相互リンク先の最新記事一覧!

【寝取られ】兄の子供を孕む彼女【鬱勃起】

———

高校二年生にしてようやく出来た彼女の名前はチサト。

まだあどけなさの残る童顔と、そこからは想像も出来ないほどに成長した胸が特徴だった。

“ロリ巨乳”という形容がこれほど当てはまる彼女のほかにいないのでは無いだろうか、と思うほどだ。

チサトを狙う男は後を絶たなかったが、猛烈なアプローチの末に俺がゲットした。

そこからは普通のデートを繰り返すだけの日々だったが、交際期間三ヶ月を経て、先日、遂にキスをした。

最近は手を繋いで街を歩く事も恥ずかしくなくなったし、周りの奴らにも「ラブラブだな」とよく言われる。

未だにチサトに交際を迫る男もいたようだが、彼女はそれを断り続けていた。

お互いに浮気なんてしなかったし、俺はチサトとの結婚まで本気で想像していた・・・・。

———

そんなある日、ついにチサトの家に招かれる事になった。

その時の俺の興奮ぷりと言ったら、相当なものだった。

隣にチサトがいたから落ち着いたふりをしていたが、下半身は爆発寸前だった。

こんなに可愛い彼女の家に行ってすることと言ったら一つだろう、と、当時まだ童貞だった俺はセックスのことばかり考えていた。

学年、いや、学校の中でさえ敵うものはいないと思われるあの巨乳を、


体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年6月4日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】私からみた夫のNTR体験(ver.1.0)【隣の芝生】

私たち夫婦のNTR体験(ver.1.0)の妻より

 

夫である「かず君」の文章をここで読んだとき、私由紀は誤解をされぬよう、言い添えたいことがあって、この拙い文章を書くことにしました。私は今2歳の男の子を育児中ですが、夫が書くように生物学的父親はかず君ではありません。病院で夫が子供を女に産ませることができない体であることを知らされたとき、私は自分の心に何度も問いかけました。一生の伴侶として、かず君を愛し続けることができるかと。けれども、私の心の声は、どのような問いかけをしても、答えはイエスだったのです。しかし子供がほしいという気持ちは強くて、夫は子供好きでしたので、一番悩み苦しんだのはかず君自身でした。かず君の文章では、私がセックスレスになったかず君に欲求不満を募らせて、NTR体験へとかず君を誘ったように書かれていますが、実はそのときには私には夫の受精能力がないことを知っていたのでした。

 つらい思い出なのですが、私は大学2年の時に交際していた同級生に妊娠させられた経験があったからです。かず君には交際相手がいたことは言っていますが、妊娠経験のことは言っていません。言い訳かもしれませんが、結婚前にもし聞かれたら言うつもりでした。

 もし、子供がほしいのなら、精子バンクを利用するか、養子をもらうしかないのですが、第三の選択肢として素性のはっきりした男性から受胎を受けるという方法を考えました。そのために、ネットを利用しての「出会い」を求めたのです。夫はそのころ、何故かNTRの妄想にはまっていて…というより彼の本能がもしかしたら、そのような方法での精神的子孫獲得を模索していたのかも。そしてKさんに出会うチャンスができたわけです。応募者多数の中から厳選して、何度もメールのやり取りをしました。夫には言いませんでしたが、探偵社にもKさんの調査を依頼しました。愛人の多さを除けば申し分のない方であり、夫の書いたように健康診断書も頂くことができたのでした。

 

 そしてKさんとの夜を迎えた日、私は今与えることができる女としての魅力の全てをKさんに与え、かず君の立会のもと、そのお返しとしてKさんからかず君と私に子供を授けていただこうと思ったのです。私は、何時間も、何日も、昼も、夜も考え続け、そうすることに決めたのですが、一方で、いざその夜にKさんに抱かれ、Kさんに貫かれたら、私のこころ核心が崩れ何かが変化するのではないかという不安な気持ちもありました。正直、かけでした。たぶん、私自身が私の思っているような女なのかどうかを試される瞬間、そしてその答えは私の心しか分からないことのように思えたのです。

