相互リンク先の最新記事一覧!

【浮気】ぱちんこや【不倫】

東急沿線に駅前の某パチンコ屋に勤めていた時の話です。自分は従業員で働いていて、

朝からよく来る人妻(仮:佐智子)と話をするようになり「今度食事でも!」と話をしたところ「いいわよ!」となり

携帯番号を聞き平日の夕方横浜駅で会い、居酒屋で食事と酒を飲み そのままホテルへと直行、始めはポーズとして

抵抗したものの首筋に唇と舌で舐めまわすと「あっー!」と声を出し抵抗を止め首筋から胸へ乳首が長いのがビックリ

した。子供を2人産んでいた!その声の大きさにこちらもビンビンになり握らすとしごきだし下へ下へと身体を下げ、

我慢汁が結構出ている一物を狂った様にしゃぶり始めた俺もそんなに強くなく我慢出来なくなり佐智子を放し

ぶち込んだ2人生んだ割には締まりはまぁまぁで突くたびに「あっー!あっつー!」と大声で眉間に皺をよせ

感じまくっていた!俺も狂ったよう突きまくり佐智子の4回目のアクメと同時に腹の上に射精した。

その日は朝までハメまくり「めまいする」と帰りに言ってた!それから1年位は割りきった関係でいたが、

自分の引越しと同時に終わりを迎えた。

体験談関連タグ

|||

2014年8月23日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【近親相姦】堕ちていく、私、【血縁SEX】

私は小学5年生で、義父に処女を奪われました。でも、世間で言われる性的虐待って感じではなかった。

義父は、とても優しかったし、姦通も無理せずに、徐々に慣らしてくれた。母が他界して頼れるのが義父だけって状況下だったけど、私は毎日、義父の帰宅を心待にして、玄関でご奉仕フェラが、日課だった。

あの夜までは、

ある夜、いつも通りに、玄関でご奉仕フェラ。そして、お尻を突きだしフリフリして、おねだりすると、

(マジかよ)って声が、中年2人が、私と義父の結合部分を凝視して、鼻息を荒げてる。何が何だか?な私を2人は、義父から引き離した。

ヌポッて音をたてて引き離され。

輪姦されました。この2人に、義父は麻雀の借金が、あったんです。

義父の為なら、

これくらいと、まだ愛情があった。でも、義父は鬼畜だった。毎晩、客を取らされました中3までに、中絶を2回しました。

はやくから、

家を出る決心をしていたので、学校で、先生相手に、援交して稼ぎ。中学卒業と共に、上京しました。16の女の子には、冷たい街だった。

ウリしか仕事が無くて、でも状況は違う、自由の為の対価だし、私は、童顔だから、

パイパンにして、中1って誤魔化せば、客には困らなかった。18になってプーの彼氏が出来て、彼氏名義で部屋を借りて、住所を確保して、専門学校に通い。

就職した。二十代は、5〜6人の彼氏ができたけど、

不の連鎖かな、


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月23日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【浮気】セフレと【不倫】

先日、そのセフレの友達と俺の友達でコンパしてきました。

 4人いた中にすっごいかわいい子がいました。好み!と思った俺はその子の隣に座って最初は紳士的に、酔ってくるとちょっと触りながら。セフレは自分の隣に座ると思っていたのか、にらんでいました。

 気に入った子Y子の耳を撫でると、少し感じたみたいですが、「もう!」と怒るので腰に手をまわして我慢。

 店を出る時には2組がいい感じで、「じゃあね〜」と消えていきました。

 俺もY子と消えようかと思ったんですが、セフレが俺の腕に手をまわしてくるし、男2人があぶれてるし。

 仕方なく一番近い男の家に行くことになりました。

 Y子は「帰る」といったんですが「男3人で女の子一人にしたらかわいそうでしょ」と説得。部屋に着いて飲みながら騒いでいると男2人がセフレに愛撫をはじめました。(この二人は以前セフレと4Pやったんです)

