相互リンク先の最新記事一覧!

【人妻】女性向き風俗【隣の芝生】

俺は、風俗嬢ならぬ風俗坊だった。切っ掛けは、SMバーのM男だったんだけど、オーナーが新しいスタイルを考えた。

M男ショーの客層は、年輩の女性とゲイのおっさんで、女王様ならぬ、お姫さまプレーの風俗だ。客層は、述べた通り、年輩の女性で、個室に入り、客が満足するまで、犬の様にアソコを舐める。本番はせずに、バイブとローターと指と主に舌を使う。40オーバーの客層のアソコは、加齢臭にもにた、香りを放つ、俺たちに選択権は、無いから、美味しくいただくふりをする。たまに、30代の客も当たるけど、ブスかデブが関の山だ。大抵の客は、本番を要求するけど、絶対しない。だって客は、プレーで、興奮してるけど、俺は、勃起しないよ。金のためってね。

でも皆、基本は、M男だから、命令口調と、情けない姿の自分をって、考えたら、ある程度は勃起する。いわゆる半立だね。他の面子は、結局チップ貰えれば、本番するらしい。自分は、性感帯の殆どがアナルだから、客がフェラチオして、勃起させられても、断ってる。一様、店の禁止行為だしね。

だから、客からクレームがくる。

オーナーは、禁止ってのは、建前だって、事情を話すと、ならって、違う客層を斡旋してきた、そう・・・ゲイの客だ。

オーナーとの約束で、俺からのフェラチオは、無しでって事で、了承した、しかしね。

それが、たまんないんだよな。

アナル好きなら、失神する程の気持ち良さなんだよ。

今、俺のアナルは、ゲイの893親分さん専用で、月に小遣い100万円と、マンションを、買ってもらったよ。

体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年10月15日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】妻が看護師【隣の芝生】

先に投稿された人で奥さんが看護師をしていて患者との出来事を聞かされて興奮したとの記述を読み、散々迷いましたが、私も書くことにしました。

数年前のことですが、実は私の妻も看護師で、まだ結婚前の付き合っているころからエッチな患者がいる等々、聞かされているうちに、

いろいろなイメージを膨らませ、だんだんと本当にエッチに協力するよう指示するようになってしまいました。

そこは個人の整形外科病院のため看護師は少なく特に夜勤のときは一人だけとなるため、よほどのことがない限り、ほぼ何をやっても問題はないとの事だっだため、

まずてはじめは、患者の体を拭くときにベッドに肩ひざをつきパンチラ等で挑発することからはじめタッチ・手コキ・フェラまではOKと要請し、

そのときの様子を根掘り葉掘り聞き非常に興奮し、その夜はどんな感じでしたのかを実際に検証しつつ嫉妬心と欲望のはざ間で激しいSEXを行っていました。

がしかし、要求も次第にエスカレートしてしまい、私が「フェラの時に患者にタッチさせてみれば」と言ったところ、「それは多少抵抗がある」との返事でした。

しかし「好みの子がいれば多少積極的にしてみる」との返事だったため、この際と思い「状況によってはエッチもしてあげて」と頼んでみたところ、一応考えてみるとの事。

それからは毎日毎日、まだかまだかと確認し、そのたびに興奮してシュミレーションを行っていました。

が、中々その日は訪れず2、3ヶ月たったある日、

サッカーで足の複雑骨折をした大学生で背も高く非常にハンサムな子の担当になったと聞かされ、「このチャンスを生かさない手はない」とけしかけましたが、

結構重症のため下手に動かせないとのこと。

多少がっかりしましたが、手術が終わり抜糸が終わった後、石膏で固めるため、「1日だけお風呂に入れるかもしれないが、その場合介助必要」との事。

それからまたシュミレーションをはじめいろいろ考えた末、入浴時にあるタイミングで、シャワーのお湯が全身にかかってしまいナース服がびしょぬれ状態となる状況を作り出し、もちろんそのときは白の下着のみでスリップはなしという計画を立て、さらには「中出し」をさせるためピルを飲みながらその日を待つことにしました。予定通りその日がやってきて、介助用のエプロンの下に着替えの白衣を隠し持ちつつドキドキした気持ちでお風呂についていき、体を洗う手伝いのため裸になってもらった瞬間、その子のあまりのオチンチンの大きさに驚き正直不安になったそうです。

(その時が初対面との事)しかし事は順調に進み、いすに座らせ頭、体を洗っい石鹸を洗い流す際に手が滑ったふりをし自分の白衣へ目いっぱいシャワーをかけてびしょぬれ。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年10月12日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】悦子日記 江波さん 看病の日々・・・【隣の芝生】

