相互リンク先の最新記事一覧!

【泣ける】僕が彼女を守る【感動】

僕の彼女は少し太め でも僕はそんな彼女が大のお気に入りなんだ。いつも仲良く買い物に行っているんだが、今日は彼女が服を見に行きたいって事で、久々に街へと繰り出したんだ。

暫くぶりのデパートなんだが、服は外の暑さを忘れるくらい秋ものでいっぱいだ。



彼女が気になる服を見つけたみたいでディスプレーに飾ってある服を見ていたら店員さんが「よかったら試着してみませんか?」なんて言うもんだから彼女は更衣室へ…



もうね 男が一番困るのがこの試着中なわけ!女の子はわからないだろうが、試着してる間僕は一人なわけよね!そいでもって、あとからショップに入ってきた女子から見たら俺はカナリ浮いてる存在よ!



そりゃ彼女が試着室から出てくれば大丈夫なんだけど、その間がね…まぁそんな感じで考えていたら彼女が出てきた。



しかし彼女の服を見ると豊満な体が小さな服にギュウギュウ詰め状態!



これには店員さんも苦笑い…



そしてあろう事か、先ほど入ってきた女子もチラチラ見ながら彼女の姿を渡ってるではないか!

あまりにも彼女が無残だ!僕はいつしか怒りに震えていた!


体験談関連タグ

||||||

2015年7月26日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【寝取られ】ウブな人妻が知った肉の喜び6 【鬱勃起】

『もうダメ、入れて……。早見君のおちんちん、麻由香の中に入れて……』

麻由香は、ほとんど無意識にそんな言葉を言っていた。そして、その言葉を聞いて、早見は夢が叶った気持ちになり、舞い上がりそうな気持ちのまま麻由香に覆いかぶさった。

客先の、しかも人妻……。手を出してはいけない相手だと、よくわかった上で、それでも気持ちを抑えることの出来ない早見は、麻由香に覆いかぶさったまま、じっと彼女の目を見つめた。そして、麻由香もその真っ直ぐな早見のまなざしを受け止めながら、自分がもう後戻り出来ないところまで来ていると感じていた。



夫の顔が脳裏をよぎる。しかし、燃え上がったその熟れた身体は、目の前の若い身体を狂おしいまでに求めていた。

『来て……』

麻由香は、とろけきった顔でそう言った……。





早見は、自らの唾液と、麻由香の秘密の蜜で濡れそぼった膣口に、暴発しそうなほどいきり立った淫棒を押し当てた。一瞬、避妊のことが頭をよぎるが、それよりも、このオンナを孕ませたい……。そんな、雄としての本能が上回ってしまった。



早見は、そのまま自らの淫棒を押し込んでいく。すぐに、驚くほど濡れそぼった熱い膣肉が彼のモノを包み込んでいく。早見は、その複雑にうねるように絡みつく肉の感触に、腰が抜けそうだった。



そして、麻由香はググッと膣肉を押し広げてその太すぎる淫棒が分け入ってきた瞬間、夫のことを考えた。

(あなた……ゴメンなさい……)


体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年6月28日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 5 【鬱勃起】

前回↓









早朝、菜穂は家族のために1人早起きして朝食を作り、夫のネクタイやカッターシャツを用意する。



そして夫と子供達を起こし、家族皆で一緒に朝食を食べる。





「ほら、お腹空いてなくても朝ごはんはしっかり食べなきゃ駄目よ。一日のエネルギーになるんだから。」





食卓の席に座ってもまだ眠そうな子供達。




体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年6月23日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】清楚で美しい嫁が、母親の借金のせいで身も心もヤクザに堕ちていく 【鬱勃起】

