相互リンク先の最新記事一覧!

【恐怖】祟られ屋シリーズ  呪いの器【危険】

48:呪いの器◆cmuuOjbHnQ:2008/07/23(水)04:00:57ID:???0





日本国内には、いたる所に神社や祠がある。

その中には人に忘れ去られ、放置されているものも少なくない。

普通の日本人ならば、その様な神社や祠であっても、敢えて犯す者はいない。

日本人特有の宗教観から来る「畏れ」が、ある意味DNAレベルで禁忌とするからだ。

かかる「畏れ」は、異民族、異教徒の宗教施設に対しても向けられる。

また、このような「畏れ」や「敬虔さ」は、多くの民族に程度の差はあれ、共通するものである。

しかし、そういったものに畏れを感じずに暴いたり、安置されている祭具などを盗み出す者たちがいる。

その多くは、日本での生活暦の浅いニューカマーの韓国人達だ。

詳しい事は判らないが、朝鮮民族は単一民族でありながら「民族の神」を持たない稀有な存在だという。

神を持たないが故に、時として絶対に犯してはならない神域を犯してしまう。

「神」の加護を持たない身で神罰を受け自滅して行く者が後を絶たないということだ。

この事件もそんな事件の一つだと思っていた。


体験談関連タグ

|||||||

2014年7月22日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【近親相姦】なのは×ネス 【血縁SEX】

ここはオネット・・・・・・・

なのは「わああああああああああ!!!!!!!」なのはが落ちてくる♪・・・・

ネス「・・・・・!?!?!?何の音?・・・・・ネスが見に行く♪・・・・・・・・・・・

なのは「ててててて・・・・・・ここはどこ?あなたは?ヴィヴィオはどこに行ったの?・・・・・」なのはが探すと・・・・

ヴィヴィオ「なのはママーーーーーーー!!!!!」ヴィヴィオが泣きながら走ってくる♪

ネス「・・・・?君達は?・・・・・・・・」ネスが尋ねる

ポーラ「ネス私はもう駄目さようなら♪」ここはハッピーハッピー村

ブルーブルー「あいつに仲間が出来たようだから♪ポーラお前はもう駄目だな♪」ブルーブルーがポーラの服を引っぺがす♪そして火山のある方へ♪

ポーラ「はい・・・・・・」ポーラは手足を押さえつけられ火山のある方へと連れて行かれる・・・・・・・・・・・・・

ポーラ「さようならネス・・・・・・」ポーラは遠くへと連れて行かれた・・・・・・・・・・

ネス「君は女の子?」ネスがなのはを不思議そうに見つめる♪

なのは「私はなのは♪高町なのは♪宜しくね♪えーと♪・・・・」なのはは困惑する♪・・・・・

ネス「ネスだよ♪宜しくね♪これから隕石を見に行く処だったんだよ♪

ポーラ「うう・・・・・熱そう・・・・・」ポーラは火山の壁に磔にされている♪これから少しずつ溶岩に落とされて行くのだ♪・・・・・・・

ネス「じゃあ一緒に行こう♪なのは♪」ネスは笑顔で歩きだす♪


体験談関連タグ

|

2014年5月28日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【レイプ】暇だから俺のレイプ体験記書いてく【鬼畜】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/10/06(日)18:27:35.53ID:XLB8Apx/0<>

俺は初めて読んだエロ本が「強感」ってレイプ本で

初めて見たAVがSMものだったから性癖が歪んだと思う。

中学の頃から同級生を無理やり犯す妄想をしてしこってた。

無理やりおっぱい舐めたり、壁に磔にして玩具のように犯したりする妄想ばかりしていた。



高校生になると、電車や学校で短いスカートで美味しそうな脚をさらけ出してる

女ばかり見ることになる。夏になれば、夏服で透けブラという、私でオナニーしてください状態になる。

俺は毎日、そいつらのおっぱいや脚を触りたかったし舐めたかった。妄想で我慢出来なかった。



毎日乗る電車に、茶髪ロングの違う学校の女子高生がいた。制服は紺で、短いスカートからは

小麦色の脚が伸びていた。いつも乗る電車は朝だけどそれほど混んでいないので、その女はいつも座っていた。

脚を組むと、本当に見えそうで見えない絶対領域が出現して、それが毎朝俺を勃たせていた。

名前も、どこの学校の女かも知らない。ただ、俺の高校生になってからのオナネタ第一号だった。




体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年4月15日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【浮気】女友達のお願い SとM【不倫】

ゴールデンウィークも終わり、普段の生活に戻った。

休日中は、俺の両親が「泊まりに来い。」と俺達家族を招待していたので、

この時だけは俺自身も実家に泊まらされる羽目になり、自由と言うものは全く無かった。

それに仕事で休みなど無かったせいか余計にストレスが溜まっていた。

俺はずっとA美の事を思っていた。

彼氏とどうなったのか凄く気になっていた。

ゴールデンウィークが明けた日の昼休みにA美からメールが入った。

「電話してもいい?」

俺はこの日は現場に入っていて電話が出来る状態では無かったので、

「ごめん。現場に入っているから今は無理。」とメールを返信し、

ものの30秒もしない内に「了解です。」とA美からの返信メールが入った。

「やはり駄目だったんだな。」とたったこれだけのA美からのメールでそう悟った。

はっと思い出したように俺はメールをし直す。

「今日から4日間現場に入るからその後俺から連絡する。」

本当にメールは面倒臭いので嫌いだ。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月9日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

このページの先頭へ