悦子日記 江波さん 看病の日々・・・前にも書きましたが江波さんとのラブラブの思い出です。

江波さんは糖尿病の治療中でした。デイトをしたり、お買い物には付き合っていただけますが、お泊まりでのデイトは経験が有りません。

江波さんは婿養子さんですからお家を空けると奥様に大目玉です。いつものように、会社の勤務が終わってから二人で出かけました。

新しく開業したフランス料理のレストランです。

開業を祝う生花の列を通ってテーブルに案内されました。きれいなお皿に盛りつけられたお料理は芸術品でした。

アイスワインを戴いて芳醇な香りと味に酔いました。満腹してからはショッピングです。

商店街で夏用のお洋服を買っていただきました。

レースのスーツとそれにマッチする下着類でした。

大型の紙バッグに入れていただいていつものホテルへ移動です。悦子は少し酔っぱらっています。

江波さんとお部屋に入ってキスされて朦朧としていました。

江波さんから試着して欲しいと言われて、買ったばかりの洋服を着ました。着ている洋服は江波さんが脱がせてくれます。

スーツを脱がせてから、スカートのクリップを外してずり下げです。

その瞬間にコロンの香りが江波さんに漂ったみたいです。江波さんが肩ひもを外して、ブラとショーツを脱がせてくれます。

パンストも脱がせてくれます。

いつもの儀式をする前におへそにキスされます。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年10月4日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】青春の思い出2【隣の芝生】

8年前の出来事です、僕は22歳で社会人1年生の時に就職先で知り合った、パート社員の美人な人妻さん34歳に一目惚れしてしまいました。その奥さんは優しい人で仕事を教えてくれたり色々お世話をしてくれたり悩み事を聞いてくれたりしました。会社でも人気者の女性で、皆が奥さんを狙っているような感じがします。

奥さんは気さくな感じで良いキャラです、会社の中で新人で一番若い僕と話している時は何時も自分の事を「オバチャンは…と言います」顔は黒木瞳に似ていますが身長は165cm有り、巨乳で少し豊満な感じですが決してデブではなく脚も長くて綺麗です。体全体から色っぽいオーラを出していました。

 入社して半年位経ちました、ある日奥さんが顔を腫らして暗い顔で職場に来ました。僕が心配して「顔はれてるよ…何か有ったの?と話しかけると」奥さんは「これは何でも無いの…オバチャン大丈夫だから…」と言いました。僕は絶対家庭内で何か有ったと心配でした。

 定時日だったので奥さんに「駅まで一緒に帰りましょう」と声を掛けた所、奥さんが何か僕に言いたげだったので、僕は奥さんを食事に誘いました、居酒屋でお酒を飲みながら奥さんの不満や、旦那の暴力やEDで最近SEXレスで旦那に対する奥さんの不満話を真剣に聞いてあげました。

 話の始めの方は奥さんの顔ばかり見ていて気に成りませんでしたが、話を聞いているうちに段々と僕の目線は奥さんの胸の膨らみや白い綺麗な脚ばかり見てしまっていました。若い僕は溜まら無くなり、お酒の力も手伝い…自分の今の気持を正直に奥さんに告白しました。

 奥さんは少し困った様子で「嬉しいけど…オバチャン…人妻だからゴメンネ…」と言われ僕はショックだけど仕方ないかと思いましたが、居酒屋を出た前の歩道の所で僕は溜まらず「好きだ~」と言いながら奥さんを後ろから「 ギュ~ッ」と抱きしめてしまいました。我に返り「僕は何て事をしてしまったんだ今、断られたばかりなのにどうしよう?」と心で叫びました。思わず体が勝手に動いてしまいました。

 奥さんが「ビックリ」した様子で正面を向いた所で僕はもう一度「ギュッ」と強く抱きしめました…奥さんも僕の背中に手を廻してくれました。僕は奥さんの目を見つめました。何時の間にか二人は唇を重ねていました。舌と舌を絡め合いお互いの体液を交換しあう様な激しくて長いキスでした。

 通行人も皆見ていましたがそんな事気にしないで、歩道の上で舌を「レロ.レロ」し合い「ペチャ.ピチャ…」音を立て人目も気にせず舌を絡ませ合いました…完全に其の場は2人の世界に嵌まりました。

