相互リンク先の最新記事一覧!

【近親相姦】美華を汚せ!! 2【血縁SEX】

俺の横に座りました。俺も服を脱ぎパンツ一枚になります。イケない遊びしないか?美華は頷きました。美華のブラを剥ぎ取り、ポヨンと胸が現れました。美華を抱き寄せキスをし口の中に舌を突っ込みました。美華も自然に舌を絡ませてきます。「凄く可愛いいよ!!」俺は美華の胸を大きく回しながら揉み乳首をクリクリと刺激させます。「はぁはぁ」初めて聞く美華の声、「あっ!駄目…」俺は乳首を舐めたり吸ったりを10分以上続け、美華にチンポを握るように指示しました。俺はたまらずパンツを脱ぎ捨て、勃起したチンポと金玉をブランブランさせて胸を揉みまくります。美華が肉棒を掴みました。美華が「あぁぁ」と声を上げる度にチンポを握り締めてきます。美華!!気持ちいいか?「うん、変になりそうだよ…あっんん」美華!!口開けろ!!いっぱいしゃぶれ!!美華の口内が全開に開いてます。「アアア…んあぁぁ」凄い俺が夢見てた理想のエロい表情をしてます。俺のチンポがゾクゾクしてきました。全開の口内めがけて俺は激しく手コキをしました。亀頭から我慢汁が垂れて美華の口内に糸引きながら落ちていきます。美華は口内をベロベロしながら我慢汁を味見してる様に見えました。

体験談関連タグ

||||

2015年2月1日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】危険な情事。【血縁SEX】

35歳、既婚者の会社員です。彼女の名前は真実、16歳の高校二年生です。

あるサイトで仲良くなり1ヵ月くらいで逢う約束をしました。

待ち合わせは車で1時間半程かかる駅で、物凄く田舎の駅でした。

しかし当日は、約束の時間には現われず1時間くらい待ちましたが、結局ドタキャンされ逢えませんでした。

帰る途中にメールがあり気分が悪くなったとの事で謝られ、明後日逢いたいと言われた。ここまで来たら一応、

了解とメールしました。後日、遅れる事30分彼女が来ました。

写メ以上にメチャ可愛く、土屋アンナ似で155㎝くらい、Tシャツの上から分かる推定Eカップはあろう巨乳に目がいきました。

車内で話をしてドライブに誘うと、今日は夕方用事があるからあまり遠くに行けないと…。

仕方なくカラオケへ誘うも、近場は友達に逢うかもとの事で、田舎なので近くに遊ぶ所がない…。

冗談でラブホならカラオケとかゲームがあるんじゃんと言うと、彼女は少し考えたが了承しました。

もう頭の中ではこんな可愛い子とH出来るんだと思い、Jrも爆発しそうになりました。

30分程走り国道沿いのホテルを発見し入室。

ソファーで歌を3曲ずつ歌ったころ彼女に近ずき優しく髪をなで、キスをしました。

そのまま首筋をなめ、Tシャツの上から胸を触りました。「ダメ」と彼女の甘い声が聞こえました。

Tシャツをまくりあげピンクの可愛いブラが表れました。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月30日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】いとこのおねえちゃん【血縁SEX】