 Kさんとの夜はすばらしいものでした。波のような快感に何度もさらわれそうにもなりました。体の奥でKさんのほとばしる命も感じました。尊敬をもって感動の体験をKさんに与えて頂きました。大きな波に何度もさらわれ、朝になって砂浜に私の体が打ち上げられたとき、輝く朝日の中で微笑みながら私を抱き起してくれたのは、やはりかず君だったのです。やはり私の夫はかず君です。

少しの疑問も、疑いもなく、今は夫を愛せます。自信を持って言えることは、

「私は、最初から夫を愛しており、今もそうです」

ということだったのです。

体験談関連タグ

|||||

2014年6月3日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】妻の不倫告白.妻の残業【鬱勃起】

昨日妻にパートの時の不倫の詳しい内容をもう少し詳しく教えてとお願いしました、妻いわく3年前の事なのでうろ覚えが有るけど出来るだけ思い出すね。そうです今日は工場長Kさんと妻の(残業、工場長との情事)を投稿したいと思います、工場長=K、妻=美紀でお願いします、麗子が言いました妻の秘密を私に話したことを妻に言わないでと、私は麗子に言いました全然大丈夫だよ妊娠してしまった事も妻から聞いたよと、麗子はビックリしたみたいで、それで旦那さん美紀を許したの?と聞かれ、もうすんだ事だし今は仲良いしと、言うと

麗子は不思議そうな顔をしていました、それはさておき妻のSEXの話の続きをします、Kとの子宮内中出しSEXの3日後パート先の昼休みが終わりかけの時間、美紀の携帯メール着信が鳴りました、相手はKさんでした内容は今から工場横のトイレ・身障者用BOXにすぐ来てと、妻がトイレに入るとハア・ハアしたKが居ましたそして妻に抱きつき、奥さん最近冷たいじゃないですかと言うと、妻「止めてください困ります仕事の時間です」K[そんなこと言わないで下さいよ、あんなに激しいSEXしたじゃないですか、付き合ってくれるんでしょ」妻「あの時は酔っていたし寂しくてつい」

そうです妻は次の日家に帰ってきた時の私や子供の優しい態度に自分のした不倫という罪に後悔して、Kとは距離を置こうと決めたみたいです、K「3日も無視してるじゃないですか」妻「私には夫も子供もいますから」K「そんなこと関係ないです僕は奥さんを好きです・愛しています」と言われ、その言葉に妻の子宮がピクッと反応したそうです、K「奥さんの家族に迷惑掛けませんから、夜あってくれるなら残業代も出しますから」妻「でも」K「だったら何で今日ココに来たのですか」と言いながらうつむいている妻の唇を奪い舌を絡ませて来ました、妻「アン・アン・アー駄目です」奥さんこれ見てくださいよ奥さんの中に入れたくてこんなに大きくなっていますよ、とビンビンに勃起した20cm超級のペニスをズボンから出し、妻に見せつけました妻は少し凝視しました、しかし我に帰って、妻「駄目です困ります」K「これが奥さんの子宮に入るんですよ」その時また妻の子宮がビクッビクッと反応してしまい、妻の抵抗する力が弱まると妻の口内に舌を更に絡ませました、妻「アアアアアンン」Kが妻の制服のベルトを外しズボンを膝まで下げ更に上着の釦を外しました、キスをしながら胸を片手でモミモミして、もう一本の手で妻の股間部分をパンティの上から指をなぞらせて、K「奥さんトロトロに濡れてるじゃないですかアツアツですよ」妻はここですでに、堕ちていました妻は自分から膝までパンティを脱ぎ、妻「早く指を入れてオマンコかきまわしてー」指4本入れての指マンです「グチャ・グチュ・グチュ」いやらしい音がトイレ中に響き渡ります、K「奥さんフェラして」「ジュバ・ジュバ・ジュバ」妻「お口に入りきらない」K「奥さんそろそろバックで挿入してもいいですか?」妻が自らお尻を突き出し「早く挿れてその逞しいおちんちんで私をメチャクチャに突いてー」K「奥さん挿れますよー」「ズボッ・パン・パン・パン・パン」段々妻の子宮口が開いて来ると子宮内SEXです「ズボッ・ズボッ・ズバン」妻「アー凄い気持ちイイヨー」K「旦那とどっちが良い」妻「こっちが良い、あの人のことは言わないでーKさん私のこと美紀って呼んでー」「私もう行きそうよー」K「美紀さん僕もそろそろ出そう」美紀「そのまま子宮の中に出してー」K「いいんですか?」美紀「いいの赤ちゃん出来ても良いのそのまま出してー」K「ウッ・ドク・ドク・ドク」美紀「熱いのが、子宮に入ってるー気持ち良いー」つくづく中出しされるのが好きな妻です。