 友達の目もあってか、セフレは逃げているようでしたが、下着を下ろされて指を入れられると「あ、、、あ、、、、」と声が出てきます。

 Y子は下を向いて見ないようにしていました。

 俺はY子と3人に背をむけるように座ってY子のスカートに手を入れて下着をずらすとビショビショ。

「濡れてるよ」というと、本気ではずかしがっているようです。

 指を入れてゆっくり動かすと「二人っきりになれるとこいこ」と言ってきます。

「いいよ」と言いながらズボンから勃起したものを出すと握ってきます。

「入れる?」と聞くと「あとで。どっか行きたい」と。

 セフレの声が激しくなったので振り返ると、一人に正上位で入れられて、一人のものを手でこすっています。


体験談関連タグ

|||||||||||

2014年8月22日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【寝取られ】妻を交換した話をしてみる【鬱勃起】

スペック:

俺:当時41歳

嫁:当時37歳

顔はいきものがかりの女の子を少し太らせた感じ

広田さん:当時44歳

広田さんの奥さん智恵さん:当時41歳

すげえ色っぽい

いまどき(プとか言われそうだが、俺と嫁はお見合いで結婚した。

俺は学校出てない分早くからせっせと働いていたので、割と若いうちに

独立することができた。

酒も飲まないし特に趣味のなかった俺は他人から見たら、年齢の割には

老成して見えたようで、縁談の話が初めて来たのは26のときで、

何人目かのお見合い相手だった今の嫁と結婚した。

今にして思えば、嫁の特にどこが良かったと言うのはわからない。

ただ、雰囲気として「100万回生きたねこ」の最後に出会ったメス猫みたいな、


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年8月22日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【浮気】堀北真希似の子とホテルに【不倫】

彼女を紹介してくれたのは妻だった。

漏れの仕事に関することで相談があるということで引きあわされたのだが、

彼女は堀北真希に似ためちゃくちゃかわいいコだったのだ。

その日はひととおりの話を聞いて別れたものの、その可愛い顔が忘れられず、

1週間後、相談にかこつけて、今度は二人で会おうと企み連絡を入れた。

「あのコ、おとこ好きなのよね」

という妻の言葉にも期待感があったことは否めない。

その証拠にこの間の1週間、漏れはオナピーを一度もしていないのだった。

溜まりに溜まった子供達をたずさえて、漏れは約束の場所へと向かった。

彼女の家の近所だ。

到着したことを携帯に告げると、彼女はすぐに出てきた。

「おまたせー」

やっぱかわいい。

車の助手席に乗せ、そのまま食事へ…

仕事の話が半分、あとは他愛もない話。


体験談関連タグ

||||||

2014年8月21日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【浮気】今では、時効と思うけど【不倫】

もう時効だと思うのでカキコさせてもらいます。

正確には職場といえるかどうか。出張先での出来事。

うちの会社は出張が多いのですが、男女ペアになることはめったにない。

会社も気を使うのだと思います。

しかし、その時はスケジュールの都合で、俺とMの2人で出張だった。

俺32歳既婚、M25歳独身♀。

俺とMは中途入社組で妙に馬が合い、何人かの仲間でよく飲みに行く仲だった。

時にはY談もしたが、それは仲間内でのこと。

Mにも彼氏がいたし、恋愛感情などはなかった。まあ美人だし、好みといえば好みなのだが

出張先で一日目の仕事がおわり、一緒にホテルのレストランで食事をしてるとき、いつものようにY談になった。

ただ2人だけというのがいつもと違った。 お互いのセックスや趣味など。

すると、アナルセックスの話になり、「アナルだと彼氏がいくのが早い」とM。

「え〜お前アナルとか使えんの?彼氏に教えられた?」

ときくと、前の会社で不倫してた上司に教えられたとのこと。

この見た目いい女が、おっさんにいいようにされてたと思うと、妙に興奮し、あらためて女として見直してしまった。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年8月19日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【浮気】同棲中の彼がいるのに【不倫】