いとこのおねえちゃん投稿者:ゆう投稿日:9月21日(木) 20時16分26秒

 僕の家に4月から下宿している従姉のお姉ちゃんとやっちゃいました。

 僕は中3で、従姉は4つ年上の女子大生、とってもグラマーでかわいいで

す。

 僕の家庭教師をする代わりに、タダで僕の家に下宿してます。小学校以来

会っていなかったのと、自分が性に目覚めたせいか、すぐにエッチをしたく

なってしまいました。

 お姉ちゃんは家の中では、ノーブラ、Tシャツ(ノースリーブ)、短パン姿

(ミニスカート)だし、風呂上りにバスタオル1枚で涼んだり、うろうろする

ので、目のやり場に困るは、メチャメチャ興奮してました。当然おかずにし

て、オナニーもしてました。

 おねえちゃんが来て、1月位したゴールデンウイークに両親が旅行に行き、

二人きりで過ごすことになり、英語を教わっているときにお互いにムラムラ

してきて、Cまで一気に教えてもらいました。

 当然僕は初めてだったのですが、お姉ちゃんは田舎で彼氏と体験済みで、


体験談関連タグ

||||||||

2015年1月30日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】感想【血縁SEX】

いつも読ませていただいている者の一人です。

これまで体験談の中で、姉と弟との絡みを投稿したものをみてきました。

義理の姉と弟との話しは、かなりうらやましいと思いました。

とくに高校生の姉と中学生の弟というシチュエーションは最高に素敵なものだと思いました。

そして姉が嫁ぎ先と結婚することを知って、ずっと好きだった姉さんが自分のもとから離れていくことを感じて空虚感を覚え、弟さんのほうが本気でお泣きになられたところにも、読み手として、熱くてジーンとくるものを感じました。

義理の姉・弟の関係という他人同士の関係でありながら、それまでの道程で、とても美しい人間関係を織り成してきていたことを感じました。

そのようなところに、うらやましさを感じました。

体験談関連タグ

||

2015年1月26日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】かわいい義妹【血縁SEX】

かわいい義妹投稿者:不謹慎投稿日:1月23日(日) 17時58分50秒

訳あって去年から嫁の実家のマンションにマスオさんしてます。

先日両親が旅行に出かけ妻も職場の新年会で遅くなるというので義理の妹真由美と2人きりになりました。

真由美は24歳のOLですが、小倉弘子アナに似た感じで背は高くないがスタイルは最高に良く姉妹でこんなにも違うのかといつも思っていた。

その日は先に真由美が風呂に入りさっさと寝室に行ってしまいその後俺が風呂に行くと脱衣場に真由美の下着があった。

黄色い下着でアソコのところを嗅ぐと微かに真由美の匂いがした。とりあえず自分の下着と一緒に洗濯機にいれ風呂から上がり部屋に行く時真由美の部屋から声が聞こえ覗くと真由美が全裸でオナニーをしていた。

さっきの下着のことがあったから俺のチンポは一発で固くなりビンビンになりしばらく覗いているとバイブを出し入れしながら腰を浮かし「スゴイいい〜!!もっともっと深く突いて」と声を殺しながら言っている。

俺はたまらずに扱き始めもっと近くで見たいという願望に襲われたがさすがにマズイかなとか考えていると「あ〜・・いく・・」そう言って真由美は果ててしまってバイブだけがベッドの上で動いていた。

俺はその場を離れようとした時に「おにいさん、来て・・」俺は焦ったよ。

思わず「えっ?!」て声が出ちゃった。俺はバツが悪かったが仕方ないと思いながら覚悟を決めて入ると「ずっと見てくれてた?」と聞かれたので「いや・・その〜・・だいたいは・・ゴメン」そう言うと真由美はコッチに来てと言うので真由美のそばに行くと真由美は「私のこんな姿を見せたのだからお兄さんも見せてくれないと」といわれ俺はまだ半立ち状態のチンポをタオルを外して見せると「大きい・・」そう言ってシゴキだしすぐに完全勃起になると「お姉ちゃんににはナイショ」そう言って口に含み舌で感触を確かめながら次第に本気でフェラを始めた。俺はこうなったら開き直るかと思い「真由美、俺も真由美を触ってもいいか?」と聞くとフェラをしたまま頷くので俺は真由美のオッパイを触ると妻とは違い張りのある感触。乳首もたっているので指先で乳首をこすると真由美は少し声を出しながらフェラを続け

