相互リンク先の最新記事一覧!

【近親相姦】妹とお風呂で・・ベットでじょうば【血縁SEX】

ある夜の日部活が終わり風呂にはいっているとき

突然、がばっと音とともにドアが開いた。

そこには裸の妹=水季がいた

俺「は、なんで入ってくるんだよ」

といいながら体の姿勢を変える。

水季「あ、入ってたんだ」

といいながら風呂に入る妹

なんでなんでなんでおかしくね。。普通は裸を見て

やっほーいといいたいが、もう目の前にいる妹の裸は

小学校4年生以来みてない現在中二年だからビックリするほど

胸はふくらんでいた。俺は高二です。

俺「ねえーどうしたやーなんで入ってきた?」

水季「寒いから」

絵、え、え、え、え、え、たしかに外は雪ふって寒いけど・・・

いちよう手で胸隠してる水季は正直可愛い。・・だが今はそんなきもちに


体験談関連タグ

||||||||||||

2015年1月13日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】イタズラ好きの姉の正体【血縁SEX】

今、我が家の家長は、22歳の姉、真琴だ。父命の母は、父の単身赴任に1ヶ月ももたず。 押しかけて行った。俺15歳と、

妹雅美、10歳の

世話を姉に、丸投げしたのだ。



ねぇお兄ちゃん。カルピスって、精子なの?、なっ!ちっ違ーう。(ちっまた、真琴か) ってか雅美ぃ精子って解るのか?

白いのでしょ。

(解ってねーな)

真琴は、いつも、純真無垢な、雅美をからかい、俺の反応を楽しんでる。いい迷惑だ。

過去の事例は、

俺の入浴中に、

又を広げて座る。雅美に虫が又に、入ると吹き込み、哲也に舐めて、消毒してもらえって、風呂に押し込んだり。結果、

うっすらと毛が生えそろうアソコを、広げ舐めてって、泣く、雅美を、

納得させる為に、舐めたり。

裸を見せても、

哲也のチンチンが、


体験談関連タグ

||||||||||

2014年12月17日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】初体験からの不の連鎖【隣の芝生】

僕は中学卒業後、専門学校に入学した。

学校帰りに、

いつものバスを

待っている間、

何となく視線を

感じていたけど、気には止めなかった。

そのうち、バスが到着して、窓際に座り、ウトウト。すると、

何やら太もも

辺りがモゾモゾ。薄目で見てみると

女の人が夢中で

サワサワしている

気の弱い僕は

我慢していた。

すると、女の人は段々エスカレートズボンの上から、アソコを揉みだしファスナーを

半開きにして、


体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年10月13日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】家族ぐるみ【隣の芝生】

長男の幼稚園が縁で知り合ったT夫妻。年齢も近く生活環境も似ていることから

何となく気が合い、一緒にカラオケに行ったり夏休みに旅行をしたりと家族ぐるみで

お付き合いをしていた。

1年前。子供たちがキャンプでお泊まりの夜、T宅で飲むことになった。子供たちが

いない気楽さから酒宴は盛り上がり、かなり際どい話まで出てくるようになった。

男同士で女の趣味の話をしていたらT氏は私の妻がかなりタイプだと言う。私もT夫人に

自分の妻には無い肉感的なイヤラシさ(私の妻はスマート、というかガリ)を感じていた

トコロもあり、一度夫婦交換をしてみようということになった。

「1時間だけ夫婦交換してみない?」T氏はT夫人と私の妻に向かって切り出した。

私も「今夜一度だけの遊びだからさ」とフォローを入れる。私の妻は「全く男って

一体何考えているのよ!」と口では言うモノの興味津々な様子。T夫人も私に戸惑い

の視線を送っているが、どうやらOKの模様。私とT夫人が寝室、T氏と私の妻が

客間に移ることになった。

私はT夫人のグラマラスな身体と人妻ならではの情の深いテクニックを味わった。2回目

のSEXは「今夜だけだから・・・」とT夫人の方から求めてきた。


体験談関連タグ

|||||||

2014年10月10日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】新たな家族。ー序章ー【血縁SEX】

「おいっ、どういうことだクソ親父!」ある日、両親が離婚してから半年が経とうとしていたある昼下がり。

亮介は声を荒げていた。無理もない。「いきなり新しい家族を紹介する。」だなんて言われれば誰でも腹は立つ。

「まぁ、待て。とりあえず落ち着け。」と父親に制止させられた亮介は歯を食いしばり椅子に座った。

「入りなさい」と一言親父が言う。しばらくしてドアが開けられた。

そこには、しっとりとした艶と母性がにじみでた落ち着いた雰囲気を持つ女性と

その後ろに亮介と年齢がさほど変わらないであろう娘らしき少女。

この二人が今日から新しい家族ということらしい。年上の女性は涼子。そしてその娘を鈴音と言った。

何となく父親がこの人を新しい家族に選んだのかわかった気がした亮介は悔しくて仕方がなかった。

と、同時にどことなく、二人の魅力に引かれている自分にきがつくのであった。

この日から亮介の日常が大きく変わり始めたのは言うまでもないであろう。

体験談関連タグ

||||||||||

2014年10月9日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】美和子物語 吉井さん 締め締めごっこ【隣の芝生】

