相互リンク先の最新記事一覧!

【近親相姦】姉と妹と弟 3【血縁SEX】

美紀のツルマンを舐める様になっていった

だから最近は満たされているから 姉貴にオナニーの許可を頼まない オナニーするしつようがないし オナニーの時は姉貴に使用済み

パンツを借りる 夜中に起こされた 姉貴が仁王立ち どうしたの? あんた隠れてオナしてんでしょ あっ 完全に勘ぐってる

アタフタしながら 口から出た 言い訳は 友達からオナニーしたら チンチン黒くなるって聞いて 我慢してた

バカね 黒いのは大人って事よ 気にしないでいいのよ

…….沈黙の後 よし次 行こうか えっ ズボンとパンツを同時に下され ジュルジュルとフェラ 姉貴のフェラは美紀とは違い舌が

ねっとりと 絡み付く あぁぁぁぁ 姉貴の口腔に射精した 舌をペロッと舐めまわし 次は敬太だよ 強制クンニ 美紀のスジマンと

違うビデオの中の大人の万個だ 69で一回 唾をたらした手コキで 一回 出てもコキ続ける ねっ姉ちゃん もうダメ

しょうがないなぁ 敬太毎日しようね 長い長いキス ….返事はっ はい 

毎日毎日 美紀と姉貴とヤル日々 美紀は出さないと舐めつづけるし 姉貴は最低3回は搾り取る 

もう学校で ヘロヘロ 体育は散々 授業はうたた寝 

一月たったら 新たなる展開 土曜は姉貴の取巻き5人が家に遊びにくる その夜 二段ベットの上で いつもどおり

黙って寝たフリ 敬太 布団に手を入れていじってくる 真っ暗の中布団をはがされ 69の体勢 仕方無しに ピチャピチャ舐める

えっ姉貴じゃない! カチャッ豆球がつく 

裸の5人が 部屋にいる それからは 地獄だ代わる代わる 万個を舐めさせられる 写メを撮られる 


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月30日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】姉と妹と弟 2【血縁SEX】

姉貴が 敬太早く帰って 美紀と雄太を頼むわよ 早めに帰るからね うん(ヤッター)心で叫んだ

急いで 帰り美紀と雄太を遊びに行かせたいが S4の美紀はブラコンで 俺から離れない

いつも俺を姉貴に 取られているから ここぞとばかりくっついて来る 早くしないと姉貴が何時帰るかドキドキだ

時間は過ぎていく 返せとせっつく友達に 明日ビデオ返すと 約束している 

意を決した俺は 美紀みたいビデオ あるんだけど 美紀も見るぅ~ 当然言ってくる

でも エッチなビデオだよ えぇ~でも見るぅ 時間的余裕が無い 誰にも言うなよ 約束して 再生

美紀は固まった それはそうだよな 裏だしね でも 俺は興奮してきた リアルな万個が マジかよ

姉貴の風呂をぞいて見た時 黒▼だったし それがばれて 束縛を受ける事になったんだけど

結構グロイけど 興奮でペニが ビンビン オナりたいが 出来ない 美紀がいるからね くそ

フェラシーンの時 美紀が突然 お兄ちゃんもチンチン 舐めてほしいの? えっ まぁ それはそうだけど

じゃあ 美紀が舐めてあげる はぁ バカ何言ったんだ それは違う女の子に頼むよ

ダメぇ美紀じゃなきゃ ダメ ズボンを下げようとする 意外な展開だ 美紀は近所で評判の可愛い子ちゃんだ

やぐっちゃんに 似ている ラッキー 早速ズボンを下げた 仮性のペニはビンビンだ 剥けている 

いつものチンチンじゃないねってペロペロ 敏感な亀頭ビクビクしている 美紀ビデオ見たいにして

うん 小さな口にほうばり 舌をレロレロ あぁぁぁ たちまち射精感 腰を引いたが 間に合わず美紀に顔射 美紀は精子を


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月2日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】義理の母に逆レイプされた!?【血縁SEX】

 私が中1の時に父は離婚して中3の時に再婚しました。相手もバツ1で息が合ったらしく出会って1ヶ月で再婚しました。

それから2年ほどは、平穏無事な毎日を送ってきました。

ある日、友達から借りたDVDをベッドの下に隠して出かけに行って、帰ってきたときに机の上にあったのを見たときは心臓から飛び出るくらいびっくりしました。見つかったDVDというのがまた若妻ものだなんて、本当に運が悪かったとしか言えなかった。