「いつも一人でしてるのか?」と聞くと「お兄ちゃんたちの声が聞こえるから・・」「そうか、ゴメンな。じゃあ今夜は真由美をたっぷりかわいがってあげるよ」そう言って真由美を寝かせ両足を高く持ち上げマンコが良く見えるようにして「綺麗なマンコだよ。舐めるよ」俺はそう言って真由美のマンコに口をつけるとさっきのオナニーで既に愛液の味が・・。「真由美のマンコの味、とても美味しいよ。もっと出していいからね」そう言って再びマンコを舐め始め舌を硬くしてビラビラをかき分け奥に入れると「あ〜ん。気持ちいい。お兄ちゃん、もっともっと舐めて〜」真由美はそういいながら首を左右に振りながら悶える。今度はオッパイも吸いたいと思いマンコは指攻めにして乳首を舐めたりしていると「噛んで〜噛んで〜、乳首を噛んで〜」真由美が叫び始め俺は乳首をかるく噛むと「あ〜すごい・・しびれる〜」

どうやら乳首もそうとう感度がいいみたいで強く噛めば噛むほど感じる真由美。俺は入れたくなり真由美に「入れてもいいか」というと「早く入れて〜動いて〜」俺は真由美のマンコに挿入するとマックスで腰を動かし始めた。

「うああああ、壊れちゃう〜」そう叫びながら真由美は俺の背中にしがみつきながらマンコを締め付けてくる。「う〜、真由美のマンコは凄く気持ちがいいよ〜。凄く締まるよ」俺はそういいながら真由美を突き続けバックで突いたり駅弁で突いたり様々な体位で突きその間真由美は2〜3回イッタかな?

最後は「真由美イキそうだよ」というと好きなところに出してというので真由美の口に出そうとしたがタイミングが合わずに顔にかけてしまったが真由美はそれを舐めながら精子だらけの顔で「お兄ちゃんのセックスってすごいね」そういいながら俺のチンポを口で掃除しながらこれからも真由美を相手にして欲しいといわれ俺は勿論ばれないようにネといった。

後で知ったが脱衣所の下着はほんとに忘れただけだったみたいです。

体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年1月19日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】義妹と【血縁SEX】

一昨日、妻の実家は両親が旅行中で妹しかいないので雪かきを手伝いに呼び

出され妻は仕事だったので俺ひとりで行くことになった。妹は21歳のOLでか

なりの美形だ。二人で雪かきを始め大体片付いたところで妹はお茶の支度を

するため一足早く家に入った。俺も全て終わらせ家に入りそのままトイレに

向かった。妻の実家は大用と小用が分かれていてまず鼻をかもうと大用のド

アを開けた。すると妹がなんとうんこをしていた。しかも下痢気味でビチビ

チ音を立てて出ている最中だった。和式なので後ろから丸見えだ。妹は驚き

のあまり声を失い俺も一言「ごめん」と謝り慌てドアを閉めた。とりあえず

居間に行き妹がトイレから出るのを待ちその後、俺も用を済ませた。居間に

戻り妹に「ちゃんと鍵閉めなきゃだめじゃん」と少し照れながら言うと妹は

「ノックぐらいしてよ。めちゃ恥ずかしいよぉ」と俺の胸に顔をうずめた。

俺が妹の頭を抱くと妹は体を密着させてきた。胸があたる。俺のちんこが

徐々に立ち始めた。妹はすぐ気づき俺の顔を見上げた。俺は焦り「ごめん、

そんなつもりじゃぁ」と言い訳すると「じゃあなんで?どおして元気になる

の?」と言い返され困った俺はそのまま妹を抱き寄せてキスしてしまった。


体験談関連タグ

||||||||

2015年1月18日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】アレから一年【血縁SEX】

アレから一年投稿者:従兄だからなぁ投稿日:7月17日(日) 14時58分00秒

去年の夏俺のマンションに中○1年の従妹の小絵が遊びに来た。日曜の夕方

だったのだが小絵は制服で来て聞くとクラブ活動の帰りだという。

少し見ないうちに女っぽくなった小絵と話をしたりゲームをしたりしている

うちに短いスカートから見える下着に気ずいて

「小絵、パンツ丸見えだぞ」

と言うと小絵は奥せずに

「やだぁ〜でもお兄ちゃん小絵のでも起つ?」

俺はビックリした。まさかそんな事口にされるとは思っていないので

「バカ。でも小絵くらい美人ならおにいちゃんだってな・・男だから」

すると突然小絵は俺に抱きつき自分からキスしてきた。俺の中はパニックだ

が何とか冷静になろうと葛藤した。

「お兄ちゃんに小絵を大人にして欲しくてきたの。ホントはクラブ活動の帰

りもうそ。このほうがお兄ちゃんがその気になるかなって思って・・・」

小絵の真剣な心を聞いて俺も一度きりの事と思いそのまま小絵と唇を重ね制


体験談関連タグ

||||||||||

2015年1月18日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】いとことの思い出・・・【血縁SEX】

