相互リンク先の最新記事一覧!

【近親相姦】一日ペット - 2【血縁SEX】

バカな約束をしたと気づいた時には、もう手遅れ。当然まともに勉強もしなかった俺が勝てる訳も無く、仕方なく帰宅。すると葵がニコニコしてリビングにいた。「あ、帰ってきた。私も今帰ってきてゆっくりしてたとこ。」嘘つけ。何十分も前からここにいたくせに・・。と思っていると葵が「わかってるよね」と笑いながら言って来る。忘れてることを少し期待したが無理そうだ。「しょうがないから、言うこと聞いてやる。何がいいんだ?どっか遊びにでもいくのか?」と聞くと、「そんな訳ないでしょ?いいから私の部屋に来て。」と言われて何かと思い葵の部屋に入る。するといきなり紙袋を渡された。「なんだこれ。服か何かか?」 「いいからそれ着て来て。」訳もわからず、自室に入る。俺はてっきり葵が俺の服を買ってきてくれたと思った。中身を見るまでは・・・。

体験談関連タグ

||||

2015年2月15日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】お兄ちゃんと……【血縁SEX】

私は、桃((仮))です。

私には、お兄ちゃんが2人います。その内の1人と、

イケナイことをしてしまいました。



———————————

ガチャッ

バタンッ

「隼人兄!帰ってたの?」

「うん。一応30分前に帰ってたけど、

 腹痛でダウンしたから、トイレ入ってた。」

私がイケナイことをしたのは、隼人兄の方で、

瞬兄の方ではない。

いつもと同じ会話をしていた。

当然、このときは、あんなことをすることになるなんて、

知っている筈もありませんでした。


体験談関連タグ

||||||||||||

2015年2月14日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】犬猿の仲 その2【血縁SEX】

妹との仲むつまじい、生活は、直ぐに、破綻した。

ある夜、残業で帰りが遅くなった。部屋の明かりが、消えていたので、

おーい、寝たのか?おっやっぱり、寝たのか。

布団に入って、

寝てる。

まだ、9時だぞ。起きて、待ってろよな。1人で、飯食っても美味しくねぇだろ。

それにしても、

早く引っ越さないと、いつまでも、同じ布団にって、訳にもいかねぇな

って、独り言の最中に、妹が寝返りした。艶やかで、張りのある。見事な、足、違うな、太ももだ。食事もそこそこに布団に、潜りこんだ。えっ!!

布団をめくると、妹は、チビタンクトップにホットパンツ姿。

しかも、タンクトップから、見事な胸がはみ出し、うっすら乳輪も確認出来る。片膝を立てた又とホットパンツの隙間からヘアーも、

妹の裸は、風呂では、見馴れてるけど、薄明かりに照らされた。チラリズム状態では、欲情に値した。思わず、タンクトップの中に、手を差し入れて、弾力と柔らかさが同居する。見事な巨乳をゆっくりと、揉んだ。すると、手のひらに乳首を感じとり、優しく、乳首を中心に、回すと、コリッと立った乳首が立った。ボタンの外れたホットパンツのファスナーを下げて、手を、そっと差し入れ、密林を抜け、クリを中指の腹で、転がし、名残惜しいが、先に進んだ。そこは、溢れんばかりの、沼地に、到着した。何だよ。

もう濡れ濡れだな。指2本で、刺激を加えようとした。その時、視線を感じ、妹の顔を見たら、潤んだ瞳で、お兄ちゃんって手を首に回して、嬉しい。抱いて。頭の中は、パニック状態だが。手は、止まらない。

