相互リンク先の最新記事一覧!

【寝取られ】金髪ビッチだった嫁は、今では黒髪の上品な主婦になっていた2 【鬱勃起】

妻の純子はもうすぐ30歳になるが、まだ子供もいないこともあってか、若々しくて美人だと思う。そして彼女は、家庭的で清楚な女性だと言われることが多い。



実際、今の純子はその通りの女性だと思うが、昔の彼女は今とはまったく逆の女性だった。金髪ビッチ……。ひと言で言うとそんな女性だった。

でも、私と付き合う内に、彼女はどんどん変わっていってくれた。今となっては、金髪ビッチだった純子との日々も、あれはあれで楽しかったなと思えるくらいだ。



でも、偶然に見つけてしまった妻の過去の動画……。そこに映っていたのは、私とのセックスでは見せない、ビッチで淫乱な顔の妻だった。





そしてその動画は、私と交際している時に撮られたもののようだった。当時の妻は、見た目のビッチさから想像も出来ないほど、私に一途な女の子だった。でも、私がそう思っていただけなのかもしれないと、疑念を持ってしまった。



そして私は、動揺で手を震わせながら、他の動画をクリックして再生し始めた。そして始まった動画は、いきなり私を絶望させた。

さっきの動画で、もしかしたら純子は私と交際中に浮気をしていたのではないのか? と、そんな疑惑を持った。でも、きっと違うはずだと、現実逃避する私もいた。



再生が始まった動画には、ほとんど黒髪の純子が映った……。純子は、私と交際を始めて、半年過ぎたあたりから徐々に黒髪に変わっていった。

動画に映った純子は、まさに黒髪に変わり始めた頃の純子だった。純子が浮気をしていたことが決定的になり、私は強いショックを受けた。でも、その頃過ちを起こしてしまったとしても、今の純子はそんな過ちを犯していないはず……。そう思い、自分を奮い立たせようとした。でも、当時も純子の浮気に気がつかなかった私は、仮に今純子が浮気をしていたとしても、気がつかないのではないのか? そんな疑念が強くなってしまった。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年7月17日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】金髪ビッチだった嫁は、今では黒髪の上品な主婦になっていた 【鬱勃起】

私の妻は、4歳年下だ。まだ私が大学生の時に彼女に知り合い、そして、色々とあったが結婚に至った。



妻の純子は、今は専業主婦をしていて、そろそろアラサーと言われる年齢になってきたので、最近子作りを始めたところだ。と言っても、基礎体温すらつけず、避妊せずにセックスをするというだけの子作りなので、いつ授かれるのかはタイミング次第だと思っている。



でも、まあ焦る歳でもないので、それでかまわないと思っていた。



純子は、肩まで伸びた真っ黒な髪ががとても綺麗だ。本当にクセのないまっすぐな髪は、艶やかでキューティクルの天使の輪が見えるほどだ。

ルックスは、ぱっちりした二重まぶたが印象的で、美人と言ってもいいと思う。系統としては北川景子に似ていると思うが、あそこまでキリッとはしていない。



北川景子を少し太らせて、目力を弱くしたのが純子という感じだ。



純子は、もの凄く家庭的で料理も上手い。いつも朝は、手間暇かけて和朝食を作ってくれる。

今日も、目覚めてベッドを抜け出しダイニングに入ると、味噌汁の良い匂いが鼻をくすぐる。



そして、卵焼きや焼き魚などが並べられている。旅館の朝食のようで嬉しいが、毎朝大変じゃないかな? と、少し不安になる。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年7月12日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】嫁とカップル喫茶に見学に行ったら完 【鬱勃起】

