相互リンク先の最新記事一覧!

【浮気】遠距離【不倫】

Hしてしまいました。

彼が半年前から東北地方に仕事で異動になり、遠距離になって寂しさに耐え

切れなかったコトで相談にのってもらった彼氏の友人G君と、流れでそのまま

やっちゃいました。

場所は私の部屋だったのですが、彼氏の写真を机に置いていたのを見つけら

れ、私のクリと乳首をいじりながら耳元で

『R(彼氏)の写真の前でこんなにいじられて感じているんだ』

とか、

『あいつが外で働いているときに、彼女がこんなコトしてたらどう思うか

な?』

とか、言ってくるんです。

私も

『いやぁ・・』

と言いながらも、あそこはどんどん濡れてくるんです。

入れるときも簡単に入れてくれません。


体験談関連タグ

||||

2014年2月17日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【浮気】鬼畜たちの性活【不倫】

俺は高3で、

貯金額がすでに、500万ある。

貧しい家庭環境が小学生の頃から、バイト三昧の生活に追いやり、

お金を使うのが、恐怖で、貯まった最近使ったのは、1人暮らしの

代金くらいだ。

しかし、

派手に、使う羽目になった。

それは、

1歳上の姉貴が

遊び人に妊娠させられ、厳格な父に知られば、多分、ボテボテだから、俺に泣きついて、来たのだ。

嫌がる俺に、

姉貴は、条件を

掲示した。

それは、筆おろしだった。

妊娠してるから、生で中出しOK


体験談関連タグ

|||||||||||

2014年2月17日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【浮気】後輩【不倫】

GW過ぎ、就職活動が終わったので、サークルの飲み会に久しぶりに顔を出しました。

 初めて会う1年生の子もたくさんいて、ちょっと新鮮☆男の子も女の子も、みんなかわいぃ(^▽^)

 そんな1男のなかで1人、明らかに私を気に入ってて横を離れない子がいました。べろべろに酔って「ゆりかさん好き☆」とか言いながら私に甘えてくるのがかわいくて・・・そしたらそのYクン、あそこがたってきてたんです!もう半分くらい寝てたし、私も軽く酔ってたから、冗談半分で上からぽんぽんって触りました。そしたら「今日俺のうち来てください」って寝言みたいに言ってきて・・・ちょっとびっくりしたけど、顔はタイプだし、やることなすことかわいいし若いし1回くらいいっかなぁって思って、それに就職活動から開放されて自由を満喫したかったし!「いいよ」って言っちゃいました。

 1人暮らしのYクンの家は私と方向が同じだったし、誰にも怪しまれることなく行けました。

 とりあえず私はシャワーを浴びさせてもらってたらYクンも入ってきたんです。あそこはビンビン! しかもデカっ!!・・・

 あんまり経験のない私だけど、それでも今まで見たなかでダントツでかい!!!

 ちょっとびっくりしてる私のことは全然気にせず、ぎゅーっと私を抱きしめると、乳首をぺろぺろしてきました。そんなに上手ってわけじゃないけど、要所要所に入るあまえたみたいな仕草に私も感じてきてしまって、次第に声が出てきてしまいました。

 あそこもびちょびちょに濡れてきて、その大きいのを入れてほしくなってきてしまって、いよいよ大きな声であえいでしまいました。

 けどYクンこそ我慢の限界だったらしく、指も入れずに「いい?」って言いながらあそこをおしつけてきました。

 その甘えた顔にまた私はやられて、OKしちゃいました。

 実はエッチするの久しぶりだったから、もう先っちょが入ってきただけで「ぅああ〜〜ん・・・!!」って泣くみたいな声が出て、まんこはひくひくいって、奥からさらにあったかい液がトプっと出てくるのを感じました。