週末は高松の隠れ家へ出かけています。

金曜日の夕方に岡山を出発してドライブです。

車庫に車を止めてから食事に出かけます。

高松市内では数カ所のレストランや和食のお店を発見していますから。食後にはタクシーで帰りますのでアルコールもいただけます。

先週の週末はお寿司屋さんへ出かけました。

個室でお刺身と握り寿司をいただきました。一時間ほどで食事を切り上げて、カラオケを楽しむ事になりました。

数曲を二人で歌ってそしてダンスです。チークダンスですから吉井さんのトンガリ部分が美和子に接触します。

吉井さんは両手で美和子のお尻を抱えて・・・。

坊やがお元気です。唇を合わせてお互いの歯ぐきを舐めあいます。

美和子の中に入りたいとのお願いをされています・・・。吉井さんが暴発しそうだと言われますから、美和子がお口でキスする事になりました。

坊やの先端部分はピカピカに輝いています。

両手で坊やを持ってキスしましたら、その瞬間に噴射でした。

一週間分の核爆発のストックです。

美和子のお口には濃い口のザーメンで一杯です。

吉井さんがショーツを脱いでほしいと言われてそれに従いました。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年10月7日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】従姉妹の2人の内の従妹に【血縁SEX】

僕が高校1年の時、当時小学4年10歳の従妹と親戚の家で遊んでいた時の話です。

二階で3人で遊んでいて親は1階でしゃべり声が聞こえていました。まず遊び半分で服をめくり乳首をくすぐると「くすぐったい」と笑いながら反応したのを見て決心した「今日こそやろう」とそしてもう一回服をめくり今度は乳首を舌で舐め回してみたら流石に抵抗されてしまいましたが興奮が収まらずスカートを捲るとパンツの上から顔を押し付けて舐めていると「やめて」と声を上げられ親に気づかれるとまずいので手で口を押さえて続けました。もう1人のいとこは黙ってその様子を見てて僕は我慢できず従妹のパンツを脱がすと手をアソコに入れたり舐めたりしました。

流石に生はまずいので挿入まではしませんでしたが従妹は泣いてしまい僕は必死に謝り従妹に「親には言わないで」と言うと怖かったのか「うん」と頷いてくれました。

体験談関連タグ

|||||

2014年10月5日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】悦子日記 江波さん 看病の日々・・・【隣の芝生】

悦子日記 江波さん 看病の日々・・・前にも書きましたが江波さんとのラブラブの思い出です。

江波さんは糖尿病の治療中でした。デイトをしたり、お買い物には付き合っていただけますが、お泊まりでのデイトは経験が有りません。

江波さんは婿養子さんですからお家を空けると奥様に大目玉です。いつものように、会社の勤務が終わってから二人で出かけました。

新しく開業したフランス料理のレストランです。

開業を祝う生花の列を通ってテーブルに案内されました。きれいなお皿に盛りつけられたお料理は芸術品でした。

アイスワインを戴いて芳醇な香りと味に酔いました。満腹してからはショッピングです。

商店街で夏用のお洋服を買っていただきました。

レースのスーツとそれにマッチする下着類でした。

大型の紙バッグに入れていただいていつものホテルへ移動です。悦子は少し酔っぱらっています。

江波さんとお部屋に入ってキスされて朦朧としていました。

江波さんから試着して欲しいと言われて、買ったばかりの洋服を着ました。着ている洋服は江波さんが脱がせてくれます。

スーツを脱がせてから、スカートのクリップを外してずり下げです。

その瞬間にコロンの香りが江波さんに漂ったみたいです。江波さんが肩ひもを外して、ブラとショーツを脱がせてくれます。

パンストも脱がせてくれます。

いつもの儀式をする前におへそにキスされます。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年10月4日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】今日、姉を犯してきます。【血縁SEX】

オレは姉が好きだ。

家族として好きではなく、女として好きだ。

昔から天使のように優しく、美人でいい身体をしている姉はオレの格好のズリネタだった。

たまにいたずらで服の上からパイタッチや、偶然を装って風呂覗きなんかもしまくった。

その度に怒られているが、姉のほうとしても本気で怒るということはせず、「ダメでしょ?」と嗜める程度のものだ。

でも姉としてもおそらく気づいていたと思う。オレがそういう目で姉を見てることに。

もうすぐ姉がこの家を出て行く。

理由としては仕事上の都合で都内へ一人暮らし、といういかにもお約束な感じだ。

しかしオレとしてはたまったものではない。

正直言って姉が近くにいなくなるなんて考えたくもない。

もし一人暮らしなんてして男でも出来たら、それこそ発狂ものだ。

あの人はオレだけの姉であって欲しいし、オレ以外の男があの身体を見たり触れたりするなんて許さない。

でも現実ではそんな望みは叶うべくもなく、本当にもうすぐ姉はオレの傍からいなくなってしまうだろう。

だからその前に、姉を汚すことにした。

昨日、姉の携帯に「明日、姉ちゃんの事むりやり犯すから」とメールを送った。


体験談関連タグ

|||

2014年10月2日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】指先で蛇の生殺し【隣の芝生】

僕は非合法の性感エステでバイトしてました。お店には何かを期待した30代〜50代の女性が沢山いらっしゃいます。基本的にシャワーを浴びていただきパンティ一枚でマッサージをしてあげます。入念に揉み、擦りメロメロにしてあげますが決して局部には触りません。もちろん口も使いません。みなさん、可哀想なくらいパンティに染みを作って蛇の生殺し状態。こうしておけばまた次を期待して店に来てくれます。中には猛者がいてこちらの股間をつかみにきたり、露骨に金銭交渉をしてくる方も。全てお断りしています。ただ気に入った美味しそうな方は外であってトドメを刺してあげてお小遣いをもらいます。病気が怖いので100%コンドームを使い、イク時はゴムを外して呑ませます。人妻の八割は呑めますね。ねんごろになって大丈夫そうな方だけ、生入れ中出しをします。こういうことをするつもりで来られてる方はちょっとしたことですぐ逝くし信じられない痴態を見せますね。勤労奉仕の毎日でしたが人妻不信が増えて結婚願望がなくなりました。なんで人妻はあんなに簡単に股を開くんでしょ?

体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年8月28日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