相互リンク先の最新記事一覧!

【人妻】計画的混浴〜2〜【隣の芝生】

これから目の前で夢にまで見た妄想が現実のものとして、妻が男二人によって弄ばれようとしている。

それを考えると私の男根も徐々に固さを取り戻し、無意識の内にそっと手を添えていた。

洗い場へ向かっている三人を見ると、まさに二匹のゴリラに捕まった全裸の女といった感じだった。

日に焼けた筋骨逞しい二人の男、足から続いている毛は尻全体をも覆い尽くし、

その二人の黒さとは対象的に、色白の背の低い妻の素肌が、ピンク色に染め上げられている。



歩く度に妻の大きく張った乳房がゆらゆらと揺れ、その動きに合わせ、

二人の天を突く程に固く勃起した男根もメトロノームがごときに歩調を合わせ、

右に左に大きく揺れていた。

洗い場に着くと、妻を立たせたまま私の方へ裸体を向け、手にボディーシャンプーをたっぷり付けると、

一人は立ったまま、一人は床に胡座をかいて、上と下を同時に洗い出した。

妻の体に艶かしく男の4本の手が絡みつく。

上の方では、既に妻の隠した胸の手が外され、たわわに実った左右の乳房が大きな毛だらけの

手によって優しく包まれている。

下のほうでは、男の手が足の先から徐々に太股へ撫で回すように登っている。


体験談関連タグ

||||||||

2014年7月10日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】剣道部の合宿で【鬱勃起】

高校の時の話ですが、私は剣道部に入っていました。

一年の時に同じ剣道部のY子と部のみんなには内緒で付き合うように

なりましたが三年のA先輩のおかげで散々な目にあいました。

夏の合宿の時は練習はキツイかもしれないが夜は二人で過せるかも

しれないといって、二人で楽しみにしていました。

初日の夜、二人で決めた時間に教室に行ってみると誰もいません。

(私の高校では学校で合宿をします。)

しばらく待ってみましたが、ぜんぜん来る気配がしないので不安と

苛立ちをごちゃまぜにした気持ちで、とぼとぼと男子部員のいる部屋に

帰りました。

部屋についてすぐぐらいにA先輩がニヤニヤしながらやってきて

「今、一年のY子とセックスをしてきた」と自慢げに言い放ちました。

私はあまりに衝撃的なことを言われたので目の前が真っ暗になりました。

一気に気持ちが悪くなり、吐き気を我慢しているとA先輩が事の顛末を

話はじめました。


体験談関連タグ

||||||

2014年7月10日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】妻の告白【隣の芝生】

私は32歳で妻は37歳です。夫婦で某S百貨店で勤務しております。先日、妻から衝撃の告白をされました。「怒らないで聞いてほしいんやけど、私2年前にAVに出てん。」怒るよりもビックリするほうが強かったので、「いきなり言われてビックリしたけど、何で今言うたん?」と聞くと「カズキへの罪悪感もあるし、私の中で男優さんとのSEXが忘れられへんようになってしまってん。」との理由でした。私は怒りよりも興奮してしまい、冷静を装い「どんな事してん?この際やから正直に話してくれ」と言うと妻は話をしてくれました。最初はオナニーから始まって、男優一人とエッチして3P も経験した事も。妻はその事を思い出して、私とエッチをした後でもオナニーをしていたそうです。それ以外は浮気をしてないと言い切っています。それ以来、妻が他の男に抱かれて喘いでいる妻を見て見たいと思う気持ちが強くなり、出会い系のサイトに登録させてまだ会うまではいってないですが気になる人はいるみたいです。私も妻も離婚する気はなく、SEXは以前よりも回数が増えました。ちなみに妻は元モー娘。の中澤裕子に似ていて元ヤン系です。また体験談を投稿します。

体験談関連タグ

||||||

2014年7月10日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】借金のカタに (Ver1)【隣の芝生】