3年の交際を経て結婚し、2年間なにも問題なく幸せに過ごしてきた嫁の希との生活だったのに、僕の些細な好奇心で後戻りの出来ない道へと踏み出してしまった。



カップル喫茶での衝撃的な輪姦プレイの中、希の過去の秘密と、現在の浮気の危機を知ってしまった。

それなのに、僕は希を地元の先輩のところに送り出してしまった。その先輩が、希の元カレとわかっていながら……。



送り出したその日に、電話で実況中継をされて屈辱的なことを言われても、なお興奮してしまい、それ以上を求める僕は、もうおかしくなってしまったのだと思う。

本当は、希の輪姦プレイを想像して、たくさんオナニーをしたかったが、希の言いつけ通り必死で我慢した。

希に、何があったのか説明を受けながら、空っぽになるまで射精させてもらいたい……。そんな思いでなんとか頑張った。





希が帰ってくる予定の日曜日、僕は明け方まで眠れずに待っていた。結局戻ってこない希に、メールや電話をしたが電源が切れていた。月曜日、寝不足と心配で何も手につかないような状態だったが、なんとか仕事をこなし、まっすぐ帰宅すると希の帰りを待った。

それでも、連絡一つなく帰宅しない希……。僕は、本当に狂いそうだった。そんな状況なのに、希がしているであろうセックスを想像し、僕は勃起したままだった。



嫁が帰ってこない状況で、嫁を心配するよりもオナニーをしたい欲求と必死で戦っていた僕……。我ながら最低だと思う。




体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年3月3日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】妄想の中で妹と一線を超えてエロいことした【血縁SEX】

<>186:えっちな18禁さん[sage]:2013/06/16(日)02:11:08.24ID:ekdrL7Bv0<>

去年まで続いてた中学生の妹との話なんか読みたいやついないよな

まぁ、書いても所詮妄想だからな



でも、本当に大したことないんだよ、ってか全部妄想だしな。

それでもよければ読んでくれ。



始まりは数年前のことなんだけどさ、

俺……高校三年

妹(Y香)……中○生

と、少し歳は離れてるんだけど、仲は良かったんだ、というか今でも良いんだ。あ、もちろん妹は仮名ね。

俺たち兄妹の間には「お泊まり」という不思議な遊びがあって、毎週土曜か金曜の夜になると、妹が少ない小遣いの中からお菓子を買ってきて、

一晩中(だいたい一時か二時まで)俺の部屋にある漫画やらゲームやらで遊びまくるっていう事をやってたんだ。

で、寝る時は俺の布団で一緒に寝るんだけど、そろそろ胸も膨らみ始めた妹と一緒に寝るというのにちょっと抵抗が出てきたんだな、俺の方が。

妹が小学生の頃は「おやすみのチュー」とか、平気でしてたくせにな。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月20日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】婚約者を御曹司に肉体改造された完 【鬱勃起】

僕には、学生時代にイジメの対象になり、イジメっ子の性のはけ口になった過去があった。僕は彼に雌としてしつけられ、身も心も雌になっていた。



でも、卒業を機にその甘い地獄から逃げ出し、普通に女性の恋人も出来た。そして、その恋人のさとみさんと、結婚することを意識するようになっていたある日、僕は新しい地獄に堕ちた。





#8212;#8212;僕は今、恋人のさとみさんに、正常位で責められている。さとみさんがはいている革のショーツには、直径6cmはあるペニスバンドが生えていて、その極太が僕のアナルに根元まで突き刺さり、容赦なくピストンをされている。



「ダメぇっ! おかしくなるっ! さとみさん、ダメっ! 死んじゃうっ! あぁっ! あぁーっ!!」

僕は、雌の声で叫ぶ。声帯も中須さんにいじられ、改造され、本当に女の子みたいな声になった。

僕は、もう見た目は完全な女の子だ。髪も肩よりも長く、ゆるふわなカールがかかった可愛らしい髪型だ。そして、整形手術によって、もともと女顔だった僕は、女の子そのものの顔になった。目もぱっちり二重で、アゴやエラなども、よりか弱い感じに見えるように削られた。



