相互リンク先の最新記事一覧!

【近親相姦】私は、変態【血縁SEX】

私は、変態です。今27歳でご主人様が 7人います。

大阪に2人.福岡に1人.都内に4人です。色んなプレイで楽しませてくれます。

こんな身体になったきっかけは、9歳の頃から受けた。実父からの悪戯です。

エスカレートした父から12でロストヴァージン 14で父の借金相手4人に廻されて、調教されました。

アナル 浣腸 ディープスロート フィストバック 視姦 放置 青姦 中出し

中3で、2回堕胎

このままでは、危ないと思い、中学卒業を期に東京に逃げました。

でも、不の連鎖は、続くんですね。 24歳までの5人の彼氏は、みんなDV野郎ばかり

人生に嫌気がして、自殺も考えた。

そんな時 出会ったのが、優しい彼氏 ある程度 嫌々ながらの経験ある私が

セックスが嫌いな訳を打ち明け、理解してくれて、徐々にセックスの素晴らしさを、教えてくれました。

でも……目覚めたの 段々普通のセックスが物足らなくなるの ある日彼氏と仕事終わりに、公園で待ち合せ

転機が訪れたわ、露出系の投稿雑誌を拾っちゃった。そこに、M女求むの掲載

もう、いてもたってもいられず、待ち合せスッポカシて、手紙出して、即逢っちゃった。

1号ご主人様との 運命の出会い もうそこからは、快楽の日々


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年9月6日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】同級生の母親【隣の芝生】

初めて投稿します。

俺は十八歳の高校生です。親父は地方で、ヤクザの組長をやってます。

母親は、小さいときに死にました。

そんな事もあって親父は、俺には優しく何でもいう事を聞いてくれたり、

買ってくれました。

去年の夏、俺の誕生日に、親父が「何かほしいものあるか?なんでもええ

よ。」と言ったので

俺は、「女。」と言いました。親父は、ちょっとビックリしてたけど、

「ふ~ん、女かぁ。ソープでも行きたいんか?」

と言うので、俺は、「違う、違う 同級生の母親や。」と言いました。

去年の春に転校してきた男子の母親で、そいつとは、結構、遊んだりしてま

した。

と言うより俺のことが怖くて俺に合わせてたと言ったほうがいいかも知れな

い。

授業参観でそいつ(悟と言います。)の母親を見たら水野真紀にそっくりの


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月5日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】露出癖のある妻【隣の芝生】

私の妻(加奈:27歳)は露出癖がある事が分かった。

結婚2年を迎えた私達に子供はまだいない。

大企業の受付窓口で働く妻は、常に人の目に曝され緊張の毎日だそうだ。

そんな妻が露出癖がある事が分かったのは、1年前だった。

付き合っていた当時から、Mっ気がある事は薄々気づいていたが、露出癖が

ある事は分からなかった。

ある日の夜、妻を抱こうと考えていた私に妻は思わぬ事を言いだしたのだ。妻:今日、外でしてみない!

私:外って・・・

妻:どこでもいいの?車とか?公園?

私:見られたらどうするんだ?

妻:ちょっと離れた所に行こう?予想外の展開に戸惑いながら、車を走らせ人気の無い公園で車を止めた。

あらかじめ遣り易い様に着替えていた私達は、公園のベンチで初めての野外SEXを楽しんだ。

初めて見る妻の乱れ方に驚いたが、私も気分が上々!妻の体を堪能した。

それからと言うもの、何かと外で性行為は続いたんですが、妻の行動はエスカレートし、人気が

ある方が興奮すると言い出したのだ。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年9月1日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】妻の・・・・・【隣の芝生】

私は共働きのサラリーマンです。

妻は勤務先の送歓迎会だと称してしょっちゅう帰宅が深夜になりました。

私の勤務している会社も残業が多く、すれ違い夫婦になって数ヶ月。

毎週のように送歓迎会があるはずもなく、また、そんな状態ですから夜も拒まれるようになりました。

さらに妻の態度は冷たくなる一方です。

妻が浮気しているのではないかと思い始めてからと云うもの、最初はいたたまれないほど悩み続けました。

夜私が先に帰宅している夜を待つのは辛く、それでいて、妻が他の男に抱かれているのではないかと思うと興奮してしまうのです。

そんな時にインターネットでは寝取られマゾでにぎわっているのを知り、寝取られマゾにはまってしまいました。

ましてセックスを拒まれている夫です、想像しては夜な夜な自慰で興奮を沈める日々となってしまいました。

そして妻はとうとう会社の研修で出張があるとまで言い出しました。

私は思い切って妻と話をしました。

妻は簡単に浮気を白状しました。

最初はちょっとした気の緩みからの浮気、でも今は本当に彼に夢中で、このままではいけないから離婚してもいいといいます。

ただ、離婚したいわけではなく、家庭は家庭で守りたい気持ちはあるが、今の彼とは別れたくないといいます。

私は小心な男です、当然のようにそんな妻の浮気を認め、離婚せずに夫婦でいることで話はまとまりました。


体験談関連タグ

||||||||

2014年9月1日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】復讐鬼【隣の芝生】

私は、55歳で、資産家だ。この程、若い妻を向かえ、二度目の、結婚生活を楽しんで、いたように、思えたが、事件は起きた。妻が私に、喜び電話で報告して来た。内容は、妊娠だ。私は、動揺したが、平静を装い喜ぶ演技をした。

