相互リンク先の最新記事一覧!

【人妻】コタツの中でイカサレテ【隣の芝生】

私は3年前に勤めていた会社の取引先の営業マンと知り合い大恋愛の末、去年の秋に結婚した新婚ホヤホヤの26歳の新妻です。

ちなみに身長164、B88、W60、H92とプロポーションには自信がありましたが、プライドが高いせいか男性経験もほとんどなく、初体験も20歳の時で、相手は大学の先輩で私から好きになり結ばれました。

夫が2人目でしたが、夫はセックスがとても上手で女としての悦びも教わりました。

体の相性も良く結婚前はほとんど毎日時間を見つけては愛し合い、心身共にこの上ない幸福を感じて結婚しましたので、愛のないセックスは絶対ありえないとあの日までは強く信じていました。

この話はハワイへの新婚旅行を終え、私たち夫婦の仲人でもある夫の上司へ挨拶に行ったときのことです。

上司の部長さん夫婦は、私たちを快く迎えてくれ、奥さんの手料理に舌鼓を打っていました。

私たちが帰ろうとすると、部長さんがおいしいワインがあるからとお酒を頂くことになりました。

ゆっくりくつげるようにとコタツまでも用意していただきました。2人共お酒は強くない方でしたが、上司の勧めるお酒を断ることも出来ず、少し無理をしながらも酒宴は進みました。

しばらくすると夫は居眠りを始め、そのまま寝入ってしまいました。

部長さんも「少し休ませてあげなさい」と夫をそのまま寝かせてしまい、私もほろ酔い気分で旅行の土産話などに花を咲かせていましたが、そのうち、膝のあたりにしきりに部長さんの手が当たるのに気づきました。

(いやだわ、部長さんたら、よってらっしゃるのね)

気のせいだと思いそのままにしていたのですが、その手が除々に膝から太腿にかけて這い上がってきたのです。

(えっ、うそ、やめてください)

私は、この時不覚にも侵入しやすいフレアの白いマイクロミニをはいていたのです。夫の上司でもありまた奥さんの手前じっと我慢をしなら耐えていましたが、それをいいことに部長さんのいやらしい手が更にスカートの奥へと伸び指が太腿の付根の奥の敏感な部分に触れてきました。

(お願い、やめて、ああっ、そんなにしないで)


体験談関連タグ

||||||||||||

2013年5月31日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】①号棟の奥さんと、それから…【隣の芝生】

「キスマークがお互いの不倫の証よ」

と、薄くなってくるとHして消えない様に関係を続ける様にして、①号棟の奥さんは

「夫婦生活はできないでしょ!」

ってご満悦だった。

また、

「私も貴方だけだから、お互い様、まぁ私の旦那とはする気無いから良いけど、貴方は大変ねっ(笑)」

と、ニヤニヤしながら

「奥さんとはしてないの?」

「大事なとこにいっぱいキスマーク付けて有るから無理?」

と、続けて

「奥さん可哀相よぉ〜この前子作りの話ししたら、貴方の奥さんが家も欲しいのに未だいいって作る気無いのよぉって言ってたよぉ」

とご機嫌で私にキスして来る。

私が困り顔で

「子供欲しいって言ってたの?」

と聞き返すと、隣の奥さんがまた、嬉しそうに


体験談関連タグ

|||

2013年5月27日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】若い男の子の厭らしい視線が私に…【隣の芝生】

今夜は主人の帰りが遅くなると聞いていたので、さっきまで家から少し離れたショッピングモールに行ってきました。

パートから帰りシャワーを浴び…黒いショーツを履き…ノーブラで黄色のキャミを着て…白いタイトミニを履き…裸足にサンダルという格好で出かけました。

近所の人に見られないようすばやく車に乗りショッピングモールに向かいました。駐車場に着き車から降りた瞬間から

”ああ…私…これから知らない男性達に視姦されるんだ…”

と勝手に思い込みドキドキし始めました。

ノーブラで体のラインが分かる格好で私は店内に入っていきます。

平日のせいか空いていました。歩いていても男性客をほとんど見ませんでした。でもすれ違う男性の視線は感じました(自意識過剰かな?)