妻がバックで突かれている時仕事の時間になっても帰ってこない妻を心配して麗子が心配したそうですKも見当たらないし、もしかしてと思い自分より後輩の社員Aと一緒に妻を探していたらしいのです。身障者用トイレの方からAが真っ青な顔をして戻って来ましたそして麗子にトイレからアン・アン声が聞こえると言うと麗子はKと美紀がトイレでSEXしていると悟りA君に絶対誰にも喋らないでと口封じをしました、でも社員もパートも皆が美紀とKの仲を疑っていました、Kも妻には簡単な作業ばかりさせるので、パートの間からも二人はで出来てるという噂が、流れていましたこの時からは、すでに妻の心も体もKの物に成っていましたそして妻の残業は、週3日のぺースでKと子宮内中出しSEXを欠かさず半年間もKの部屋でしていたそうです、それは妊娠して当たり前です。

ある日のこと、Kも麗子も休みの日定時で妻が帰ろうとするとAがニヤニヤしながら俺美紀さんの秘密知ってるよー、妻はどきっとしながらも何の事かな?と言うとAがKの名前を出しました、妻は観念してどうすればいいのとAに尋ねると、美紀さん次第ですよ、ばれたらKはクビかもーと言われその時は美紀はKに嵌っていたので、Aにどうすればいいの、と言うとAが夜11時に会社の独身寮にミニスカートとノーブラとノーパンで来てよと言いましたそういえば昔ミニスカート姿でちょっと麗子の所に行くとでかけた日がありました、Aの部屋に入ると