妻が妊娠する訳が無い。私は、ゴムを仕様すると、射精しないので。離婚後、セックスライフの為に、パイプカットしていた。

確かに、妊娠するわよって、妻の言葉に、かまわんと、中だししていた。あらゆる可能性を考えて、病院で、確認して、興信所に妻を調べさせた。

すると、あっと言う間に、結果が、でた。つまり、妻の過去と、現在の秘め事が、暴かれたのだ。私には、容認出来る。内容では、無かった。

妻は、十代の時に、風俗嬢で、チンピラの情婦だった。二十代で、クラブのホステスを経て、コンパニオン、私と知り合い結婚。しかも、今も、ヒモと繋がりカルチャーセンターに、通うふりして、密会していた。多分、腹の子の父親は、奴だ。その男の素性に、驚愕した。妻の運転手に、収まっていたのだ。しかも、たまに、遊びに来る。娘を夜な夜な呼び出しているって報告だ。最近、娘が寄り付かなくなったのは、奴の運転で、帰らせた時に、娘の身に何かが

怒りで、我を忘れる程、身震いし、復習を誓った。

まず、運転手は、仕事で、何かと、付き合いのある。その筋に頼み、

麻薬所持と、婦女暴行監禁、脅迫の罪で、前科持ちの奴は、実刑15年で服役、そのニュースに妻は、青ざめて、いた。娘には、

海外留学させて、心を癒させた。

妻は、無事出産後に、毎晩、睡眠薬入りワインを飲ませ。ドヤ街や、発展公園に連れ出し、素っ裸で、男達に体をもてあそばせ。出産後は、セックスをせずに、(本人は身に覚えの無い)、妊娠をさせて、浮気を原因にし身ぐるみを剥ぎ、離婚。追跡調査では、私の圧力で、まともな仕事もなく、売春婦に転落し、流産、薬に手を出して逮捕。

数年がたち、娘は毎晩ベットで、私の寵愛を受けて、いる。ぼろ雑巾の様に、棄てて、復讐が、完結する日を、心待に生活している。

体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年8月29日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】彼女との体験【鬱勃起】

読みづらい文章で申し訳ありません。

初めて投稿します。

私38歳、彼女27歳のカップルです。海外に住んでいます。 

皆さんのようなすごくはないのですが、先日の体験を書かせていただきます。

先日彼女と出かけたとき、食事の後ブラブラしながらアダルトストアー(大人のおもちゃ)のお店の前を通りました。

彼女に「ここに入ろうよ」と言うと普段は嫌がるのにあっさりとOKしてくれました。       

 

こっちのアダルトストアーは中に個室のようなものがあり(一人用ですが)そこでDVDが見れるようになっています。そして壁に直径20cmくらいの穴が開いていて隣の部屋とつながっています。Glory Holeと言うそうです。(海外のポルノサイトで検索するとどんなのか見れます)

少しおもちゃを物色しながら恥ずかしがる彼女を奥のの個室のコーナーへ彼女を連れて行き個室の並んでいる廊下をうろうろしていると、後から2,3人男性が来ました。

彼女に個室の中を見せて「ほら穴が開いてるよ」と言うと「え?何の穴?何するため?」と聞くので、「男性がここから出してくるからフェラするんだよ」と言うと「えーうそ。恥ずかしいからもう出よう」というので、「もう少しいいじゃん、中に入ろうよ」と言って中に連れ込みました。

ドアを閉め鍵をかけて、機械にお金を入れてビデオを描けるとGlory Holeのビデオをやっていました。

「本当に穴から出てる」といいながら見ていたので、いすに座らせキスをしていると

右隣の穴から誰か覗いていました。

彼女はそれに気づかずビデオを見ていたので、私は覗いている彼に目配せをして、

彼女のおっぱいを触り始めました。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年8月28日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】男40にして、岐路にたつ、【隣の芝生】

