相互リンク先の最新記事一覧!

【浮気】銀行マンの妻に5発程注入 【不倫】

話は2、3ヶ月前の話になります。





するとMなのでたくさん突いて欲しいと書き込みを行っていた、伸枝という子からメールが返ってきました。



わずか1時間位やりとりをしてアド&写メ交換をして逢う約束をしました。

伸枝は29歳で銀行マンの妻でした。

平日の昼間に待ち合わせ場所に行くと、写メよりも数倍可愛い子が立っていました。



俺は心の中で小さくガッツポーズすると、その子に「伸枝ちゃん?」と聞くと「うん」と答えてくれました。



車に乗り込み1時間位ドライブをしてから近くにあったファミレスで遅めの昼食を取りました。



そこで話を聞くと3ヶ月位旦那とはレス状態で、旦那は出会い系にハマってると話してました。




体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年7月18日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【浮気】〜悦子との不倫〜 【不倫】

SEとしてまだ駆け出しの頃、配属された客先で悦子と出会った。



その客先は世界有数の大手企業で、やはり大手らしく、女性の社員や派遣社員が多かった。

正社員はいかにもコネで入った感じの実家が資産家らしい、お嬢様、ただし美貌には不自由な人ばかりだった。



その反面、女性派遣社員は粒ぞろいで、並以下のルックスの人など皆無だった。

その中で俺は悦子という女性に惹かれた。



俺と悦子の席は離れてはいたが、俺の席の真横にコピー/FAX/プリンタの大型複合機があった為、

しょっちゅう悦子が俺の横を通っており、それで俺の目に入った形である。



身長は157、かなり明るめのライトブラウンに染めたストレートロングヘアで、

肩甲骨の下あたりまで伸びており、いつも甘く爽やかなコロンの香りをまとっていた。



芸能人で言えば、ぶっちゃけ杉原杏璃にかなり似ており、唯一の相違点がおっぱいが貧弱である事だった。(笑)


体験談関連タグ

||||||||||||

2015年6月3日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【浮気】ウェディングプランナー「抵抗してもするんでしょ?」 【不倫】

式場回りをしていて某ホテルウエディングの式場へ足を運んだ。

プランナーのLさんは色白ですごくタイプの子だった。



式をしたあと、夜に良い部屋に泊まれるのがウリだとLさんは言っていた。

CMもやっているのでその印象を書いたりアンケートに答える。



Lさんは白の薄いブラウスを着ているのだがサイズが少し大きく、アンケートの

説明で前にかがむと隙間から中のブラが見えそうになるので目線がそっちに行ってしまう。

横に式場を一緒に回っている真理がいるので気づかれないように見る。 

 

ガーデン挙式もやっていて、通路から外で他の人がやってるのを見せてくれたが、

前に立っているLさんの横幅のあるオシリばかりコッソリ見ていた。



「ガーデンウェディングいいですよね、私もいいトシなんで両親から早くしろと

言われてて。


体験談関連タグ

||||||

2015年4月28日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【近親相姦】妹の友達と【血縁SEX】

<>798:なまえを挿れて。:2008/04/11(金)12:05:52ID:h6D69fqo0<>

妹の友達との出来事



大学生の時、正月に友人二人と俺の家で飲み会をしてた。

TV見て他愛もない話をしていた時に妹が友人と一緒に帰ってきた。

妹の友人は妹と同じ部活の娘で何度もうちに来てるし家も近く。

妹と友人は高3。彼女たちはどこかの宴会に行った帰りだと話してた。



俺はコタツに入って皆がゲームをしてるの後ろから見てたら

下半身に違和感があった。履いているジャージをまさぐる手がある。

妹と友人は3人でゲームをしてる。その瞬間、その手はコタツにもぐり

こんだ妹の友人のA美だとわかった。A美は背も小さいしそんなにかわいくは

ないが結構胸が大きく幼児体系に近い体で胸だけはすごいことを

知っていた。

A美は俺が履いていたジャージの上から俺のアソコを触りそれが


体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年1月10日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【恐怖】AVこわい【危険】

