相互リンク先の最新記事一覧!

【近親相姦】息子と娘の情事【血縁SEX】

私は43歳の母親です。夫が47、それに息子が11、娘が9の四人家族です。

ある日、私がパートの仕事を体調不良で休んで、家に帰ったときのお話です。2階の部屋から「アン、アン」と声が聞こえます。何だろうと思ってみていると、なんとそこで息子と娘がセックスをしているではありませんか。

すぐに注意すれば良かったのかもしれませんが、その場でこっそりと覗くことになりました。

もう既に挿入中で、まだ2人とも毛は生えてなかったようです。ただ、小さいペニスが、小さいま○この中に出たり入ったり。いつからこういった行為がされているのか、二人ともぎこちない部分は無く、スムーズに出いりしています。あれが若さというものでしょうか。夫の腰の振り方よりも、断然はやい気がします。

床には精液が垂れています。これは何回戦目なのでしょうか。息子がブルっと震えました。どうやら果ててしまったようです。

「ちんちん舐めて」息子が娘に言います。娘も慣れたような感じでフェラチオを始めます。その幼いペニスを、幼い口で包む姿は、滑稽に思え、でも、子供同士の遊びのようにも感じられました。

息子のペニスが再び大きくなると、再び正常位での挿入をはじめました。

パンパンパンと家中に音が鳴り響きます。私も不覚ながら自分の子供達の情事を目撃し、股間をぬらしてしまいました。股間を触ると淫猥な気分になり、自然にオナニーを始めてしまいました。

しばらく夫にも触られていない自分の秘部は、まるで刺激を待っていたかの様でした。核を刺激すると全身がビクンとなり、そのまま核を指で擦り続けます。息子達は正常位から騎乗位に、さらには後背位まで体位を変え、お互いの肉体を楽しんでいるようでした。あぁ、私にも熱い肉棒が欲しい…そう感じているうちに、二人はコトを終えていました。

何事も無かったかのように振る舞い、夕食を作りましたが、常に股間が濡れたままで、正直料理どころではありません。

夫がこの日に帰ってくれば良かったのですが、出張で帰ってきません。仕方なく夫婦の寝室で一人で自分を慰めることになりました。パンティーが透けてしまうぐらいビショビショで、昼間の息子達の情事を思い出すと何度も昇天してしまいました。

すると、寝室に息子と娘がいきなりとびらをバタンとあけました。

「な、何!?」

「昼間のぞいてたでしょ!」

「!」


体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年2月8日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】彼女の妹と・・・【血縁SEX】

僕が中学3年生の時にタメの彼女が居て、ある日彼女の家に遊びに行くことになりました。

 彼女のお母さんは夜に帰ってくるとのことで、家には僕と彼女と彼女の妹(仮:ミキちゃん)の3人でした。彼女に妹がいるのは知っていましたが、会ったのは初めてで、一目見ただけで、僕の彼女をそのまま小さくしたような感じで、すごくかわいくて(ロリロリで…)。

 話すと、中学1年で、バドミントン部らしくて、ミキちゃんの人懐っこい性格からか、気づくとまるでタメのように話していました。



 そして、彼女と2人で彼女の部屋に行き、いろいろ話してたんだけど、テレビを見てたら彼女がベッドに行って、ちょっとドキドキしたんだけど、しばらくして見てみると寝てましたД;

(普通寝るかっ!?)

 でも彼女も部活帰りで疲れていたのだろうと思い、彼女を起こさず今日は帰ろうと部屋を出ると、妹のミキちゃんも自分の部屋から出てきて「もう帰るの?」と聞かれ、事情を話すと、笑いながら、「じゃあ私と話そう?」と言われ、まあ親も夜だしまあいいかと、ミキちゃんの部屋に行き話していました。