同棲中の彼氏がいたのですが、浮気をしてHをしてしまいました。

 相手は社員のMさんです。

 彼氏と大ゲンカした私は「相談したい」と一緒に飲みに行き、たくさん飲まされて、勢いで酔っ払い彼の部屋で介抱されることに・・・

 Mさんは水を持ってくる、と水をくれてから急にディープキスしてきました。

 間接照明だけの薄暗い部屋のベットに押し倒されて、「だめ・・・ちょっ、・・ちょっと待ってください・・・わたしそんなつもりで部屋に来たんじゃ・・だ・・だめですよ・・・わたし同棲してる彼氏がいるんですから・・いやっ・・ホント・・だめ・・・ん・・・あ・・ん・・」

 服の上から乳首を触られて、ブラを外されピンと立った乳首を舐められるとお腹がビクッビクッとなるくらい感じてしまいました・・・。

「あっ・・・いやっ・・だめですよ・・・わたし乳首・・・固くなっちゃってる・・・」ジーパンを脱がされて。

「あっ下は・・いやっ・・だめですよ・・・シャワー浴びてないし臭いですよ・・・だめ・・はずかしい・・・」

 パンツの上から指で愛撫されてグチョグチョに・・・

「(同棲している)今の彼氏ともこういうことしてるんだろ・・・? 彼氏がいるのに俺とこんなことして・・・俺には見せちゃいけないんだろ・・・吉田はHだなあ・・・風呂に入ってないから、すごく女の匂いがするよ・・・吉田の愛液の匂いだ・・・こんな簡単に同棲してる彼氏以外の男に股開いちゃってスケベだな・・・ビロビロが開きっぱなしだな・・・興奮するよ・・・」

 気づいたらパンツを脱がされ、宮田さんはわたしのアソコに口をつけて、激しく舐め回されました・・・。

 わたし、見せちゃいけない相手に一番大事なところ見せちゃってる・・・彼氏以外の男性に・・・色、大きさ、厚さ・・・開き具合・・・濡れ方・・・味・・におい・・・知られちゃった・・・ごめんなさい・・・

 Mさんにクリを集中して舐められ、クリ吸いでイキました。

「Mさん、彼氏より上手っ、ああっっイッちゃううっ!!・・・もう少しでイクのっ! 吸って、クリ・・もっと吸って!! いいっ!! ああっ・・・!!!」

 カラダが小刻みに痙攣してわたしはイッしまいました・・・。


体験談関連タグ

||||||||

2014年8月19日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【人妻】夫の出張中に【隣の芝生】

4月の桜が満開の頃、主人の留守中に私は浮気をしました。

20時くらいだったか私は買い物を済ませて駅ヘ向かい歩いていた。

すると「暇ですか?」とハンサムな男が声を掛けて来た。「暇だったら夜桜でも見に行きましょう」と言うので、主人には悪いが暇だったのでドライブくらいならばと同乗した。男は話しも面白くてとても魅力的に見えてしまった。

車を15分ほど走らせ現地に着いた。その場所は桜と夜景の美しい所でとても感動しました。

その雰囲気に酔っていた私に男がキスをしてきたが、私は無抵抗でいた。正直この位は予想していた?かもしれない。現に今までもキスくらいならナンパ君とも1、2回はあったかな。

次第に男のキスは濃厚になり、舌を絡めてエスカレートしてきて男の手が胸にきたので、そろそろ終わりにしないとと思い「もう駄目」と言った。

男の手は私の胸を揉む、私は冷静ではいたが変な興奮が。知らぬ間にブラウスのボタンが外されていて、ブラの隙間から乳首を刺激された。段々身体が熱くなって行きブラが外され私のオッパイが露わになり、男は嬉しそうに吸う。

「本当にもう止めて」言った。しかし、男の手がスカートの中へ入り下半身を刺激した。

男は「止めろって言ったって、もう凄く濡れてるな」と言い、私のパンツを摺り下げた。パンツを脱がされた私の股間に顔を近付け舐め出した。私は恥ずかしかったが、上手な舌使いで物凄く濡れていた。