タンクトップをまくり上げて、プリンプリン揺れる、胸を十分堪能して、舌を、胸、脇腹、へそ、下腹、内もも、

裏もも、ホットパンツを剥ぎ取り、又の付け根に舌を、


体験談関連タグ

||||||||

2015年2月12日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】うちの娘 6【血縁SEX】

この神社はめったに人が来ない場所です。

「今度うちに来てよ・・・。」

彼女が言いました。

「うん僕そろそろ帰らないと・・。」

「わかったじゃあね・・。」

服を着て急ぎます。

妹を迎えに行かなければなりません。

妹はぽつんと一人で待ってました。

私を見て駆け寄ってきました。

妹の立っていた場所が濡れています。

「おしっこ出ちゃったの?」

妹は困った顔でうなづきます。

私は妹のスカートを捲ります。

前は車が走っていて人通りもありました。

幼い性器が現れました。


体験談関連タグ

||||||

2015年1月29日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】理想の女性【血縁SEX】

僕には姉がいるんですが思春期の頃になると、僕から見ても姉は綺麗で歳が離れていて優しく、そんな姉を僕は女として見ていました。

姉を紹介させてもらうと歳は27歳で背は169ぐらいでムッチリ体型何だけど痩せてて胸が大きい。

僕は18で高校生、姉が住むマンションに居候してる。

僕は姉を女として見ている為毎日がドキドキ、おまけに姉は仕事から帰ってくると基本タンクトップにデニムの短パン姿でいるから、いつも襲いたくなるんだけど、我慢して部屋で抜いていた。

でも、これまで僕は、姉のエロイ姿を思い出したり、脱いだばかりの下着で欲求を満たしていたんだけど、それも物足りなくなっていき、今まで思わなかった姉とHしたいと思うようになっていった。

月に二回ぐらい僕は姉とたまにお風呂に入るのですがいつも恥ずかしくて姉の裸を見れないんだけど、髪の毛を洗っている時に少しだけ見ることができました。

そして僕は姉としたくなり普段自分からは言わないんですがその日は

「お、お姉ちゃん、今日さ、一緒にお風呂はいろう?」と恥ずかしかったから俯いて言ってた。

「**から珍しいね。いいよ、食器洗ってからいくから先入ってて」

僕は急いで服を脱ぎ浴槽に浸かって姉を待ってた。その間アソコはギンギン状態。

三分ぐらい浸かってたら、ガチャと風呂のドアが開く音が

「お待たせー」と何かご機嫌だった。やっぱり僕は姉の裸が見れず姉に背中向けた状態で湯に浸かり、姉はシャワーで体を流している様だった。

ツンツン突然背中をつっつかれ一瞬ビックリして姉の方を振り向くと姉は椅子に座り少し前かがみになっていて姉の胸が僕の顔の近くで少しだけプルプル揺れてた。

やっぱりお姉ちゃんの胸大きいなと思いアソコは益々すごい事に。

「やっと見てくれた、**いっつも背中向けるけど、恥ずかしいの?」


体験談関連タグ

||||||

2014年12月26日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】俺の実の姉、瑞樹ちゃん 1【血縁SEX】

姉がいる人はだいたい姉の事お姉ちゃんと言いますよね

でも僕は姉の事を瑞樹ちゃんと呼んでましたそんな僕の姉、瑞樹との話です

僕は姉が大好きです。もちろん理由はいくつかあります

まず見た目が可愛いと言う事が一番です。自分でいうのもあれですが、かなり可愛いです

小西真奈美とほしのあきを混ぜて猫系にした感じのルックスです

そして姉はモテます。姉が勤めていた(姉はよく仕事をかえる 笑)

ある会社では面接の時一目惚れされ告白されてその男と付き合ってました

また、姉が車を買いに行くとき車屋の上の方の人?にも口説かれていました

その人とは見た目がかっこよかったと言う事もあり、姉も好きで付き合ってたん

ですけどね結局別れましたけど

めちゃ男を乗り換えていました。決まって姉から振るんですが

なぜ僕がこんなに姉の恋愛事情を知ってるかと言うと姉は恋の悩みなどよく母に

相談してましたからね。まぁ僕は横で興味なさそうに聞いていて実は

姉のエロい姿で抜いていたんですけどね(笑)

とにかくめちゃ可愛い姉何です。


体験談関連タグ

||||||||

2014年12月19日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】年下の姉、、策略【血縁SEX】

俺は、2人兄弟で、大学2回生だ。母子家庭だが、兄貴とは、

13歳離れている。この度、母が他界して、新婚の兄貴が、実家を相続して、3人暮らしが始まった。

兄貴は、予備校の講師で、去年自分の生徒だった。

予備校生、千明と結婚した。年下の姉が、出来た訳だが、兄貴には、悪いが、千明さんとか、姉さんとか、呼ばべず、千明なのには、理由がある。千明は、俺の後輩で、高校時代に彼女持ちの、俺に付きまとっていた女だからだ。兄貴から、驚くぞと、婚約者って紹介された時は、表向きは、平静を装ったが、内心は、千明への、猜疑心で、一杯だった。 兄貴夫婦は、下で俺は、2階 で生活した。