<>678本当にあった怖い名無しsage2011/02/07(月)20:00:51ID:rRBkcMkG0<>



今から17年前、1994年の夏の話です。

当時私は東京に出てきたばかりで、裏ビデオにハマってました。

その日も店員に薦められた裏ビデオを買い、

自宅に帰ってさっそく見始めました。

それは主観視点で作られたビデオで、自分の好きなタイプのAVです。

主観視点とは要するに、男が自分で片手にビデオを持って性行為をしながら撮影する

いわゆる「ハメ撮りビデオ」です。

自分自身が男優になったかのような疑似体験ができるので気に入ってました。

裏ビデオにしては比較的画質も良く、出ている女の子は美人で巨美乳・スタイル抜群、

素人なのか恥ずかしさやためらいがあってそれがまた興奮しました。

女が裸になって、マ○コをパックリ開き(もちろん無修正)、それをカメラがじっくりと撮影し、

手コキ・パイズリ・フェラ・手マン・そして本番のハメ撮りと、

性行為のオンパレードで最後は顔射。そこでビデオは終わってます。


体験談関連タグ

||||||||||

2015年1月2日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【人妻】不妊治療【隣の芝生】

妻は不妊治療に通っていたのですが、私も精子検査の為、何度か同行したことがあります。これからの話は、その時の恥ずかしくも興奮する話です。



病院での妻は、更衣室で超ミニのワンピースのような検査着姿に着替えます。妻はいつも検査着の裾が短い事を気にして、しきりに下方ばかりを押えていましたが、私は、大きくV字に開いた胸元の白い乳房が、普段は無い深い谷間を作る方に目を奪われてました。



私と妻は容器を渡され、別室に向かいます。私と妻は渡された容器に出来るだけ多くの精子を出さなければなりません。妻は口と手を使って手伝ってくれました。(ある時妻の顎が外れ、慌てた事もありました)容器に入れた精子は検査直前まで体温で温存させなければなりません。妻は容器をお腹に当てたまま、私と共に待合場所で順番を待ちます。待合場所には他の夫婦も居合わせます。他の夫達は男好きする容姿を持った私の妻だけを視姦します。妻はこの待ち時間が嫌いで、いつも顔を上気させ、泣きそうな顔で壁に寄りかかって立っています。妻の羞恥に群がる男達。このひとときを私は結構愉しんでました。



やがて順番が来て、私と妻は診察室へ行きます。精子の入った容器を提出し、医師が精子検査をしている間に妻は検診台に乗ります。やがて医師が妻に対して問診と触診をおこないます。妻に訊いたところでは、この検診台に乗っただけで乳首が立ち、Hな妄想をしてしまうそうです。



医師の問診に声を上ずらせながら応える妻。それだけでも愛液を溢れさせているそうです。医師は触診前、当然のように妻の愛液を試験管に採取します。触診が始まると妻は半開きの唇で息を乱し、潤ませた大きな瞳で私を見ます。暫くすると医師は「後半の採取まで続けます。付添いますか?退室しますか?」と必ず訊きます。妻がイッタ状態の愛液を採取するという意味で、妻は毎回この医師の手淫でイかされています。当然私は毎回最後まで付き添いましたし、妻もそれを望んでいました。



因みに私が同行しない時は、確認なしで始めるそうで、その時は会話しながらすることもあるそうです。医師は挿入した長い指の動きを止めず、無言で妻の恍惚の表情を眺めながら妻の身体に最高の快楽を与えようとします。片方の手では、医師が知り尽くし、開拓した妻の性感帯(耳朶、うなじ、乳首)を弄ります。時にはその最中に検査着の前紐が外れて、ピンクの乳首を立てた、たわわな白い美乳が激しく揺れるのが露わになります。やがて妻がエクスタシに到達すると、医師が私に確認の目配せをします。私がうなずき、妻のオーガズムを認めると、医師は大量の愛液を試験管に採取します。以上が最低月1回は行なっていた診察です。



この治療期間中は勝手なセックスとオナニーは禁止され、セックス日時と回数は医師によって指定されていました。そのおかげか、1年後には子供が誕生しました。

体験談関連タグ

|||||||||

2014年8月30日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】その妹【血縁SEX】

大学時代です。友達に九州の温泉旅館の息子がいました。隼人といいます。

3年の9月に、彼の家を拠点に仲間とフィールドワークをしました。

彼には短大2年の19歳の美代子がいました。兄には似ないすごい美人でした。

夜は仲間で美代子も囲んでゲームをしたりして楽しく過ごしました。

フィールドワークが終わったある日、隼人がやってきて、「美代子がおまえのこと好きだっていわれてのう、つきあってくれんか、おまえなら真面目だし、安心じゃけんのう」といいました。

私は、ちょうど、高校時代からの彼女と別れたばかりだったのでラッキーと思いました。

さっそく、メールをおくりました。彼女からもすぐにメールがかえってきました。

キティちゃんマークつきのメールでした。一週間後、再調査の名目で彼の旅館に泊まりました。

1日目、美代子が夕飯をもってきました。おしゃくもしてくれました。雰囲気で俺を好きだとわかります。

楽しく食事をして、お膳をさげぎわに手を握ると、ぽっと赤くなりました。純情可憐です。

そっと抱き寄せてキスをしました。びっくりしましたが、応じてくれました。その夜はそれだけにしました。

お風呂にはいって帰ってきたらふとんがしいてありました。

そうか、明日はふとん敷きのときにもっといけるかもしれないと思いました。朝はバイキングでした。

美代子はかいがいしくおかみさんと着物姿で働いています。その日の調査が終わりました。

夕飯にはなんとおかみさんが来て、「あの子はうぶでねえ、世間知らずでねえ、近いうちにお見合いさせようとおもっとるんよ、」とお酌しながら、笑顔で話してくれました。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年8月20日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】寝取られ妄想【鬱勃起】