もう抵抗なんて出来ない、我慢出来ない。

私は男のデニムのファスナーを下しアレを握った。すると、とっても巨根だった。手で摩るとどんどん大きくなる。今まで見た事の無い大きさだった。

男に○○を咥えてと要望されたが、自信が無いのでお断りした。その後は強制する事は無く、マグロな私に男は奉仕を続けてくれた。

長い愛撫が済み、男の膝に座り2人強く抱き合っていた。すると男は私の腰を持ち上げようとし、私は腰を浮かせた。

男のアレが私の入り口にアタルが、今までの感触と全然違うので私は恐る恐る腰を下し、とうとう挿入した。

見知らぬ男のが入った。少し痛いが、アタル感じが何時もと違う。私は腰を上下に振っていると「イク」と男が言った。


体験談関連タグ

||||||

2014年8月19日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【浮気】出戻った妹と【不倫】

年明けに妹が離婚して実家に戻ってきた。

理由は子供ができなかったから。妹に原因があるらしい。

まだ30前の妹は肌艶も良く、20前半でも通るくらい。

GWに俺の妻と子供が妻の実家に里帰りしたので、

俺も、車で15分くらいの実家に戻っていた。

俺の両親が出かけた昼間、妹が昼を作ってくれたので二人で食べる。

休みだからと酒を飲んで、離婚の話になり、妹が「1年くらいレス」と告白。

実は俺、思春期に妹の下着とかでオナってた経験があった。

ただ、妹だからということで抑えていただけだ。

今でも若く見える妹と、妹夫婦の営みの話題に股間も反応してくる。

「俺、おまえが中学で俺が高校の頃、お前の下着でオナった事あるんだよね。」

っていうと、酔ってる妹もその気になり「本物見せてあげようか」となってTシャツ脱ぎ出す。

薄いブルーの長Tの下は黒いブラ。白い肌との対象がまぶしい。

俺のイチモツはもうビンビンで、妹もそれに気付くと、俺の横で座り、俺のハーフパンツの上から手でさする。

「気持いい?」って聞く妹に「ごめん」と一言言うと、黒いブラの上から固く垂れてない胸を握る。


体験談関連タグ

||||||||

2014年8月18日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【人妻】お隣のご主人と【隣の芝生】

私達夫婦は1年前の結婚で、まだ新婚気分の筈なのですが、最近では夫との(夜の生活)をつまらなく感じています。私はまだ25歳の女盛りなのよ・・・。

と言いますのも、夫とのセックスはパターン化してて変化が無く、隣室のご主人と秘密のお付き合いをするようになってからはつまらないものになってしまいました。(事実は小説よりも奇なりです)

浮気のきっかけは、お隣の奥様がお産のために里帰りされていた時のことです。

ある日、エレベーターでお隣のご主人と一緒になりました。

両手に大きなレジ袋を下げていましたので私から(お買い物ですか?)と声をかけたのです。

(妻がお産で田舎に帰ってまして)と返事をくれた時の笑顔がとても爽やかでした。

ガッチリしてて背も高く、スポーツマンタイプの素敵なご主人です。

それから何日か過ぎた土曜日の午後、お隣のご主人が訪ねて来ました。

夫の仕事はサービス業なので土日は家にいません。

訪問の理由は、当番制になっているゴミ置き場の清掃に関することでした。

玄関に立った彼が(いい匂いですね)言いました。

早めに夕飯のカレーを作っていたからです。

奥様がお留守で何かとお困りでしょう?と言うと、インスタント食品の専門家になりそうですと彼が返事しました。

その時は笑ったものの後で気の毒になり、いそいそとカレーを届けに行ったのです。

お台所に汚れた食器類が山のようになっていたので、ついでにそれも洗ってあげました。


体験談関連タグ

||||||

2014年8月18日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

このページの先頭へ