 私はびしょびしょになってたけど、それでも久しぶりだし、Yクン大きいし、なかなか奥までは入れなくて、その間もじれったくて、自分から腰を押し付けてしまいました。

 そのたびに奥からトクトク液が出てきて、太ももがぬるぬるになっちゃうくらい、すごい濡れちゃいました。

 実際にYクンが全部入ったときは、もう骨抜きってかんじで、自分からどうこうなんて全然できません。

 Yクンが動いてもいないうちからまんこはすごい勢いでひくひくしちゃってるし、ひたすら泣いたみたいな声で喘ぐだけです。


体験談関連タグ

|||||||

2014年2月16日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【浮気】故郷で【不倫】

高校時代の友人の結婚式があり田舎に帰った。僕は親の反対を押しきって結婚したので両親とは断絶状態だ。

そういうわけで帰省しても実家には戻らず、結婚式の会場だったホテルに部屋をとって一泊した。

結婚式で昔クラスが同じだったS子に再会した。S子も同じホテルに泊まっているそうで、夜に二人で一杯やろうということになった。                                                             

夜の8時ごろ、S子が俺の部屋のドアをノックした。

俺はどこかのバーで飲むつもりだったが、S子が「疲れたし昼間の料理でお腹いっぱい。部屋で軽く飲めればいいよ」というので、冷蔵庫の中のビールで乾杯した。

S子はパーティ用のドレスから、ラフな服に着替えていた。シャワーを浴びてきたようで、体からほのかに石鹸の匂いが漂ってきた。

S子は東京で結婚したものの1年で離婚したそうで、それが負い目で実家に戻りにくいらしかった。

話をしながら飲んでるうちにS子がノーブラなのに気がついた。白いシャツを透かして乳首がうっすら見え、否が応にもチラチラと視線がそこに行ってしまった。

それからS子が最近痴漢に遭ったという話になり、「私なんかを狙うなんて目が悪い痴漢だったのね」と言ったので、僕は「目がよかったんだよ。Sちゃん魅力的だもん」と言った。

するとS子が「ありがと」と色っぽい視線を向けて、「さっきから胸をチラチラ見てるでしょ?○○くんも私を襲いたい?」と聞いてきた。

無言でS子を見つめているとS子が目を閉じたので、僕は彼女の唇に唇を重ねた。彼女のやわらかな乳房をまさぐり、背中を優しく撫でた。

S子は僕の手を引いてベッドに行くと、僕のズボンを脱がせ、硬直したペニスに口づけしてから丁寧に舐め始めた。

僕も彼女の下半身を引き寄せ下着をはずした。69になって陰毛の中に潜む潤んだ器官を舌で攻撃した。

クリ、陰唇、アナルと順番になめていくと、興奮したS子が「ん、ん、うぅん」と呻きながら激しくペニスをしゃぶりたてた。

いまやS子の性器はグッショリと濡れて、僕に貫かれるのを待っている状態だ。キスをして互いの分泌液を交換しつつ合体した。


体験談関連タグ

||||||||||||

2014年2月16日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【浮気】「けっして略奪ではないです」さんの姉さんへ【不倫】

「けっして略奪ではないです」の姉さんのせいで 

もてて、こわい 

きしいこそ つまをみぎわに ことのねの 

とこにわぎみを まつぞこいしき 

きしいこそ つまをみぎわに ことのねの 

とこにわぎみを まつぞこいしき 

きしいこそ つまをみぎわに ことのねの 

とこにわぎみを まつぞこいしき 

電車で、この言葉で、かうぇー子に声かけたら 

ついてきよった 

おれのアパートにもついてきて 

おれのタイプで、なんたら女子アナくりソツ 

すいすいまくって、やりやりまくって、くったくた 

ほかにも厨女子とか、ウザイおばはんまで 

おれによってくる 


体験談関連タグ

||||||||

2014年2月15日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【浮気】結婚式場で仕事中にお客様と寝た【不倫】

結婚式場で働いています。この前、結婚式場を婚約者と探しているお客様のKさんと寝てしまいました。

うちの式場はスライドの写りと編集器具が自慢の会場で、必ずお客様に見せます。

3ヶ月打ち合わせを続けているKさんカップルにも見せようと、会場を二人だけにして暗くしました。

私は上の編集器具室へ・・・上映中に器具室から二人を見てたらKさんだけが席を立って「トイレかな?」と思っていたら、さっき私が案内した薄暗い器具室へ入ってきて「佐野さんのこと、前から好きだった・・」と抱きつき告白されました。

「必ずここで契約するからさ・・・」

3月は私の成約成績が良くなかったので、うちの式場でしていただけるという条件で体を許してしまいました・・・「Kさん、私・・・困ります・・・」

黒のパンツスーツのズボンとパンティを太ももの所まで脱がされてお尻が丸出し。

私はお尻が大きいし、汚い所なので恥ずかしいのにお尻の穴まで舐められて・・・

アソコがすぐにグチョグチョになってしまい、そのまま立ちバックの体勢に・・・

黒のスーツの上着・白のブラウス(式場の制服)は着たままでお尻と性交するのに必要な部分だけを私はKさんに差し出して(提供して)Kさんに激しく出し入れされました・・・

