相互リンク先の最新記事一覧!

【恐怖】腕を這うもの【危険】

 この実話は怖いというかキモイというか…虫の嫌いな方は読まない方が良いかも知れません。



 僕の実家には花壇を造るような庭が無かったので、僕の母はプランターに様々な植物を植えて楽しんでいました。

 僕もたまに植物の手入れを手伝いました。僕の好きなクチナシの花は春先や初夏には葉に蝶の幼虫が付くので箸で摘んで駆除したりしていました。



 さて、それは今から十数年前の異常に暑かった夏の夜の出来事です。

 その日の夜も気温が下がらず、茹だるような熱帯夜でした。でも僕はエアコンが苦手なので窓を開けて網戸にして汗だくになりながら寝るのです。

 僕は暑さに辟易しながらも、窓の外のすぐ近くに置いてあるプランターのクチナシの花から漂ってくる甘い香りを嗅ぎつつ、いつしか眠りに落ちていました。

 

 どのくらい寝た頃でしょうか。

 僕は自分の体に何かの感触を感じて眠気が覚めました。

 まだ眠くて朦朧としながらも感触がどこから来るのか意識を集中し、その感触が左腕なのだという事に気が付きました。

 そして僕は慄然としました。半袖パジャマから出ている左腕。その左腕を誰かが触れている感覚がするのです!

 まるでヒンヤリとした女の指先で触れられているような感触…。そしてその感触が徐々にゆ〜っくりと動かされるのを感じて鳥肌が立ちました。




体験談関連タグ

|

2015年7月30日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】オオカミ様の涙【危険】

名作・宮大工シリーズの6話目です。



1話 オオカミ様の神社の修繕



2話 俺が宮大工見習いを卒業し、弟子頭になった頃の話



3話 蛇神様を奉っている小さな神社



4話 親方の本家が有る村の浅間神社



5話 とある街中の神社の立替で







ある年の秋。


体験談関連タグ

||||

2015年7月23日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【寝取られ】清楚で美しい嫁が、母親の借金のせいで身も心もヤクザに堕ちていく 【鬱勃起】

妻のミクが、清楚な白のブラウスを着て、目隠しをされた状態でベッドの中央に女の子座りをしている。

熱を感じるくらいに明るい照明で全身を照らされているミクは、目隠しからはみ出ている部分が白飛び寸前なくらいになっていて、いつもよりも美肌に見える。



そして、そのベッドを囲むように、ブリーフ一枚だけの男達が1ダースほど、ミクを見つめながら自分のブリーフの中に手を突っ込んでまさぐっている。



そして、業務用のデカいカメラを抱えた男が、ミクを真正面から撮している。カメラを持った男が、

「どう? ドキドキする?」

と、少しからかうようなニュアンスを含みながら聞く。



するとミクは、口の端を少しあげて微笑むと、

『はい。楽しみです#9825;』

と答えた……。ほんの些細なきっかけだったのに、どうしてこんな事になったのだろう? 私は椅子に縛り付けられ、猿ぐつわをされた状態であの時のことを思いだしていた。





#8212;#8212;ミクは、エプロンを着けキッチンで朝食を作っていた。ニコニコとしながら、楽しそうに朝食を作るミクを見て、私は今日も一日頑張ろうと思っていた。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年6月18日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【泣ける】2歳の娘【感動】

ヤベーな。オイ。前、俺のツンベにカマ掘りやがったのがいたのよ。

それが25歳の女でよ。

額切っちゃってたから激怒して、その場で一筆書かせてやったのよ。

で、修理代が300マソ。もちろんソッコー取立て。

その女、旦那と別れて狭いアパート暮らしで2歳の子供までいやがんの。

金払えないなんてふざけた事ぬかしやがるから体で払えって。

ちょっと生活疲れしてるけどスレンダーで結構好みだったから萌。

シクシク泣くのを無視してストリップやらせて萌。

んで、その後は無理やりJrをぶち込みまくり。

溜まってたから濃い〜のがいっぱい出たよ。もちろん中田氏。

一晩2万ということで体で払わせる事にして、それから週3ペース。

俺の大好きなローションプレイさせたり、縛り上げて写真撮影したりで。

尻の穴まで舐め回してやって泣きながら力無く抵抗してあえぐのがまた萌。

しばらくしたら俺が行く日は晩飯作って待ってやがるからバカな女よ。

で、何がヤバイってその女の2歳の娘。


体験談関連タグ

||||

2015年5月19日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】性器用新聞【危険】

性器用新聞(せいきようしんぶん)



毎朝、配達される新聞。池D先生が学会員から集めた金で世界中から買い漁った名誉称号の紹介記事がほぼ一面を飾る。自分の気に入らない人物などの悪口雑言を載せることも。



読むたびに寿命が100日縮む。抵抗すればするほど強引な方法で配達され、一家庭に複数部も取らされることになっていく。この漫画の主人公・奇形霊(きがたれい)は購読拒否をあきらめてしまう。



奇形霊は悪の教団に取り込まれてしまってから、邪淫が激しくなり朝晩のマスターへーションが止められなくなっていた。今では常時マスかけるようにズボンのポケットの底に穴をあけ、四六時中自分のモノを弄っていた。人と話していてもゴソゴソとポケットの中で手を動かし、目がうつろなので、教団と関係のない人間は怪訝な顔で奇形をみるのだった。