同期のBやCまでパンツ1丁姿で居ました、美紀さんよく来たねここは俺たちしか住んでいないから大声出しても誰にも聞こえ無いよ、妻は何をされるか分かっていたので、強い口調で早くしてよ脱げばいいの?とA達に言うと3人の男は興奮して妻に群がり輪姦が始まりました、前儀も無しで挿入されると妻は黙っていて、A「美紀さん何とか言ってよ声出しても良いんだよ」AとBは12cm級のチンポでしたので子宮口に当たるのがやっとでした、あっという間に妻の中でいってしまいました妻は物足りないのか、AとBにもう終わりと、言いましたするとリーダー格のCがパンツを脱ぎましたそれを見て妻はハッとしました、Cの体は柔道経験があり筋肉質でチンポも18cm級ですが、カリが6cmくらいありますAとBはそのチンポ見たとたん戦意喪失して後はCに任せたと、ふて腐れてしまったそうですC「美紀さんフェラしてくれますか?」美紀「ジュポ・ジュポ・ジュポ・太くてお口に入らないー」フェラしながら妻のおまんこはもうトロトロでした、C「挿れますよー」「メリ・メリ・メリ」美紀「アー凄い太い裂けるー」C「気持ち良い美紀さん凄いよ俺のチンポ挿いる女は久しぶりだよー」「ズボ・ズボ・ズボ」美紀「太い凄いーもっと奥まで突いてー」C「これ以上支えて挿らない」美紀「そこで角度を変えて押すの」「グリグリグリ」6cmのカリ首なので子宮内に入れるのは大変です、そして「ズポンッ」亀頭がすっぽり子宮内に収まると、美紀「ギャー」C「ウォー」と絶叫しましたその声にAとBは怖くなって部屋を出て行きました一旦子宮内に挿入した亀頭を抜こうとすると美紀「痛い痛い痛い」抜けませんC「おれも少し痛いしこんなSEX異常だよ美紀さんおかしいよ」とCが涙目になったのを見ると、妻は母性本能が働いたのかCに対して優しく抜かないで良いから、中に出して良いからゆっくり動くように言いました、C「中出しでいいんですか、俺責任取れませんよ」美紀「良いの私子宮の中に熱い精子注がれるの好きなの、だから中に出して」その言葉に興奮したのか、行き成りC「出るドプ・ドプ・ドピュ」美紀「アー熱い凄い多いい、子宮タプタプに成っちゃう」そのまま5分ぐらい経ってCの萎えたチンポが妻からやっと抜けました抜けると同時に「ジャバ・ジャバ・ジャバー」と音を立てて大量の精液が床にこぼれました。そしてCが「美紀さんこんな事してごめんなさい工場長との関係は知っていたけど、1度で良いから美紀さんとSEXしたくて」と素直に謝ったCに妻は「何回しても良いのよ貴方のおちんちん太くて凄いわ、女の体の喜ばせ方これから教えてあげる、その代わりKにも秘密よと言い、Kが居ない時たまにCとも普通の膣内SEXをしていました妊娠した時妻はKとCのどちらの子種か分からないそうです、なんて淫乱な妻でしょう。

体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年6月2日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】近所のハゲ親父に妻を寝取られてた【隣の芝生】

1年半ちょっと前、平日の夜でしたが、帰宅後にソファーでライターを見つけました。

疲れた体をドサッと降ろすと、腰の所にある窪みに硬い物体があったんです。

何だこれ?と思い引っ張り出すと、見覚えの無いジッポライターが出てきました。

俺は煙草を吸いますが、自分のライターぐらい記憶してます。

「これ誰の?」と妻に尋ねました。

誰かが昼間に来て忘れていったんだろうなって軽く考えていたから。

妻は「あぁぁーあっ、水野さんかな?!」と近所の奥さん仲間の名前を言ってました。

その時は「あぁ~そうなんだ、ここ置いとくから」と何も考えていませんでした。



それから2~3ヵ月ほどした頃だったと思います。

仕事の都合で19時頃に帰宅した日がありました。

普段は早くても21時頃にならないと帰れません。

早く帰る事は途中でメールしていたので、いつも通りに帰宅しました。

リビングに入った瞬間、微かな煙草のニオイを感じました。

「誰か煙草吸ってたんか?」妻は俺に煙草は外か換気扇の下で、といつも言います。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年6月1日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】卒業旅行の王様ゲームで…(続き)【鬱勃起】

その命令は

「彼女とCは小部屋で、僕とBはベットで就寝する。」というものでした。僕は先ほどの出来事のあった小部屋にいかせたらヤバイと思いました。しかしCは興奮していてまた彼女を引っ張り連れていこうとしましたが、なんとか彼女の後ろ手に縛られていた手をほどくことができました。これなら彼女も抵抗出来るし鍵をかけられても中から開けることができます。

僕も疲れきっていて、Bも泣き疲れていて仕方なく命令通りに就寝することにしました。

僕はBと寝ることは出来ないので、離れたソファーで寝ました。

疲れきっていたのですぐ眠りについてしまいました。しかし、心は決して休まらず、30分ぐらいで起きてしまいました。Bを見ると泣き疲れて完全に寝入っているようです。僕はどうしても彼女たちが気になり、小部屋に近づきました。

