相互リンク先の最新記事一覧!

【恐怖】友人の出産報告【危険】

私は大学で国文科にいたこともあり、漢字がとても得意です。

つい先日、田舎の古い友人から電話がかかってきました。

友「よう、元気か〜?」

私「おう、ぼちぼちだよ。なんかあったか?」

友「実はさ、息子が無事に産まれたんだよ」

私「へえ!そうかそうか、おめでとう!」

この友人とは小学校のころから気のいい棒組みでした。彼の弾んだ声にわたしも嬉しくなりました。

私「それで、名前は決めたのか?」

わたしは名前を尋ねました。出産報告をくれた友人に対して振る話題としては、ごくふつうの質問だろうと思います。

友「うん、『まりく』っていう名前にきめたよ!」

自信満々に彼はそう言いました。わたしの脳裏には、すくすくと千年アイテムの使い手に成長するまだ見ぬ幼子の姿が見えました。

彼は、決して教養のない男ではありません。県内の進学校から地元の国立に進み、堅実な職を得た、地味ながら実にまっとうな男です。

その彼が『まりく』などという遊戯王的な名前をつけるとは…。わたしは呆気にとられました。こんな名前じゃそれこそ罰ゲームというもんです。

彼はさらに続けました。

友「産まれたのがちょうどダービーの日でさ。あのときのロジユニヴァースみたいに、どんなに足元が悪くても、しっかり陸地を踏みしめて力強く進めるように、って願いをこめたんだ」


体験談関連タグ

||

2015年6月30日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】伯母さん(母さん)【感動】

母親代わりだった伯母が亡くなった

44歳で一週間前に亡くなった。

少し気持ちも落ち着いてきた。

何でスレ立てようとしてるかもわかんないけど、

話聞いてくれないかな?



伯母が母親代わりになったのは、俺が3歳の時から。

父親が交通事故、母親が後追い自殺で、身寄りがなくなったんだ。

祖父母が施設に預けようと話していた時に、烈火の如く怒り、俺を預かってくれたのが伯母なんだ。

父親が今で言うDQNで、母親は妊娠したから結婚しちゃった的な人間だったらしい。

なので、父親側の祖父母も、母親側の祖父母も俺のことを嫌っていた。

伯母は母親の姉にあたる人ね。

俺が今25歳。伯母は俺を預かった時22歳ぐらい。



伯母は結婚もしていないのに俺を預かり、


体験談関連タグ

|||||||

2015年6月19日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】ベッドの上で涙を流す【感動】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/25(火)12:02:27.65ID:tK+b894V0<>

あのとき会社辞めなければなあ





<>7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/25(火)12:04:54.79ID:tK+b894V0<>

お前らもこうならないように辛くても会社辞めるなよ





<>11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/25(火)12:06:24.26ID:tK+b894V0<>

5

そうだけど少なくとも今よりはマシだろう





<>8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/25(火)12:05:11.71ID:zQIne6wu0<>

とりあえずバイトしな


体験談関連タグ

||||

2015年6月15日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】夏休みのバイト【危険】

去年の夏休みにしたバイトの話



去年の夏休み前、俺と友人A、Bが大学の掲示板を見ていると、変なバイトの募集チラシがあった。

内容は、「日給8000円、避暑地の別荘の引越し作業、

3泊4日の泊り込みで食費と交通費は別途支給」というものだった。



俺が「これけっこうおいしくね?」というと、Aが「チラシの感じだと宿泊先もこの別荘だよな?

