相互リンク先の最新記事一覧!

【泣ける】メンヘラと一年付き合って別れた【感動】

<>4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/07(木)13:05:44.36ID:Vl8vseBd0<>

そのメンヘラ可愛かった?

セクロスは何回やった?

メールとか頻繁に来るの?





<>8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/07(木)13:06:57.25ID:QJ2pvmlF0<>

4

普通に可愛かった

わからない15回ぐらい

電話ならしてないとファビョりだす





<>6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/07(木)13:06:52.43ID:IMAwrFC1O<>

うん、お疲れさま


体験談関連タグ

||||||||

2015年8月12日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【寝取られ】ただ一つのことのために全てを晒した妻 【鬱勃起】

私は東京外国語大を卒業し松○電工の本社に就職しました。今は名前が変わってしまった会社です。

そこで5つ年上の今の夫と知り合い、25歳の時に結婚しました。

夫は私を本当に愛してくれ、私も夫を心から愛し、幸せな結婚生活でした。

しかし、結婚から1年後、義父が舌癌に掛かってしまったため、夫が実家の工場を継ぐことになりました。

夫の実家は都心から車で2時間以上掛かる田舎にあったため、私も夫と同時に会社を辞めてにUターンしました。

夫の工場は、地方にある農機メーカーの下請けでした。夫が社長になって、しばらくは非常に順調でした。。

発注元の農機メーカーからも先代と同様に発注して貰え、

私も専務などと煽てられて、従業員達と一緒に社員旅行で海外へ行ったりもしました。

ところが、折り悪く、リーマンショックによる大不況の波が当社にも押し寄せ、経営は非常に苦しいものとなりました。

売上の大部分を占める農機メーカーからの受注が一気に減ったことが大きな原因でした。



給与などの支払いが自転車操業状態に陥り、工場を閉鎖することも視野に入れなければならなくなりました。

しかし、従業員の多くは再就職の難しい年配者であったため、彼らの生活をなんとか守りたいという夫に

私も同意見でした。

なにより闘病生活を送っている創業者である義父にとって、工場は生きがいそのものだったのです。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年4月9日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【恐怖】医者がレイプ狂だった時の絶望感は半端じゃない【危険】

<>1:名も無きひじき:2012/03/05(月)21:27:26.46ID:aoBPOp1N0<>



たったらきいてくれ





<>8:名も無きひじき:2012/03/05(月)21:28:38.01ID:aoBPOp1N0<>



スペック書く



33歳毒女

フリーター

ひとり暮らし



興味なくなったろ?w




体験談関連タグ

|||||||||

2015年2月25日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】DV加害者の特徴【危険】

(1)処女厨である

過去にさかのぼって嫉妬する、強烈な独占欲と支配欲のあらわれ。

また「新品」「中古」という表現は、他人を物品のように扱うことへの抵抗のなさの証明。

 

(2)友達が少ない

他人の痛みには全く興味が無く、自分が受ける侮辱や痛みには被害妄想的なほど敏感なため、

友達にするには付き合いづらく、避けられる。「俺をバカにしやがって」が決まり文句。

 

(3)孤独な女を好む

友達がおらず孤立している女を好んだり、友達付き合いを禁じることで女を孤立させることを好む。

頼るものは男しか居ない状況を作り出し、支配欲や所有欲を充たす。

 

(4)「女の仕事」が多い

家事、育児、献身的なセックスなど「女の仕事」が多く、それぞれ完璧なクオリティを女に求める。

男が無職であろうと、女が外で給料を得ていようと、「女の仕事」であることは変わらない。


体験談関連タグ

||||

2015年2月21日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【近親相姦】従姉と【血縁SEX】

*冒頭にある「前回のご報告」はdat落ちして発見できませんでした。







<>520名前:えっちな18禁さん投稿日:2007/02/13(火)00:25:03ID:tVBx5pJk0<>

前回のご報告の後しばらくして、比較的最近の話です。

腰を痛めて仕事を辞めたいとこが祖父母の家に来る事がありました。

お盆や正月と違って家族総出ではなく邪魔も入りにくいので、私も足を運ぶ事に。

居間の戸を開けて顔を覗かせて祖父母と談笑するいとこを確認し

「よぅ、久しぶり」と声をかけると

「うん、久しぶり」と返ってくる。

祖父母には解らなかったようだが、前回以降やはりどこか表情も硬くぎこちない。

それでもその場は不自然に見えないように繕い、祖父母が凝っているお茶の話などをして時間を過ごしていた。



その夜。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2014年11月10日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】俺だけのかあちゃん3 【血縁SEX】