 狭い階段を上って雑居ビルの3階にある会社の事務所に行くと、部屋の中から女の呻き声が聞こえてきました。あれは妻の声に違いありません。急いで部屋に入ると、入り口にはあの男が立っていました。口髭にサングラス、黒の革ジャンを着た借金取りのヤクザです。私を見るとニヤニヤと笑います。部屋の奥を見ると、なんと妻が別の男に背後から犯されているのでした。机の上に両手をつかされ、仕事着の黒のスカートをたくし上げられ、パンストもパンティーも無残に破られてむき出しになった妻の尻に、下半身裸になった格闘家のような体格の男が、背後から腰を激しく打ち付けているのでした。

「ああっ・・ああっ・・・あああっ・・」と苦しそうに呻く妻。

「やめろよ」

私はその男を止めるために近づこうとしたのですが、入り口の男が私の腹に膝蹴りをして、あまりの痛さに床に倒れてしまいました。

「おっさん。金返せよ」

男は吐き捨てるように言います。

妻は苦しげな表情で私の方を見ましたが、犯している男が妻の顎を手で自分の顔に向けると、太い舌を妻の口に入れました。妻の小さな舌がチラチラと奥に見えました。なすすべもなく倒れたままその光景を呆然と見つめる私。すべて私のつくった借金のせいです。街金に手を出すまでに経営が悪化した私の会社のせいなのです。倒れた位置からは男が妻の女陰に出し入れするペニスが丸見えでした。あんな大きなペニスを出し入れされたら、妻は痛いに違いありません。

「あうっ・・あううっ・・・いやっ・・・」

振り向く妻は眉間に深いしわを寄せ、眉を八の字にして苦しげな表情です。

妻は27歳で、まだ子供を産んだこともありませんでした。5年前に結婚する以前のことはよく知りませんが、奥手の妻は私の平均サイズのペニス以外には、あまり男を知らないはずですので、格闘家のような男の、鍛えられたような硬くて太いペニスで突かれたら、子宮の奥まで痛むのではないでしょうか。

しかし・・・少し冷静になってよく見ると、妻の脚には幾条もの液が流れています。その源はまぎれもなく男のペニスが深く差し込まれた女陰なのでした。

男は背後から妻のブラウスのボタンをはずし、ブラジャーも脱がせて、妻のFカップの白いお椀のような胸をもみます。時々乳首をつまんだりもします。そこは妻の性感帯なので、妻は一瞬ボッとした表情になりました。

「おっさんの嫁さん、感じてるんじゃないか」

入り口の男がからかうように言います。妻と私は20歳以上も年が離れているので、おっさんと呼ばれてもしかたありません。犯している男は仕事机の上の物を全部手で床に落とすと、今度は妻を机の上に仰向けに寝かせ、両脚を抱え込んで挿入しました。挿入の瞬間、妻が机の上で声を出しのけぞりました。男が腰を激しく振り続けると、妻の両足の指は親指だけが反り返り、ほかの4本の指は内側に強く屈曲するようになりました。男も極まってきたのか、さらにペニスを出し入れする速さを増してきました。男の全身から玉のような汗が出てきました。突然妻が

「ああああっつ、いっちゃう」


体験談関連タグ

||||||||||

2014年7月10日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】田舎で嫁が2【隣の芝生】

容赦なく腰を動かす。有希は抵抗するが、有希ね上にのしかかったおじさんはビクともしない。乳房に貪りつき荒々しく有希の体を汚す。そして、ピストンを早めると、有希は激しく暴れるが、動きは止まり、有希に抱き付いた。少しの間、余韻を楽しむように、繋がったままでした。おじさんは離れると、時計を見た。そして、有希を座らすと、荒々しく唇に吸い付き、有希の耳元で、何か言ってるみたいでした。おじさんは、仁王立ちすると、有希は驚いたことに股間に顔を埋めフェラを始めた。嫌らしく、ピチャピチャと聞こえた。そして、有希に頭を持って、すごい勢いで腰を振ると、喉の一番奥まで押し込み、苦してもがく有希を無視して、頭を押さえた。有希が飲み込んだ事を確認すると、有希から離れ「誰にも言うじゃねえぞ」と言うと、慌てたように、帰って行った。有希は、しばらくたって、トイレに 駆け込んで行った。私は、畑に戻り、昼にみんなで帰ると、何もなかったように、昼飯の用意がしてあった。

体験談関連タグ

|||||||

2014年7月9日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】結婚を意識したMの彼女は他の男(複数あり)とヤリまくっていた【鬱勃起】