妻のミクが、清楚な白のブラウスを着て、目隠しをされた状態でベッドの中央に女の子座りをしている。

熱を感じるくらいに明るい照明で全身を照らされているミクは、目隠しからはみ出ている部分が白飛び寸前なくらいになっていて、いつもよりも美肌に見える。



そして、そのベッドを囲むように、ブリーフ一枚だけの男達が1ダースほど、ミクを見つめながら自分のブリーフの中に手を突っ込んでまさぐっている。



そして、業務用のデカいカメラを抱えた男が、ミクを真正面から撮している。カメラを持った男が、

「どう? ドキドキする?」

と、少しからかうようなニュアンスを含みながら聞く。



するとミクは、口の端を少しあげて微笑むと、

『はい。楽しみです#9825;』

と答えた……。ほんの些細なきっかけだったのに、どうしてこんな事になったのだろう? 私は椅子に縛り付けられ、猿ぐつわをされた状態であの時のことを思いだしていた。





#8212;#8212;ミクは、エプロンを着けキッチンで朝食を作っていた。ニコニコとしながら、楽しそうに朝食を作るミクを見て、私は今日も一日頑張ろうと思っていた。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2015年6月18日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】ウブな人妻が知った肉の喜び3 【鬱勃起】

「見たいです……」

麻由香は、自分でも驚いていた。幸雄は冗談のつもりで言った言葉だったはずだ。でも、麻由香は幸雄の”見てみる?”と言う言葉に、ほとんど間を置かずにそう答えていた。



麻由香の顔は、いつものおっとりとした優しい顔ではなく、発情した牝のような顔だった。

そしてそんな麻由香の顔を見て、言い出した幸雄の方が緊張していた。でも、冗談と言って笑い飛ばすには、場の空気が淫靡なものに変わりすぎていた。



「本当に?」

喉がカラカラになるような感じで、絞り出すように幸雄が聞く。麻由香は、いつもの彼女であれば我に返ってやめるはずだ。でも、幸雄の小山のように盛り上がったズボンの股間を見て、麻由香は冷静ではなくなっていた。

(あのはしたないオモチャよりも、大きいの? ウソ……信じられない……)

麻由香は、性的興奮ももちろんしているが、単純に好奇心を刺激されている部分も大きい。未知への遭遇への期待……。そんな気持ちだった。



麻由香は、黙ってうなずく。そんな麻由香を見て、幸雄は今の状況の異常さをあらためて実感した。

あの美しい親友の嫁が、ノーブラでブラウスに蕾の形を浮き出させながら、おかしなくらいに透けているスカートを穿いている。透けたスカートの中には、ボルドーのTバックショーツが見える。清楚なイメージの彼女が、こんな売春婦のような下着を身につけているというのは、あまりにもギャップが大きく、そして興奮すると思っていた。



麻由香は、うなずきながら、自分の子宮のあたりがキュンキュンとうずくのを感じていた。今までの人生で、夫以外の男性と、こんな風に性的な話題を話したことはなかった。いや、それどころか、夫以外の男性と二人きりでこんなにも親密に話をしたこと自体がなかった。


体験談関連タグ

||||||

2015年4月24日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【浮気】不倫して5年!安全日は中出し 【不倫】

由香36歳と不倫して5年は立ちます。彼女とは、癒し妻新空間で知り合いました。



小柄で巨乳の彼女を見ててやらない奴はいない。彼女とホテルに向かいセックスしました。



脱がすと黒いブラに包まれた豊満な胸に貪付きました。久し振りの巨乳に興奮させられました。



クンニも彼女は洗ってないために嫌がりましたが、すすり上げると「イャ!イクッ!」と体をびくつかせる。



由香が俺のを入れられて喘ぐ姿をみると今でも興奮します。



そして「ゴム着けてね・・」と言われ入れたら、二人の子持ちとは思えない位の絞まりは抜群。



彼女の中に突き入れフィニッシュ。お互い汗だくになりながら抱き合いキスをして横たわりました。



「凄いよ・・おちんちん硬いし最後はピクッとしてゴムが膨れたよね?」と敏感な体。


体験談関連タグ

|||||

2015年4月10日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【近親相姦】犬の檻(バトル3)【血縁SEX】

犬の檻(バトル1)

犬の檻(バトル2)



未央は両腕で胸を抑えながら一生懸命に、竹竿にくくり付けられたチューブの「輪っか」をかわし続けた。もちろんヤギではないのでなかなかうまくはいかない。

しかし、それも長くは続かなかった。ひとりの男の子がノズルのついたホースをもってきたのだ。

引き金を引くと水が霧のように飛び出した。暑い日差しの中で虹が見え、お互い水をかけあった。



そして、その霧は未央に向けられた。男の子がノズルを絞ると、霧は鋭く細い線となって未央の身体に当たり始めた。



「きゃああ」

顔を守ると胸が、胸を守ると股間を、股間を守ると尻が狙われる。そして、ついに左手首が「輪っか」に入ってしまい、竹を引っ張りながら、ぐるぐるひねって「輪っか」をねじると、手首が締めつけられてしまった。