すると…最悪な出来事が起きようとしていました。

「んっ……ぅ…」「…ふぁ…ぁ…」などと彼女のくぐもった声が聞こえました。

僕は鼓動が早くなりました。

先ほどのガラス張りのところから中を見ると…彼女の上にCが覆い被さり彼女の首筋を舐めています。

ふと見ると彼女の手はCの制服のネクタイによってまた後ろ手に縛られていました。きっと彼女が眠ろうとしているすきに縛ったのでしょう。

僕は彼女を助けようドアを開けようとするとやはり中から鍵がかけられてしまっていました。もうどうすることも出来ませんでした。

Cはというと首筋を舐めながら、先ほどのように彼女のブレザーとシャツのボタンを外しましたが、王様ゲームの時よりも大胆に彼女の制服を脱がし、縛られている手首のあたりまで剥ぎとりました。

手首のあたりに制服が引っ掛かっているものの彼女の上半身はピンクのブラだけの状態です。その姿はとてもイヤらしい姿です。僕はその姿に見入ってしまいました。

首筋を舐めていたCは彼女の耳などを舐め、だんだん胸のほうに近づいていきます。

「あ……ぁ…ふっ………」


体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年5月31日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】大学時代の、良くある王様ゲーム【鬱勃起】

えと、もう10年近く前、大学時代の話なんですが…。

当時付き合って3年くらいの彼女がいたんです。

名前は香奈っていう子で、ちょっとちっちゃくて可愛い子でした。

で、その日は彼女のバイト先の友達の家で飲もうってことで一緒にその子の家に行ったんです。

そしたら他にも二人くらい遊びに来てて、結局男二人、女の子三人(俺、彼女含む)で飲むことになったんですよ。

全員バイト先の友達らしくて、女の子たちは俺も面識があったんですが男はしらない奴でした。

最初は普通に飲んでました。

その友達の家は普通のワンルームでベッドが部屋の側面に置いてあって、その横で5人で床に座り込んで飲む感じ。

部屋を提供してくれた子、仮にまゆみとしておきますが、まゆみは何か昔からちょっとえっちぃ感じの子でして

その日も赤いミニスカートはいてキャッキャ言いながら飲むもんだから、たま〜にパンツがちらっと見えたりして

俺は俺で最初は楽しみながら飲んでたんです。

・・・最初は。

男の名前は柴田(これも仮)、もう一人の女の子は殆ど登場しないので割愛します(w

柴田はまぁ今時のちょっとカッコイイ系の男で、ノリもよくまぁ面白いヤツだったんですよ。

んで俺も初めのうちは意気投合しながら飲んでたんです。


体験談関連タグ

|||||||

2014年5月31日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】妻はピアノ講師【隣の芝生】

それは、つい数年前のこと。

妻の美紗子は月一回、土曜日の午前中に来る生徒のピアノレッスンをしている。

その生徒とは、私と同じくらいの年齢、30歳中頃の男性で妻の友人の夫、石橋氏である。

石橋夫妻とは私達夫婦と交互に行き来があり仲良くしております。一緒に外食したり、カラオケに行ったりなどしている仲です。

その石橋さんですが、以前から私の妻、美紗子の事をとても気に入ってると言うことに私は気づいていました。

妻も石橋さんが面白い人なので会話を楽しみ、彼に対してはまんざらでもない様子でした。

以前、カラオケに行ったときも酔った勢いで口が滑ったのか、私にこっそり耳打ちしてきたのです。

「いやぁ○○さん・・・(私の事)、美紗子さんかわいいですねぇ〜うちのと入れ替えられたらなぁ〜」

と冗談混じりに言ったのでした。正直、妻が褒められるのは悪い気はしませんが、石橋さんの言い方と言えば妻を性対象としての眼差しでした。

「そぉ〜ですねぇ?私は構わないですけどねぇ?」

と、冗談めかし笑いながら受け答えした事もありますが、石橋さんは

「ほんとですかっ!!お願いしますよぉ〜」