Kさんのモノは私の彼氏よりも太くて熱くて印象的でした・・・

スライドを真剣に見ているKさんの婚約者の美奈さんが編集室からガラス越しに見えていました。

二人で美奈さんを見ながら「ほら、美奈が見えるだろ・・美奈の前でオレ達、

隠れてこんな所でナマでセックスしてる・・・ああ、気持ちいいよっ・・・オレ、このまま佐野さんの中に出したい・・・」

Kさんの出し入れするスピードが上がり、明らかに私の中に出そうとしているのが分かりました。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年2月15日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【浮気】ほんのちょっとの勘違いから…【不倫】

はじまりは、ほんのちょっとの勘違いからだった…

 「家庭を壊さない程度の付き合い」その言葉の意味を、お互いが取り違えた。

 職場の忘年会で二次会のカラオケが終わり、そろそろお開きか?そんな空気が流れていた。

 飲み散らかしたグラスを集めたり、本を揃えたりと、カラオケルームの片付けをしていた私は、いつの間にか置いてきぼりをくっていた。

 気が付くと、コートを着かけている彼と二人きり…。ちょっぴりどぎまぎして、そそくさとその場を去ろうとした。リモコンを手に持ち、視線を落として、さりげなく彼のわきを通り過ぎる…はずだった。

 足元の視界に、前から誰かの足が近づいてきた。そう認識した瞬間、私の唇がすくい上げられるように唇で持ち上げられた。彼の唇で…。

 『!』 体が凍りついたようにこわばる。

 彼は私の腰に手を回すと、引き寄せて、唇を強く押し当てながら、舌を入れようとしてきた。

 久しくディープキスから遠ざかっていた私は、喉の奥が締め付けられるような感覚におそわれて、応じる事が出来なかった。

 ゆっくりと唇が離れ、体が解放された。

 「びっくりした…」 少しよろめきながら彼から離れ、照れ隠しに前髪をかまいつつ、ほんの一瞬彼を見た。が、彼の表情はよくわからなかった。

 ここであたふたしても大人気ないと思い、ゆっくりと歩いて靴をはくと、彼が足早にやってきてドアを背にして私の前に立った。

 「行かせない」そう言うと再び抱き寄せて、キスをしてきた。そして舌を入れようとするが、またもや応じられない…。

 彼は諦めたのか、唇を強く吸いながら、長いキスをした。

 「お前のせいだぞ。」 彼はきょとんとする私を尻目に部屋を出ていった。


体験談関連タグ

||||||||||

2014年2月14日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【浮気】初不倫旅行【不倫】

私は45才で会社員、彼(50才)は主人の×1で主人の同僚です。時折家にも来る事があり私は本当に主人の同僚としかしていませんでした。それは2ヶ月前のことです。どうやら主人が浮気をしているらしくその方に恥ずかしながらも相談しました。彼の離婚の原因は奥様の浮気でしたから私の気持ちが理解してくれると思ったからです。

とても親身な相談に乗ってくれました。主人とは数ヶ月、夜の営みはなくいわゆる「レス」状態。比較的時間に余裕のある彼は私の「相談」との口実に快く遭ってくれました。私の中では既に彼に対する想いが膨らんできていたのでしょうね。彼もまた私に対する思いを遠回しに言ってくれるようになっていました。そんな時、初めて車の中で引き寄せられ唇を奪われました。初めは抵抗しましたが…。

今は子供にもお金のかかる時期で離婚はできません。それもあり主人の浮気については彼のアドバイスもあり「知らない」を通していました。でも 本当の所は我慢の限界でした。そんな時、主人が3日の出張がきまりました。もちろん彼は同僚ですから知っていたはずです。「出張にあわせて1泊旅行に行かない?気晴らしにはいいかも?」彼からお誘いがありました。1日考えた後、「急だけど女友達と旅行に行くことになった」と主人告げ子供を実家に預けました。主人は何の疑いもなく「いいよ」と。私に不倫なんてできる訳ないと思っているのです。19才で主人と知り合い初めて男性が主人です、それは主人も知っています。結婚してからは、家事に子育てと不倫や浮気、異性との出会いは全く別世界にいた私を主人は知っているからです。

男の人と旅行に2人だけで行くということは、その意味はこの年ですから判ります。ランジェリーを新調しようとショップに行きましたがこの歳だし悩んだ末、白を基調としたピンク柄で2組上下揃えました。

当日、彼の車に乗り行き先は信州の山の温泉でした。車の中では私は後ろめたさもありましたが何もかも忘れて楽しもう!との気持ちに切り替え楽しくドライブ、途中から2人とも手を握り合っていました。

少し早めに旅館に着き、夫婦とのことでチェックインしました。部屋からは雪景色が眺められ、もっと驚いたことにはお部屋には専用の岩風の温泉露天風呂があったことです。とりあえず旅館の近くを散策、ここまで来れば知り合いはいないだろうと腕を組んでいました。