いとことの思い出・・・投稿者:俊すけ投稿日:10月29日(日) 6時51分03秒

いとこをイタズラしてしまいました。

その子(沙織ちゃん)は僕より5歳年上です。当時は28歳。オッパイはピ

ンと張って、お尻はプリッとして、本当にスタイル抜群の女の人です。

以前から沙織ちゃんの下着をイタズラしていました。

脱衣場のパンティーは僕の宝物です。

夏の暑い日。沙織の部屋を覗いたら、沙織は昼寝をしていました。

上はノーブラで白のタンクトップ、下はブルーのパンティー。

ノーブラ・パンティー姿で寝ている沙織を見て、僕の理性がプツッと切れました。

熟睡している沙織にそっと近づき、胸の臭いを嗅ぎました。いつも香るイイ

臭いです。

そして、股間のパンティーをタップリ眺めて、こんもり膨らんだ恥丘に鼻を

近づけました。ほんのりと香る女性の臭い。

僕は足を静かに開かせて、パンティーの股に鼻を付けました。

本当にイイ臭い!目の前に沙織のパンティーが!それも生で穿いているパンティーが!


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年1月16日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】美喜をたべっちゃった。【血縁SEX】

美喜をたべっちゃった。投稿者:妹〜萌え^^投稿日:9月7日(水) 10時04分06秒

俺は21歳で1年前に結婚をした。

まだ若かったので給料が少なかったので結婚後は嫁さんの実家で

暮らしていた。

嫁さんの家族は、母親と高1の妹の美喜だけ。

この美喜がものすごく大人っぽくてスタイル抜群のいい女。

初めて会った日からやりたくて仕方なかった。

だって、俺がいるのに下着姿でリビングにいるかし

「お兄ちゃん、アタシと気持ちいいことする?」って聞いてくるし

もうマジ堪らなかったよ。

そんなある日、嫁が遠方の友達のところに遊びに行くというではないか。

あとは、母親さえなれば何とかなれば・・・・

と思っていると、仕事(医者)で呼び出されて夜に出かけることに。

こんなチャンス逃すものかと決心した。

いつものように、美喜がお風呂に入って下着姿で出てくるのを見越して


体験談関連タグ

|||||||||

2015年1月14日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】嫁の妹【血縁SEX】

 オレの嫁(23歳)には高1の妹がいる。その妹との話です。

 嫁の実家に行ったとき、今日は夕飯一緒に食べようということになり嫁たちは食材を買いに出かけた。 オレはひとりで家で待つことに。

 ちょっとすると嫁の妹(名前K香)が学校から帰って来た。 オレはリビングでテレビを観ていた。

 K香はDVDをテレビ台の中から取り出そうとゴソゴソやり始めた。

 奥の方に手を入れたときちょうど四つんばいのような格好になり制服のスカートからパンツが見えそうだ。

 もうチョイ、もう少しで、と思ったとき、

 「やだぁー Y兄さん何見てるのー」 前を向いたK香がニヤニヤしながらオレに言う。

 「いやぁ・・なんかちょっと・・えっ・・いやぁ・・」と答えにならない言い訳を。

 「Y兄さん、あたしのパンツ見ようとしてたでしょ!」

 「いや・・えっ・・まぁ・・・」

 「エッチ! おねいちゃんに言いつけるから!」

 「えっ・・いや・・制服かわいいね。」

 「やだぁ! Y兄さん制服とか興味あるのぉ?」

 「えっ・・まぁ・・・わりと・・・・」




体験談関連タグ

|||||||

2015年1月14日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

このページの先頭へ