相互リンク先の最新記事一覧!

【泣ける】余命宣告。娘にしてあげられること。【感動】

【余命宣告。娘にしてあげられること。】ふるふる2009年6月3日23:50



こんにちは。読んでいただいてありがとうございます。

29歳のふるふるです。

家族構成は、主人と5歳の娘です。

私は先月末、進行性の癌と診断され、余命数か月の宣告を受けました。

現在は通院と病院に短期入院での治療が主ですが、近い将来、身動きが取れなくなることはわかっています。

今のうちに、少しでも動けるうちに、娘に何か残してあげたい、と思いは募るのですが、頭の中が整理出来ていなくて、いいアイディアが思い浮かびません。

些細なことでも結構です。

アドバイスお願い致します。

とりあえず今は将来の娘に手紙を書いています。

あとは毎日精一杯、笑顔で接するようにしています。

寂しがりやで感受性の強い娘のために、母はこれだけあなたを愛していたのよ、と何か証を残したいです。

あまり時間がありません。お知恵を貸してください。

よろしくお願い致します。


体験談関連タグ

||||

2015年8月8日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】パパいらない⇒娘を捨てる 【感動】

271:名無しさん@HOME2014/02/16(日)00:19:53.280

22で結婚してすぐに娘ができた

27になった時に義母の調子が悪くなり、同居することになった

仕事も順調に娘も優しい子に育ってくれた

だんだん義父が夫婦や娘の事に口を出すようになったので

その頃から義父と言い争う様になって険悪になった時に

ある日娘の誕生日について大喧嘩になった

娘の誕生日は平日だったので、俺が早めに帰って一緒にやることにしていたのに

義父は、昼下がりから俺以外で外食してお祝いして、大きなケーキを食べていた

何も知らない俺は、誕生日ケーキを買って帰ったが

娘から「おじいちゃんからもっとおいしいケーキ貰ったよ、

    みんな祝ってくれたのになぜパパは私より仕事が大事なんだよね

    こんなケーキ要らない、こんなパパはいらない」

朝起きたら、包装されたままのケーキとプレゼントがごみ箱に捨てられていた

出勤途中も涙が止まらなかった


体験談関連タグ

|

2015年8月3日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】パパいらない⇒娘を捨てる 完全版 【感動】

271:名無しさん@HOME2014/02/16(日)00:19:53.280



22で結婚してすぐに娘ができた

27になった時に義母の調子が悪くなり、同居することになった

仕事も順調に娘も優しい子に育ってくれた

だんだん義父が夫婦や娘の事に口を出すようになったので

その頃から義父と言い争う様になって険悪になった時に

ある日娘の誕生日について大喧嘩になった

娘の誕生日は平日だったので、俺が早めに帰って一緒にやることにしていたのに

義父は、昼下がりから俺以外で外食してお祝いして、大きなケーキを食べていた

何も知らない俺は、誕生日ケーキを買って帰ったが

娘から「おじいちゃんからもっとおいしいケーキ貰ったよ、

    みんな祝ってくれたのになぜパパは私より仕事が大事なんだよね

    こんなケーキ要らない、こんなパパはいらない」

朝起きたら、包装されたままのケーキとプレゼントがごみ箱に捨てられていた


体験談関連タグ

||

2015年7月11日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】嫁に朝帰りバレたったwww死にたいwww【危険】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日)05:36:39.66ID:Bum8wljjO<>

2階から自宅へこっそり入ったんだが…今まで起きて待ってたとのことwww

おにゃのこと出掛けてたのがバレたかもしれないwww死にたいwww





<>7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日)05:39:43.01ID:i77XpX0n0<>

本人が死にたいんじゃ止めないよ





<>14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/22(日)05:43:25.99ID:Bum8wljjO<>

今服脱いで脱衣カゴにいれたんだが

あたしと違うイイ香りがするね、とのコトwww

怖いwww






体験談関連タグ

||||||

2015年7月10日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】とんでもない誤爆先での温かさ【感動】

嫁が死んだ人集まれーーーーーーーーーーーーー





284:名無しさん@お腹いっぱい。2009/05/10(日)21:14:47





やべーよどうしよう2ちゃんなんかやってる場合じゃねーけど医者に今は落ち着いて下さいって

言われてパソコンでもって座らされて何も出来ねーよ。

嫁が予定日より相当早く陣痛来て運び込まれたんだけど、途中からなんか向こうがばたばたし始めて

血液血液とか医者が叫び出して、なんか胎盤はくり? だとかで俺に書類渡して、母体と胎児どちらを

優先しますかとか言われた。南田よそれ嫁死ぬの?子供も?え?したらなんかくっついて来たうちの

親が子供に決まってる子供助けて嫁なんて新しいのもらえばいいなんてぶっこいて勝手に書類にサイン

しようとしやがったから思わずぶん殴っちまった。母体優先でお願いします妻を助けて下さいって言ったら

医者は分かりました落ち着いて下さいって言ってくれたのにうちのババアがまた子供子供ってわめくから

往復ビンタかましちまった。ぎゃんぎゃn言ってるけどもうあのババアはシラネ、元々俺らの面倒見るより


体験談関連タグ

|||||||

2015年6月22日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【浮気】嫁の出産月に嫁の母親とセックスして妊娠させた 【不倫】

