相互リンク先の最新記事一覧!

【近親相姦】姉と妹と弟 3【血縁SEX】

美紀のツルマンを舐める様になっていった

だから最近は満たされているから 姉貴にオナニーの許可を頼まない オナニーするしつようがないし オナニーの時は姉貴に使用済み

パンツを借りる 夜中に起こされた 姉貴が仁王立ち どうしたの? あんた隠れてオナしてんでしょ あっ 完全に勘ぐってる

アタフタしながら 口から出た 言い訳は 友達からオナニーしたら チンチン黒くなるって聞いて 我慢してた

バカね 黒いのは大人って事よ 気にしないでいいのよ

…….沈黙の後 よし次 行こうか えっ ズボンとパンツを同時に下され ジュルジュルとフェラ 姉貴のフェラは美紀とは違い舌が

ねっとりと 絡み付く あぁぁぁぁ 姉貴の口腔に射精した 舌をペロッと舐めまわし 次は敬太だよ 強制クンニ 美紀のスジマンと

違うビデオの中の大人の万個だ 69で一回 唾をたらした手コキで 一回 出てもコキ続ける ねっ姉ちゃん もうダメ

しょうがないなぁ 敬太毎日しようね 長い長いキス ….返事はっ はい 

毎日毎日 美紀と姉貴とヤル日々 美紀は出さないと舐めつづけるし 姉貴は最低3回は搾り取る 

もう学校で ヘロヘロ 体育は散々 授業はうたた寝 

一月たったら 新たなる展開 土曜は姉貴の取巻き5人が家に遊びにくる その夜 二段ベットの上で いつもどおり

黙って寝たフリ 敬太 布団に手を入れていじってくる 真っ暗の中布団をはがされ 69の体勢 仕方無しに ピチャピチャ舐める

えっ姉貴じゃない! カチャッ豆球がつく 

裸の5人が 部屋にいる それからは 地獄だ代わる代わる 万個を舐めさせられる 写メを撮られる 


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月30日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】夏休み中の私は兄と…【血縁SEX】

8月の半過ぎの週末の事、私22歳(学生)は、3つ上の兄(会社員)と小旅行へ出かける事になりました。

兄とは仲が良く、よく二人で出掛けて泊まりがけの旅行もしてました。あ、と言っても、それまでは普通の兄妹…仲の良い兄妹ってだけで、近親相姦する仲では無かったんですが、その小旅行の時、私がちょっとドジっちゃったのが原因で、仲が良過ぎる兄妹になってしまいました(笑)

その日、車で2時間程行った、某有名なうなぎ店に鰻を食べに行こうって事になり、何時もの様に出掛けたのです。

お店では多少待たされましたが、美味しい鰻が食べられて満足した私達はお店の近所を散策していました。

その鰻屋さんがある町は富士山の雪解け水が豊富に湧き出ていると言う有名な場所で、その鰻屋さんも、その湧水を使っているくらいで、あちらこちらから富士山の雪解け水が湧いていて、近所を散策していると、綺麗な小川が流れている場所を見つけました。

木々が覆い日陰を作って正に清流と言った綺麗な水が流れて、この水も元は富士山からの雪解け水で、水深は30cm程で近所の子供達や家族連れが水浴びを楽しんでいました。

私達も水に浸かる事にしました。パンプスを脱ぎデニムを捲り足を浸けると「ひゃ~冷たい~!」と余りにも冷たくて悲鳴を上げてしまいました(笑)

けど暫く入っていると段々慣れて気持ち良くなってきました。

川の中を流れに逆らって上流に向かって散策して行き、途中で引き返してきました。

もう少しで元の場所に辿り着くと言う時でした…私は足を滑らせ尻もちを付いてしまったのです…

更に手を着いた所が柔らかい砂地だった為、背中までビッショリと濡れてしまい、幸い頭は濡れるのを免れましたが、日帰りの小旅行…着替えなんてありません…

タオルすら持っていないのにどうすればいいのって、もう笑うしかなかったです(笑)

笑ってばかりでは何も解決しませんので、取り合えず車へ戻る事にしました。

車は有料の立体駐車場に駐車していたので、私はそこのトイレに入って一旦脱いで絞れるだけ絞ってから車に乗る事にしました。

車はミニバンなので兄が後部座席を全て跳ね上げた状態にしてくれたので、シートを濡らす事無く済みました。更に窓にはカーテンが有る為外から覗かれる心配はフロント側から以外なく、兄も故意に見る事はしないのが分かっていたので安心して濡れた服を脱いで下着姿になりました。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年11月22日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】姉と妹と弟 2【血縁SEX】

