相互リンク先の最新記事一覧!

【寝取られ】ダイエット中に調教された妻 その1【鬱勃起】

私の妻、果帆が

28歳の時の話です。



果帆は食品関係の会社へ派遣社員として就業。

アパレルの正社員時とはうって変わって

アフター5や7に比較的時間も使える生活スタイル。

俺は仕事の重責が最高潮で基本終電帰宅、社内泊まりという

夫婦としても、すれ違いの増えた試練の時期でした。





平日、家で一緒に過ごす時間も少ないので

せめて休日だけでも一緒に居る時間を増やせば良いのでしょうが

休日にもお互いにそれぞれの付き合いも有りますし大事にしたい。

その一つが俺のランニングサークルだったのですが

とある土曜日、果帆も一緒に遊びに行く事になったのです。


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2014年6月11日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【浮気】悪魔のような少年3【不倫】

動画のこと、ディズニーランドでの出来事すごく気になっていた。そんな時

変なメールが届いた。私が自慰していた動画が入っていたのだ。全身裸で、喘

いでいる声がはっきり聞こえた。発信人は貴女の恋人となっていたが、間違い

なく大雅君だろう。主人や子供たちが帰ってきても、気持ちが落ち込んできち

とした会話ができなかった。

 深夜うとうとしていると誰かが肩をたたいた。振り返るとそこに大雅君がい

た。「やあ、おばさん。メール見たかい。」私は気が動転して、何も言えなか

った。「結構、うまく撮れていたでしょう。もっと別な動画をとらせてくれな

い。」わたしは小声で「主人が起きてしまうわ。居間へ行ってくれる。」とお

願いした。

 居間へ移動すると、きゅうに彼は強く私を抱きしめた。力の限り抵抗したが、

音が漏れるのが怖く、しばらくすると抵抗を諦めた。彼は体も私より大きく力

も強かった。さらにキスをされた。軽いのでなく、口の中に深く舌を入れられた。

久々のキスだったので、体の力がぬけてしまった。彼は私のパシャマの上着を

脱がし、乳房を露にし強く揉んだ。「きれいで、大きなおっぱいだね。愛撫しな


体験談関連タグ

|||||||||

2014年6月8日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【近親相姦】透けた水着【血縁SEX】

先週から予定していたプールだが妻が風邪をひき寝込んでしまったので中止しようかと

思っていたら妻の母親が話を聞き私がついていってあげるといった。3歳と5歳の子供を

私一人でプールへ連れて行くのは無理だと思っていたので内心ラッキーと思った、

妻の母親は45歳なのにすごいナイスバディーで胸はFカップでお尻もとても

大きい、しかし付いて来るだけで水着姿は見れないだろうと思っていたらプールへ行く途中

「私、水着持ってないからどっか寄って」、といったので店を探した、しかしなかなか見つからず

やっと小さい衣料品店を見つけた。

義理母  「ちょっとまってて、すぐ買ってくるから」と言って、ものの3分で帰ってきた。

私    「早かったですね」

義理母  「適当に買ってきたから」

私    「試着はしなかったんですか」

義理母  「色とサイズだけ見て買ってきたわ」と言った、

私はそんなもんかとその時は気にもとめずにプールへ向かった。

プールへ着き中を覗くと以外に人は少なく幼児用のプールはだれもいない状態だった

私は5歳の子を連れ、妻の母親は3歳の子供を連れて着替え室へ向かった。


体験談関連タグ

||||||||

2014年6月8日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】家庭教師と怪しい嫁2【鬱勃起】

息子のために家庭教師が来るようになった。

先生の悠斗君は、俺の思惑もありルックスで選んだようなものなので、とにかくイケメンだ。

だが、顔だけじゃなく本当に息子に対して一生懸命で、丁寧に接してくれる。

嫁に対しても接し方が上手で、上手くおだてたり褒めたりしてくれて、嫁もまんざらではない感じだ。



そして、実際に息子の成績も目に見えて向上し、副次的な効果で俺と嫁の夫婦仲も向上した。

単純に、若い男が週2で出入りするということで、俺が変に嫉妬して、嫁もそれを利用して俺を燃えさせて来る。それでセックスの回数が増えて、なおかつセックスの内容も濃くなった。