「お前は淫乱な女だなぁ」



俺が耳元で小さな声で囁くと、母ちゃんは弾かれたように激しく首を振る。不自由な体をうねらせながら。



「ううッううッむうッむうッ…」



母ちゃんの叫びは声にならない。声にならないことを自分の耳で確認させられる。絶望的な気分が高まる。



「お前の股の間から、いやらしーい匂いがしてるんだよ、この淫乱女ッ!」



俺は耳元で囁き、最後の部分だけハッキリとした声で宣告してやる。母ちゃんが全身を使って身もだえする。



俺は母ちゃんの上になってる足を掴んで、前に蹴り上げるように大きく上げさせる。股間を晒すために。

母ちゃんは必死に足をばたつかせて抵抗を試みる。しかし時間とともに抵抗は弱まる。しょせん女と男。

俺はヒザのウラに腕をまわして思い切り引き上げる。母ちゃんの股間が丸出しになり、大気に晒される。


体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年11月8日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】ネトラレに関する一考察 【鬱勃起】

ネトラレという言葉が市民権を得て、

エロ分野におけるひとつのジャンルを形成したのはここ数年のことである。

比較的新しい、このネトラレというジャンルについて私は以前から大きく二つの分野に分けられるということについて、

大衆がもっと留意すべきであると考えていた。

この場を借りてその考えを披露したい。



まず、言葉どおりのベーシックなネトラレは、

自分の妻ないし、恋人が、他の男に陵辱されるというパターンである。

これはネトラレの基本形と言って良いだろう。



そしてもうひとつのネトラレは、

自分の物では無いが、ずっと自分が憧れていた意中の女性が他の男に陵辱されるというパターンである。

自分の妻でも恋人でもないので、原義的にはネトラレとは言えないはずだが、

これもネトラレのジャンルに含めて考えるべきだろう。

特に、自分など相手にしてくれそうにない、いわゆる高嶺の花である女性が、


体験談関連タグ

|

2014年10月16日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】コンドーム買ってくるから部屋で待っててね【血縁SEX】

私は8年前に結婚しましたが子供が出来ず四年前の秋に妻の浮気が原因で離婚して、

今では実家に身を寄せて、サラリーマンと農業の二足の草鞋はいて居ります。

実家には両親と行かず後家の姉と暮らしております。



私は今年36歳姉は41歳です。因みに母は63歳父は68歳になります。



姉は性格もよく、容姿は天海祐希に似たスレンダー美人です。

しかし生まれつき両腕に障害があり、彼氏は出来ても中々結婚には至らず、

40を過ぎた今も実家で暮らしています。

三年前のある日、両親が農業組合の旅行に出かけて、

姉と私との二人きりに成った夜の事でした。

姉に夕食を食べさせ、風呂に入ろうと思った時です。

姉は両手が不自由な為、いつも母と二人で風呂に入っていたのですが、

今日はその母がいない姉は、

「今日はお風呂に入れないなぁ、我慢するしかないか」


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年9月12日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【レイプ】ワシは今夜も 【鬼畜】

ワシは、男が初めてだろうヤツは本気でレ○プする。

普段なら女の股に自分のマラを突っ込み、ヒーヒー言わせているヤツのケツを犯す。

処女のケツを押し広げ、ワシのマラを打ち込む。

ワシも鬼ではないからオイルぐらいは付けてやるがな。

下着を引きちぎり、口にねじ込む。

そうして声が出せないようにしておいて犯すのだ。

暴れるヤツにはナイフを突きつけ脅す。

震えながら涙を流し、許しを乞うヤツもいる。

しかし、目的がレ○プなのだから、そんなことで許すわけもない。

身体を二つに折り、正常位で突っ込むこともあるし、俯せに寝かせてねじ込むこともある。

両手両足を縛っているのだから、色々な体位が楽しめる訳ではないが、正座をさせて、顔をベッドに押しつけてケツを犯すのがワシのお気に入りだ。

女が一緒にいるときは、見せつけながら男を犯す。

この快感といったらないぜ。

声を出せないようにガムテープで黙らせて、自分の男が犯される様を見せつける。

自分が犯されるよりはマシかもしれないが、愛する相手を目の前で犯されるのもたまらないものがあるのだろう。


体験談関連タグ

||||

2014年9月7日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【寝取られ】真美【鬱勃起】

ちょっと前の話なんだけど、彼女がイタズラされますた。

自分には寝とられ属性は無いと思ってたんだけどね・・・

去年の年末の話なんだけど、彼女が俺の実家に一緒に帰省した時に、

いとこ達からエッチな事をされてしまった話をします。

俺は24歳、彼女(真美)は22歳で、同じ大学のサークルで知り合いました。

真美は少しぽっちゃりしていて、童顔で背も低く可愛らしい感じなのですが、

それとは対照的に胸はGカップ92cmとかなり胸が大きく、

ぽちゃ巨乳が好みの俺には最高の彼女でした。

俺には10歳違いの姉と6歳違いの弟(智之)がいて、

姉には俊樹(11歳)と悠太(6歳)という子供がいました。

この2人は兄弟だけど性格が全く異なり、俊樹は誰にでもちょっかいを出す

イタズラ好きなヤツで、逆に悠太は今でも母親と一緒に寝たり、

お風呂に入ったりするような甘えん坊なヤツでした。

彼女を家族に紹介して、夕食もひととおり済ませた後、

俊樹と悠太がお風呂に入る事になったのですが、


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年8月20日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談
1 / 1112345...10...最後 »

このページの先頭へ