相互リンク先の最新記事一覧!

【人妻】上司に無理やり【隣の芝生】

26歳の会社員です。私は,結婚していて夫がいます。でも,いつも,男の人たちは,私が結婚していることを知っていて誘おうとします。「人妻」というのは,一つのブランドなのですか?男の人たちは,若い子が好きだと思っていましたが,「人妻」というのは後腐れなく遊べるという,そんな気楽さの対象なのですか?

私は,上司に犯されました。部長は,私が結婚しているのを知っていて,私に関係を迫り,犯したのです。

私は,仕事で新しいプランを提出することになっていました。自分が中心になるのは初めてで不安だらけだったときに,その隙をつかれたのです。わらにもすがる思いだった私は,「相談に乗る」という声に,疑いもなく出かけ,そして犯されてしまいました。最初は,きちんと仕事の話をしていたのです。でも,部長は必要以上に私の身体に触れだんだん妙な動きをするようになりました。そのイヤらしい動きに,私が堪えきれなくなって立ち上がってお茶をいれようとしたとき,私は後ろから抱きすくめられていました。

私は悲鳴を上げました。でも,抵抗しようにも腕も動かせず,身体をねじろうと暴れてみても部長の腕に私の身体はしっかりと抱きしめられていました。そして部長は,「仕事,上手くいきたいんだろ。絶対上手くいくようにしてやるぞ」と言ったのです。

「俺の力がいるな。この書類を完璧にして,口添えしてやってもいいんだぞ」私は,その言葉の意味を理解したとき,一瞬迷ってしまったのです。どうしよう・・・こんなのいやっ・・でも・・・私は,本気で抵抗することが出来なくなっていました。見透かしたように,部長は私の耳を舐め始めました。手は服の中に入ってきて,ブラの上から胸を揉み始めました。

気持ち悪い・・・私は総毛立つ思いでした。ひたすら嫌悪感に堪えるのに懸命でした。部長の手が,身体中を這い回りました。首の周り,胸,脚・・・その間,部長の舌は私の耳や首をなぶり続け,私はジットリと汗ばんでいました。服を脱がされ,ブラのカップを剥かれました。とうとう露出させられた私の乳首。あぁ・・・見られてしまった・・そうショックになったのもつかの間,部長の口に乳首を含まれていました。口の中で,乳首の先にチロチロと舌が這い回るのが分かりました。

「んんぅっ!いやっ,いやっ!」叫んで,部長の顔を両手で引き剥がそうとしましたが,私の背中にまで手を回して,強く抱きしめられてしまうと,どうしようもありません。抱きしめられて,胸を舐められるがままになるしかありませんでした。私は・・・乳首がとても弱いのです。自分が弱いと分かっているところを,長い時間愛撫され続けるのは,この場合とても残酷でした。私は,濡れてきていました。左右の胸に,代わる代わる舌が巻き付いてきます。舌が乳首の周辺を這い回り,頂上の部分を突つかれ,唇で吸われると,アソコがジーンとしてくるのです。今まで,夫で覚えた性感が恨めしくなりました。

舌に乳首を転がされると,身体がピクンと反応してしまいます。身体に刺激を受けて,Hな気分が少しずつ,無理矢理高められていくのです。「あっあっ,ああぁっ」いつの間にか,イヤらしい声が出ていました。部長の手が,スカートの中に入ってきて,指をショーツの上からアソコに押しつけました。「いやっ!やめてっ!」身体をひねって抵抗しようとしましたが,指は簡単にアソコの溝の部分を探りつけ,グネグネと動いてきました。ヌチュッという音がしました。

「濡れているぞ。ユミ。そんなにイイのか」勝ち誇ったように私の顔をのぞき込んで,更にアソコをなぶってきます。ショーツの中に手が入ってきました。一瞬,私は身震いしました。ゾクゾクッとしたものが,身体に伝わってきたのです。

あぁっ・・だめっ・・感じてしまうっ・・身体をこわばらせて,感じないように頑張るのですが,部長の指はそんな私をあざ笑うかのように感じるポイントをソフトに探り,刺激してくるのです。私の,アソコの肉をかき分けて指は動き,かきまぜ,出し入れし,小刻みに震わせ,私の性感をいとも簡単に呼び起こして,更に高みに押しやるのです。私の頑張りも,もう限界でした。私は,部長の肩を掴み,握りしめ,悶えていました。「あっ,あっ,あっ」淫らに声が漏れるのも,我慢できなくなっていました。

