やはり、あまりにうるさいので文句を言いに行こうと妹の部屋へ行くと

ドアは全開に開いていました

別にそっと覗いたわけじゃないんですが

ドアも開いていたので部屋に入ると

妹が裸でバイブをあそこに挿し、おっぱいを揉みながら楽しんでいました

え”?と思ったんですが妹は目をつぶっているし大音量なので気づいてないようです

部屋は入ってすぐベットの足元なので、モロ入ってるところが丸見えで

しばらくズボズボ出し入れされる部分を1m位のところから鑑賞していました

30分位経ったころでしょうか

動きが激しくなりそろそろいくのか?と思ったら、見ていたのがバレたらまずい


体験談関連タグ

||||||

2015年2月7日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】妹の浮気現場【血縁SEX】

 妹(33歳子供2人)が家の障子を直して欲しいというので、仕事の合間をみて妹の家に行った。妹から既に合鍵を預かっていて鍵を開けて家に入った。

 鍵を開けて中に入るとなにやらリビングの方で人の声が、誰もいないはずだがと思いながら入ってみると、なんと妹がr真昼間からリビングでセックスの最中だった。しかも相手の男は夫ではなく従兄のKだった。従兄のKは多分この前の結婚式で仲良くなったのだろう。

 妹はソファーのに寝かされて激しく突かれていた。二人ともオレの事が気づかない。妹は相当感じてるらしく、激しく喘ぎ声を上げている。



 なんという妹だろう、昼間から男を連れ込んでセックスしてるとは、しかもあの淫乱ぶり。 

 妹はピンク色のスリップに黒ピンクチェックのブラ姿だった。Kは全身裸だ。

 しかしKの腰の動きと強さはAV男優のようだ。Kは同い年の従兄だがまだ独身。しかもチンポも大きそうだ、激しく突きまくり、あれでは妹はひとたまりもないだろう。

 いつから奴らはこんな関係なのだろう。 一ヶ月前に親戚の結婚式があってそこで仲良くなりセックスするようになったと思う。

 妹は指の爪をかむような感じで口に手をやり、もういきまくったようで失神状態で声も出ないようだ。頭がソファーから転げ落ち、Kはさらに激しくピストン運動を繰り返し射精したようだ。

 コンドームを外し二人は抱き合い激しくキスを始めた。妹はもう離さないという感じで両手をKの首に回し、キスキスキスの嵐だ。舌を絡めたり吸ったり、キスが止まらない。

 妹はキスをしながら「好き好き好き」と連呼していた。

 俺も激しく射精してしまいもっていたタオルで慌てて拭いた。

 

体験談関連タグ

||||

2015年2月5日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】みんなで海水浴【血縁SEX】

 この前の週末、私の家族と妹夫婦家族、妹の会社同僚家族の三家族で海辺のコテージに一泊二日のキャンプの行った。

 妹の会社同僚がなかなか可愛くて年齢は妹と同じ32歳、私は行く前からワクワクしていた。 夫婦三組、子供5人の総勢合わせて11人のコテージ泊まり。

 みんなで海で遊んでいた。 わたしは忘れ物を取りに一人コテージに戻った。 

 コテージに入り忘れ物を捜していると、ふと妹の同僚家族の持ち物が。 私は人の物を開けて見るなんてと罪悪感を感じたが、ここに下着が入っていると会話で聞いていたのだ。

 ドキドキしながらカバンを開ける。子供の下着などが入っていたが、 あった! 妹の同僚S香の下着が・・・・

 黒とピンクのちょっといやらしくも可愛ブラジャー・・一緒に同じ柄のショーツも・・・ 

 私はドキドキしながら周りを見わたし、それを手に取った。  すごい・・S香のブラだ・・たまらん・・・ショーツのアソコにあたる部分を見る。 ベロンベロンと舐めまわした。 チンポがあっという間に大きくなる。それをしごく、舐めながらしごく。

 ガチャガチャ、 やばい! 誰か来た! 慌てて持っていた下着をバックに戻した。

 誰だ来たのは? そーと見て見ると、私の妹と同僚S香の夫。 うん?ふたりが何しにと思ったら、ふたりはいきなりキスを始めた。

 え!え!えー! 妹とS香の夫はできていたのか! なんと! 

 ふたりは長い長いキスしている。ときどき舌を絡めたり、いやらしいキス。 妹は水着のまんまで、S香夫も海パンにTシャツ姿。

 ふたりはそのままソファーに座り、胸を揉んだりキスをしたりしている。私がここにいるなんて思いもしないだろう。

 「ああん・・・ねぇ・・はやく戻んないとみんなに怪しまれちゃうよ・・」

 「うん・・わかってるよ・・」

 「はぁはぁ・・ああん・・あんあんあん・・」


体験談関連タグ

||||||||

2015年1月24日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】セックスしていました【血縁SEX】

 本当にあった話です。 ぼくは大学生で21歳です 高2の妹がいます。 今年の夏にいとこ(25歳)が家に泊まりに来た時です。

 ぼくはアルバイトに行くと言って家を出たのですが、出勤シフトを間違えていてすぐに家に帰った時です。

 リビングで妹といとこがセックスしてました。 妹はなぜか制服を着ていました。服を着たままリビングテーブルに手をつけ立ちバックでしていました。 両手はなぜか縛られていました。 シャツのボタンは外され白と黒のチェックのブラが見えました。 足には同じチェックのショーツが引っかかって。

