相互リンク先の最新記事一覧!

【寝取られ】男に妻を寝取られ、たっぷり子宮に射精されたあと、その男達の精液をすすりながらオナニーする俺【鬱勃起】

「オラ、オラ、もう少しだ。あとちょっとで、亀頭がスッポリ嵌まるから、そうすれば後は一気に一突きだっ。」

男は妻の足を両肩に乗せ、弟の様に腰の力ではなく、勃起した魔羅に己の全体重を掛け、重力の力で妻のマンコに嵌める気だ。

勿論、80キロ近くもあろう大男の重みで男根を突かれれば、狭い妻のマンコでも容易に貫く事が出来る。

「アア~、クウ~ッ、入る、入ってくる、貴方の大きなオチンポが~。私のオマンコを分け入ってくる~。アア~、私のオマンコが太い杭で打ち抜かれていくよう~よ。ウウ~、もう、そこまでで許して、これ以上入れたら本当に私のオマンコ、壊れちゃう~。イヤ~、イヤ~、もう入れなで、もう一杯よ~。そんな大きいオチンポ私のオマンコには入らない~。ア~、ア~、お願い、お願い、それ以上堪忍して~。イヤ~・・・・・・・・・」

男根の半分近くを外界に残したまま、妻のマンコは既に満たされた様だ。残りの半分を弟の様に、一突きで子宮に突き入れるつもりか。

こんなバカデカイ男根を子宮の中で抜き差しさえたら、本当に妻のマンコ、いや子宮は二度と使い物にならなくなってしまうかも知れない。

しかし、それも自業自得と言ざるを得ない。

そう仕掛けたのは私自身なのだから。

すでに後戻りはできない。

ここで奴らに止めてくれと言ったところで、一笑に臥されるのが関の山だ。

私はただ、じっと奴らの犯る事を見ているしかないのだ。そう、手淫をしながら。

徐々に男の体重にマンコが、いや子宮が耐えきれず、突き刺さった男根にその入り口を押し広げられ、メリメリと亀頭の頭が食い込んでいく。

「ウ~ッ、きついぜ、奥さんの子宮は。さすが子供を生んでいない子宮は締まりがいいぜ。子宮の口がまるで初体験のアナルみて~にしっかりその口を閉めやがって、俺の亀頭を中々銜えようとしね~。あんたの子宮と俺の魔羅と、どっちが勝つか勝負だ。オラ、オラ、遠慮せずに一気にイカせえ貰うぜ。」

「イヤよ、イヤイヤ。これ以上、あなたのオチンコ、もう入らない。今もあなたのオチンコで私のオマンコが、子宮が奥に突き上げられて、口から内臓が出てしまいそう。お願い、お願いよ、もうこれ以上、私をいじめないで、もう責めないで。イッ、イヤ~・・・・・・・。・・・・・・・・・・ギャ~・・・・・・・ッ ・・・・・・。」

妻の最後の悲鳴を聞いて、男の勝利を確信した。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2017年12月24日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】今、木田と妻がホテル情愛に陥っている。【鬱勃起】