 やはり思春期なのか、話はエッチな話になり、

「もうお姉ちゃんとエッチしたの?」と聞かれ、

「いや、まだ(汗。。。」と返し、

「まだ純潔?」と聞かれ、要するに童貞かってことかと思い、

「今のところ純潔守ってます!!」と言うとかなりウケてましたww



 それで結局


体験談関連タグ

||||||||||

2015年2月5日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】めぐ姉とりょー坊 2【血縁SEX】

<>99名前:めぐ◆aypLb4iZqQ[sage]投稿日:04/04/2800:21ID:2aIhx2m1<>

こんばんはー。いよいよ旅行の前日になっちゃいました。今日はけーちゃんと最後の打ち合わせ

をしてきました。宮城、岩手の辺りをちょっと動くんですけど、なるべく叔父さん夫婦は

夫婦で動ける様にしようね、という話でした。最後別々に帰ってくることになるかも。

しかし、けーちゃんの企画力はほんっと凄いです。なんか計画表みたいの出来てた。

まあ私も元々にぎやかしっていうか、えちネタ大好きな人なので、GWの旅行では何かしら

報告するネタが出来る様に頑張ってきますw



<>189名前:◆aypLb4iZqQ[sage]投稿日:04/05/0617:40ID:P3L4PkXN<>

・・・書いてると、やっちゃったかなー感がますます募ってくる訳ですがw 結構

嬉しい気分もありますが。結局食べちゃったんだか食べられたんだか。

結局今りょー坊とは、「仮恋人」みたいな感じの関係なんだと思います。順々話します

けど、なんか先に結論書いちゃった方がやりやすいw

えっと、5月3日までの旅行の話で。ちょっと何か、例によって記憶を辿りながらですので

細かいとこはいい加減かも知れないです。


体験談関連タグ

|||||||||||||||

2015年1月23日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】従妹に中出し、妊娠【血縁SEX】

誕生日の関係で従姉妹の妹になるのですが、そうですね・・・・

御互いに結婚してるのですが、なんでしょう・・・・



好き嫌いでなく、御互いの悩みや将来の夢などを語り合うことが何度もあり、くじけそうになった時、体を合わせあってはならい関係を6年も続けてきました。





生理前は中出し。なんか恋人同士のよう。たまたま俺の嫁が子供を連れて5日間実家に帰り、従妹が家に来た。まるで新婚夫婦の様に、食事を作る彼女の背後にせまり息を噴きかけ、秘部に右手を・・・。



小声で色気のある声が・・・その後、Tバックを横にずらし、おれの唸ったペニスを突き刺す。声が次第に大きくなり、妹は昇天。勿論、中出し。



御飯の時もうつろな目をしていて口移しで食事をする。右手で濡れ具合をさぐる。びしょぬれのオ○コ。中指で付く。のけぞるが、食事を口で俺は運ぶ。美味しいのか?もはやわからない。



やがておれのイチモツをこすりながら彼女が口移しをしてくる。今まで食べた事のない食事に地球が回っているように感じ、お酒も入り、熱くなってきた。



がまんできず、彼女を引き寄せ座位の姿勢で結合。熱さが激しくなり、二人は訳がわからなくなり、着ていた衣服をすべて脱ぎ激しく腰を動かした。


体験談関連タグ

|||||||||||

2015年1月22日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【寝取られ】23歳の彼女が温泉旅館で巨根のオヤジに寝取られる 【鬱勃起】

これは去年の秋に彼女と行った温泉旅行での出来事です。

オレは鉄鋼所に勤めてる28歳で

オレの彼女はそこの事務をやってるOLで歳は23。

名前は仮名ですが「かおり」としておきます。

うちの会社の事務員は色気のないおばさんと

普通の主婦だがパソコンができるパートさんの二人だけだったんだけど

そのパートさんが旦那の転勤で退職することになり

新卒採用できたのがかおりだった。



第一印象のかおりは特別可愛いというわけでもないがブスではなく中の上だが

よく笑う娘で、人懐っこい愛嬌のある娘だった。

オレは両親が温泉好きで小さい頃からよく家族で温泉旅行に行ってたんだけど

かおりも温泉好きだということがわかりよく話があった。

そんな彼女の事を好きになるのに時間は掛からなかった。




体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年1月22日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【近親相姦】彼女の妹【血縁SEX】

この間彼女の妹とやっちゃいました。

その日彼女はバイトだったので先に彼女の家で待ってることに。俺はちょっと

街で買い物して彼女の家にいきました。部屋には居ないはずなのに電気がついて

ました。おかしなぁ,と思いながら合い鍵で部屋に入りました。

声をかけても返事なし。ベッドをみると誰か寝てます。まぁ誰かって彼女の

部屋なんで彼女以外そのときは考えてませんでした。

寝てる彼女のベッドへ潜りこんでそのままセックスなんていつものことなので,

いつもどおり,全部脱いで足の方からベッドに入りました。



服を脱いで寝てたみたいで,足の先から太ももまでなでていくとそのまま

パンティに手があたります。膝をおさえて足を大の字にひろげて,あそこに

顔をうずめてまずはパンティの上から。ほどよく濡らして,パンティずらして

ゆっくりなめあげます。寝たままでもたまにピクっと身体が反応します。

なめつつ,胸に手をまわし,ブラをずらしてゆっくり愛撫。いつもより柔らかい

感触。でもそのときはあまり気がつきませんでした。良い具合に濡れてきたので


体験談関連タグ

||||

2015年1月15日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】姉が下着姿で寝てたから夜這いした話聞きたい?【血縁SEX】

あれは俺が高2の頃だった

な、結構年頃のときだろ? 興奮するやろ、な?