嫁の知香が妊娠、予定日が近づいてきたら嫁の母親(お義母さん)がうちに泊まりにきてサポートしてくれるようになった。



知香はお義母さんが若いときに産んだ子で、お義母さん自身も若く(40歳代)て美人。

お義母さんがもし知香の年齢だったらきっと知香よりも美人でかわいいと思う。



お義母さんはよく「早く孫の顔が見たいわぁ」と言っていて、知香のお腹の中の子はもう男の子だと分かっているので尚うれしく思っている。



嫁の出産予定日の月になり、妊娠が分かって以来ずっと嫁とセックスしていない欲求不満の僕は、お義母さんとカラダの関係を持ってしまった。



お義母さんと言っても一人の女性。その女性と同じ家、鍵のしていない隣の部屋で夜は寝ている。



嫁が体調があまり良くないと早く寝てしまった夜に

お義母さんが寝ている部屋(寝室のとなりの部屋)で・・・



お義母さんはルームライトの豆球(オレンジ灯)を点けて寝ていて辺りはよく見えていた。


体験談関連タグ

|||||||

2015年5月31日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【泣ける】年下の義母と毎日がエロゲみたいです・・・・・【感動】

<>1:以下、名無しに変わりまして気になる速報がお送りします:2011/01/29(土)17:46:15.43ID:NdEku8JT0<>

たったら書く





<>86:以下、名無しに変わりまして気になる速報がお送りします:2011/01/29(土)18:23:05.49ID:n4pbBDCF0<>

あ、1くんはもういいです^^





<>90:以下、名無しに変わりまして気になる速報がお送りします:2011/01/29(土)18:25:11.09ID:QRcGzXQP0<>

誰か年下の義母がいる俺を呼んだかね・・・



親父:45

自分:26

義母:24




体験談関連タグ

|||||

2015年5月21日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【浮気】旅館の若女将に子種を求められて応えた 【不倫】

「あぁ…お客さん、早くオチンポ入れてぇ#12316;子種を、子種を出してぇ#12316;」女将は自ら太ももをM字にかかえ、両手の指で

剛毛とビラビラをめくりあげた。

真っ赤に充血した膣口がパックリと開いた。



(これからの話は二年前の実話である。)

学生時代から神社仏閣巡りが好きな俺はゴールデンウィークを外して休みを取り、京都に旅に出た。



お寺なんか嫌だ、USJに行きたいと言う彼女と軽い喧嘩をして一人で来た。

泊まるのもホテルではなく古びた旅館を選ぶ。



泊まった宿は小さくて不便な場所にあるが四代続いた老舗らしい。

部屋に入ると若女将という女性が今は珍しい宿帳を持ってきた。



細面の美人だが和服の下に隠れた肉付きの良さそうな体にドギマギした。

三十代前半か?(こんないい女とやれる男がいるんだなあ…)と思った。


体験談関連タグ

|||||||||||

2015年4月25日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【泣ける】おとうさん、おかあさん【感動】

140:名無しさん@HOME:2009/08/18(火)05:06:490

メールが使えない義父母に、折に触れて手紙を出している。

向こうからも頻繁に来る。

必ずこちらの体調や夫婦なかよく、などの気遣いの言葉がある。

手紙のお約束とはいえ、気にかけてくれているのが嬉しい。



あるとき、手紙に書かれていた言葉。



嫁子さんが「お義父さん、お義母さん」ではなく「おとうさん、おかあさん」と

ひらがなで書いてくれるのがとても嬉しいです。

最初のお手紙でそう書かれていたのを見たとき、とてもとても感動したのですヨ。

何にもしてあげられないダメなおとうさん、おかあさんですが

これからもよろしくネ。



遠方のためほとんど行き来がない義実家だが、夫婦そろって大切にされている。


体験談関連タグ

|

2015年4月21日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【寝取られ】高嶺の花だった彼女が私と結婚した本当の理由 【鬱勃起】

結婚15年目にして、嫁の浮気を知ってしまった。

嫁の千佳子とは、取引先の会社で出会った。ルックスのよい彼女は、その会社の受付業務をしていた。若くて美人と言うことで、かなり人気があったようで、来社した取引先の人間、出入りの業者、デリバリーピザのお兄さんにまで連絡先を渡されたりしていたそうだ。

そんな嫁と、取り立てて秀でたところのない私が結婚に至ったのは、本当に些細な偶然がきっかけだった。



私は、千佳子のことは初めて見たときから綺麗だなと思っていて、その会社に行くのが密かな楽しみだった。

でも、自分には高嶺の花だと思っていたこともあり、挨拶をする程度が精一杯だった。

そんなある日、学生時代からの趣味のビリヤードをしに、行きつけのビリヤード場に行き常連と遊んでいると、女性がひとりで入ってきた。

その頃は、トムクルーズの映画の影響もとっくに終わっていて、ブームでもなんでもない頃だったので、女性がひとりで遊びに来るのはとても珍しいことだった。





そして、それが千佳子だった。緊張している感じだった彼女に、

「こんばんは。ビリヤードするんですか?」

と、私の方から声をかけた。すると、緊張している顔が一気に笑顔になり、

『柴崎さん! よく来るんですか? すっごい偶然ですね!』

と言われた。私の名前を覚えていてくれただけで感激だったが、その後の彼女の言葉はもっと嬉しかった。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年4月14日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談
1 / 2312345...1020...最後 »

このページの先頭へ