今、木田と妻がホテル情愛に陥っている。

私は木田が今どんな事をしているのだろうと、、、、、、、、、嫉妬し、、、、、、、、、

散々弄ばれ、、、、、、、、、、、、、、、

妻は何度も絶頂を木田に告げ、、、、、、、、、、、、、、、、

木田の射精を膣内に欲して、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

懇願しつづけているのか、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

私は1人自宅で嫉妬と興奮で、自虐的な雰囲気の中で40男の手淫をしている。

私は色々な想像で頭がおかしなって、興奮で手が震え、この年の自慰にもかかわらずすぐに絶頂近くにまで到達してしまう。

こんな嫉妬と興奮でする時は、自分で自分を焦らしながらする自慰は異常に興奮します。

しかし、耐え切れず、妻のショーツの中へピューッピューツと精を放ったのです。

私はその晩、興奮がおさまらず、妻が帰宅する朝まで3回も自慰をしてしまいました。こんな事になったのは、私と妻との再婚に起因しているのです。

妻は離婚暦4回と言うつわもので、離婚原因はすべて妻の浮気だったそうです。

他方、私は40過ぎまで独身で、ひたすら自慰による性欲処理をしてきた男です。

さらに仮性包茎でセックスには自信がなく、長い間自慰のみで生活していると自慰でないと立たなくなってしまう傾向があります。

ソープランドへ行き、どうしても立たないので自慰をさせてもらった事もあります。


体験談関連タグ

|||||||||||

2017年12月24日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【寝取られ】妻の浮気~公認するまで【鬱勃起】

妻27歳は私と結婚するまでに25人の男性経験がある。

14歳で初体験してから、一度も男を切らしたことが無い。

と言うよりも、常に複数の男と関係を持っていた。かくいう私も浮気相手の1人だった。

私の友人の彼女だったのだ。

初めて彼女を抱いたのは、友人の家で飲み会があり、

帰りに私が彼女を送ることになったその日、「N君、最近いつエッチした?」「しばらくして無いよ、彼女と別れて1年一人だし、

セフレは前いたけど彼氏が出来て、させてくらなくなったから」「せんずりしてるの?」「はっきりいうなぁ~、まあそうだけど」「女のあそこにチンポ入れたいんでしょ?」「あははは」「中に出させてあげようか?」「冗談言うなよ、Kの彼女だぜ」「内緒でエッチしようよ」「ほんとに?」「N君のエッチどんなのかなぁ~?」「普通だと思うよ」

そんな言葉を交わした後、彼女のアパートに行った。「一緒にお風呂入る?」「いいの?」「おちんちん洗ってあげる、ウフフ」

彼女と一緒に風呂に入り、その後ベットで抱いた。

こんなに乱れる女は初めて見た。

キスした瞬間から無限大に激しく悶え始め

ペニスを入れた瞬間、アパート中に響く声で悶え、

射精までの数分間、私の頭の中はいやらしいあんなの喘ぎ声で埋め尽くされた。「あああーっ、また他の人から出される、チンコの先から

アレが中に入ってくるぅーっ、イクイクイクぅぅぅ」彼女のイク瞬間の声とともに私は彼女の子宮に精液を

トロトロと流し込んだ。それから彼女とは時々会って、エッチを楽しむようになった。


体験談関連タグ

||||||||||||||||||

2017年12月24日 | 体験談カテゴリ:寝取られ体験談

【人妻】単身赴任の間に妻が・・【隣の芝生】

私は44歳のサラリーマンで現在単身赴任中です。

妻は42歳の専業主婦で高校2年生の息子と二人で留守を守ってくれています。単身赴任で転勤になってもう2年余りになりますが、半年ほどで本社に帰れる手はずになっています。

最初は妻と息子だけ残して転勤というのは心配でしたが、息子の高校進学もありましたし、

妻は柔道2段の段持ちで曲がったことが大嫌いな真面目な性格でもあり信頼して家を後にしました。ところが息子が高校に進学して間もなく、妻からのLINEで息子がイジメに遭ってるようだと知りました。

仲間外れにされてるようで、落ち込んでいると知らされ私も悩みました。しかししばらくして妻から自宅に友達が遊びに来るようになったと報告があり安堵していました。

妻からは毎日LINEで報告があり、息子も明るくなったとか、学校が楽しいようだということで安心していたのです。

AくんBくんはイケメンだとか少し嫉妬しそうな情報も送ってくるようになりました。(笑)

毎月とはいきませんが私も有給とか取りながら妻や息子の待つ家に帰るようにしていました。ところが昨年の秋頃からだったでしょうか、息子の友達たちが遊びに来てくれるのは良いのですが

