相互リンク先の最新記事一覧!

【恐怖】籠女(かごめ)【危険】

籠女、籠女。籠の中の鳥は、いついつ、出やる?

 夜明けの晩に、鶴と亀がつぅべった。後ろの正面、だぁれ?





 僕は彼女の瞳を見て、衝撃を受けた。

 いや、つまらない表現はやめよう。素直に言う。

 僕は彼女を犯して犯して、壊したいほどに彼女に惚れてしまった。

 いや、壊したくなんかない。壊れないで欲しい。

 だが、壊してしまいそうなほどに惚れたのだ。



 格子の向こうで少女がうつむく。

 仕事仲間に誘われて、毎夜通う、舞や踊りの吉原遊郭も、今となってしまっては、僕の心に刺さるのは彼女の瞳と泣き声だけ。



 少女おすずは暗い表情だった。これでは売れない。

 酒を呑み、舞を眺め、踊りをはやして、一番下手だった少女に折檻をした。


体験談関連タグ

||

2014年6月6日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【近親相姦】対面座位素股→セックス 【血縁SEX】

の続編。



そこまでくると一気に最後までいきつくのは時間の問題と思われるかもしれませんが、

実際のところそうなったのは随分あとの事です。

それというのも僕自身はその行為だけで十分満足でしたし、いくら何でもそれは絶対にしてはいけない領域であると

自覚していたのも確かです。

とにかく小学校を卒業し、中二になるまで長い間その艶めかしい行為だけで満足していました。

中学に入学するとバスケ部に所属していた事もあるのかもしれませんが、ぐんぐん身長が伸び始め

夏頃には既に180cm近くになっていたと記憶しています。



その頃になるとまるで本当の恋人同士の夜の営みのように組んず解れつの肉弾戦となり

僕の求めに比例して母も求めてくるようになりました。

一番多かったのが対面座位の形で互いの下半身を擦りつけ合うというものでした。

お互いに顔を見つめ合いながら腰をグラインドすると互いに気持ちが盛り上がってとっても

うっとりするほど気持ちいいのです。変態と言われるかもしれませんが事実のところそうでした。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年1月7日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【レイプ】うなぎ責め2 【鬼畜】

 吉原に軒を連ねる多くの遊郭の中では、中堅格とされている見世の一つに榊屋がある。

比較的若い見世なのだが、今の女将の手腕によって急成長をとげて今ではそこそこ名が通っている。

 さて、榊屋も遊郭である以上、遊女たちの仕置き用の部屋がある。足抜けを図る遊女たちは、今も昔も後をたたないのだ。

成功するはずもないと、充分に知っているはずなのに、である。

 それでも、大抵の人間は一度失敗すればそれに懲りて二度と足抜けを試みたりはしない。

だから、普通であれば仕置き部屋の常連、などというものは存在しないはずなのだが……榊屋には、それが、いる。

名前は、武蔵。遊女としては標準よりやや上か、ぐらいの容貌の持ち主なのだが、

ともかく気が強い。既に片手では数えられないほどの足抜けをくり返し、

その度に捕らえられてはきつい仕置きを受けているというのに、一向に懲りる気配を見せないのだ。

客とのトラブルも数多く、やはりその度に仕置きを受けるのだが態度が改まる気配がない。

今はまだそんなことはないが、この調子が続けば彼女が稼ぐ金よりも彼女のために強いられた出費の方が多くなるかもしれない。



 女将としても、頭を悩ませてはいるのだろうが、どういうわけか上得意の一人である

小次郎が武蔵に執心を見せているために思いきった対応が出来ないようだ。

いっそ、小次郎に身請けさせてしまえばいいのだろうが、武蔵の方では『絶対に、嫌っ』と公言してはばからないし、


体験談関連タグ

|||||||

2013年7月14日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【泣ける】援助交際女子高生と対決する 【感動】

えー、11/02の日記で少しお話したのですけど、僕は最近2ショットチャットに興味津々でして、何度かチャレンジを続けています。



しかし、足繁くチャットに通うのですが、いつも満室状態。体験するには至っていませんでした。



ところが、先日、遂に「空室」を発見し、部屋に入ることができたのです。



部屋に入ったからには女性を惹きつけて離さないような魅惑的な自己PRを考えなくてはなりません。これは前回学習済みです。



で、僕が書き込んだ自己PRがこちら

やっぴー、○○市に住む、ナウいナイスガイです。C-C-Bとか積極的に聞きます。比較的エロい娘の入室を心待ちにしております。



こんなPRを見て、「よし、入ろう!」などと思う女性がいるでしょうか・・・。我ながら情けないです。



そして待つこと一時間。




体験談関連タグ

||||||

2013年7月7日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

このページの先頭へ