と、目を輝かして哀願してきたりもしました。

「うちの嫁さんともっと仲良くなりたいなら、うちにピアノを習いに来るといいんじゃない?」と誘導じみた事を言った事もあります。

そして、しばらく日が進んだ頃、


体験談関連タグ

|||||||||||

2014年5月31日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】彼女が知らない男と…【鬱勃起】

彼女と遠距離恋愛中の時の話です。俺(22歳)が、彼女(同い年)と久しぶりに会いエッチをしている最中、彼女に「他の男としてみたくない?」と聞いて見ると、はじめは嫌がっていたのですが、彼女が絶頂になりそうな時、「…んッ、ヒロ(俺の名前)以外としてみたい…」と彼女の口から漏れました。エッチの後、早速2ショットチャットで相手を見つけ、彼女にメールをさせてみると直ぐに返信が。相手は31歳でサラリーマンで既婚だったので、後腐れもなさそうなでOKさせました。相手は、胸のサイズや性感帯など聞いて聞いているようでした。彼女はEカップで形の良い胸で乳首が弱点でした。相手も興奮したのか、今日会えないかと返信あり、夜に会う約束をさせました。夜になり待ち合わせ場所まで彼女を送ると、「ヒロ…なんか恥ずかしいよ」と、彼女が赤面してモジモジしていました(彼女も興奮してたんだと思います)。俺はその場を離れると数分後、相手が来た様子でした。彼女は相手の車に乗り、車はラブホの方面へ走りました。

その後、彼女よりメールで「今、ラブホにきました。ドキドキしてる…ヒロ…この人とエッチしちゃうよ?」と、俺に確認の返信を待ってるようでした。俺は嫉妬に耐え、OKの返信をすると、それから彼女からは返信が来なくなりました。…彼女が今、他の男とエッチしている…今、最中なのか?俺は彼女に「今、されてるのか?」と送信するも返信なし。興奮に狂い、たまらず一人で射精してしまいました。約3時間半後、彼女から返信がきました(こんな時間まで気持ち良くされたのかと思うとまた勃起してしまいました)。「ヒロ〜待たせてゴメン」と返信があり、直ぐに迎えに行き、男との詳細を聞きました。ホテルに入ってから最初にお風呂に入って乳首を責められたそうです。彼女「あッ、ダメ…」男「柔らかいおっぱいだな…興奮してるの?乳首立ってるよ」と言われ興奮したとのこと。乳首を甘噛みされ、凄い気持ち良かったそうです。その後、ベッドへ行きクリや乳首を責められ濡れているのがわかったと言われました(普段は濡れていてもわからないみたいです)。相手が舐めてと言って、彼女がペニスを握った時、相手は沢山の我慢汁が垂れていたそうです。男「俺、汁凄いんだよね」彼女「凄い…とめどなく出てくる」と言いフェラしたそうです。彼女は「ヒロよりは細いけど長かった、我慢汁が止まらないの」と赤面させて話していました。その後、彼女が上にさせられ、無言で入れようとしてきたので、彼女が腰をずらし拒否をしていると、今度は正常位の体制になり、また無言で挿入しようとしてきたそうです。彼女が拒否をしていると、「ゴムなんか着けるとできないぞ」と言い終わる寸前に挿入されたそうです。俺、「生でエッチしたの?」彼女「ゴメン、でも気持ち良かった…滑るように入ってきたんだよ?音も出てた」と言われショックを受けました。まさか生でエッチするなんて…。挿入後、正常位で小刻みしたり、激しくしたりされ、かなりヤバかったそうです。彼女「やっぱり30代だから経験豊富なんだね。ヒロより上手かったよ…」と言われました(><)。そして相手が絶頂の為ラストスパートをした時、「あッ、そんなに…あぁ、イヤ!ダメェェェ!!!」と彼女は少し潮を吹いたそうです。そして相手は、「イクよ…イク!」と言ってきたので、慌てて「そッ、外」としか彼女は言えず、無言で中で出されたそうです。彼女は中出し経験が初めてで、「相手が沢山出てくる感じがして興奮した…」と言われました(T_T)。彼女が生で挿入されただけでなく、中にまで……。そんな淫乱な彼女も今は俺の奥さんです。(その話を聞きながら何度も中出ししたけどまだ子供はできません)。