姉貴が 敬太早く帰って 美紀と雄太を頼むわよ 早めに帰るからね うん(ヤッター)心で叫んだ

急いで 帰り美紀と雄太を遊びに行かせたいが S4の美紀はブラコンで 俺から離れない

いつも俺を姉貴に 取られているから ここぞとばかりくっついて来る 早くしないと姉貴が何時帰るかドキドキだ

時間は過ぎていく 返せとせっつく友達に 明日ビデオ返すと 約束している 

意を決した俺は 美紀みたいビデオ あるんだけど 美紀も見るぅ~ 当然言ってくる

でも エッチなビデオだよ えぇ~でも見るぅ 時間的余裕が無い 誰にも言うなよ 約束して 再生

美紀は固まった それはそうだよな 裏だしね でも 俺は興奮してきた リアルな万個が マジかよ

姉貴の風呂をぞいて見た時 黒▼だったし それがばれて 束縛を受ける事になったんだけど

結構グロイけど 興奮でペニが ビンビン オナりたいが 出来ない 美紀がいるからね くそ

フェラシーンの時 美紀が突然 お兄ちゃんもチンチン 舐めてほしいの? えっ まぁ それはそうだけど

じゃあ 美紀が舐めてあげる はぁ バカ何言ったんだ それは違う女の子に頼むよ

ダメぇ美紀じゃなきゃ ダメ ズボンを下げようとする 意外な展開だ 美紀は近所で評判の可愛い子ちゃんだ

やぐっちゃんに 似ている ラッキー 早速ズボンを下げた 仮性のペニはビンビンだ 剥けている 

いつものチンチンじゃないねってペロペロ 敏感な亀頭ビクビクしている 美紀ビデオ見たいにして

うん 小さな口にほうばり 舌をレロレロ あぁぁぁ たちまち射精感 腰を引いたが 間に合わず美紀に顔射 美紀は精子を


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月2日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】俺の妻は男経験豊富【隣の芝生】

妻は俺と知り合った時は38歳で既にバツ2でした。俺の妻への第一印象はとても大柄で、大きな胸の半分位は見えるかと思うような服で、両方の乳首はくっきりと浮いて見えました。又ローライズのジーンズを穿いていてしゃがんだり、腰を突き出すようにするとお尻の割れめも判りました。とても鮮烈な印象でした。

2〜3ことばかりしか話をしていなかったんですが、その日の夜マスの置かずにしたものでした。それから2か月位して又街でばったり会い、そこでコーヒーに誘うとOKしてくれ、メールアドレスの交換をしました。それからのオレはエッチな妄想が次々に生まれ、マスの回数はどんどん増えて行きました。我慢できズ、俺はメールを打ちました。すぐに帰ってくることはなく、諦めていた時夜遅く携帯に電話が入りました。「なにしているの?

一人でオナニーでもしてるの?」と衝撃的な言葉が。「今夜一緒に過ごす?おめこさせてあげてもいいよ」と。

酔っぱらった口調で話していました。「これから、あんたのところへ行くよ。場所を教えて?」と。デンワを切った後、1時間位して俺の部屋に来ました。立っているのがやっとでふらふらとした足取りでした。来るや「ちょっと、汗かいちゃったからシャワー使わせてよ」と一方的な言葉。俺はお酒を飲みながら待っていると、なんと彼女はバスタオルを巻いただけで、大きな胸をお尻が半分見え隠れしていました。実は俺はその時まで女性との経験はなく童貞でした。俺がじろじろ見ていると「見たい、私のヌードが?」というやぱらりとバスタオルを取ると豊満な肉体は想像以上のものでした。何よりもびっくりしたのは彼女には陰毛が全くなくツルツルでした。彼女は「やはり、びっくりしたのね。もう4か月位前から、ここはツルツルなのよ。前の彼がきれいに剃ってくれたの。クン二する時毛があると邪魔だからって・・」。それより、さっき電話で言ったようにおめこする?遠慮しなくていいわよ。私ももう3か月位、チンポ味わっていないから。しようよ。どうせ、もうちんぽピンピンに立っているんでしょう?脱ぎなさいよ。と彼女は俺のペニスを握り、咥え、手でしごいてくれて会えなく、一回目の射精は彼女の喉の奥に出した。初めての体験を彼女は見逃さなかった。「あんた、女性との経験はないのね。めずらしいわね。じゃあ私が筆おろしをしてあげると、両方を脚を開き仰向けになった。俺は彼女の上に乗り、ちんぽを彼女の股間に持っていった。彼女は俺のペニスを握り自分の秘部にあてがった。腰を突き出すと、なんの抵抗もなく根元まで吸い込まれるように俺の勃起したペニスは見事に埋まってしまった。夢中でこそを動かすと、あっというまに2度目の射精をしてしまった。それから彼女は俺と住むようになった。あけっぴろげな妻は二人きりの生活なので、誰にかばかることなく、セックスした夜などは翌日布団を出る昼ころまでお互い全裸のままで愛欲を貪り合っている。実はそれから俺の陰毛も全くなく、妻がきれいに剃りあげてくれている。フェラをするのに毛が口に入らなくていいからと。