寝取られ妄想です。

夫33歳、妻28歳。

夫は営業マンで外回りが多い会社員です。

妻(綾香)は、美人系でスタイルもよくバストはFカップほどの美乳の主婦です。

こんなシーンから始まります。

夫はかねてからハプニングバーに一度行ってみたいなと思っていたのですが、たまたま営業で外出先の繁華街近くでハプバーの看板を見つけました。

初めてのハプバーで少しドキドキしながら店に入っていくと、噂通りに何人かの男女がメインルームで交わっていました。

別の部屋にはマジックミラーがあって、そこでは中の様子が見れるようになっていたのですが、けっこう美人そうでスタイルが良さそうな巨乳の女性一人に対して、男が3~4人で乱交が行われていました。

その女性は騎乗位をしながら他の男のペニスを両手でフェラしていて、まるでAVを見ているような光景だったのです。しかも、唾をじゅるじゅる垂らしながら、鬼頭やカリをレロレロいやらしく舌で転がしながら、「ねえ、気持ちいい?すごいおちんちん、ビンビンねえ・・すごい大きくて固い・・すごいカリねえ・・旦那のよりも全然気持ち良さそう・・ああ・・・固くて大きいおちんちん大好き・・」と言いながら、時には自分のクリや乳首をいじったりしていて、「ああ・・気持ちいい・・・」と淫乱な姿を見せ付けていました。

その光景を見ていた夫は、段々興奮して来て自分のペニスが今までにないくらい勃起して来たのを感じました。

ただ、マジックミラーを通して、よくよく中を覗いてみると、なんとその女性は妻、綾香だったのです。

「こんなところで何やってんだよ」という怒りが込み上げて来たのですが、段々その怒りは興奮と嫉妬に変わって行きました。

妻は、自分が見ているとは知らずに、複数の男達と乱交しながら、「このおちんちんすごい気持ちいい・・すごいいい・・旦那のより全然大きい・・ああ・・・固い、すごい大きい、気持ちいい・・ああ・・すごい・・いく・・いっちゃう・・・」とだんだん絶頂に。

夫は、その姿に興奮し、気づいたら今までないくらいにペニスが勃起していて、たまらず手コキを始めました。

そして、妻は、他の男達のペニスで幾度となくイキまくり、何度も絶頂を迎えていました。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年8月9日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】従妹へのいたづら 3【血縁SEX】

叔父の次女、E美に手を出したのは、彼女が工荷の夏のこと。

久々に連泊して遊びに行ったときであった。

結論から先に言えば、長女の時のように悪戯では終わらず、悪戯の最中にE美にバレてしまい、

事の成り行きで最後まで行ってしまった。一線を越えてしまい、冷や汗ものだったが、

スポーツで鍛えられた17歳の瑞々しい身体は、大変美味しかった。



初日の昼間、何年ぶりかに叔父の家族と共に川遊びをした。

このとき、従妹三姉妹は全員思い思いの水着を着ていたが、E美の水着姿は抜群に良かった。

服の上からは分からなかったが、バランスよく出るとこは出て、くびれるところはくびれていた。

背もけっこう高いので、全体的にスレンダーに見えたが、バレーで鍛えているだけあって、

ももとお尻はむっちりし、腰と足はよく引き締まっていた。

加えて、茶髪に染めた頭髪とヘアスタイルが本人によく似合っていて(当時はまだ少数派だった)

格好良かった。E美は長女Y美、三女N美とは顔の系統が違っていたが、

この時の三姉妹の中では抜群に美人に見えた。自分もいい加減、いい年だし、

もうこんな悪戯は止めようと思っていたのだが、この姿を見たら夜這いしてみたくなった。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月9日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【浮気】女子大生 果歩 9 【不倫】

47



富田 「果歩ちゃん・・・次はどうして欲しいんだ?」



果歩 「・・・・・。」



果歩は手に熱くなっている男根を握らされたまま、富田の問いになんと答えたらいいのかわからない様子。



富田 「なぁ・・・どうしてほしいんだ?果歩ちゃん・・・。」



果歩に対し同じ質問を繰り返した富田は、果歩の蜜壷に入れていた指を再び動かし始めた。



グチュグチュグチュ・・・



果歩 「あっ・・・アッアッハァアア・・・アッ!・・・」


体験談関連タグ

||||

2014年8月6日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