相互リンク先の最新記事一覧!

【恐怖】如月駅(きさらぎえき)【危険】

98:あなたのうしろに名無しさんが・・・:2004/01/0823:14

気のせいかも知れませんがよろしいですか?



99:あなたのうしろに名無しさんが・・・:2004/01/0823:16

取りあえずどうぞ



100:あなたのうしろに名無しさんが・・・:2004/01/0823:18

98

何がおきてるの?



101:あなたのうしろに名無しさんが・・・:2004/01/0823:18

先程から某私鉄に乗車しているのですが、様子がおかしいのです。



104:あなたのうしろに名無しさんが・・・:2004/01/0823:19

ふんふん


体験談関連タグ



2015年7月2日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【寝取られ】清楚で美しい嫁が、母親の借金のせいで身も心もヤクザに堕ちていく 【鬱勃起】

妻のミクが、清楚な白のブラウスを着て、目隠しをされた状態でベッドの中央に女の子座りをしている。

熱を感じるくらいに明るい照明で全身を照らされているミクは、目隠しからはみ出ている部分が白飛び寸前なくらいになっていて、いつもよりも美肌に見える。



そして、そのベッドを囲むように、ブリーフ一枚だけの男達が1ダースほど、ミクを見つめながら自分のブリーフの中に手を突っ込んでまさぐっている。



そして、業務用のデカいカメラを抱えた男が、ミクを真正面から撮している。カメラを持った男が、

「どう? ドキドキする?」

と、少しからかうようなニュアンスを含みながら聞く。



するとミクは、口の端を少しあげて微笑むと、

『はい。楽しみです#9825;』

と答えた……。ほんの些細なきっかけだったのに、どうしてこんな事になったのだろう? 私は椅子に縛り付けられ、猿ぐつわをされた状態であの時のことを思いだしていた。





#8212;#8212;ミクは、エプロンを着けキッチンで朝食を作っていた。ニコニコとしながら、楽しそうに朝食を作るミクを見て、私は今日も一日頑張ろうと思っていた。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年6月18日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 4 【鬱勃起】

前回↓









翌日、旅館の食堂で朝食を食べ終わった一行は、帰りのバスが待っている駐車場に集合していた。





「昨日は悪かったな菜穂、色々と面倒を掛けちゃったみたいで。俺、全く記憶がないんだ。」





「ううん……。それより智明体調は大丈夫なの?このままバスに乗っても。」





「あぁ、心配ない、もう大分酒は抜けてるし。」


体験談関連タグ

||||||||||

2015年6月15日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【恐怖】ロールス・ロイス専門店の社長が殺されかけた話し【危険】

この お話は、私の体験談である。





今から十数年前、

まだ、シーザー始めて、まもないころ、、

ある年の1月、、

1月は、正月休みがあるため、営業日が少なく、

売り上げに苦戦する。



しかも、この月の27日には、私の結婚式が ひかえていた。

結婚式は両親のたっての希望で、田舎(大分県)で

行なうことにしていたため、衣装合わせや なんやらで、

早めに帰郷する必要があった。



ますます、実働日数が少ない。


体験談関連タグ

||||

2015年6月4日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】ドラム缶風呂【危険】

先に言っとくけど、霊関係の話じゃない。



昔、小さい印刷会社みたいなとこで働いてた。

ホントに酷い会社で、筋モンの作る偽物の株券とか、政治団体の中傷ビラとか、法律にひっかかる様なことをフツーにしてた。





事の発端は良くある話。

あるチンピラがどっかの事務所の金ちょろまかしたらしいんだよ。

んで、風俗とかサウナとか焼肉屋とかラブホとかあっち系列の店に配るためのビラの仕事が来たんだわ。

大概は探偵とかそういうので探して見つけ出して、かっちり追い込みかけておしまい。

でも今回は人海戦術ってやつでいくらしいんだとさ。

なんでも下の奴らの忠誠度を試したいんだってよ。

ウチの会社が儲かるから事情はどうでもいいんだけどな。



最悪なのは俺とソイツがスロ仲間だったこと。


体験談関連タグ

|||||||

2015年5月2日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【近親相姦】ランドセル(冬休み)【血縁SEX】

<エピローグ>

高校入学と同時に酷い虐めにあう直紀。

鈴木を筆頭に毎日のようにそれは続いた。

だがある事件以来、ピタリと虐められることは無くなる。



兄が虐められていることを知った妹のユリが幼い体と引替に直紀の虐めを止めてくれる様、鈴木に頼んでくれたからだ。

小学5年生のユリ。



年齢と同様、体つきもまだ幼いユリに鈴木は更なる条件を付け加える。

それは、毎日学校が終わると鈴木達不良グループの誰かとsexしてから家に帰ること。そして、毎週日曜日は一日中客を取ること。



この残酷なまでの条件をユリは全てのんだ。

ただ、大好きな兄を助けるために・・・・・・・・。

*************************************************************************************




体験談関連タグ

|||||||||||

2015年3月22日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】ほうれん草のキッシュ【血縁SEX】

豚切投下。

えーと、わたし女なんだけど、妹の話ならスレチじゃないよね?