楽そうだし電話してみね?」と返してきた。

Bも「別荘地で過ごせて金ももらえるのか、おいしいじゃん」とノリノリで、

3人ともたいして深く考える事もなく連絡先に電話してみる事になった。



電話をするとそこは別荘地の管理事務所?のような場所で、

なぜか俺達は面接も何も無しに即採用された。

この時、少し怪しいと感じるべきだったかもしれない。




体験談関連タグ

||||

2015年6月15日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】Winny利用の果て――家族崩壊した銀行マンの悲劇【危険】

 ファイル交換ソフトウェアに関連した情報漏えい事件が今なお多く、公私での使用を禁止している企業が少なくありません。それでも、やむを得ず使ってしまうことが、どのような悲劇をもたらすのでしょうか。銀行員のN氏(仮名)を襲った事例を紹介しましょう。



●真面目さが過ぎる故に



 N氏は典型的な真面目人間で、出世も同期の中では比較的遅く、50代前半で銀行の副支店長という肩書きでした。要領が良いタイプとは言えないのですが、実直で銀行業務という仕事をこよなく愛していた人です。そんな彼の人生の軸が狂ったのはある年の年度末のことでした。



 この年は業績の計算数字がなかなか合致せず、翌週月曜日には本部で支店の業績を報告し、改善策を提案しなければなりませんでした。何度も計算を繰り返すうちに帰宅時間が迫り、N氏は仕方なく、USBメモリにコピーを行う権限を持つ副支店長という立場を利用して、USBメモリに業務関連の資料データをすべてコピーし、自宅で作業することにしました。N氏は週末をかけて作業を完了し、月曜日には無事に報告を済ませました。しかし、これが彼を襲う悲劇の始まりだったのです。



 本部への報告から数日して、N氏の勤める銀行の内部資料がファイル交換ソフトウェア「Winny」のネットワーク上で発見されたという噂が流れました。N氏は、「また、そんな事件が起きたのか! しかも、うちの銀行ではないか。いったい、どこの誰がそんな馬鹿なことをしたのか」と思ったそうです。銀行では直ちに専門チームを組織して、漏えいした資料を発見し、内容を確認しました。すると、N氏の作成した資料や内部情報だったのです。



 N氏はすぐに本部へ呼ばれ、状況を聴取されました。また、彼には内緒で別の調査チームがN氏の自宅に出向き、彼の使っていたノートPCを夫人の承諾を得て入手しました。N氏には全く身に覚えがありません。当然ながら否定するしかなかったのです。しかし、回収したノートPCを専門家が調査したところ、わずか15分でWinnyの暴露ウイルスが発見されたのでした。



 さらに調査を進めたところ、PCの使用履歴にはN氏が勤務していた時間帯が多数記録され、情報を流出させたのは家族である可能性が高まり、最終的に大学生の長男が使用していたことが判明しました。当然ながら、長男は自分のPCは持っていました。しかし、メーカーへ修理に出していたところだったのです。



 自分のPCが戻るまでの時間、長男はどうにも待つことができなかったようです。長男はいわゆる「Winny中毒者」でした。映画や音楽などを違法コピーしたデータなどを簡単に入手できるという快感がどうしても忘れられず、少しの間でも我慢できなかったのです。つい父親が留守にしている平日の昼間に無断でN氏のPCを借りて、Winnyの操作に没頭していたということでした。


体験談関連タグ

||

2015年6月12日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】才能あふれる近年の人事担当者【感動】

「最近うちの会社も業績不振だからあまり採用しないほうがいいけど、もし人手不足になったら叱られるし、

優秀な人材を厳選しろって言われてるけどどう選べばいいか判らないから、とりあえず履歴書を見て

一点の問題もない奴だけを選び出して(もちろん浪人・留年・母子家庭・ブサメン・デブ・変わった趣味・

何となく嫌な奴は失格で)、あとは片っ端から面接でいじめていじめていじめていじめまくって、

それで残った奴はたぶん優秀だ…と思うから、そいつらを多めに内定しておいて、

もし多すぎたら騙したり脅したりいじめたりして内定辞退させて、残りの奴らをすこし多めに採用しておいて、

それでも多すぎたら試用期間が終わったころに騙したり脅したりいじめたりして自己都合退職させておけばいいだろ。」

体験談関連タグ

|

2015年5月23日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】知らない女が妻になっていた件【危険】