体験談関連タグ

|||||||||||

2014年10月17日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】美和子物語 吉井さん 締め締めごっこ【隣の芝生】

週末は高松の隠れ家へ出かけています。

金曜日の夕方に岡山を出発してドライブです。

車庫に車を止めてから食事に出かけます。

高松市内では数カ所のレストランや和食のお店を発見していますから。食後にはタクシーで帰りますのでアルコールもいただけます。

先週の週末はお寿司屋さんへ出かけました。

個室でお刺身と握り寿司をいただきました。一時間ほどで食事を切り上げて、カラオケを楽しむ事になりました。

数曲を二人で歌ってそしてダンスです。チークダンスですから吉井さんのトンガリ部分が美和子に接触します。

吉井さんは両手で美和子のお尻を抱えて・・・。

坊やがお元気です。唇を合わせてお互いの歯ぐきを舐めあいます。

美和子の中に入りたいとのお願いをされています・・・。吉井さんが暴発しそうだと言われますから、美和子がお口でキスする事になりました。

坊やの先端部分はピカピカに輝いています。

両手で坊やを持ってキスしましたら、その瞬間に噴射でした。

一週間分の核爆発のストックです。

美和子のお口には濃い口のザーメンで一杯です。

吉井さんがショーツを脱いでほしいと言われてそれに従いました。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年10月7日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】妹の気持ちを受けとめて【血縁SEX】

中学2年の夏に、部活で遅くなり、19時に帰宅した。何時もなら妹の楓が玄関に迎えにくるが、今日は来なかった。キッチンに行くと、母の書き置き。母さん今夜は遅くなります。晩ごはんは、チンしてね。

また手伝いか。

あれっ?2人分ある。楓の部屋に向かいドアを開けた。

(俺)楓、ご飯食べないのか?。

『返事がない』。(俺)楓ぇ飯は。

『布団を被る楓を揺すったが無言』(俺)気分でも悪いんか?。

布団を剥がすと、グスグス泣いてる。事情を聞くと、プールの着替えの時に、胸が小さいとか、毛が生えてないとか、からかわれて、仲の悪い友達が男子にバラしたらしくて。落ち込んでたって、

まだ5年だから、その内に胸も大きくなるし、毛も生えてくるからって、慰めて一緒に

ご飯を食べた。

何時もなら2人でテレビを見るが、部屋にこもる楓にまだ落ち込んでるのかと、部屋に入ると、キャァァって、ごめんって言ってドアをしめて自室に入った。

楓がオナニーしてた。しかも全裸で、何時一緒に入浴するから裸は見馴れてるけど、オナニーとは。少し楓が女にみえた。

その夜、楓を創造して俺もオナニーをした。

2、3日、気まずい感じだったけど、屈託のない笑顔が戻り。今日は一緒に入浴した。

裸の楓を見ると、あの姿が脳裏から離れずに、湯船の中で勃起した。

目を反らしていたけど、楓がシャンプーし出した時に、今晩のオカズにと、体をマジマシと脳裏に焼き付けた。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月7日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】出会い【隣の芝生】

私は29歳の主婦です。去年の出来事を書かせて貰います。

 ある日、些細なことで主人と喧嘩をして、家を飛び出した。私は一件のショットバーでお酒を飲んで頭を冷やしていました。

 すると、ちょっと離れた席に座っていた、男性と目が合ったので、軽く会釈すると、その男性は自分のグラスを持って私の方へ来ました。

「お隣良いですか?」

「ええ、どうぞ」

 彼は私の隣の席に着きました。

 私はお酒を飲みながら、彼に主人の愚痴を聞いて貰いました。愚痴から、普通の会話になり、彼との会話が楽しくなってきました。自然にお酒のペースが速くなって、少し酔いが回り始めた頃、時折、彼の膝と私の膝がぶつかるのに気が付きました。

 私はニッコリ微笑むと、彼は私の膝の上に手を置き、太股をさすり始めました。

 私の膝に有る彼の手に私の手を重ねると「もうちょっと、静かな場所でお話ししませんか?」と、彼が言ってきたので、私はうなずきました。

 私と彼は店を出て、自然に腕を組んでホテル街へと向かい、ホテルのエレベーターに乗ると、彼は激しいキスをしてきました。私もそれに答え、舌を絡ませました。

 部屋に入り、彼は私をベットに押し倒すと服を脱がし始め、下着姿にされました。

「ちょっと待って、シャワー浴びさせて」と、彼にお願いし、シャワーを浴びました。

 すると、裸の彼も入ってきて、抱きしめられ、キスされました。

 私の下半身に当たる彼のペニスを見てびっくり、主人の倍近くある太さと長さでした。

「もう、こんなに大きくなっているんだよ。口でしてくれない?」


体験談関連タグ

||||||||

2014年9月29日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】元トラック運転手妻の過去【隣の芝生】