僕は勇気を出して奥さんの手を握り締めました奥さんも握り返してくれました。其の後2人は近所のホテルに行きお互いを貪る様に愛し合いました…

 部屋の中に入ると奥さんは何も言わずに急に服を脱ぎ始めました。

僕は「うわっ…奥さんスケベ?行き成り脱いでる…」とドキドキしました。

奥さんが「ほら見て…このオバチャンのだらしない体…もう胸も垂れてるでしょ?人妻だし…若くないのよ」と言いながら恥ずかしそうに僕に全裸を見せてくれます。

 僕は「奥さんの体綺麗です…僕は奥さんが大好きなんです」と言いました。奥さんの裸体は確かに年相応に胸が少し垂れ気味でしたが白い肌が綺麗で、何とも言えない様な熟女らしい妖艶さが有りました。奥さんの体は少しだけポチャですが、脚も長くて綺麗ですし腰のクビレも見事です。裸体を見ているだけで僕のチンポは「ビンビン」に硬く成ってしまいました。

 僕は奥さん入れてもまだ2人しか女性経験が有りませんのでSEXテクニックは殆ど皆無でした。とりあえず2人で一緒にお風呂に入りました。お風呂の中で再び抱きしめ合い貪る様な「体液交換とも言える」キスをしました。其の後奥さんが自分の事を話し始めました。今までの男性経験人数や処女喪失年齢まで教えてくれました。奥さんの男性経験は旦那を入れて10人位だそうです。初体験は高校時代の17歳の時と僕に告白してくれました。旦那との間に子供はまだいないそうです。

 26歳位の時に旦那と知り合い27歳で結婚したと聞きました。旦那と知り合う前に交際していた元彼に、散々肉体をもて遊ばれて性奴隷にされて妊娠が発覚すると彼の態度が急変し…最後は捨てられて…元彼の子供を2度も堕した事が有ると言う事まで僕に話してくれました…旦那も知らない秘密まで奥さんは僕に話してくれました。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年10月2日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】マッサージをする家内【隣の芝生】

街外れに温泉施設が出来た。

施設内には、風呂が3種類とサウナ・マッサージ・ゲームコーナ・憩の場が設置されている。

客は、家族連れやご老人が多く見られた。

開店当時は賑わっていたが、最近は人気が少なく特に平日は老人の溜まり場だそうだ。

長年勤めた会社も不景気になり、家内は会社を辞めた。

私42歳、家内38歳

子供もまだ、中学生と高校生とお金が掛る年頃で、家のローンもあるので私1人の収入では

厳しい状況だ。

家内も仕事を探したが、こんな御時世正社員など中々見つからず、半年が過ぎていた。

そんな時、友人の勧めもあり、温泉施設で働く事になった。

自給も他より良く、家内の友人も働いていると言う事で、安心していた。

仕事初日、妻はリビングのソファーに座っていた。

私 「どうだった仕事」

家内「思ったより大変!」

私 「内容は?」


体験談関連タグ

||||||||||

2014年9月30日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】妻の告白(ツアーガイド)【隣の芝生】

数日前、妻から衝撃な告白をされた。

今から10年前、妻は某旅行会社に勤めた。

人と接する仕事がしたいと、ツアーガイドになった。

現に私も、会社の旅行で妻と知り合ったのだ。

10日前、妻は団体のツアーを担当する事になり、2泊で仕事に出掛けました。

偶然、私も出張で県外に行く事になりました。

仕事も終わり、打ち上げと宿泊を兼ねて大きな温泉旅館に向かっていた。

私の他には、同僚2人と現地の会社の従業員5人の8人で2部屋に分かれて泊まる事になった。

宴会場は個人まりとした小さな部屋だったが、食事の内容も豪勢で満足していた。

酒も進み、大分盛り上がった頃、私達の隣には団体客が居たらしく、そちらも大盛り上がりだった。

トイレに行きたくなった私は、部屋を出てトイレ目指して歩いていた。

隣は大きな大広間で、襖が開いていて中が見えたが、30人からの団体だった。

トイレに入ると、混んでいたので大きい方に入った。

少しすると、団体客だろうか?話声が聞えた。

「あのツアコン最高だな!パンチラ全開だよ」


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月29日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】妻が回された 同感【隣の芝生】

「熟妻が回された」を見ました。

私も似た経験があります。上記内要程、酷い扱いではありません。

私35歳、妻29歳

私と妻は出会い系サイトで知り合い結婚しました。妻は松下由樹似のちょっとポッチャリタイプの女性です。

妻は保険の営業をしており、ほぼ毎日外回りで営業を行っています。ある日、私が会社の取引先の人と飲んでいる席で

相手の男性から、面白い話をされました。それは、男性の友人が保険に入った時、営業の女性とヤッタという話でした。

私 :本当ですか?そんな事出来るのかな?