エスカレーターに乗ればスカートを覗かれるかなと思い乗りますが…タイミングよく男性は乗ってきません、少し歩くとブティックに大学生風の若いカップルの姿が見えました。おまけに男の子は私の好みのタイプです。

”デート中のあの若い男の子に少しいじわるしちゃお…”

私はカップルに近づきました。

私は男の子の視界に入るように屈んだりして、胸元が見られるよう期待していました。

最初は男の子は彼女の手前、私をちらりと見ていただけでした。しかし彼女が試着室に入ったとたん、私の方に視線を向ける回数が増えてきました。

私は調子にのり商品を屈んで見るふりをして、彼の方にパンティラインの浮き出たお尻を突き出しました。彼の厭らしい視線を感じます。

”わあ…見てる見てる…若い男の子が私のお尻を…彼女とデート中なのに…”

私は変な快感を覚えました。


体験談関連タグ

||||||||||||

2013年5月21日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】夫の出張中に【隣の芝生】

4月の桜が満開の頃、主人の留守中に私は浮気をしました。

20時くらいだったか私は買い物を済ませて駅ヘ向かい歩いていた。

すると「暇ですか?」とハンサムな男が声を掛けて来た。「暇だったら夜桜でも見に行きましょう」と言うので、主人には悪いが暇だったのでドライブくらいならばと同乗した。男は話しも面白くてとても魅力的に見えてしまった。

車を15分ほど走らせ現地に着いた。その場所は桜と夜景の美しい所でとても感動しました。

その雰囲気に酔っていた私に男がキスをしてきたが、私は無抵抗でいた。正直この位は予想していた?かもしれない。現に今までもキスくらいならナンパ君とも1、2回はあったかな。

次第に男のキスは濃厚になり、舌を絡めてエスカレートしてきて男の手が胸にきたので、そろそろ終わりにしないとと思い「もう駄目」と言った。

男の手は私の胸を揉む、私は冷静ではいたが変な興奮が。知らぬ間にブラウスのボタンが外されていて、ブラの隙間から乳首を刺激された。段々身体が熱くなって行きブラが外され私のオッパイが露わになり、男は嬉しそうに吸う。

「本当にもう止めて」言った。しかし、男の手がスカートの中へ入り下半身を刺激した。

男は「止めろって言ったって、もう凄く濡れてるな」と言い、私のパンツを摺り下げた。パンツを脱がされた私の股間に顔を近付け舐め出した。私は恥ずかしかったが、上手な舌使いで物凄く濡れていた。

もう抵抗なんて出来ない、我慢出来ない。

私は男のデニムのファスナーを下しアレを握った。すると、とっても巨根だった。手で摩るとどんどん大きくなる。今まで見た事の無い大きさだった。

男に○○を咥えてと要望されたが、自信が無いのでお断りした。その後は強制する事は無く、マグロな私に男は奉仕を続けてくれた。

長い愛撫が済み、男の膝に座り2人強く抱き合っていた。すると男は私の腰を持ち上げようとし、私は腰を浮かせた。

男のアレが私の入り口にアタルが、今までの感触と全然違うので私は恐る恐る腰を下し、とうとう挿入した。

見知らぬ男のが入った。少し痛いが、アタル感じが何時もと違う。私は腰を上下に振っていると「イク」と男が言った。


体験談関連タグ

||||||

2013年5月16日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】合い鍵【隣の芝生】

 頼子が久しぶりに深酒した。午後六時に始まった小学校の同窓会が二次会に流れ、三次会に付き合ったところまでは憶えている。でも、その後、どうやって家までたどり着いたのか殆ど憶えていなかった。それでも酒には強い方なので足取りはしっかりしている。





 玄関で鍵を差し込もうとするのだが、何度やっても上手く入らない。おかしいな、と思いながら別の鍵を差し込むと今度はすんなり入った。





 「何だ、こっちの鍵だったの。」





 深くは考えず、玄関に転がり込んだ。男物の靴が目にとまった。





 「あら、やだ。帰ってるわ。泊まりだって言ってたのに。」






体験談関連タグ

||||

2013年4月20日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談
50 / 50« 先頭...102030...4647484950

このページの先頭へ