姉は当時大学1年だったかな

俺と姉はいつも素っ気無いけど、遊ぶときは遊ぶし、仲はいいほうだったな

その日は親の結婚記念日で旅行に行っていて、家には俺と姉の二人きりだった



正直その日までは「姉に欲情なんてありえねぇwwwwww」とか思ってた

まあ姉持ってる奴ならだいたいそう思うだろ



でも姉は、俺が抜群に好みなスタイルしてやがる

兄弟だけど、顔はあんまし似てないかんじだった(決して親違いとかではない)



夜10時頃だったかな、姉はブラジャーとパンツだけでソファーで寝てた



リビングの机の向かいにソファーがあるんだが、俺は机に座って(もちろんイスだが)姉を眺めてた


体験談関連タグ

|||||||||||||

2015年1月7日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】可愛い連れ子の妹【血縁SEX】

優美は3年前に親父が再婚した相手の連れ子で現在、JS6です。

大人しく控え目な子で何時も俯いてる感じなので暗い雰囲気なので少し茶色に

染めさせてます。綺麗な顔をしてて、可愛い妹ってより可愛いロリって目で見

てきましたし

そんな感じで接してたのでJS5の夏休み前に性教育の授業を受けてきた時など

「お兄ちゃん、私とエッチしたいの?」と聞かれた時はドキリとしましたが

「優美とエッチしたいよ」と思い切って言ったら「嬉しいけど優美は未だ小さ

いから・・・」と

言われました。当時の優美は確かクラスでも小さいいほうでした。

親に言われるかな?と心配してきたけどソレは無かったです。その変わり

勉強教えてって俺の部屋にくるようになり一緒に風呂にも入るようになりました。

もちろん勉強は学校の勉強とエッチの勉強です。風呂では実践の勉強です。

アダルトビデオやロリマンガ等で勉強して風呂でキスやフェラなどです。

もちろんオナニーなクンニなどで快感の開発もしてました。穴も広げる練習を

しました。最近は胸も膨らんできたし指もスムーズに出し入れ出来るように


体験談関連タグ

||||||||||||||

2015年1月3日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】妹15 ひんぬーわりと可愛い【血縁SEX】

<>1以下、VIPがお送りします 投稿日:2011/06/22(水)17:08:42.70ID:3CZY3NhP0<>

書き溜めてるし適当に語っていく。

俺20 一人暮らし大学生フツメンだと思いたい。

妹15 ひんぬーわりと可愛い





<>16以下、VIPがお送りします 投稿日:2011/06/22(水)17:14:33.13ID:Vif7vYju0<>

こないだ妹が家に遊びに来たんだよ。

まあ土曜日だったし俺が相手するわけだけど、

1時くらいに駅に着いたからまあ迎えに行くよね。

んでお昼は普通に遊びました。

まずはお腹はあんまりすいてないって言うから、

ご飯は食べずに、ここらでちょっと有名なケーキ家行って

奢ってやったら「おいしー」って喜んでくれた。可愛いやつめ。




体験談関連タグ

||||||||||||||

2014年12月24日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】妹を犯す【血縁SEX】

妹とはその後親の前では仮面兄妹を続けてた。

それからもsexしたいってムラムラはあったけどチャンスがなかったし、またチャンスを狙いながらも思い出しながらはオナニーして中学時代が過ぎたが、高校に入ると彼女が出来たのでだんだんどうでもよくなってきてた。



しかし大学に入ると同時に彼女と別れてしまい、理系の学部だけにあまり女もいないし、バイト先にも手頃な女がいないせいか、また妹に性欲を持つようになってきた。



だが妹も高校から交遊関係が広がり彼氏もできたみたいで家にいることが少なくなったので、思い出してはオナニーして、風俗いったりして悶々と過ごすしかなかったが、二年の年明けあたりにチャンスがきた。



あの年のクリスマスに妹は破局して、また年末年始ということもあったせいか友達も忙しかったのだろう、妹が家にいることが多くなった。そして年明け早々、地方の親戚に不幸があり五日間ほど両親が留守になった。

ようやくチャンスが訪れたことにおれは狂喜したが、妹もやはり忘れたわけではないようで、友達の家に逃げこもうとしたらしいが、年始ということもあり断られたらしい。



さてどうやって隙を伺うかと前の晩考えてたが、朝起きると両親が出かけると同時に妹とも出かけてしまい、夕方になって帰ってきたがすぐに部屋に鍵かけて閉じこもってしまい入れず。初日から出鼻をくじかれた。餌があるのに生殺し状態の家にいると悶々として気が狂いそうになるので、友達と軽く飲みにいくことにした。これが当たった。



深夜家に帰ってくると妹の部屋がまだ明るかった。まだあいつ起きてんのか、何やってんだ、と思いつつ、気づかれないよう静かに家に入り、妹のドアに近づいてみた。うちのドアは下にわずかばかりの隙間があり、中を覗くまでは厳しくても部屋の様子をあらかた音で探ることができた。

顔を近づけると、電気スタンドらしいうすあかりが漏れ、中から妙な音が聞こえてきた。カポカポと、空気ポンプみたいな。わかりやすく言うと一人握手をして手の平を打ち付けるような感じ。一瞬、怪しげな音の正体に迷ったが、妹しか気配が感じなかったので、すぐにオナニーしている音だと確信した。




体験談関連タグ

|||||||||||||||

2014年12月23日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

このページの先頭へ