胸も豊胸手術をされて、Dカップはある。まだ日本では承認されていない素材を使った手術だそうで、見た目は豊胸丸わかりではなく、驚くほどナチュラルだ。

一度、胃腸炎を起こしてしまったときに、中須さんの病院で診察を受けたが、その医者に本当に驚かれた。医者の目で見ても、女の胸にしか見えなかったそうだ。



そして、全身を完全脱毛されて、睾丸まで摘出された。もう、家族にも会えない……そうあきらめている。でも、中須さんに抱かれると、そんな事はどうでも良くなってしまう……。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2015年2月12日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】Yシャツを着せた妹との話【血縁SEX】

俺22歳、妹18歳。

たまにTVで「Yシャツのボタンが女性の胸ではちきれてしまう」と言うのをやってるけど、ある日妹にそれをやってくれないか頼んでみた。

ちなみに妹の名前はあや。金髪のギャル系。俺が見る限りでは胸は大きいので、ボタンを飛ばすのは成功するのではと思う。



俺は妹の部屋を訪ねた。



俺「なぁなぁ、今ヒマ?」

あや「まぁぼちぼちヒマ。何か用?」

俺「あのさ、このYシャツ着てさ、胸でパーンってボタン飛ばすやつやってみてくんない?」

あや「え!?なにそれ、なんでいきなりw」

俺「いやなんとなく思いついてさ。あや胸大きいし、できるだろ?」

あや「まぁ…じゃあやってあげる。でもできるかわかんないよー?そんなことやったことないし」

俺「まーいいからいいから!」

あや「んまぁ、やってみるわ」




体験談関連タグ

||||||

2015年2月2日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【恐怖】忘れ物【危険】

今俺は学校まで自転車を飛ばしている。決して朝寝坊したわけではない。今日は金曜日だが、時刻はもう22時を回っている。学校に忘れ物をしたのだ。

俺は高校でバスケをしていて日曜日には試合を控えていた。明日は土曜日で授業はなく、練習も午後からだったのでいつもより練習に気合いが入っていた。練習は20時に終わったが、いつも通り体育館が閉まる21時まで自主練をするつもりだった。しかし、その日はいつもより戸締りが早く20時45分には戸締りのおじさんが来た。すぐに部室に戻った。慌てて帰る準備をしたので携帯を忘れてしまった。すぐに気づいたらよかったんだが、家についてしばらくしてからやっと気づいた。

学校に着くと、当たり前だが門は閉まっていた。門近くに自転車を止め、さっと門を乗り越えた。門から部室までは結構な距離がある。というか、学校自体割りと綺麗で、大きさも中々のもんである。部室に着き電気をつけ、椅子に置き忘れていた携帯を取り、さぁ帰ろうかというときに、入り口付近に何かが落ちているのが目に入った。チームメイトである中田(仮名)の定期入れだった。あいつも忘れたんだなぁと思いながら、届けてやるため(家が割りと近いため)持って帰ることにした。そして部室を出た。門付近の外灯が見え始める距離に来た時、門をさっと飛び越える人が見えた。門を越えた後すぐに走り去り顔は横顔だけ一瞬しか見えなかったが、スポーツマンらしくない長髪、金髪に、あの長身、さらに腕につけた赤いリストバンド。間違いない、中田だ。さっきの忘れ物を今渡そうと急いで自転車に乗り追いかけることにした。しかし、しばらくしても中田は見つからなかった。俺の家も中田の家も学校までは同じ方向であり、俺は自転車、中田は走り、追いつかないはずはなかった。その後も見つからなかったので、途中に車で迎えに来てもらったのかなと思い、明日の練習前に渡すことにした。







次の日の午後、中田に定期入れを渡した。

俺「昨日の夜お前も学校いてんなぁ。それホンマは昨日追いかけて渡そう思っててんけど見失ってしもてなぁ。」

中田「夜って何時頃?」

俺「10時頃やで。」

中田「え?俺練習7時に終わった後すぐに家帰ってそのまま家から出てへんで。」

体験談関連タグ

|

2015年1月18日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【寝取られ】嫁とカップル喫茶に見学に行ったら6 【鬱勃起】