『あっ!』

「やったあ」

そして続いて右手首も捕らえられた。未央は鉄格子の外の両側から、両腕を自転車のチューブで捕われ拘束されてしまった


体験談関連タグ

||||||||

2015年3月13日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】Fカップ巨乳の彼女が会社の先輩の巨根でいかされまくる 【鬱勃起】

彼女を会社の同期に寝取られた話です。



僕は24歳で会社員をしています。彼女のユウコは23歳で同じ会社の別の部署で働いています。

付き合い始めたのは学生の頃で、会社の内定者の飲み会で知り合ったのがきっかけでした。

なので付き合い始めて2年ぐらいです。



ユウコの良いところは、ノリが良くて誰とでも仲良くなれるところ、それからスタイルがいいところです。

人目を惹く容姿と愛嬌で会社でも人気の的でした。

細身ながらFカップある胸はブラウスの上からでもその豊満さがよくわかり、男性社員の間でいつも話題になっていました。



一方、僕は特にこれといった取り柄も無い普通の男です。

身長は高めですが、顔は普通。

今まで付き合った女性の数も、ユウコを含めて3人と少な目。経験人数も同じです。



また、恥ずかしながらお世辞にもセックスが上手とは言えません。


体験談関連タグ

|||||

2015年2月25日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】信仰が絶えないお堂【血縁SEX】

車は義姉を乗せて春めいてきた田園都市のたんぼ道を走っていた。

妻と約束しているホテルのチエックインには、まだ少し早かった。

「どうしようか…」というと義姉は「では文覚さんにお詣りしましょう…」と云った

文覚さんが何を奉ったお宮かも知らずに、義姉が案内する道を車は走る

車がやっと通れるほどの狭い山道だ

脱輪しないように注意して上り坂をゆっくり進むと次第に嶮しい山深くに入り込んでいく

漸く登りきると余り広くない駐車場があった。

そこに車を止め、石段を上っていくと稲荷神社にあるような朱の鳥居が並んで建っていた

それをくぐって更に登ると小さな拝殿があり、

義姉はその拝殿に向かって手を合わせて拝んでいた

何のお宮なのかわからなかったが、何やら変な感じのお宮だな…と思った

何となく拝礼をして石段を降り、駐車場の片隅に立てあった案内板に目を通す

そのお堂は「文覚堂」と称され

平安末期から鎌倉初期にかけて波乱の人生を送った文覚上人が奉られているという。

文覚上人は源頼朝の家来で友人の妻となった恋人を誤って殺し、


体験談関連タグ

|||||||||

2015年2月24日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】従姉とキメSEX(ppp氏)【血縁SEX】

<>579:ppp:02/10/2908:55ID:qA0il5YH<>

私は有名大学を出て、某企業の中間管理職を勤める35才のQと言います。

ここで私の隠れた趣味(覚せ剤、SEX)についての今まで経験したことから

印象に残る出来事を1つ紹介させたください。

17歳の冬に覚をそのときの近所に住む4つ上の知り合いに進められるがままに

どっぷりはまってしまい今に至るのですが、そののちの24歳のとき経験した

最高のSEXについてです・・・





私はその日友人なんかと4人で軽く酒を飲みじゃあこの辺でと帰路に着こうと

思い最後にトイレにいくと、女子トイレのほうから同世代のストレートの髪に

ベージュのスーツでどうみてもいい女が歩いてきました。そしてその子の面影

はいつかどっかで必ず会っているとその時のほんの数秒ですがすぐに感じ、思わず

[すみません!僕に見覚えありませんか!?]

と声をかけてしまいました、それまで女性にこえかけるのなんてした事無かったのですが


体験談関連タグ

|||||||

2015年2月9日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談
1 / 2712345...1020...最後 »

このページの先頭へ