相互リンク先の最新記事一覧!

【泣ける】吉岡氏愛猫 【感動】

午後の急患は珍しく緊急を要していた。生まれて半年ほどの成長不良の猫が診察台の

上に横たえられた。意識消失しており前後の脚は遊泳するように空を掻いている。瞳

孔はピンホール状に固定され、体に触れると即座にビクビクと強直性痙攣を始める。

トランキライザーを静脈内投与すると痙攣は消えたが遊泳運動は続いた。猫の頸静脈

から血液を採って若い獣医に検査を急がせるが、脳自体に重大な障害があることは明

らかだった。



猫を連れてきたのは若い二人連れ。顔色の悪い肥満体の女と顔色の悪い長身痩躯の

男。相変わらず空を掻く猫の腕に点滴針を入れつつ幾つかの質問をする。女が答え

る。空気が漏れるような奇妙な口調。上目遣いの視線が女の口に固定される。歯が一

本しかない。寂しく残された上の前歯のエナメル質が溶けている。溶けた歯肉と褐色

の舌苔。視線を下ろして猫に心電計の電極を付ける。男も日本人らしい。チューブと

電極だらけになりゆく猫を他人事の様に眺めている。いや、猫ではなく診察室の壁を

眺めている。口は頑に結ばれ決して言葉を発しない。呼吸していないのではないか。

二人の左手薬指には揃って新しい銀色の指輪。トルエン中毒の夫婦と脳の壊れた猫の


体験談関連タグ

|

2013年10月7日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【レイプ】病院でのHな体験談 【鬼畜】

この前産婦人科であった出来事を書きます.



産婦人科といっても妊娠とかじゃないんですよ.

あ,私は今年で新高三です.

彼氏と初めてHしたのが去年の二月.ここ一ヶ月くらいHはしていません.

三月の終わりごろ,もうすぐ新学期ってところで急にあそこの中がかゆくなりました.

最初はしばらくしたらおさまるだろうとかってに思ってたんですが

日に日にかゆさはますばかりだったんです.

Hしてるのが原因なのかなと思って,彼とHしていることをママにはいってなかったし

あそこがかゆいなんて彼にもいえないから,誰にも相談できず困ってたんです



春休み中も部活で学校にいってて,たまたまその日は養護の先生が保健室にいたんです.

だからおもいきってあそこのかゆみについて相談してみました.

先生はHの経験があるかといったことを聞いてきませんでした.

ただ,かゆみが続くようなら,ちゃんとお医者さんに見てもらうように言われたんです.


体験談関連タグ

|||

2013年10月2日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【寝取られ】産婦人科で・・・もうイッテもいいかも 【鬱勃起】

妻は当時20代の半ばで、私の仲間内でもとても評判のきれいな女です。

タレントで言うと上原多香子をおとなしく?したような感じです。

当時子どもが欲しいと思っていた私たちは、妻のひどい生理不順に悩んでいました。

そこで、市内でも有名な産婦人科への通院を私が勧めました。



最初の診察は私も付き添いました。

妻は産婦人科への通院は初めてということで、かなり恥ずかしがっていましたが、

「相手はプロなんだからなにも気にすることはないだろう。」と私がなだめていました。

診察が始まりしばらくして待合室へと帰ってきた妻の顔は、本当に真っ赤になっていました。

何か様子が変な感じでしたが、

かなり恥ずかしかったのだなあと、特別不思議にも思わずに、

その後、近所のスーパーで買い物をして帰ることにしました。



スーパーの介助用の大きなトイレの前に通りがかったときに、

妻が私の手を引いてトイレの中に引っ張り込みました。


体験談関連タグ

|||||||

2013年9月27日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【浮気】整体師 【不倫】

結婚して丸3年経っても子供が出来ないので、私は婦人科、

主人は泌尿器科で診てもらうことにしました。その結果、

主人の精子の数が平均より少ないことが分かりました。

でも妊娠が不可能なほどでもなかったので、主人は精子を増やす薬や、

ホルモン注射や、ビタミンCの補給等を受けていました。



その間私も定期的に不妊外来に通ったのですが、1年経っても

妊娠の兆候は顕れませんでした。もうあきらめの境地になりかけていた時、

通っていた病院への通り道にあった、マッサージの看板がふと目にとまりました。

ストレスに依るものなのか、肩と首筋がこっていたので、

何気なくそこに入っていきました。



予約も何もしていませんでしたが、約1時間弱待たされて、

診察室に通されました。その医院は、マッサージ・鍼・灸などがあり、

それぞれ部屋が別れていました。


体験談関連タグ

||||||||||||

2013年8月1日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【近親相姦】義弟 真琴 【血縁SEX】

結婚してもう二年が過ぎました。

夫はいま単身で東京に。半年の期限だつたので、彼の家族と同居している事でもあり、彼が一人で赴任しました。

夫は月に一度帰宅します。また私も月に一度彼の住む東京のワンルームに行き、掃除や洗濯そして料理・セックス・・。

 月に2回ほどの逢瀬でなんとか我慢をしています。

だいたい2泊3日の予定で行き来しています。

今は三月めになりました。あと半分の我慢です。

まだ若い彼の両親と、彼の弟で高校3年の受験生との生活。義父も義母も共に働いています。パートの義母が大体の家族の面倒を見ています。



 長男の彼の結婚の第一の条件が家族との同居で、親の面倒を将来は観ることだったのです。

付き合う時からその話を彼はしていたので、覚悟はしていましたし、婚約した時から家族とも付き合いましたので、なんとなく自然に生活しています。

 彼は同じ大学の先輩で、三つ年上。地方公務員です。

東京の事務所への長期の出向なのです。



 私達はバスコントロールはしていません。

妊娠したら銀行を辞める積もりです。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2013年7月30日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】面接試験【隣の芝生】

真理は、朝から心が弾んでいた。24歳で結婚して5年、29歳になる今日まで、ずっと家で主婦家業をしていた。それがパートの仕事を探しはじめたのが半月前。20社以上、面接に行ったのだが、どれも門前払いも良いところだった。





それが、今日はかなりの手応えを感じていた。数店舗あるスーパーの売場の仕事なのだが、手違いで、給料を一桁少なく出していたのだ。いくら不況で、職を探すものが多いとはいえ、時給80円では、何か怪しい仕事と思われても仕方がないのだろう。





ところが気になった真理が、試しに電話してみて、そういった事情がわかったというわけだ。





不況の中、特に特技のない真理が職を見つけるのは無理だと夫には笑われていたが、その鼻をあかすのも、もうすぐだ。





職場は、デパートの下着売場だった。






体験談関連タグ

|||||||||||||

2013年4月16日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談
2 / 212

このページの先頭へ