部長は,私からショーツを抜き去りました。「ほーら,これがユミのアソコだ」そう言って部長は,私の脚を大きく広げ,アソコにむしゃぶりついてきました。唇が強く押しつけられ,温かい舌が私の部分を割って入って来るのを感じました。何という快感。強く脚を固定され,激しく舌が私の身体の中を掻き回します。

「ああぁぁぁーっ,あ,あぁぁっ」私は,かん高く自分でも恥ずかしくなるくらいの声で喘いでいました。どんどんHな声になっていくのが止められませんでした。部長の舌は敏感な部分をも探り当て,そこを押しつぶし,吸い付き,私は気も狂わんばかりの声を出していました。

もう,いきそう・・・いきそう・・・いってしまう!!そう思う間もなく,私はあっという間にイッてしまいました。でも,部長はやめてくれません。私の身体を徹底して探るように,奥へ奥へと舌を伸ばして入れ込んで,中を動き回り,やはり舌を激しく出し入れするのです。

今イッたばかりというのに,私のアソコはすっかり変になっていました。私はすぐに,部長から与えられる快感の波に飲み込まれてしまっていました。頭を振り,身体を,腰をくねらせ,淫らに声を出してヨガっていました。抵抗などとうに忘れていました。舐められれば舐められるだけ,私のアソコは際限がないかのように濡れていくのです。「いいぞ。ユミ。お前の反応は最高だ」部長に恥ずかしくなることを言われ,ピチャピチャと音を立てて吸いたてられ,そうして,また強烈な感覚が襲ってきて,叫びながらイッてしまいました。

30分から1時間ほどもクンニされ続けたと思います。何度,部長の舌でイカされたかわかりません。頭はボーッとして,何も考えられず,放心状態でした。ただ,身体が時折,ピクッ,ピクッと痙攣するのを感じていました。


体験談関連タグ

||||||||||

2014年7月31日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】倉庫で妻が尻で奉仕させられた【鬱勃起】

我が家は2階建てで、1階は倉庫兼作業所になっており、朝8時から夜の10時頃まで従業員3名と私達夫婦の5名で玩具の検品業を営んでおります。

従業員といっても、正規の雇用契約を結んでいるのは1名だけで、残りの2名は臨時雇いです。私も既に45歳、7つ年下の妻と結婚直後に会社を辞めて独立して、かれこれ10年が経っています。

妻は、外でパートもしており朝出と遅出を交互にやってくれています。

とある平日の夜、残業がなかなか終わらない日がありました。月末の支払の業務も残っており、あとは妻に任せて2階の自宅兼事務所にあがりました。

しばらくして、聞きたいことがあったので妻の携帯に電話しましたが、出てくれません。

面倒でしたが、下の作業所に降りました。

作業の気配が消えていて、妻と従業員2名の合わせて3名いるはずが誰もみえません。

声を出そうとしたときに、倉庫の中に停めている軽トラックの後ろで人の気配を感じました。

「まさか・・・」、一瞬思わずたじろぎました。

妻は地面に両腕をつき、ジャージを下ろしてひざを立て尻を突き出していました。その尻に従業員の一人が顔を埋めています。

二人とも無言の行為です。ときおり妻の低いうめき声が聞こえます。

しばらくして、従業員は妻を立たせました。妻の尻は丸出しのままです。妻は、太ももを閉じていましたが、従業員の足で無理やり開かされました。

後ろから抱きしめられ、指で秘部をいじられています。その格好で唇もいたぶられます。

従業員は臨時雇いの多少痴呆症気味の20歳の青年です。

そのとき、本来居るはずのもうひとりの従業員の足音が倉庫の外で聞こえました。


体験談関連タグ

|||||||

2014年7月30日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】美帆の寝取られメモリーPart.2【鬱勃起】

幼稚園の上司、久保との体験。

あの一件で久保の行動がおかしくなる事は無かったし

相変わらず父兄からの信頼が厚い美帆は行動的に仕事をこなしていた。



それに引き替え、ボイスレコーダーの美帆のあの声をオカズに

毎晩オナニーする俺は

それを覚えたばかりの中学生のようだった。



そして俺の部屋でのセックスも

「あー先生!美帆先生!したかった!あー最高だー」

と、妄想させると、やっぱり、一段と燃え上がる。

「もうダメ、逝っちゃいそう!気持ちイイ!イクッ!イックー!」



「誰の事、考えてる? やっぱ久保主任の事?」と聞くと

「確かに・・・そう、久保先生のは凄かった。でも大きさじゃなくってね・・・」


体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月29日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】愛妻を淫乱な女に・・・4【隣の芝生】