部屋に帰り、浴衣と新調したランジェリーを持って大浴場で旅の汗を流し、その後2人で個室料亭で豪華なお食事を頬張りました。

部屋に帰ると2組のお布団が仲良く敷いてありました。隅のテーブルで並んで座りお酒を飲んでいると彼に抱きしめられお互いの唇をむさぼりあいました。それからかれの手が浴衣の合わせから進入してきてブラの上から触れられました。

「せっかくだから部屋の露天風呂に一緒に入ろうよ」「恥ずかしいから1人で入って」でも彼はとても強引に誘ってきます。根負けした私は「暗くして」と言い彼が入って行くのを見定めた後、タオルを巻いて入って行きました。「そそる下着だね、今日の為に新調したの?」私が脱ぐところを見ていたんですね。

そんなには湯船は大きくはなかったけれど向かい合ってはいりました。タオルは着けたままでしたが当然のごとく剥ぎ取られました。

「きれいな体だね」「おばさんをからかわないで」

風呂から上がり彼は私の全身を拭いてくれました、もちろん恥ずかしい所もです。その頃の私はもう恥ずかしさよりも彼の事が好きとも気持ちがいっぱいでなすがままでした。

お布団に入り彼は全身を愛撫してくれました。「本当にきれいな人だ」「もうー、私、主人しか男性知らないから優しくして」

彼の手が私の手を取り彼自身に導きました。思わず「おっきい、それに硬い」とはしたないことを口走ってしまいました。

「そろそろいい」「うん」「コンドームないけど外にだすからね」そのままの彼を私は受け入れていました。彼は激しく私を攻め立て「いい?」などと聞いてきます「いい、決まってる」


体験談関連タグ

||||||

2014年2月13日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【浮気】ウエディングディレクターと【不倫】

ある結婚式場を回っていたときに出会ったのがウェディングディレクターの内田恵梨子(30歳)さん。

内田さんはベテランで普通は初め男性のスタッフがついて後から女性プランナーがお客につくそうですが、

内田さんは一番初めか仕事を任せられるくらい仕事ができる人みたいです。

僕はそんなことよりも、内田さんの胸とかお尻に目がいってしまって・・・。

貧乳好きなんですが、まさに微乳っぽい感じの女性でした。

ズボンを穿いていて、さりげなく内田さんのお尻を見るとなかなかお尻は大きいように見えました。

3回くらい説明を受けたのですが、条件が少し合わずに他の式場を回り始めました。

内田さんはすごく真面目で大人しい感じです。

携帯に連絡があって何とか条件を合わせるので来て下さい、と・・・。

「今日の夜、一緒にご飯行ってくれたらいいよ」と返事。

「本当ですか?分かりました。仕事終わったら連絡しますね」

「ガードの甘い女性だなー」と思いましたが、これが好都合。

いろいろと仕事の話を聞いて、いわゆる営業だから数字達成が厳しいのと

同業他社が多くてお客の取り合いになってると言っていました。

「じゃあ、内田さんの所にしようかな、考えるよ」と伝えました。


体験談関連タグ

|||||||||||

2014年2月13日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【人妻】逆ギレしないでね【隣の芝生】

多摩センター302の旦那さんへ。

肌蹴たブラウスにたくし上げられたブラ、捲り上げたスカートのままM字開脚で奥さんが気だるそうに私を見つめながら生膣から流れ出てくる注ぎ込んだばかりの精液を気だるそうに拭いてますよ。

「イクッ あっあなたぁ~ イグゥ~」

「中に 中にいっぱい頂戴~」

注ぎ込み始めると腰にしがみつき足を大きく開き生膣を押付けてきますよ。

しっかりと深く咥え込みなかなかの美味な痴態を曝け出してくれますね。

淫乱妻そのものですね。

気持ちよく美味しくいただきました。

旦那さんが相手しないからですよ・・・ゴチになってます。旦那さん、奥さんは浮気の証拠を掴んだみたいですね。

相手の方は202の小倉さんとか・・・驚きましたよ。

ご主人は単身赴任中でパソコン教室からの付き合いらしいですね。

家庭内別居、レスの奥さんから浮気を疑われた時、髪の毛を掴んだり暴力を振るうDVは少し酷いですね。

弁護士を立てて本当に離婚すると言ってますよ。

私は責任を取りませんけどね。久しぶりに奥さんと逢ってます。危険日らしいですよ。

連絡しなかったことで少し不安と不満が溜まっていたみたいですね。


体験談関連タグ

|||||||||||

2014年2月12日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

このページの先頭へ