相互リンク先の最新記事一覧!

【寝取られ】金髪ビッチだった嫁は、今では黒髪の上品な主婦になっていた2 【鬱勃起】

妻の純子はもうすぐ30歳になるが、まだ子供もいないこともあってか、若々しくて美人だと思う。そして彼女は、家庭的で清楚な女性だと言われることが多い。



実際、今の純子はその通りの女性だと思うが、昔の彼女は今とはまったく逆の女性だった。金髪ビッチ……。ひと言で言うとそんな女性だった。

でも、私と付き合う内に、彼女はどんどん変わっていってくれた。今となっては、金髪ビッチだった純子との日々も、あれはあれで楽しかったなと思えるくらいだ。



でも、偶然に見つけてしまった妻の過去の動画……。そこに映っていたのは、私とのセックスでは見せない、ビッチで淫乱な顔の妻だった。





そしてその動画は、私と交際している時に撮られたもののようだった。当時の妻は、見た目のビッチさから想像も出来ないほど、私に一途な女の子だった。でも、私がそう思っていただけなのかもしれないと、疑念を持ってしまった。



そして私は、動揺で手を震わせながら、他の動画をクリックして再生し始めた。そして始まった動画は、いきなり私を絶望させた。

さっきの動画で、もしかしたら純子は私と交際中に浮気をしていたのではないのか? と、そんな疑惑を持った。でも、きっと違うはずだと、現実逃避する私もいた。



再生が始まった動画には、ほとんど黒髪の純子が映った……。純子は、私と交際を始めて、半年過ぎたあたりから徐々に黒髪に変わっていった。

動画に映った純子は、まさに黒髪に変わり始めた頃の純子だった。純子が浮気をしていたことが決定的になり、私は強いショックを受けた。でも、その頃過ちを起こしてしまったとしても、今の純子はそんな過ちを犯していないはず……。そう思い、自分を奮い立たせようとした。でも、当時も純子の浮気に気がつかなかった私は、仮に今純子が浮気をしていたとしても、気がつかないのではないのか? そんな疑念が強くなってしまった。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年7月17日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】自由に誰とでもエッチをする条件で結婚してくれた妻と4 【鬱勃起】

今日は、私と真希との結婚式でした。と言っても日付は変わっているので、厳密には昨日だったのですが、日が変わる前からもう何時間もセックスをしています。



でも、新婚初夜の今、妻を抱いているのは私ではなく、妻の元カレで黒人のギブソンです。そして私も、ギブソンにフェラをさせられたり、オナホのような扱いを受けていました。



そんな屈辱的な扱いを受けている中、私は怒りも嫌悪感もなく、あろう事か彼に奉仕することに喜びを感じていました。私自身が知らなかった私の秘めた性癖が、一気に開花してしまったようでした。



そして、ひとしきりギブソンに犯され中出しまでされた真希は、お色直しではないですが、今日着用したウェディングドレスに着替えました。





私と、永遠の愛を誓った時に着ていた神聖なドレスを着て、真希は元カレのギブソンの極太をお口で奉仕しています。もっとも、私と永遠の愛を誓った時ですら、真希の膣中には他人の精子が入っていました……。



確かに、真希は自由に誰とでもセックスをして良いと言うのが、私なんかと結婚してくれる条件でした。でも、まさか式直前や、新婚初夜にこんな事になるとは、夢にも思っていませんでした。



純白のウエディングドレスを着た真希は、本当に綺麗でした。でも真希は、その馬鹿げたほどの大きさの黒光りするペニスを、小さなお口に収めています。新婚初夜にこんな事になるなんて、悪い夢のようです。

『んっ、んっ! 大きい#9825; やっぱり、ギブちゃんのが一番だねw くわえてるだけで、妊娠しちゃいそう#9825;』


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年7月4日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】自由に誰とでもエッチをする条件で結婚してくれた妻と3 【鬱勃起】

妻の真希との結婚式は、私の立場を思い出させるものでした。真希は、私などでは釣り合いが取れないと自覚するほど、美しい女性でした。私なんかと結婚してくれたのは、本当に奇跡のようなものだと思います。



私がプロポーズした時、真希は私に二つの条件を出しました。それは、一生彼女を離さないことと、彼女が私以外の男性と自由にセックスをすることを認めるというものでした……。でも、それは彼女の照れ隠しのようなもので、本気だとは思っていませんでした。



でも、結婚式の当日、それが本気だったことを思い知らされました。まさか、これから式を挙げる直前の控え室で、元カレの巨根に狂わされる真希を見ることになるとは、想像すらしていませんでした。



そして、真希は他人の精液を膣に入れた状態で私と式を挙げ、誓いのキスをしました。それは、私にとってはこの上ない屈辱でしたが、どうしても興奮する自分を隠せませんでした。