先生には頭が上がらないと思っていた。







先生が風邪をこじらせて家庭教師を休んだときに、嫁をお見舞いに行かせた。

結局何もなかったと言うことだが、ノーブラで帰ってきたり、怪しいところが多々あった。




体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年6月6日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【浮気】連れの奥さん【不倫】

<>111軍鶏sage04/09/0712:16ID:Z4ZP3Aj9<>

連れの奥さん



初めて投稿します。

文章下手なので、伝わらなかったらすいません。

これまで3年間誰にも言えずにいたのですが、この気持ちを誰かに分かって頂きたくて…

自分にはずっと学生からの友人がいます。

彼とは所謂くされ縁(笑)

ただ、自分も彼も悪い遊び(女遊び、酒)は一切しません。

で、彼はというと、奥手も幸いしたのか、ずっと彼女がいませんでした。

そんな3年前のある日。



<>112軍鶏sage04/09/0712:16ID:Z4ZP3Aj9<>

彼が、なんか嬉しそうなんですね…

なんだろう?と思って。


体験談関連タグ

||||||||||

2014年6月5日 | 体験談カテゴリ:浮気・不倫体験談

【人妻】我妻物語(ミニスカート編④完)【隣の芝生】

部屋に戻ると、妻は落ち着きを取り戻したように見えました。

風呂に入り、化粧を落とし、バスローブ姿でベッドに腰掛けてテレビを見ています。

私はまだ興奮がさめず、「寝る前にもう1回、ミニスカートを着てくれよお」と頼みました。

妻は気乗りしない返事でしたが、何度も頼み込むと「しょうがないわねえ」とあきれたような顔で着替えてくれました。

下着はつけず、キャミソールとミニスカート。妻は「どう?」といたずらっぽく笑い、モデルのようなポーズをとりました。

私はすぐに襲い掛かりたい衝動を抑え、妻の足元にひざまづき、「きれいだね」と太ももをなで始めました。

下から見上げると、スリットの間から妻の秘部が見えました。そして次の瞬間、私は初めての光景に目を疑いました。

妻の秘部から、まるでよだれのように愛液が垂れ下がってきたのです。

興奮が収まらないのは、実は妻のほうでした。

私は「ほら、こんなになってるよ」と糸を引いた愛液を指先につけ、妻に見せました。

妻は「いやん!」と声を上げ、ひざの力が抜けたように、よろよろとベッドの上に仰向けに倒れこみました。

恥ずかしそうに両手で顔を隠しています。私は部屋の明かりを少しだけ落とし、妻の隣に寝転がりました。

「どうした? したいの?」。耳元でささやきます。

顔を隠したまま、うなずく妻。普段とは明らかに違う妻の態度に、私はますます強気になってきました。

「そうだよね。こんなに濡れてるんだからね」。私は妻の右手を取り、秘部に導きました。


体験談関連タグ

|||||||||||

2014年6月4日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】無防備な妻 改 2【鬱勃起】

そして、数日後のある日、三人で近所の銭湯に行った時のことです。



その日の妻の格好は、薄手で水色のワンピースであった。無地で素朴なパジャマワンピースみたいなものです。



私は妻の格好の中でもこのファッション?が一番大嫌いです。



なぜなら、素朴だが本当に薄手で少し透けるワンピースだからです。



しかし妻は、その格好を一番好んでおり、いつもチョット近くに出掛ける時にはその格好で出かけようとするのである。



私はいつもであれば、「ジーパンにしたら?」とか、「ちょっと透けてるよ」とか言い、なるべく露出の少ない格好をさせるのだが・・・・・たぶん、「妻を確かめたい」という気持ちがアレからずーっとあったのでしょう。



あの公園は夢?幻?アイツはもしかしたらすごい熱でもあったんじゃないか・・・・・



だからあえて、今回も何も注意的なことを言わないようにしてみたのである。


体験談関連タグ

|||||||||||

2014年6月3日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】我妻物語(ミニスカート編③)【隣の芝生】

