相互リンク先の最新記事一覧!

【近親相姦】メガネの女の子 【血縁SEX】

367:名無しさん@HOME[]:2007/08/20(月)21:49:04ID:0

高校に入ったとき、大人しそうなメガネの女の子から話しかけられた。

自分で言うのもなんだけど

当時の俺は結構モテた方で、言い寄ってくる女はこの子だけじゃなかったから

突然、別にその子に話しかけられたときも、そのことで違和感は感じなかった。



俺の周りの女は比較的華やかなのが多かったんだけど

真面目で大人しい感じのその子は、俺の目には異色に写った。

大人しい外見とは裏腹に、妙に人懐っこくて可愛らしいその子は

スッと俺の心の中に入りこんで来た。



普通の子は、俺の趣味とか好きな女のタイプに興味を示すのに

その子は、俺の家庭環境や母や父の人柄に興味を示してたから

「変わった子だなあ」と思ってた。




体験談関連タグ

|||

2013年11月7日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】母の下着軽量化2 【血縁SEX】

前編:母の下着軽量化1





1名前:ネコ耳少女(神奈川県):2007/04/19(木)11:45:28.04ID:bvtPTdMX0

立ててやったぞ





7名前:ほうとう屋(樺太):2007/04/19(木)12:23:16.84ID:w9fehWppO

1

お手数かけて申し訳ありませんでした。

スレ立て乙。

学食は密集度が高いんで、終わったら報告に来ますね。

すみません、






体験談関連タグ

||||||||||||

2013年10月20日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【修羅場】恭子 【脱力】

143:名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/06(水)21:56:12



すぐ傍らのベッドで小さな寝息をたてて眠っている、私よりも17歳年下の、

もうすぐ私の新しい妻となる愛しい女の寝顔をみていると、妻の浮気発覚、

そしてそれに続く地獄のような再構築の日々が、まるで遠い昔のどこか他の国の

出来事のように思えてくるよ、あなたたちが言ってることは正しいよ。

辛くても、悲しくても、一刻も早く離婚したほうが絶対に傷は浅く済むと思うよ。







144:名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/06(水)22:00:30



143

何者だ!名を名乗れ




体験談関連タグ

|||

2013年9月30日 | 体験談カテゴリ:修羅場体験談

【浮気】取引先の社長からの相談(関連) 【不倫】

取引先の社長からの相談





ババアネタ、評判が悪かったので、その社長絡みの若い子のネタで・・・。



その取引先に入り浸ってたのは、以前書いた通り。

社長は、社長と言っても秘書とかはいなく、総務部が秘書っぽいことをしていた。

その総務部に、会社の生き字引と化しているお局さんがいた。

そのお局さんが、ものすごく怖い(ヒステリック?)人だった。

総務部に限らずに全社的に恐れられていた。外部の俺には愛想がよかったのだが。。。



誰彼構わず怒鳴っていたが、特にターゲットになりやすいのは、社歴の短い女性社員。

入社2、3年目のA子(総務部)もメインターゲットの一人だった。

A子は、ちびまるこちゃんを大人っぽくして、美人にした感じの子だった(わかる?)。




体験談関連タグ

||

2013年9月12日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【修羅場】壮絶 【脱力】

638名前:名無しさんといつまでも一緒[]投稿日:2008/06/05(木)13:49:420

復讐というか、昨日ママ友さん夫婦から聞いた話なんだけど・・



ママ友ダンナさんは、元劇団主催者さん。

大学時代から営んでいて、お約束ビンボー劇団(本人談)で片っ端から

様々なバイトをこなしては運営費を賄っていたんだそう。



幾つか舞台もできるようになった頃、大学時代の友人の一人がやってきて

『結婚したいけど、親は他界している。彼女の家柄が厳しいので“後見人”