あと、時間的にちょい昔の話なんだが。





ありがとう。じゃ投下します。5年前の話。ちょっとフェイクが入ります。

当時わたしは都内の二流私大に通うスイーツ(笑)系女子大生だった。

妹は高3。家計の都合で公立だったけど、勉強はものすごくできた。



129

妹はマジでかわいいぞ。女はわりと誰でもかわいいって言うが、そういうかわいいとは違う。段違いにかわいいよ。

似てる人…というのはちょっと思いつかないゴメン。チャンツィイーと上戸あやと鬼束ちひろを足して3で割って眼鏡をかけてみてくれ。髪は当時セミロング寄りのショート。体型はごくふつう、本人はデブだって気にしてたけど、わたしから見たらせいぜいぽっちゃり(弱)くらい。





続き。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2015年3月8日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】嫁とカップル喫茶に見学に行ったら完 【鬱勃起】

3年の交際を経て結婚し、2年間なにも問題なく幸せに過ごしてきた嫁の希との生活だったのに、僕の些細な好奇心で後戻りの出来ない道へと踏み出してしまった。



カップル喫茶での衝撃的な輪姦プレイの中、希の過去の秘密と、現在の浮気の危機を知ってしまった。

それなのに、僕は希を地元の先輩のところに送り出してしまった。その先輩が、希の元カレとわかっていながら……。



送り出したその日に、電話で実況中継をされて屈辱的なことを言われても、なお興奮してしまい、それ以上を求める僕は、もうおかしくなってしまったのだと思う。

本当は、希の輪姦プレイを想像して、たくさんオナニーをしたかったが、希の言いつけ通り必死で我慢した。

希に、何があったのか説明を受けながら、空っぽになるまで射精させてもらいたい……。そんな思いでなんとか頑張った。





希が帰ってくる予定の日曜日、僕は明け方まで眠れずに待っていた。結局戻ってこない希に、メールや電話をしたが電源が切れていた。月曜日、寝不足と心配で何も手につかないような状態だったが、なんとか仕事をこなし、まっすぐ帰宅すると希の帰りを待った。

それでも、連絡一つなく帰宅しない希……。僕は、本当に狂いそうだった。そんな状況なのに、希がしているであろうセックスを想像し、僕は勃起したままだった。



嫁が帰ってこない状況で、嫁を心配するよりもオナニーをしたい欲求と必死で戦っていた僕……。我ながら最低だと思う。




体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年3月3日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】仲のいいセフレ2【血縁SEX】

<>413:◇◆KVIF4N4I9k:2012/04/02(月)03:50:28.83ID:sVXPwKiN0<>

春休みも終わりお互い学校が始まったのもあって、ほとぼりが冷めたのか、まるで俺とは何もなかったかのように、妹は以前と同じように俺に接してた。

ただ妹も懲りたのか警戒してるのか、壁からオナニーの声が聞こえなくなった。

でも親バレがなかっただけで、俺は少しホッとしてたけどね。

ただ、一度リアルで本番やってしまうと、エロDVDとかエロ同人誌では今ひとつもの足りなくなって。

それで妹とエッチした時の興奮と感覚を必死に思い出しながらオナニーして、抜き終わると、やっぱり本物の女とやりたいって、余計にリアルなエッチに対する欲求が強くなってた。

当然、また妹を……って思ったけど、もうしないっていってしまったし、やっぱり近親相姦するやつは精神異常だ、って罪悪感と思い込みが重くのしかかって、何も出来ず夏休みが過ぎても悶々としてた。



<>414:◇◆KVIF4N4I9k:2012/04/02(月)03:51:12.58ID:sVXPwKiN0<>

その罪悪感が晴れかかったのは、ネットの近親相姦の質問とかサイトだった。

そこで、昔の王家はみな近親相姦で作られていたんだ、血が繋がってようがいまいが、結局は男と女には変わりがない、ってみたいな内容があったんだ。

それで俺だけが精神異常ってわけじゃないんだ、世の中に近親相姦してるやつは結構いる、妹だってただの女、女とセックスしたいってのは普通のことだ、手が届くとこに女がいただけ、って自己中に自分を正当化できて、のしかかってたものが軽くなった。

そうしたある日、学校で友達同士で話してたとき、好きな女の子の話になって、俺は入学した頃から気さくに声をかけてくれて仲良くなったクラスの女子の名前を言ったんだ。そうしたら、

「あいつ中学の頃から彼氏いるよ。毎日やりまくりカップルで有名だったよ。今は大学生と付き合ってるんだって」

という耳を疑うような衝撃の事実を告げられた。追い撃ちをかけるように、


体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年3月1日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】ご褒美が欲しくて姉のオナニーを何度も手伝った【血縁SEX】

女よりもビックリマンの第一段に夢中だった頃、小2〜小3の時の話だ



毎年夏休みになると丸々田舎に預けられたんよ

他にも親父の兄貴と姉の子ども達も毎年顔を合わてたのよ



んで、親父の兄貴の娘が1つ下の女の子でね。

唯一歳が近かったから毎日コイツと遊ぶのが日課だった



コイツが一人娘だからか糞ワガママでさ、いつも俺は振り回されてた。



ぶっちゃけ嫌いだったw

ジイバアから小遣いがなかったら、きっと田舎に行くの泣いて嫌がっただろう

スマン話が少しずれたw



コイツ以外に俺と遊んでくれる親戚の子がいたのよ


体験談関連タグ

|||||

2015年2月21日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談
1 / 2112345...1020...最後 »

このページの先頭へ