そして、表面上は感動的な結婚式……。私にとっては、屈辱的で泣き出したくなるような結婚式は終わりました。



でも、それはほんのスタートでした。新婚初夜、やっと二人きりになれたと思ったら、真希は着替えて出かけていきました。今日の結婚式での、純白の姿からは真逆にも思える、マイクロミニに肩出しキャミに着替えた真希は、日本に到着した元カレの黒人を迎えに行きました。



『じゃあ、ファックしてきま〜す#9825;』

と、悪びれもせずに言いながら出かける真希。彼女が、セックスのことをなぜかファックと言う理由がわかりました……。


体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年6月12日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【恐怖】どうなっちゃうの?【危険】

先日、怖い人の車と事故を起こした。





俺の車がそっち系の車にカマを掘った。





原因は萌えコピを見ながらの運転。





ホームレスの女性の話を読んでたら思わず夢中に・・・。





しかも最後まで読めてない・・・。






体験談関連タグ

|

2015年5月15日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【寝取られ】教え子の処女を奪い結婚後も調教し続けた2 【鬱勃起】

私は中学の教師をしていて、もうすぐ50歳になるが未だに未婚だ。そして、恋人も20年以上いない。ただ、私には20年以上調教を続ける愛奴隷がいる。

優香と初めて関係を結んで以来、私の歪んだ性癖が発露し、優香も私の歪んだ性癖に引きずられるように、マゾとしての素質を開花させていった。

でも、今になった思う。引きずられて、操られたのは私の方だったのではないかと……。





3年生になった優香は、急速に女性の体になっていった。もともと同級生と比較しても大きめだった胸は、さらに大きくなり、幼く可愛らしい顔も美人という感じになってきた。

私は、どんどん優香にのめり込んでいった。本当は、恋人同士のような関係になりたいと思っていたのに、優香の目が、私を見る期待のこもったその目が、私にご主人様らしく振る舞うように強制していたように思う。





#8212;#8212;教壇に立ち、自習をする生徒を見ながら、私は興奮していた。



優香は頬を赤くして、泣きそうにも見える顔でうつむいている。

優香のショーツの中には、当時出たばかりのリモコン式のローターを仕込んであった。当時のモノは、音も大きく、振動の種類も1種類しかないようなちゃちなモノだったが、私の機械工作の知識を生かし、改造していた。

モーターもマブチモーターの静音タイプのモノにして、電池も真空管ラジオに使う高出力のモノにしたりした。そして、的確にクリトリスを刺激出来るように、ショーツも改造してローターを固定出来るようにした。




体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2015年2月6日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【泣ける】ペ二バンを頭に被る者【感動】

「石川さん!どうも、ありがとうございました!!」

気合の入った店員さんの声と同時にまるでバイブの音の様な音をたてて開くドリームの自動ドア。

そして買ったばかりの、この自慢のぺ二バンスクーターを跨り鬼の形相でキーを捻る。

「バッギン!!!」

鍵を捻るとメーター類が灯火し実に様々な動きをする、そして最後にメーターの真ん中に「野生ペ二バン!」と言うDNオーナーの熱くネットリとしたマインドを、最高にくすぐるDN−01のキャッチフレーズが極太の文字で表示される。

そして自慢の変態面でセルぼボタンをめっちゃ力強く押す。

キュルルルルル……ドルピ!!ピヒョヒョヒョヒョ。

「感じるぜDN−01お前のビートをよ……俺のボディー全部でよ………」

「フフッ…DN−01 おめーとうとう付けちまったな…俺のハートにファイヤーをよぉ?ククク…止まらねぇーぜ?もう…」

フルスロットルで店を後にして彼が目指すのは高速道路。

「行くぜ!チンコサック!(DN−01)」

高速の合流も難なくクリアし最寄りのサービスエリアで休憩していた時であった。



身長190は、あるであろうか長身・長髪の男、身なりはFF7に出てくるセフィロスの様である、そのセフィロスが石川の眼前の立ちはだかり「珍しいスクーターに乗ってるな、こんなぺ二バンスクーターに乗ってるなんてよっぽどの基地外だろ?」

自慢のスクーターを悪く言われムッとした石川は、DN−01のサイドバックから自慢の長さ30センチのぺ二バンを取り出し、それを頭にがっちり被りセフィロスの眼前に立ちはだかり二ヤリと微笑みながら「じゃ、アンタは何乗ってんだよ?」