入試シーズンが近くなり。兄貴の帰宅が、遅くなりはじめた。俺は、なるべく、遊んだりして、千明と2人になる時間を減らしていたが、バイトの金が回らなくなり、仕方なく、早く帰宅した。千明は、サークルが忙しく、バイトする暇がないトホホだな(苦笑)。千明は、背中流そうかとか、

ここぞとばかりに、風呂は覗くし、薄着で、歩きまわり、誘惑する。

部屋に鍵をして、なるべく、出ない様にしてる、

すると、千明は、強行策に出てきた。トイレや風呂は、無防備だから、

例えば、トイレのペーパーをなくして、呼ぶのを待ち、

ドアを最大限開き、俺の制止を聞かずに、凝視しする。こんな行為が、逆効果だと気付かないのか。会話すらなくなる。(千明は話しかけてくるが無視してる)

千明は、腹を立て、裸で、風呂に侵入してきた。

いくら、嫌いな女でも、健康な大学生が、ルックスは、Aクラスでナイスボディの全裸の女に、欲情しない訳がない。

初めは、我慢したが、千明は、股を開き、AVさながらの指マンをする。

我慢できるかってーの(苦笑)

2人は、肉体関係に陥り、兄貴の目を盗み、千明の要求に、身を任せた。入試シーズンが、終わり。夏に、


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年12月10日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】まさか、姉が…(2)【血縁SEX】

年も明け、中3のボクの高校受験も近づいてきた。

家から近いという理由で実力より1ランク下の高校を受験する。

なので気持ちはけっこう余裕がある。

姉、高3のゆきねえは昨年末には就職も決まり、

のんびりと高校生活最後の休みをエンジョイしていた。

そんな2月半ば、祖母が転んで脚を折って入院した。

見舞いに来ていた親戚と何か神妙に話をしていた。

それが何の話か解ったのは、

祖母の入院から2週間経った頃。

祖母はある親戚の近くの病院に移ることになり、

退院後はそのままその親戚の家に行くことになった。

単身赴任の母は、4月からこちらに戻ってくることになった。

ゆきねえの就職先は、ここから汽車で1時間半の大きな街にある。

なのでゆきねえは4月から独り暮らしを始める 。

そしてここに祖母がいなくなると、ボクも4月から独りになってしまう。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年12月4日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】犬猿の中 その1【血縁SEX】

俺と一つ上の姉貴は、超絶に仲が

悪い。きっかけは、中学の時に、

他校へのカチ込みで、番各を俺が

フルボゴにして、権威喪失し虐めで自殺した奴が、

姉貴の彼氏だったそれが原因で、

決定的に、仲が悪くなった。

それに、両親が

お姫様の様に

可愛いがる妹が、俺になついてるし俺は、裏番で、

表向きは、優秀。それも、

気に入らないようだな。

親が、女ヤンキーを可愛いがるかよ完全にひがみだ。

中学卒業後、

ホステスになって家を飛び出した。姉貴とは、完全に疎遠になった。

俺が高専を卒業し就職して、1人立ちして一年が


体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年12月4日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】まさか、姉が…(1)【血縁SEX】

たぶん、長くなります…

ボクが幼稚園の頃、父親は他界した。交通事故だった。

家に残されたのは母親と祖母、ボクとボクの姉。

まだ幼かったボクは、住み込みで働き始める母についていくことになった。

姉のユキは、実家で祖母と暮らすことになった。

ボクが小学校2年生になってからは、

夏休みや冬休み、春休みなど学校が長い休みになると、

その期間だけ実家に戻ることになった。

ユキねえと呼んでいたボクの姉は、 ボクより3歳年上。

5年生のユキねえは、ボクの宿題を見てくれて、

宿題がよく出来ると、ユキねえはちゅうしてくれた。

「まこと(ボク)、すごいねー!ちゅっ」

それが嬉しくて、宿題も頑張った。

ボクが3年生になっても、同じような休みを過ごしたけど、

6年生になった姉は自分の勉強に一生懸命になっていたので、


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年12月1日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談
1 / 2312345...1020...最後 »

このページの先頭へ