マスターへーションを日に何回もするので精も根も尽き果て、気力なく顔色も悪くなっていった。





強力な悪の霊団による一種の呪いだが、それ以外の他の邪悪教団の介入は排除しようとする。



一般的な人間が見ると普通の新聞とは思えない。悪の教団は、なにかしら因縁のある人間を取り込み、配達人として使役する。配達人は、生きている人間を勧誘することでしか幸せになれないとマインドコントロールされていく。




体験談関連タグ

|

2015年5月14日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】ドラム缶風呂【危険】

先に言っとくけど、霊関係の話じゃない。



昔、小さい印刷会社みたいなとこで働いてた。

ホントに酷い会社で、筋モンの作る偽物の株券とか、政治団体の中傷ビラとか、法律にひっかかる様なことをフツーにしてた。





事の発端は良くある話。

あるチンピラがどっかの事務所の金ちょろまかしたらしいんだよ。

んで、風俗とかサウナとか焼肉屋とかラブホとかあっち系列の店に配るためのビラの仕事が来たんだわ。

大概は探偵とかそういうので探して見つけ出して、かっちり追い込みかけておしまい。

でも今回は人海戦術ってやつでいくらしいんだとさ。

なんでも下の奴らの忠誠度を試したいんだってよ。

ウチの会社が儲かるから事情はどうでもいいんだけどな。



最悪なのは俺とソイツがスロ仲間だったこと。


体験談関連タグ

|||||||

2015年5月2日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】宝くじに当たったら3人の泥棒に入られた【危険】

<>102:名無しの心子知らず2013/11/1914:01:07ID:Tl2ayDx5<>



宝くじに当たったら泥棒に入られました。 しかも3人。



あるとき私が年末ジャンボで10万円が2本も当たったので、幼稚園の送迎時井戸端会議で話した。

例の大地震から一年近くたってたとはいえ、家の修繕も完全でなかったので、

これで家が直せるわーと言う話になった。

その地区でうちはちょっと他の家とは違う打撃を受けてて、

一部の破損部分をずっとブルーシートで覆いっぱなしになってた。

大きな破損だったために被災補助だけでは足りず、

ローンとかも無駄にお金をかけたくないということで、修繕費ができるまで

放置しようということにしてたのがこれで目標額になるために、

これでやっと直せるわーというと話してた。



そしたらその晩、二階で寝ていると一階から物音が…と思った瞬間


体験談関連タグ



2015年4月19日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】マイマイカブリ【キモグロ注意】【危険】

<>152名前:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/05/25(月)22:01:13ID:NkSEXO8n0<>

・・・はあ・・・はあ、今の今まで金縛りになっていた



この話は若干の脚色はあるが本当の話だ

うちのすぐ近くに某大学の学生寮があり、かなり広い敷地の一番奥の所には首くくりの木というのがある

噂だけだが以前に寮の学生がこの木で首をつったという

見たところ高さ6mくらいの頑丈なクヌギの木で、周囲はテニスコートとくさむらだからこの木だけやけに目立つ

さて小学校の夏休み、この木にクワガタがいるという話を聞いて私はこの木を蹴飛ばしてみたが

小学校低学年のパワーではびくりともしない

しかし一緒にいた岡村という馬鹿が近くに落ちてた太い木の枝を拾ってきて木に一振りした

すると今度は何かが地面にぺたっと落ちてきた・・・!マイマイカブリという虫だった

そして次の瞬間ものすごいにおいがあたりに充満し二人とも退散した

マイマイカブリがあんなにおいを出すとはそれまで知らないことだった

30分くらいして懲りずに戻ってきた岡村と私は今度は鉄のパイプで木を叩きまくった

するとまた何かが今度はかなりの重量でどさっと落ちてきたので


体験談関連タグ

|

2015年4月14日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】ある会社の寮【危険】

1人暮らししてた時の話なんだけど、怖い目に遭った。

文章へたくそだし読む人はあんま怖くないかも。



住んでた部屋は6畳のワンルームで、玄関あけると台所で、その奥が部屋。

引き戸で部屋と仕切ってる。



最初の異変つーか怪現象は引っ越してきて2か月目くらいたった夜。

いつも通り布団に入ってうとうとしてたんだけど、

その時玄関からドアノブ回すみたいな物音がして目が覚めた。

で、なんか台所をミシミシ歩きまわる音がすんの。



引き戸の擦りガラスに人影うつってんの。

戸締りはちゃんとしたつもりだったけど、ドアチェーンもないドアだったし、

もしかしてピッキングかよマジこええやべえってなった。

いきなり行動すると相手に気取られてヤバいんじゃないかって思って、


体験談関連タグ



2015年4月12日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】気立てがよくて料理上手ってかんじだったな。【危険】

<>748名前:本当にあった怖い名無し投稿日:2010/02/17(水)00:55:45ID:8yenGAu90<>

気立てがよくて料理上手ってかんじだったな。

何って、俺の奥さんのことだよ。

部下や上司をつれてっても、文句もこぼさず、もてなしてくれてた。

おっとっと、ノロケじゃないから最後まで聞いていきなさいって。



大事にしてたつもりなんだけどさ。

男の大事にするってのは、老後も苦労させないって決意なんだよね。

俺もそうでさ、仕事にうちこんだよ。

ある時、直帰できたときに、奥さんが慌ててたのね。

変だなと思いながら着替えにいこうとすると寝室に入る前に止めようとするの。

まさかな、と思いつつも開けたら、男はいなかったけど、ベッドが乱れてた。

その時は、とっさに、昼寝してたのか、で済ませたんだ。

行為の後のシミは見なかったことにした。




体験談関連タグ

||||

2015年4月8日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談
1 / 3712345...102030...最後 »

このページの先頭へ