体験談関連タグ

||||||

2015年2月4日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】忘れ物【危険】

今俺は学校まで自転車を飛ばしている。決して朝寝坊したわけではない。今日は金曜日だが、時刻はもう22時を回っている。学校に忘れ物をしたのだ。

俺は高校でバスケをしていて日曜日には試合を控えていた。明日は土曜日で授業はなく、練習も午後からだったのでいつもより練習に気合いが入っていた。練習は20時に終わったが、いつも通り体育館が閉まる21時まで自主練をするつもりだった。しかし、その日はいつもより戸締りが早く20時45分には戸締りのおじさんが来た。すぐに部室に戻った。慌てて帰る準備をしたので携帯を忘れてしまった。すぐに気づいたらよかったんだが、家についてしばらくしてからやっと気づいた。

学校に着くと、当たり前だが門は閉まっていた。門近くに自転車を止め、さっと門を乗り越えた。門から部室までは結構な距離がある。というか、学校自体割りと綺麗で、大きさも中々のもんである。部室に着き電気をつけ、椅子に置き忘れていた携帯を取り、さぁ帰ろうかというときに、入り口付近に何かが落ちているのが目に入った。チームメイトである中田(仮名)の定期入れだった。あいつも忘れたんだなぁと思いながら、届けてやるため(家が割りと近いため)持って帰ることにした。そして部室を出た。門付近の外灯が見え始める距離に来た時、門をさっと飛び越える人が見えた。門を越えた後すぐに走り去り顔は横顔だけ一瞬しか見えなかったが、スポーツマンらしくない長髪、金髪に、あの長身、さらに腕につけた赤いリストバンド。間違いない、中田だ。さっきの忘れ物を今渡そうと急いで自転車に乗り追いかけることにした。しかし、しばらくしても中田は見つからなかった。俺の家も中田の家も学校までは同じ方向であり、俺は自転車、中田は走り、追いつかないはずはなかった。その後も見つからなかったので、途中に車で迎えに来てもらったのかなと思い、明日の練習前に渡すことにした。







次の日の午後、中田に定期入れを渡した。

俺「昨日の夜お前も学校いてんなぁ。それホンマは昨日追いかけて渡そう思っててんけど見失ってしもてなぁ。」

中田「夜って何時頃?」

俺「10時頃やで。」

中田「え?俺練習7時に終わった後すぐに家帰ってそのまま家から出てへんで。」

体験談関連タグ

|

2015年1月18日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【寝取られ】急にいなくなってしまった妻が 【鬱勃起】

妻のまりやが、ある日いきなりいなくなった。

結婚して6年過ぎ、子供も小学校に上がって幸せな毎日だと思っていた。それが、一枚の書き置きだけを残していなくなってしまった。





まりやは29歳の専業主婦で、170cmと長身だが、童顔というかちょっと眠たい顔をしている。モデルの西内まりやに似てると言われることがちょくちょくあって、本人も意識して同じような髪型にしたりしていた。

僕と知り合ったのは病院で、バイクで事故って入院した病院にいたのがナースのまりやだった。



背が高いので、普通のナース服がちょっとミニスカっぽくなっているのと、胸のところが凄く盛り上がっているのが強烈な第一印象だった。



ただ、見た目はマイルドで童顔なのに、中身は結構キツくて、入院しているおっさんや若い子達にセクハラっぽいことを言われると、汚物を見るような目で、

『奧さん(お母さん)に警告しときますね』

と言い、本当に実行する強気な女だった。



僕は生まれつきの弱気が功を奏し、変なことを言ったり、手を握ったりしない”良い患者”という地位を獲得した。

入院していた1ヶ月弱の間で、かなり親しくなって、雑談とかもよくしたが、番号の交換やメルアドの交換などは出来なかった。


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2015年1月15日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】妹と妹の彼氏の体験【血縁SEX】

妹との体験談ではなく

正確には妹と妹の彼氏の体験を目撃した話。

んで、彼氏が変態だった。



最初に当時のうち等の年齢とか。

俺、19歳。大学1年生。

妹、16歳。高校1年生。



妹の彼氏、妹と同級生…?多分。





2年前の秋くらいの事。



朝食中だった。




体験談関連タグ

|||||||||

2014年12月22日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】妖艶な叔母と 【血縁SEX】

この話は私が中2の時、今からまだ10年にも満たない最近とは言えないが、昔とも

言えない時のことである。

私は早くに母親を亡くし、父親と二人で暮らしていた。

しかしその父も私が2年に進級する直前に事故で亡くなってしまった。



男2人の生活だったため、私はとりあえず同年代の人間よりは生活能力は高かったが、

問題も多かった。

金銭面に関しては、問題は無かったが、最悪の場合の頼れる人がいないことだった。



両祖父母は既に亡くなっていたし、父は一人っ子、母も妹がいたが連絡は取っていなっ

たらしい。

母の妹が唯一の親族だったが、見たことも無い人だったのでどうしようもない。



それでも、父の知り合い、近所の人たちの協力を得て、私は何とか父の葬儀を済ませ

ることが出来た。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年11月20日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談
1 / 1112345...10...最後 »

このページの先頭へ