みたいな役で彼女の家に許可を貰いに一緒に行ってくれないか?』と。

初めての舞台の時に花を贈ってもらったり、その彼が嫌いではなかったから

ママ友ダンナさんは2つ返事で引き受けた。



舞台で培ったメイクの手助けもあって、彼は無事婚約できた。




体験談関連タグ

|||

2013年9月4日 | 体験談カテゴリ:修羅場体験談

【修羅場】少年実話 14 【脱力】

俺は何故か、付き合う女の子(風俗嬢)に、よく身内を紹介されます・・・。

物凄く困る・・・。何も言えないし、対処方法が判らない。

「今度の生休に、実家に帰ろうと思うんだけど。」彼女は夕食を作りながら

テレビを観ている俺に言いました。聞こえていない振りをしていると、

目の前まで来て、「一緒に長野まで来てよ!」と言うので、

「面倒くさいよ。一人で帰れよ・・・。」と言いました。彼女は

「結婚してくれ!とかじゃあーないから。遊びに行くだけ。」と言いました。

「電車(あずさ)は酔うから、嫌なの。車で一緒に行ってよ。」と頼まれました。

当日、起きない俺を無理やり起こし、スーツに着替える様に言いました。

「オイオイ!何でスーツやねん!!もっと、ラフなカッコが・・・。」

彼女は顎と目で”早く!!”と合図して、シャツを俺に着せました。

「こんなん、いつ買ったんや。ダサダサや〜。」そのスーツは全く、

俺の趣味に合わない、3つボタンのシングルで、鏡に映る自分は

”七五三”の”とっちゃん坊ーや”でした。ハメられた・・・。内心、思いました。

首都高4号新宿線から中央道に入り、新緑が綺麗で彼女は少し


体験談関連タグ

||||||

2013年8月24日 | 体験談カテゴリ:修羅場体験談

【人妻】個室持ち【隣の芝生】

34歳の会社経営者です。

一応、社長ということで個室を持ってはいますが

秘書はこの不況でつけていません。

うちの会社は事務員の大多数がパートさんなのですが

ここ数年は主婦のパートが増えました。

やはり不況の影響でしょうか?

そして慣れてくると社長室への出入りも増えます。

43歳の○谷さんは先日、旦那さんのボーナスがカットされ、住宅ローンの

支払いが大変なので前借りをさせてくださいと申し出てきました。

冗談で

「私を気持ち良くしてくれたらいいですよ」

と言うと手と口を巧みに使って昇天させてくれました。

この噂が一部で広まり社長室は風俗店のような匂いがするほど

入れ替わりで“ヌキ”に来る様になりました。

一番素敵なのは岡○さんで、2〜3時間はデスクの下で私の肉棒を


体験談関連タグ

||

2013年8月13日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【修羅場】特攻嫁Tチーム 【脱力】

10:恋人は名無しさん:2007/11/20(火)00:03:20ID:taGHBCjw0

長文失礼します。年齢は当時です。



私 26才 会社員

T男 34才 会社で私の所属するチームのリーダー

N男 28才 Tチームのメンバー、私の彼氏

S男 24才 Tチームの新人

M子 26才 Tチームのアシスタント



新しいプロジェクトに配属されたら、メンバーの中に私が社内の人には内緒でつきあっているN男がいた。

N男は仕事とプライベートを混同する人ではないし、私もそのつもりだから、同じチームで仕事をすることに問題はないと思った。ただ、社内では慎重に行動することを二人で約束した。

リーダーのT男としては、N男と私に主な仕事をさせながら、新人S男に仕事を覚えてもらう、という心づもりだったらしい。



11:恋人は名無しさん:2007/11/20(火)00:04:00ID:4DKzhbUg0

S男の教育を担当するのはリーダーのT男だが、実際の業務中に組んでアドバイスするのは主にN男だった。


体験談関連タグ

||||||

2013年8月8日 | 体験談カテゴリ:修羅場体験談

【寝取られ】妻の体 【鬱勃起】

私の妻の小百合の学歴は、早稲田大学卒で、頭は良いのですが、体がおかしい。

私が知り合ったのは、○○○−○○○○・ジャパンに入社した後で、小百合の本当の姿は結婚するまで分かりませんでした。

大学のサークルの後輩の紹介で、5年前に知り合い3年前に結婚しました。

四谷にある本社から夜遅く帰って来る来る日が週に2度程有り、残業だからしょうがない

と思っていました。

しかし遅く帰って来る日には明らかに小百合の体に変化があります。

おっぱいには吸われた様な赤いあざがあったり、腿にもあざが有ります。

割れ目にも白いシミが有り、どう考えても男に犯されたとしか思えません。

小百合はどの男が見ても性欲を掻き立てられる体で、私もひと目見た時から、小百合の体を

思い出し夜に悶々としました。

胸の谷間が見えるシャツは止める様に言っても、毎日着てゆきます。

中央線で痴漢に遭うのが心配です。

しかしまさか会社で輪姦させているとは思いませんでした。

あまりにも体に異変があるので、小百合についに聞きました。

そうしたら、妻から驚くべき事実が告発されました。


体験談関連タグ

|||

2013年8月7日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】ねぇちゃん!出ちゃうよ!3 【血縁SEX】

前編:ねぇちゃん!出ちゃうよ!2





ねぇちゃんと酒を飲みに行ってから一ヵ月後が過ぎた。

相変わらずねぇちゃんは仕事で忙しく親族の法事にも顔を出さない。

見かねたお袋が電話するがまったく出ないらしい…

そこで俺に役がまわってきた。「おねぇちゃんに電話しなさい」と

お袋のご命令。



「もしもし?ねぇちゃん?」

「あっ?モシモシ?サトシ?」

「そうだよ!なんでお袋の電話でねぇんだよ!」

「えっ?だって今空港だもん、仕方ないじゃん!」



どうやら支店長が社員5人引き連れて海外視察。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年8月3日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

このページの先頭へ