 その夜、みんな寝静まった頃、借りたDVDを見ようとすると、部屋の扉をノックする音が聞こえてきました。不振に思い扉を開けると、スケスケの下着を着けた30代独特のムッチリとした肌とシットリとした唇が目の前にありました。

 目のやり場に困り、2,3歩後ずさりすると、椅子につまづきその椅子に腰を下ろしてしまいました。

すでに、義母のそのイヤらしい姿を見て勃起してしまった自分の股間を押さえつけてしどろもどろに

「な、なにしに来たんだよ!でてけよ!」

と強い口調で言っても義母は聞こうとせず、スススと側によってきて私に馬乗りになり足に義母の股間を擦りつけながら

「Hしようかぁ」と耳で囁いてきました。

そのまるで魔性の女のような声と響きでもう逆らうことができませんでした。

そこからは義母のオンステージでした。

椅子に座っている自分のズボンのチャックを下げ、ペニスを取り出すと、しっとりとした唇が自分のペニスを咥え、舌べらで丁寧に愛撫してくれました。

その愛撫に僕はたまらなくただ、「あーあーあーあーあー」と言うことしかできませんでした。

1分も立たずすぐ義母の口の中に吐き出してしまった僕を嘲笑するわけでもなく、そのまま尿道に残った精液も吸い取ってくれました。

 股間から上り詰めてくる快感が途中で途切れたため、何事かと思い部屋を探すと、ベットの上に四つん這いになってスケスケショーツを横にずらし、秘所を広げていました。


体験談関連タグ

||||||||||||

2014年11月1日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】初体験からの不の連鎖【隣の芝生】

僕は中学卒業後、専門学校に入学した。

学校帰りに、

いつものバスを

待っている間、

何となく視線を

感じていたけど、気には止めなかった。

そのうち、バスが到着して、窓際に座り、ウトウト。すると、

何やら太もも

辺りがモゾモゾ。薄目で見てみると

女の人が夢中で

サワサワしている

気の弱い僕は

我慢していた。

すると、女の人は段々エスカレートズボンの上から、アソコを揉みだしファスナーを

半開きにして、


体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年10月13日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】寝取られ妄想【鬱勃起】

寝取られ妄想です。

夫33歳、妻28歳。

夫は営業マンで外回りが多い会社員です。

妻(綾香)は、美人系でスタイルもよくバストはFカップほどの美乳の主婦です。

こんなシーンから始まります。

夫はかねてからハプニングバーに一度行ってみたいなと思っていたのですが、たまたま営業で外出先の繁華街近くでハプバーの看板を見つけました。

初めてのハプバーで少しドキドキしながら店に入っていくと、噂通りに何人かの男女がメインルームで交わっていました。

別の部屋にはマジックミラーがあって、そこでは中の様子が見れるようになっていたのですが、けっこう美人そうでスタイルが良さそうな巨乳の女性一人に対して、男が3~4人で乱交が行われていました。

その女性は騎乗位をしながら他の男のペニスを両手でフェラしていて、まるでAVを見ているような光景だったのです。しかも、唾をじゅるじゅる垂らしながら、鬼頭やカリをレロレロいやらしく舌で転がしながら、「ねえ、気持ちいい?すごいおちんちん、ビンビンねえ・・すごい大きくて固い・・すごいカリねえ・・旦那のよりも全然気持ち良さそう・・ああ・・・固くて大きいおちんちん大好き・・」と言いながら、時には自分のクリや乳首をいじったりしていて、「ああ・・気持ちいい・・・」と淫乱な姿を見せ付けていました。

その光景を見ていた夫は、段々興奮して来て自分のペニスが今までにないくらい勃起して来たのを感じました。

ただ、マジックミラーを通して、よくよく中を覗いてみると、なんとその女性は妻、綾香だったのです。

「こんなところで何やってんだよ」という怒りが込み上げて来たのですが、段々その怒りは興奮と嫉妬に変わって行きました。

妻は、自分が見ているとは知らずに、複数の男達と乱交しながら、「このおちんちんすごい気持ちいい・・すごいいい・・旦那のより全然大きい・・ああ・・・固い、すごい大きい、気持ちいい・・ああ・・すごい・・いく・・いっちゃう・・・」とだんだん絶頂に。

夫は、その姿に興奮し、気づいたら今までないくらいにペニスが勃起していて、たまらず手コキを始めました。

そして、妻は、他の男達のペニスで幾度となくイキまくり、何度も絶頂を迎えていました。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年8月9日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】本当の妻【隣の芝生】