嫁の希との、過激すぎる体験はこうして終わった。



みっちゃん夫妻と軽く絡む程度を考えていたのに、結局希は一晩にして6人も経験人数を増やしてしまった……。

その上、謎だった希の過去の事も、そしてまさかの浮気の話も聞いてしまった。



でも、僕に怒りはなかった。ただただ嫉妬と興奮で、カップル喫茶を出た今も心臓がドキドキしている。



希は、僕の方をチラチラ見ながら、黙って僕と一緒に歩く。僕も、なんと声をかければいいのかわからず、黙ったまま歩く。本当は、聞きたいことが山のようにある。とくに、浮気の話は結婚後の話なので、気になってしかたない。でも、浮気が発覚したからと言って、離婚する気もないし、それを責め立てるような気持ちもない。



ただ、知りたいだけだ。何があったのか……希は、本当にイキまくってしまったのか、それ以後、本当に先輩達とは会っていないのか……。

そして、さっきは結局答えなかったが、妊娠した経験があるのかどうか……。



頭の中でそんな堂々巡りをしていると、希がそっと手を繋いできた。僕はその手を握りかえし、希の方を見た。

『怒ってる? 本当に、ゴメンなさい……やりすぎだよね……』

泣きそうな顔で僕を見て言う希。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年1月13日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【恐怖】暗黒パチンカー夫婦【危険】

暑かった夏も終わり、朝夕は肌寒さを感じるようになって来たその頃、

パチンコ店の駐車場警備員のアルバイトをしていた私は、遅番の勤務に

入った。時刻は午後4時、これから夜11時までの勤務である。



同じく遅番勤務のホールスタッフたちと挨拶をしながら誘導棒を振っていた。

そのとき、警備員詰め所(小さなプレハブ)から岩山さんと何となく顔を

覚えているお客さんが大慌てで走ってきた。自衛隊上がりの岩山さんは

あまり慌てているところを見たことがない。「大変だ!駐車場で子供の泣き声が

するんだって!」岩山さんは怒鳴るとちょうど遅番勤務で入店しようとしていた

ホールスタッフ(霊感あり・生霊を見た人)にその事を店長かマネージャーに

伝えるように続けて言った。お客さんの話によると、2階のどこかの車から

子供の泣き声がしているらしい。「2階だって」とホールスタッフに伝えると

すぐに2階に向かった。






体験談関連タグ

|||||

2014年12月20日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【寝取られ】婚約者を御曹司に肉体改造された2 【鬱勃起】

図書館で、大学のレポートを書いている僕。友達も少ない僕は、いつも一人で寂しくそれをしていた。

でも、ふと顔を上げると、同じようにレポートを書き続けるさとみさんがいる。

相変わらず、オシャレとは縁遠い眼鏡に、毛玉の浮いたセーターを着たさとみさん。そんな野暮ったいさとみさんだけど、生まれて初めて僕に出来た彼女だ。僕はレポートを書く手が止まり、ついつい見とれてしまう。



こんな風に、図書館に行ったり、公園で散歩をしたり、映画館に行ったりするくらいの、本当に地味なデートばかりだが、僕は幸せだった。



すると、さとみさんも顔を上げた。そして、見つめていた僕の視線に気がつき、少し驚いた顔をしたあと、ニコッと微笑んでくれた。

『サボっちゃ、ダメだよ』

さとみさんは、少しはにかむように言う。そんな仕草が本当に、可愛いと思う。



僕は、慌ててレポートを書き始める。でも、レポートを書いていても、さとみさんのことばかり考えてしまう。

公園を歩いているときに、恥ずかしそうに手を繋いでくるさとみさん。緊張で、すぐに手のひらが汗でベタベタになるさとみさん。

そんなことばかり考えてしまう。



そして、ふと顔を上げると、さとみさんは僕を見つめていた。目が合うと、慌ててレポートを書き始めようとするさとみさんに、


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年12月13日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談
1 / 1012345...10...最後 »

このページの先頭へ