シャワーを済ませ、リビングのソファーでビールを飲んでいると、私と入れ替わりに浴室を使っていた妻が入ってきました。

「一緒にどうだい?」

「少し、いただこうかな?」

キッチンからビールとグラスを持ってきて、隣に座りました。

「2週続けて、お疲れさんだったね」

妻に3Pを強要させた、翌週末も私と直樹に責められた妻は、

「・・・恥ずかしいわ・・・直樹さんに裸を見られるのも恥ずかしいけど、あなたに乱れていく私を見られるのが一番恥ずかしいわ・・・」

「俺は、直樹に犯されてる、愛が愛しくてたまらないけど・・・もっと、違った経験をしてみたくない?」

「嫌よ。私はあなたに愛されるだけでいいの。それより、直樹さんと智子さんたちレスだって事のほうが心配だわ」

「それは俺も気になってる。一度、智ちゃんをランチにでも誘って、話しを聞いてあげたら?」

「明日にでも、電話して誘ってみるわ」

「うん。頼むな。・・・それより、愛。今も、昼間にテレホンセックスしてる?」

「してないわよ。あなたと直樹さんに虐められてる事を思い出す時はあるけど、誰か家族がいたりして・・・」

「今すればいいやん。俺はもう少しビールを飲みたいし・・・」

「してみようかな?」


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年7月29日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【浮気】今も続いている私の浮気【不倫】

今も続いている私の浮気の話をします。

私の子供は小学5年生と2年生です、PTAの役員をやっていて会合などに月に1回

参加します。また各種イベントの前には週に2回ほど連続で集まることもあります。

そのPTAの役員になって出会ったのが理沙です。理沙は離婚歴があるいわゆる×1で

色白、どちらかというと気が強いほうです。36歳なのですが、年齢より若く見られる

ことの方が多いようです。今は実家に両親と暮らししています。そして子供が1人、

小学5年生にいます。同じ5年生という事もあり、すぐに打ち解けて会合の帰りに

軽く食事を食べるような仲になりました。

しかしPTAおばさま方の噂の的になってしまい、それ以来食事に行くことも無く

役員の任期が終わろうとしていた時、役員のお疲れ様会をやりましょう、と連絡が

ありました。飲み会の当日、仕事の都合で遅れて行くとすでに役員が出来上がって

いて大変な賑わいになっていました。すぐに1次会はお開きになり、ほとんどの人が

2次会に行ったのですが、理沙は「すいません」と言って帰ろうとしています。

私は理沙に「送っていきますよ?」と言うと「え?…ありがとうございます」

私は理沙を車に乗せて走りました。車の中では理沙に役員の愚痴を散々聞かされましたが、


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年7月29日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【レイプ】性同一性障害の災難 【鬼畜】

高校グランド奥の体育倉庫。テントや授業用の体育用品と捨てきれなかった備品が積んである。辺りはもう真っ暗で、全く人気はない。部活の生徒たちも、皆帰宅した時間だ。



そこに、制服のジャケットにズボンの男子生徒が4人。



一人の小柄な男子を、他の3人が、広げた古い体操マットに押さえ付けていた。



「やめろ! 離せっ!!」



小柄な男子は叫ぶ。

しかし、この学校のグランド裏は、山林で叫びはどこにも届かない。



「本当かよ、伊藤が女だって」

「あぁ。伊藤と同じ中学だったやつから聞いたんだ」



押さえ付けている生徒たちが、そんなことを話している。


体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年7月29日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【寝取られ】美帆の寝取られメモリー Part1【鬱勃起】

短大から私立幼稚園の先生に

そして「初めての露出と寝取られまで」



記憶の残っているうちに残しておこうと、パソコンに向かい始めた俺。

見つけた美帆に叱られると思ったが、以外にも協力的だった。

「特定できないように関係者や背景設定ぼかしてね。娘だっているんだから」

妻として相変わらず俺の欲望を満たしてくれる美帆はもう35歳。

十数年前の思い出から今現在までの二人の経験は7、8割実話だ。



一浪して入った大学3年の春、サークルの女子の先輩に紹介された美帆は

保育科のある短大の2年生だった。

中高一貫の女子高出身の箱入り娘。

完全にノックアウトの一目惚れだった。

大きな目が印象的な今風美人。

実家の俺の母親は、白石美帆にそっくりだと言うが。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月28日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】離婚【隣の芝生】