2年間、幼稚園の先生と不倫関係にありました。

先生といっても年は僕より3つ下です。

最初、年少のクラス担任で先生の子供らしい服装とか仕草が

「可愛いな〜」

なんて思っていました。

積極的に先生と子供の話などしていたある花火大会の夜に偶然出会い、なにげに

「先生、少し飲みに行きませんか?」

などと冗談ぽく言うと

「いいですね。」

幼稚園と違い化粧も服装もビビッとしていて一瞬見たくらいでは分からない程の変身ぶりに僕は惚れてしまいました。

無論、地元では先生も一緒にいるのが世間体的に恐いとの事で隣町まで出かけシットリとしたショットバーで

飲み始めました。



アルコールが進むに連れて徐々に彼氏の話やHな話に成って行き淫靡ムードばっちり!

先生の乳首が立ってるのを確認後、送りオオカミに変身しました。


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年8月4日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】見せ付けセックス2【鬱勃起】

激しいセックスが終わった後、なつきと光司は、動けない僕を尻目に、風呂場に向かった。

僕は、放心状態だった。

情けないことに僕は二度、しごいてもいないのにパンツの中で射精に至っていた。

30分ほどたって、なつきと光司は部屋に戻ってきた。

僕はテレビのある部屋で呆然としていた。何を考えていたのかそういう記憶はいっさいなかった。

なつきは何もなかったかのように、「Yはあのソファで寝てよね。もう電気消すから」

僕は逆らうこともできずに、光司となつきが一緒に寝ているベッドの横にあるソファに横になった。

2人はさすがに疲れているのか、抱き合いながらすぐに眠ってしまった。

僕はしばらくは眠れず、1人涙を流した。

その日はアルバイトもあったのでそのうち眠りについた。

パンパンパン!

その音で僕は眠りから覚めた。しばらくは何が起こっているのか、理解できなかったが、そのうち昨日のことが夢ではないという光景が目の前に飛び込んできた。

ベッドの上で、なつきが光司に激しく後ろから突かれている。

なつき「あぁぁぁぁ〜〜〜!!こうじぃぃ〜〜いっちゃうよぉぉぉ〜〜!!」

パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン!


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2014年7月3日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】姉と妹と年下好き【血縁SEX】

俺の性体験は、今考えると、

ラッキーだけど、

最初の頃は、

苦い思い出でしかなかった。

俺は、小5〜6の頃自由がほとんど

無かった、

それは、母親が

看護婦で夜勤有の忙しいシフトで、小4の妹の面倒を 見てたってのではなく、

高2の姉貴からの 束縛だった。

姉貴の取り巻きも加わって、

したい盛りなのにオナも彼女もダメ、勝手にオナしたのを見つかったら。

お仕置きをされる

何故か見つかる

そのお仕置きってのが、

姉貴たちのパンチラをおかずに、


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年5月30日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】33歳のババァに童貞を売った話w【隣の芝生】

ババア2人の歳は33と35

これはババアに入るよな?



<>7 以下、VIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 23:02:58.45 ID:i278cY+l0<>

ふぅ…



<>10 以下、VIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 23:06:53.05 ID:4rUbrLa30<>

食べごろだろが!



<>14 以下、VIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 23:09:27.23 ID:roJYQtjXO<>

正直50位のババアを期待してた



<>11 以下、VIPがお送りします 投稿日:2012/10/01(月) 23:07:58.34 ID:RDK+lgyD0<>

とりあえず話していく

24歳にもなって童貞な俺は常々彼女が欲しいと思ってたんだが、


体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年4月3日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【レイプ】これは酷いwww【鬼畜】

これは酷いwww削除依頼

投稿者:午後は ○○ 2007/11/14 21:26:57(W22mFb4S)

投稿削除



高校の時、一つ年上の友里先輩に犯された。

同じ部活で、大○愛似でかなり可愛いかったが、彼氏がいるらしかった。

ある日、部室に呼ばれて椅子に座らせられた。

「私が何をしても動かないで」と言われてキスをされた。

制服を脱がされ、胸を責められた後、勃起したチンポを握ってきた。

「こんなに大きくなるんだね、初めて見た」と感心していた。

彼氏が奥手で、キスすらしてこない事を聞かされた。

チンポをしごいたり、舐めたりしてきたが、イキそうになると止められた。

床に寝かされ、先輩が俺の頭の上に股がると、オナニーを始めた。

スカートの中で先輩がパンツの中に手を入れ、クチュクチュ動かしていた。

「アアアンッ、アアアンッ」と先輩からいやらしい声が出始めた。


体験談関連タグ

||||||||||||

2014年4月1日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談
1 / 3123

このページの先頭へ