「計画」といっても、それほど過激なことを考えていたわけではありません。

要するに、食事しながら、周囲の男性客に妻の大胆なミニスカート姿をさらしたかったのですが、

食事に行った中華料理店では個室に案内され、計画は失敗に終わりました。

作戦変更です。ホテルに戻り、私は「ちょっと飲もうか」と妻をバーに連れ出しました。

案内されたのは2人掛けのソファー席。理想的でした。

ホテルのバーだけあって、ボーイは私たちの正面にしゃがみこんで、オーダーを聞きました。

ただ、さすがに教育が行き届いていて、妻の脚を盗み見するようなことはしません。

私はちょっと拍子抜けしましたが、妻は気になっていたようです。

私に「ハンカチ持ってない?」と聞いていました。ひざ掛けに使うつもりだと分かりました。

でも、ホテルの中だったので、2人とも手ぶら。私はわざと頓珍漢な受け答えをして話をそらしました。

結局、妻はあきらめたようで、太ももをあらわにしたまま、2人でグラスを傾けました。

2杯目を注文した後、中年の男性客2人が店に入ってきました。出張で来たサラリーマンみたいな雰囲気でした。

どこに案内されるか、気になって見ていたら、私たちと通路を挟んで向かい合わせの席に座りました。

やった、チャンス到来。私は妻に気づかれないように男性2人の様子をちらちらと観察しました。

1人が私たちの正面の2人掛け、もう1人は真後ろを向いて座り、2人で何やら話し込んでいます。


体験談関連タグ

|||||||||||

2014年6月3日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】我妻物語(ミニスカート編②)【隣の芝生】

思いがけず実現した妻のミニスカート姿。1時間くらい街を歩いたでしょうか。

すれ違う男性たちの視線や妻の恥らう表情に私は大興奮でしたが、そのうち妻が「疲れた」と言い始めました。

機嫌を損ねるといけないので、予約していたシティホテルにチェックインし、しばらく休憩することにしました。

部屋に入ると、妻は何度も鏡を見て、ミニスカートのすそや深く切れ込んだスリットを盛んに気にしています。

妻がいつ「もう着替える」と言い出さないか、私は気が気でなりません。

私は「晩飯、何食べる?」などと、わざと話題をそらし、妻が心変わりしないよう気を配りました。

それにしても、普段の妻からは想像もつかないような大胆な格好でした。

ひざ上10センチから脚がむき出しになり、フロントスリットの間からは両太ももの内側がまぶしく露出しています。

夏が近かったので、生脚にヒールの高いサンダル履き。若い女の子とは違う大人の色気がムンムンと漂っていました。

さらに驚いたのは、妻がソファに座った時でした。スリットの間から白いパンティーが丸見えだったのです。

しかも、そのパンティーは透け透けのレースで、陰毛まではっきり確認できました。

男性の多い職場で女っぽさを極力隠して仕事をしている反動でしょうか。妻は下着だけはセクシーなものを好みます。

パンツスーツばかり着ているので、パンティーラインを気にして、いつもTバック。

外国製の結構大胆な下着を通信販売で買って身に着けるのを、ひそかなおしゃれとして楽しんでいるようです。

この日はその中でも特に露出度の高い「勝負下着」だったのです。


体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年6月3日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【寝取られ】彼女にハイパーミニをはかせて電車に乗ったら【鬱勃起】

俺は大学2年の学生で、今日は平日だけど、彼女と遊園地に遊びに行くために結構早く起きた。

彼女の有美は俺とタメで、20歳になったばかりだ。

地味な見た目で、眼鏡女子だけど、眼鏡を外すと美少女というタイプだ。

そして、最近AVでジャンルとして確立しつつある、地味系女子の隠れ巨乳と言うヤツだ。



性格は、地味な見た目そのままの、おとなしいタイプで、俺のいうことならけっこう何でも聞いてくれる。

とは言っても、俺も有美にべた惚れなので、変なことをさせたりはしないが、ちょっと露出の高めの服を着させたり、大人のオモチャを使う程度だ。





今日も、

『こんなの、電車乗るのに恥ずかしいよぉ、、』

と、顔を赤くしながらモジモジ言う有美は、膝上20cm近くあるような、ハイパーミニのスカートを穿いている。

そして、ブラウスもわざとワンサイズ小さめのものを着せているので、胸がはち切れそうだ。

こんな格好をしているのに、黒髪眼鏡女子という彼女は、けっこう違和感があった。

「大丈夫だって、スゲぇ可愛いからw」


体験談関連タグ

|||||||||||

2014年6月2日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

このページの先頭へ