俺が34歳、彼女が22歳の時俺たちは知り合った。というより交際を始めた。当時彼女には俺の友人のKと交際をしていた。Kに会うといつも彼女のおのろけを聞かされていた。そんなとき俺はKから友人として紹介された。Kとの交際はほぼ1年近くだったと思う。そんなKが他に彼女を作り彼女はそのことで俺に相談に来ていた。不幸にもKは彼女のところには戻ってこなかった。その傷心を慰めている内にお互い好意を持つようになり、その時から4か月後に俺たちは一緒になった。1まわり歳の違う彼女は献身的に尽くしてくれた。彼女のいなかった俺は昼と夜を問わず、彼女の身体に魅了された。平日の夜もそうだったが、休みの日などは午前中はお互い全裸のままお互いの身体を貪り合った。まるで今から思えばまさにオスとメスであった。Kに教えられたのかフェラもうまいし、彼女が俺の身体の上になって腰を振るのもなかなかのものであり、俺は射精をしない日などなかった。俺は彼女の頭の先から足の指先まで隅々まで彼女の身体を舐めまくった。女に飢えた男として。エロ本などで仕入れた情報を実行しようとそのすべてを彼女に当たった。剃毛、アナル舐め、カーセックス、野外露出、ノーパン、ノーブラでの外出、全裸撮影などどんなことも彼女はしたがってくれた。一時俺のPCの壁紙は彼女の全裸写真だった。そんな彼女もある日仕事から帰ると一枚の置手紙が・・・「私のこと探さないでください。申し訳ないけど、離婚届けに印鑑を押して提出してください。今まで短い間だったけど、男と女の交わりをいろいろ教えてくれてありがとう。一生懸命頑張ったつもりです。でも貴方と生活した日々を思い起こすと男女の営み以外、なにをしたんだろうと思いだすことが出来ません。貴方に貫かれて恥ずかしくも喘ぎ声を出し、汗を流しながら交わっていた日々、女としてのあの時の喜びも教えていただきました。でもそれだけだったんです。もうこれ以上貴方にそのことだけで一緒に暮らすことは出来ません。私が悪かったんですね。貴方を愛していると思っていたのは実は女として男である貴方からその喜びを味わいたかっただけだったんですね。

これから先どんな男性とめぐり合うか分りませんが、心を満たしてくれる、満たしてあげられる男性が現れることを夢見て、しばらく一人で自分を見直してみようと思っています。貴方のことだからきっと素敵な女性が現れることでしょう?幸せにしてあげて下さいね。最後に、貴方と交わっていた時の喜びは決して演技などではありません。・・・貴方とのセックスは最高でした。」と。失ったものはとてつもなく大きく、立ち上がることさえ出来ませんでした。

体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年7月28日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】社内ゴルフコンペ Ⅳ【隣の芝生】

コンコン!

社長室の扉を叩いた。

「どうぞ!」ドスの聞いた声が聞えた。

中に入ると社長が、真剣な顔で私を見ていた。

”飛ばされるのか”と諦めていた。社長は、そこに座りなさい。と指を指した。

社長「すまない!」 突然の出来事で驚いた。

私 「えっ」

社長「君の奥さんに失礼な事をした。」

私 「社長」

社長「でも、私も年がいもなく惚れた様だ!」

私 「そんな!人妻ですよ」

社長「分かっている!だから、誤っている」

私 「私も妻を愛しています」

社長「そうか!お願いがある」

私 「なんですか?」


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年7月28日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】いとこ同士のセクス【血縁SEX】

名前:<>130[sage]投稿日:2007/06/14(木)21:46:41ID:tbgC1UCb0<>

またまた前回の話からかなり間が空きまして今月の某日。

「私、気分屋だからまた気が向いたらフラっと帰るわ〜」

と言っていたいとこが帰省しました。

「1週間ほど居るつもり」との事だったので特にこちらの気も焦らず、都合の良い休日前夜に例によって祖父母の家にお邪魔する私。

玄関で靴を確認し、当然の事ながら(あ〜、居る居る)と思いつつ廊下を進みホールを横切って居間に向かう。

戸を開けると、見慣れた祖父母の顔に混じって懐かしいのがひとつ出迎えてくれた。

「あ、おかえり○○〜」

割に弛緩した笑顔で言ってくれるが、酒が入っている様子は無い。

気を張らなくても済む環境での、これがこいつ本来の笑顔なんだろう。

だからこちらも

「おー、ただいま。そっちもおかえり」

と、肩の力を抜いた返事を返す。






体験談関連タグ

|||||||||||||

2014年7月27日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

このページの先頭へ