男性:出来るんですよ。特に期末はノルマがあるから焦っているんでしょうね。

私 :いいね。俺も入ろうかな?

男性:私も、そう思ってその友人の担当営業を呼んで貰ったんですよ。

私 :じゃ、ヤレたんですか?

男性:もちろん。友人が支持すると、その女性は直ぐに全裸になって”お願いします。契約して下さい”って言うんですよ。

   一発OKですよ。その場で2回も抜きました。最高に良い女でしたよ。あなたも如何ですか?

私 :でも怪しいですよ。そんな話聞いた事ないし?やばい保険じゃ?

男性:それが、友人は営業が何度も来るから、友人数人で待って話し聞きながら”ヤラせてくれたら入るよ”って言うと


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年9月26日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】ワールドカップの観戦中の出来事 (親善試合)【隣の芝生】

最近の出来事になります。妻・千夏33歳は、サッカー好きで地元Jリーグのサポーターでもあった。

 <妻のプロフィール>

  ・小さな工場の事務員。顔は童顔だが美人!色白肌に体毛は薄い(マン気は剃っています)

   身長161cm 体重50k? B88W62H93って所でムッチりボディだと思います。

   M系で、酒が入ると特にエッチ度が増します。(飲み会は注意が必要なんです)

   サッカー観戦中は夢中なので、多少の悪戯も気にする事はありません。

   (いつも自宅観戦中は後ろに回り、胸やマンコを触るのが日課です。夢中で見ていますが、濡れます)5/30 ブルガリアとの親善試合。

その日、職場はサッカー好きが集まり親善試合の話で盛り上がっていました。

2つ年下の竹下は、根っからのサッカー好き!地元Jリーグのサポーターでもあり、妻とも面識が

あり一緒に自宅で観戦する事もしばしばでした。

「先輩!今日親善試合見ますよね。俺!遊びに行っても良いですか?」

「良いけど・・・」

「1人で見てるより、大勢の方が楽しいし・・・」

「そうだな!じゃ帰りに寄ってくれ」

「は~い」就業時間を終えると、サッカー好きはいつもより帰宅が早く職場は静まり返っていました。


体験談関連タグ

||||||||

2014年9月23日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】妻が職場の後輩に・・【隣の芝生】

「先輩、今週も飲みましょうよ!」

「今週もか?」

「駄目っすか?新入社員にも週末の教育必要でしょう!」

後輩の言葉に、頼られていると言うか?入社初めての気分だった。

「よ~し、じゃ家でいいんだよな?」

「え~勿論!奥さんも一緒に・・・」

「そうだな」

そうして、週末飲む事になったんだが、そんな日に限って仕事が多くドンくさい私は残業確定状態だった。

「すまん!今日、残業確定だ!」

「え~、じゃ先輩先に俺達飲んでて良いですか?」

「先?」

「待ってますよ。先輩早く仕事片付けて帰って来て下さい」

「あっそうだな?」

そうして、私以外の4人は先に我が家に向かって行った。

早く片付けてって言うけど、直ぐに終わる訳も無く必死に終わらせて時計を見ると10時を回っていた。


体験談関連タグ

|||||||||

2014年9月17日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】仲良し組と新年会【隣の芝生】

今年の1月、私の家で新年会が開かれた。

毎年恒例で、同じ職場の仲良し組(5人)で、交代で自宅新年会を開催していました。

今年は、私の番だったんです。

私は入社10年目の33歳、妻(志穂)30歳、子供4歳

仲良し組は、35歳(伸二)の先輩を筆頭に34歳(武)、31歳(人也)、30歳(徹)+私の5人です。

みんなは、同じ職場で7年位の付き合いになり、趣味や性格が合っているメンバーでもありました。

恒例の新年会もちょっと変わっていました。それぞれ、持ち回りも意味があったんです。

それは、場所提供者の妻も必ず参加し、しかも服装もちょっとエッチな感じ…まぁコンパニオン代わり

みたいな感じです。だから、妻に服を着せるのも結構大変なんです。

元々は7年前に徹が入社して仲良し会の歓迎会と言う事で始まったんですが、5年位前にみんな結婚

すると、先輩の伸二さんが俺の家でやろうと言いだし、その時に奥さんがミニスカートだったのが始まり

でした。もちろん全員エッチ大好き!妻が他人に…なんてシュツエーションも好きでした。

そんな事から、毎年エスカレートして行ったんです。

私は、数日前から妻に話をして準備を進めていました。普段からスカート姿で、ミニも履くので交渉には

時間はかかりませんでした。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年9月16日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談
1 / 2412345...1020...最後 »

このページの先頭へ