俺の後輩の話で、俺自身も深く関係した事件だったんだがな。



このまえ、まとめサイトで「彼女にプロポーズしたらいつの間にか別人にすり替わっていた」ってのを読んだら、似たような内容なので、自分も書いてみようと思った。



俺の後輩が市役所に婚約届を提出にいったら、全然知らない奴が自分の妻になっていて、結婚できないことがわかった。



まず、事の発端は、俺の後輩2人ができちゃった事から始まる。

2人とも大学を卒業したてなんだが、妊娠が発覚して、そのまま結婚って流れになった。

で、それぞれの両親に挨拶をすませて、結婚の段取りはトントン拍子で進み、披露宴は子供が生まれて、しばらく経って落ち着いてから上げるということになった。



先に、婚姻届を役所に提出することになった。

で、婚姻届の証人なんだけど、それに俺がなることになった。

2人がくっつくきっかけを作ったのが俺だったから。

もう片方の証人は、新郎の父親がなってくれて、俺は名前をかいて、印鑑を押すだけだった。

で、俺は印鑑をおして、2人が役所にそれを届けるという話だけきいて、しばらく2人とは連絡はとらなかった。


体験談関連タグ

|||||||||||

2015年5月11日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【近親相姦】ニートの兄とデブ喪の妹 【血縁SEX】

183:名無しさん@HOME2012/05/23(水)22:34:30.870



流れを読まずに書かせてください



愚兄のせいで結婚が破談になった

実家の兄は専門学校を出てから今までずっと無職(年金は親が払ってる)

アルバイトをしたこともなく、生まれてから一度も賃金というものを受け取ったことがない

ただ出かけるのは大好きでよくお買いものには行っている(両親も「引きこもりと違う」という認識らしい)

両親は愚兄が20代後半にさしかかったころに働かせるのを諦めた

私は大学から実家を離れていたが、里帰りする度に愚兄を引きずって面接に行かせた

でも結局不採用もしくは採用されてもブッチ→不採用で、31歳現在も無職










体験談関連タグ

||||

2015年3月11日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】俺が中2【血縁SEX】

<>17:15:2012/03/24(土)22:56:11.42ID:Qpmymq5x0<>

書き貯めてないうえに思いだしながらなので、めっさ遅筆ですがよろしくお願いします。



当時、俺が中2、妹が小4。

元々は兄妹仲も悪くなかったんだが

俺が中学でいじめを受けてひきこもりになってから、妹から嫌われるようになっていった。

直接的には居ないものとして無視されるくらいだったが

親には俺の妹と知られたくないから別な中学校に行きたいと言ってたそうなw





<>18:15:2012/03/24(土)23:10:58.68ID:Qpmymq5x0<>

俺のことが原因にあったのかは定かじゃないが、その頃から両親も不仲になって

俺が中3の時に親父の使い込み(祖母の遺産)が発覚して離婚する事になった。



不安障害みたいな状態になってた俺はそれらのストレスが極まってか


体験談関連タグ

||||||||||||

2015年3月7日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】義妹のパンチラ【血縁SEX】

私は女姉妹の姉を嫁に持ち、嫁実家に同居している、いわゆる「マスオ」さんです。



嫁は、28歳OL。義妹は、22歳大学4年生。

義妹は、リクルートスーツを身に着けて、現在就職活動真っ最中です。



先日、私が帰宅すると、義妹がスーツ姿のままリビングのソファーで仰向けで熟睡していました。

あちこちの会社の就職説明会や面接に廻って、相当疲れているみたいです。



スーツ姿と言っても、ジャケットは脱いでました。



純白な薄手のブラウス姿で、胸元には大きなリボン。

そして、紺のタイトスカートからは、薄手のストッキングに包まれた細身の脚が伸びています。

その両脚はクロスして伸ばした状態で、ソファーの縁(肘置き)に乗っかっています。



以前から、可愛らしい妹さんとは思っていましたが、これまたスーツ姿で身を包まれると、ドキドキしてしまいます。


体験談関連タグ

||||||||

2015年1月12日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談
1 / 1412345...10...最後 »

このページの先頭へ