俺は、モテ期を過ぎた38歳の、独身サラリーマンだ。性処理は、もっぱら風俗だ。そんなおり、足が不自由な60過ぎの親父が、介護師と再婚すると、報告してきた。

しかも20代の女らしい、よくやるよ。

父親とは、母との離婚を期に疎遠になっていたが、

母が他界したのを期に一定の距離感をおいている。

しかし、その時が来た。

後妻から連絡が来た。父親がついにほぼ寝たきり状態になり、俺に会いたがってると、

GWを利用して、帰郷した。ってか、実家は、隣の市なのだが、

ガラガラガラと、玄関を開き、勝手知ったる実家だ。

ズカズカ上がり込むみ、居間に座ったら、襖が開き、

初めまして、清子ですって、三つ指をついてる。

(俺)あっあぁ、どうも、正行です。(清子)よろしくお願いいたします。って顔を上げた。

(俺)えっ。

(清子)あっ。そこに、居たのは、アイコだった。

アイコは、俺のよく指名した風俗嬢だった。

(俺)あっアイコ何で?わっわかんねーよ?。


体験談関連タグ

||||||||||||

2014年8月27日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】自分が寝ている間に彼女が・・・【鬱勃起】

僕が高校生の時、付き合っていた彼女のせいで女性恐怖症プラス、変態になってしまいました。

僕が17の時、初めて彼女ができました。名前はユウカ(仮名)といいます。

同じ高校でクラスも同じ、僕の方から告白し付き合うことになりました。

ユウカは顔も整っており、スタイルも抜群でした。そんな彼女ができたことを当時は自分でも信じられないくらいです。

しかし、ユウカは気が強くとてもわがままでした。反対に僕は、言いたいことを口にできないようなおとなしい性格です。

付き合いはじめの1ヶ月くらいは、お互い慣れていないこともあり、気を使い合っていたのですが、そのうちユウカはどんどん本性を現して

きました。僕は完全にユウカの尻に引かれておりました。

ユウカは自分の機嫌が悪いときは、僕のことを完全無視、逆にテストの勉強などで僕が忙しいときでも、自分の気が乗っているときは、全く

遠慮せずに強引に遊びに連れて行かれたりしていました。

ユウカは僕が初めての人ではなく、男性経験もそれなりに豊富でした。

そのせいか、ユウカは僕とのセックスには不満だったようです。最初はもちろん何も言われなかったのですが、回数を重ねるうちに不満を口

に出すようになりました。

「K(自分)って早いよね」とか、「前の人としたときはもっと気持ちよかった」など、自分にとってはひどく傷つくようなことも、平然と

言い放ちます。

たしかに、僕は早漏だし、セックスの経験もなかったので何も言い返せませんでした。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年8月27日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】愛妻を淫乱な女に・・・智子編【隣の芝生】

私達夫婦(智・33歳、愛・36歳)  私の願いから妻・愛を清楚な女から淫乱な女に変えていった現実の話を聞いていただきました。今回は友達夫婦(直樹・33歳、智子31歳)の話しをさせて下さい。

直樹は私以外の男を知らなかった妻を罠に嵌めた協力者です。

直樹と智ちゃん夫婦には子供がいません。

子供が出来ないのを理由にレス状態になっていました。

しかし、愛が間に入って二人で話し合った結果、子作りに努力していましたが1年経った時点でも妊娠の兆候はありませんでした。

直樹は変わっていく妻のように智ちゃんも一緒にセックスを楽しんで欲しいと洩らしていました。

直樹は智ちゃんとのセックスのたびに『他の男とセックスしてみないか?』とか、『誰か他の男と3Pしよう?』などと言ったりバイブやローターを智ちゃんに使ったりするようになったらしいのです。

心配になった智ちゃんは、普段から姉と慕っている愛に相談してきました。

「愛さん・・・相談したい事があって・・・」

「いいわよ。どうしたの?」

「電話では話しにくい事なんです。週末、直樹さんは出張でいませんのでお邪魔してもいいですか?」

「あら、いいわよ。うちの人も土曜日はゴルフだし、そのまま飲みに行くって言ってたからお泊りにくる?一緒にご飯を食べてお酒でも飲みながらゆっくりと話しを聞いてあげるわよ」

「じゃあ、5時頃にお邪魔します」

「ええ、いらっしゃい。待ってるわ」

電話を切った愛は私と直樹に連絡してきました。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

2014年8月24日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】友達の母前編【隣の芝生】

この間トンでもない光景を見せられてしまいました。

学生時代から付き合っている仲間で「G」と言う男がいます。仕事も長続き

せず、遊んでる時の方がが多い奴です。その日Gのアパートに呼ばれまし

た。行くともう一人知らない男がいました。

「こいつ俺の学生時代からのダチ」

私をそう紹介したのですが、彼の紹介は有りませんでした。

「なんかあるの・・?」

「オウ!、まあ待ってろよ、これから面白いものみせてやるからよ。」

Aはそう言いながら、もう一人の男に向かって

「そうだよな・・」

念を押していました。

「ハイ、此処に来る様に話しましたから・・間違いなく来るはずです。」

男はAに丁寧な言葉で話していました。

「来なかったら約束違反だからな、その時は判ってるよな・・」

「誰か来るの?」


体験談関連タグ

||||||

2014年8月23日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

このページの先頭へ