 数年前子供ができるまで長距離トラックの運転手をしていた私の妻は本当にHが好きで帰ってくると

必ずと言っていいほど毎度しました。

そんなある日、夜中に突然携帯に電話がかかってきました。

何事かと思い、見てみると妻からでした。電話に出ると電話の向こう側から

「あ〜ん、あなたぁ〜ご、ごめんなさぁん・・・・いんぅ」

どこか猫なで声だけど、確かに妻の声が聞こえました。

「どうした!なにがあったんだ!」

私が懸命に聞いても「あ〜ん」だととか「もう、だめ〜」と言う声しか聞こえません。

一旦電話の向こうが静かになったかと思うと、聞いたことがない男の声が聞こえてきました。

「どうもすいません。旦那さんですか?」

「は、はい」

「今、奥さんちょっと酔っ払ってるんですよ〜。私たちのチ〇ポに」

思いもかけない単語が耳に入ってきた。

とても信じられませんでした。

「はぁ?」


体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年9月4日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】映画館にて【隣の芝生】

すごく恥ずかしい官能的な体験を告白します。

私は2年前に結婚した25歳の人妻です。

この話は、先日主人と映画を観に行った時のことです。

私の好きな海外の恋愛映画で、大きな話題にもなっていて、以前から楽しみに

していたんです。

久しぶりのふたりでの外出に、主人の好きなかなり短い大胆な白いフレアミニ

をはいて出かけました。

蒸し暑い日だったのでパンストははいていません。

平日のため、映画館は空席ばかりで、私たちは中央に並んで座りました。

ロビーに眼鏡をかけた温厚そうな紳士が座っていたのが、何となく意識の隅に

残っていました。

映画が始まってまもなく、主人は疲れていたのか眠ってしまいました。

しばらくして、私の右側にひとりの男性が腰を下ろしました。

(こんなに空いているんだから、他の席でもいいのに・・・)

そう思って彼を見ると、眼鏡をかけています。


体験談関連タグ

|||||||||

2014年8月23日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】夫の出張中に【隣の芝生】

4月の桜が満開の頃、主人の留守中に私は浮気をしました。

20時くらいだったか私は買い物を済ませて駅ヘ向かい歩いていた。

すると「暇ですか?」とハンサムな男が声を掛けて来た。「暇だったら夜桜でも見に行きましょう」と言うので、主人には悪いが暇だったのでドライブくらいならばと同乗した。男は話しも面白くてとても魅力的に見えてしまった。

車を15分ほど走らせ現地に着いた。その場所は桜と夜景の美しい所でとても感動しました。

その雰囲気に酔っていた私に男がキスをしてきたが、私は無抵抗でいた。正直この位は予想していた?かもしれない。現に今までもキスくらいならナンパ君とも1、2回はあったかな。

次第に男のキスは濃厚になり、舌を絡めてエスカレートしてきて男の手が胸にきたので、そろそろ終わりにしないとと思い「もう駄目」と言った。

男の手は私の胸を揉む、私は冷静ではいたが変な興奮が。知らぬ間にブラウスのボタンが外されていて、ブラの隙間から乳首を刺激された。段々身体が熱くなって行きブラが外され私のオッパイが露わになり、男は嬉しそうに吸う。

「本当にもう止めて」言った。しかし、男の手がスカートの中へ入り下半身を刺激した。

男は「止めろって言ったって、もう凄く濡れてるな」と言い、私のパンツを摺り下げた。パンツを脱がされた私の股間に顔を近付け舐め出した。私は恥ずかしかったが、上手な舌使いで物凄く濡れていた。

もう抵抗なんて出来ない、我慢出来ない。

私は男のデニムのファスナーを下しアレを握った。すると、とっても巨根だった。手で摩るとどんどん大きくなる。今まで見た事の無い大きさだった。

男に○○を咥えてと要望されたが、自信が無いのでお断りした。その後は強制する事は無く、マグロな私に男は奉仕を続けてくれた。

長い愛撫が済み、男の膝に座り2人強く抱き合っていた。すると男は私の腰を持ち上げようとし、私は腰を浮かせた。

男のアレが私の入り口にアタルが、今までの感触と全然違うので私は恐る恐る腰を下し、とうとう挿入した。

見知らぬ男のが入った。少し痛いが、アタル感じが何時もと違う。私は腰を上下に振っていると「イク」と男が言った。


体験談関連タグ

||||||

2014年8月19日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