以上、長文になりすみません。

体験談関連タグ

|||||||

2014年5月30日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】入れるマネだよ【鬱勃起】

俺の彼女は合コンでHなことをしたことがあるらしい。

彼女と仲の良い友達(Y子)から聞いたんだけど、

一緒に合コン行って、悪ノリしてしまったみたいだ。

男2対女2で個室の飲み屋で飲み会だったらしいが、男はY子の

知り合いらしくて彼女は初対面だったそうだ。

彼女もY子もノリが良く、すぐ盛り上がったそうだ。

男2人のうちの1人で加藤晴彦に似てる男(K)がかなり彼女を気に入ったらしく

猛烈アタックをかけたそうです。彼女は最初はとりあえず相手の話に合わせて

聞いていたそうだが、そいつに執拗にベタベタされても嫌な顔一つせず、

笑顔でいたそうだ。

Kも彼女のことを『深田恭子にクリソツだね。』などと言っておだてて

いたらしい。『周りにはラブラブだね』とあおられて、

彼女もつけあがってしまい、周りの雰囲気もH系になってしまったそうだ。

Y子は男達とH系の話をバンバンして周りを盛り上げていて、彼女はKに

髪を撫でられたり身体を触られたりしていたそうだ。


体験談関連タグ

|||||||

2014年5月30日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】出会い(宿舎編)【隣の芝生】

木村家を昼ごろ出た、妻と吉本は、タクシーを拾える所まで歩いた。昨夜の出来事で気まずい雰囲気の中、口を開いたのは、吉本だった。

吉本『奥さん、すいませんでした。つい、酔ってしまって・・・・』妻無言で頷く。

吉本『また、お会いしたら、その時は、楽しくやりたいですね』

妻『吉本さん。お掃除とかお洗濯は、どうなさっているの』と吉本の暮らしぶりを尋ねた。

吉本『一週間分を土曜日にやっていますよ』と半笑いで答えた。

妻『明日、時間がありますので、私がお手伝いしますよ』吉本、呆気にとられて

吉本『滅相も無い。他人の奥様にして頂くなんて』と手を振った。

妻『大丈夫です。主人の宿舎で慣れていますから。折角のご縁ですから遠慮為さらずに』

吉本『そうですか~。じゃあお願いしちゃおうかな?』と満面の笑みを見せる。

妻『住所を教えて下さい。明日行きますから』と住所を教えて貰った。私は、妻が何を思い、吉本の家に行くのか不明だったが、後に、由美子から状況を聞くことができ、納得したのだった。

 日曜日、妻は、約束とおり吉本の家を訪ねた。一戸建てのアパートで、隣の家とも10m位の間隔があり、ゆったりとした家だった。6畳2間でキッチンと風呂付の小洒落た所に住んでいた。

吉本『すいません。お休みの日に。汚い所ですが上がって下さい。』妻は、ハーフコートを着ていたが、上がり込んだ途端に脱いだ。吉本は、目を疑った。ハーフコートの下は、私が好きな大きく胸の開いた黒のキャミソールと薄手のニットのカーディガン、しかもノーブラだったのだ。妻の乳輪は年のわりにピンク色で直径7セン程度でやや大きめだが、乳首が小さくノーブラでも乳首の突起や乳輪は目立たなく、私とショッピングに行く際にも肩が凝ってしまうと言う理由でよくノーブラで出かけたのだった。

しかし、私との外出は、ハーフコートを脱がないが、この日は、脱いでしまったので、妻のIカップの谷間が、20センチ以上露出されており、吉本が勃起してしまうのに時間が掛からなかった。

妻『お洗濯から始めますので』と洗濯機に向かい吉本の服を洗い始めた。

妻『吉本さん。お掃除までやってしまうので、お出かけになったら。』


体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年5月30日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

このページの先頭へ