 なにもわからずにドアを開けたときです。 妹はキャーと言ってすぐに走って自分の部屋に逃げました。いとこは唖然として、なんだ帰って来たのかよというしらけた顔でぼくの顔を見ます。

 ぼくはまた外に出ました。その後二人は続きをやったかはわかりません。

 その晩いとこはぼくに挨拶なしで帰りました。 妹と顔を合わせましたが、お互い何となく気まずい思いがしました。

 ぼくはあの光景を見てから妹に対する意識が変わりました。 それからというものぼくは妹の下着などでオナニーするようになりました。

 洗濯機から妹の下着を取り出してオナニーしたり、妹の使った食器などを舐めたりしています。 特にあの時着けていたチェックの下着をなめまわすとものすごく興奮しました。

 昼間、妹の部屋に入りブラからパンティ、ハイソックス、制服までも着てオナニーしていた時です。

 学校から帰って来た妹が部屋に入ってきて、そのぼくの光景を見られました。

 妹はもちろんびっくりしたようです。 しばらく声にもならずぼくの格好を見ていました。ぼくも妹が帰ってくるなんて思ってもいませんでしたから、しばらくは声も出ず呆然としていました。

 やがて妹は「いや!やだー!」と言って外に飛び出して行きました。

 ぼくはヤレヤレと思い、まぁこれでお互い様だなどと思いました。

体験談関連タグ

||||||||||||

2015年1月11日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】妹の浮気現場・続き【血縁SEX】

 妹はゆっくりとKのチンポを咥えフェラしはじめた。

 突然わたしの携帯がけたたましく鳴り響く。 わたしは慌ててその携帯を放り投げ、ベッドの下に潜り込んだ。

 妹たちもびっくりしたのだろう、わたしがいた寝室に来て「なにーこれ兄貴の携帯だよー。びっくりさせるなぁ」と妹が騒ぐ。

 「Y兄さん携帯ここに置き忘れたんだね」 とわたしがここにいることに二人とも気が付かない。



 「ふーっ」とわたしは大きく深呼吸した。 早く二人とも出て行ってくれこんなとこに俺がいるなんてわかったら。

 わたしの願いとは裏腹に二人はベットにのってさっきの続きをしはじめた。



 「びっくりしたね。また舐めて」

 「うん。」

 ベットの下に潜っているのでわからないが妹がまたフェラしはじめた。どこか触られてるらしく、あふあふ言いながら舐めているようだ。

 「・・いれてぇ・・・ねぇ・・」

 「いれてほしい?」

 「うん・・いれて・・はやくぅ・・・・」




体験談関連タグ

|||||

2014年12月20日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】 妹夫婦のセックス【血縁SEX】

 子供が夏休みになり、我が家に妹夫婦が子供二人を連れて泊まりに来た。 夕方私が仕事から帰ると妹が玄関で枝豆をもいでいた。

 「お兄ちゃんお帰り。しばらくお邪魔するね」 

 妹は32歳、小学生と保育園の子供が二人いる。旦那は確か二歳年上の34歳だったかな。 私は35歳でまだ独身だ。



 妹は座って枝豆をもいでいたが、Tシャツのすきまから胸の谷間とブラがよく見えた。 妹のオッパイなど見ても興奮などしないはずだが、つい胸の谷間に視線がくぎづけになる。



 妹の胸はけっこう大きいらしく谷間がすごい。ブラは水色のようだ。妹に気づかれぬようマジマジと見てしまった。

 そんな感じで夜は家族みんなで宴会した。私も飲んだし妹夫婦もかなり飲んでいた。



 その夜飲みすぎた私はのどが渇き水を飲みに台所に行く途中妹夫婦の寝ている部屋の前を通ったらなにやら話声が。

 「うぅうう・・・ん・・うん・・だめだよぉ・・こえでちゃう・・・」

 実家に来てまでエッチかよ、まぁ二人ともかなり飲んでたからな。と思い通り過ぎようと思ったら妹がけっこういやらしく声を出している。



 「ああん・・・だめぇ・・・きこえちゃうよぉ・・・だめだってばぁ・・・」

 「こえだすなよ」


体験談関連タグ

||||||

2014年12月18日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】犬猿の中 その1【血縁SEX】

俺と一つ上の姉貴は、超絶に仲が

悪い。きっかけは、中学の時に、

他校へのカチ込みで、番各を俺が

フルボゴにして、権威喪失し虐めで自殺した奴が、

姉貴の彼氏だったそれが原因で、

決定的に、仲が悪くなった。

それに、両親が

お姫様の様に

可愛いがる妹が、俺になついてるし俺は、裏番で、

表向きは、優秀。それも、

気に入らないようだな。

親が、女ヤンキーを可愛いがるかよ完全にひがみだ。

中学卒業後、

ホステスになって家を飛び出した。姉貴とは、完全に疎遠になった。

俺が高専を卒業し就職して、1人立ちして一年が


体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年12月4日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談
1 / 1412345...10...最後 »

このページの先頭へ