<人物>

俺当時23歳、現在27歳。

元彼女…ここではAとします。当時23歳。

身長160cmくらい。体系・普通、胸C。

顔・白石ひより激似。(別れてからこのAV嬢知ったんだが本人かと思った。声まで一緒。)

髪型・肩に少し掛かるくらいのストレ−ト。黒髪。

まずは馴れ初めから。

Aと知り合ったのは12月初めキャバクラで。友人数人と行ったんだがラスト1タイムで俺につき意気投合、見た目は全然ケバく無く色白美人でかなり天然系で天然好きな俺としては

ど真ん中ストライクで即行メルアド交換してその日は帰った。それから何度か連絡取り合ったが営業行為は全く無く、気取ったところも無くておしとやかな凄く感じの良い子。

店にも出会いの一回のみでそれから行っていない。

本人曰くそこで働いてる友人に1週間だけ手伝いに来てと言われ、前の昼の仕事をやめたばかりだったので

繋ぎのバイト感覚で始めてそのままなんとなく働いてるだけだから売り上げなんかはどうでもいいとのこと。

当たりくじ引いたぜ、とその時は思った…

出会ってから1週間で居酒屋に飲みに行った。Aの普段着は黒のVニットに黒デニム、スウェード調のパンプスでクールな感じのお洒落さんって印象。

飲み始めたら酒が弱いらしくカクテル1杯でほろ酔い状態、しかもVニットの胸元からピンク色のセクシー系ブラと透き通るような白い肌、Cカップの胸の谷間が見えて天然キャラとのギャップに


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月9日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】温泉宿での【隣の芝生】

 俺達夫婦は、同級生で40歳。22歳で結婚して早や18年を迎えた。子供も二人授かり、幸せな家庭であった。俺の仕事は、小さな町工場の工場長でそこそこ収入もあったが、妻の働きたいとの希望で昼のみ、スーパーのパートに行かせていた。子供達も高校生と中学生の男の子でグレることもなく、スポーツに明け暮れる日々を送り全てが順風満帆であった。しかし、妻の友達の一本の電話から少しずつ歯車が狂い始めてしまった。友達のヒロコから金曜日の夜、電話があった

ヒロコ 『ミナコ(妻の名前)御免、明日の夜2時間だけ仕事手伝って!お願い』ミナコの仕事は、町から20分ほど離れた、古い温泉宿(5、6軒)を対象にしたコンパニオン派遣の仕事をしていた。

妻 『嫌よ。酔っているお客さんにお酒注いだり、体とか触られるんでしょう?それにおばさんだし』

ヒロコ 『大丈夫よ。変なお客じゃないし、ミナコなら20代に見えるから。お願い助けて』

妻 『でも~。夫に聞いてみるけど、多分駄目って言うから』と受話器放して俺に、内容を話した。

俺 『いいんじゃないか。困っているんだろう、2時間位なら良い社会勉強になるだろう』と答えてしまった。今思えば、絶対に反対すべきだった。

妻 『ヒロ。旦那がいいって、でも2時間だけだからね』

ヒロコ 『ありがとう。これから衣装もって行くね』と電話を切りヒロコは俺の家に向かった。

妻 『あなた。大丈夫かしら?変なことされない?』 俺もコンパニオンと呑んだ経験はあるが、大体体を触られ、酔ってくるとキスまでする奴もいるから心配ではあったが

俺 『俺達はコンパニオンと呑むだけで何もしないから、大丈夫だろう』と安易な答えをした。

妻 『うん、わかった。触ってきたらぶっ飛ばしてやる』と拳を強く握りしめていた。そうこうしているうちにヒロコがやって来て衣装をくれた。上下赤のジャケットとスカートそしてシルクの肌色のキャミソールを持ってきた。服に着替えた妻は

妻 『ヒロ~。キャミソールからブラとおっぱいがでちゃうよ~』とジャケットで隠しているが、あきらかに、胸の谷間とブラがでていた。妻の容姿は、身長158センチ、バストは120センチ(Kカップ)あり、洋ピンのクロー○のような体型で、いやらしい体付をしていた。

ヒロコ 『ミナコ、肩紐とれるブラ無いの?』

妻 『半カップの持っているけど、少し動くとおっぱい出ちゃうから嫌なの』

ヒロコ 『大丈夫、動かないように二人の女の子に言っておくから、それでお願い。』と手を合わせてお願いした。渋々妻も頷き前払い金として、1万円くれた。俺は、若干の不安はあったものの何かあったら、20分くらいで行けるから、すぐ電話しろ と言って安心させた。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年7月8日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】同僚の浮気相手【隣の芝生】

先月、会社の同僚(既婚者)が酒の席で、人妻さんのセフレができたと、や

たら嬉しそうに話していた。

年齢は42才、小柄だけど結構巨乳で尻もでかくて相性サイコー、なんて浮か

れまくってた。

勢いで、携帯で撮った写真を見せてもらった。

その場では黙っていたが、自分の嫁にやたらと似ていた。年齢も同じ。

「名前教えろよ」と悟られないように興味本位の雰囲気で聞いてみたら、賀

○子という名前。嫁と同じ。メアドだけじゃなく携帯電話の番号も教えても

らったと嬉しそうに携帯を見せるので画面を見ると、「○○(妻の旧姓)賀

○子」の文字。電話番号は妻の携帯番号。

一気に酔いもさめ、驚きすぎて表情が固まりました。

同僚は、俺の嫁ということで、嫁の顔を見たことはありません。

で、どんなことをしてるんだと思いつつ聞いてみると、精液を飲んだり、同

僚のアナルを舐めたり、中出しOKだったり、アナルセックスしてた

り・・・信じられませんでした。


体験談関連タグ

||||||||||||

2014年7月7日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】運転免許の合宿から帰ってきた妻【鬱勃起】

妻を運転免許の合宿に行かせた。

妻は28才、ちょっと色っぽい近所でも評判の美人だ。

最初は近くの教習所に通って免許を取らせるつもりだったが、

妻の運動神経の鈍さを考えると何ヶ月かかるかわからないので

思い切って合宿に行かせることにした。

合宿免許なら、そう長い期間にならないだろうし

費用も安く浮くだろうという読みだった。

4歳になる娘を妻の実家に預け、

私自身も久々の独身気分を味わおうという魂胆もあった。

しかし、それは見事に裏目に出た。

合宿に行っている間はちゃんと毎日妻から電話が入った。

「ちゃんと食べてる?」

「掃除とか洗濯は大丈夫?」

「浮気とかしてないでしょうね?」

妻なりに心配しているのであろうが、


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年7月7日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】実は妻はエロかった【隣の芝生】

僕は31歳。妻は32歳。妻は清楚で、巨乳のEカップ。顔は小泉今日子に似ています。

この夏、妻の実家に帰省しました。

毎度の事ですが、最近妙に艶っぽくなった妻に『夕方から同窓会行って来るから、子ども宜しくね♪』と頼まれ、『わかった。エッチな、お土産宜しくな♪』『はい、はい。楽しみにね』と、僕の寝とられフェチを理解してくれてる妻は、毎回帰ってくると『孝くんとずっと一緒だったけど、何も無かったよ。今度は少し色気出してみるわ』のような話で、あまり興奮させてくれません。やっぱり妻は、清楚で真面目な女なのかな。しかし、今回は違っていました。深夜0時を回っても、帰って来ません。『いまどこ』とメールしました。

妻『今から、バーに行くとこ』

僕『誰と♪』

妻『男2女2で』

僕『孝くんも?』

妻『いるよ♪』

僕『大丈夫なの?』

のメールを最後に妻の携帯が圏外になりました。それから2時間経ちました。

妻からメールが来ました。

妻『今から帰ります。楽しみに待っててね』極度の興奮で一度抜いてしまいました。

暑いのでビール片手に、外で妻の帰りを待っていると、一台の高級車が家の近くの空地に止まりました。

まさかあれじゃないよなと、そっと近くまで行くと、妻と孝くんでした。

二人はなぜか手を握っています。焦りました。もう出てくるだろと、隠れていましたが、一向に降りてくる気配がありません。


体験談関連タグ

|||||||||

2014年7月7日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

このページの先頭へ