我が家が溜まり場のようになってきてると心配するような内容になってきました。

でも私は友達が多いことは良いことだからとあまり気にしてなかったのです。

それに進学校ですし、不良みたいな生徒がいない学校でしたから余計に油断したのです。しばらくして突然、妻からのLINEやメールが来なくなったのです。

こちらからしても『大丈夫』『何も変わったことはない』との短い内容でした。

心配で気になっていたのですが、10日もしたら普通になってきたので、そんなことは忘れていたのです。我が家に帰っても特別変わったこともありませんでした。

ただ私が帰ると息子の友達は全く我が家に来ないのです。

妻は私が帰る時には息子の友達に『主人が帰ってくるから』と言ってるので気をつかって来ないのでは?


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【近親相姦】妹を犯す【血縁SEX】

俺は妹がはっきりいって嫌いだ。ちょっともてるからといってお高くとまってるし

自分勝手だし。いつか復讐してやろうと常に思っていたときにチャンスは到来した

その日は両親とも朝からお出かけしてて夜遅くにならないとかえってこないし、

俺は朝からビールを飲んでくつろいでいたら、妹がきて、どうも昨日嫌なことが

あったみたいで「私もお酒のもっかな」といいつつ、俺が買ってきた缶チューハイ

を飲み始めた。俺は妹がお酒がつくよくないことを知っているし、一本も飲んだら

寝てしまう。案の定一本飲み終わるとロレツがまわっていない。まだ飲み足らない

だろうといいながら、3本飲ませた。泥酔状態。。。。

大の字になってねてしまった。俺は妹を全裸にして、デジカメで写真をとりまくり

そして、挿入してやった。ほとんど反応なし。

そのうちに「あ。。。。。」っと少し反応がでてきたので、後ろ手にしばりあげ

てバックから挿入。そうしてると「あん。いい」っと感じはじめた。

それでもやめずに腰振っていたら「いっちゃう。。。。」っと明らかに違う反応

そして、俺もそのうちに果てた。

今の彼女用のバイブを持ち出してきて、がんがんいじめまくった。


体験談関連タグ

|||||||||

2015年3月11日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】妹の尻叩き役【血縁SEX】

実家にいた頃の話だが

昔の俺はなぜか、学年の離れた妹の尻叩き役を任されてた



慣用句的な意味じゃなくて実際の話な

妹が悪い事して親に怒られると、最後に折檻する役目が俺に回ってくるの



もちろん最初は普通に親が一通りやってた

ただ妹が怒られても怒られても逃げて、すぐ俺にべったり張りつくもんだから

「そんなに好きならお兄ちゃんに怒ってもらいなさい!」って急に押し付けられた

仕方ないから何回か妹の尻叩くと、泣きはしたがやはり俺から離れようとしなかった

それが保育園通ってたあたりな

似たような事が何度か続くと、妹は自分から俺のところへ来て「はい」と尻を向けるようになった

「また何かしたのか?」と聞くと「お母さんには言わないで」と懇願してくる

そんな場合とりあえず尻への折檻だけ済ませて、問題が大きい場合はあとから母親に報告した

大抵は俺の判断でいいと言われたが


体験談関連タグ

|||||||

2015年1月24日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【人妻】女性向き風俗【隣の芝生】

俺は、風俗嬢ならぬ風俗坊だった。切っ掛けは、SMバーのM男だったんだけど、オーナーが新しいスタイルを考えた。

M男ショーの客層は、年輩の女性とゲイのおっさんで、女王様ならぬ、お姫さまプレーの風俗だ。客層は、述べた通り、年輩の女性で、個室に入り、客が満足するまで、犬の様にアソコを舐める。本番はせずに、バイブとローターと指と主に舌を使う。40オーバーの客層のアソコは、加齢臭にもにた、香りを放つ、俺たちに選択権は、無いから、美味しくいただくふりをする。たまに、30代の客も当たるけど、ブスかデブが関の山だ。大抵の客は、本番を要求するけど、絶対しない。だって客は、プレーで、興奮してるけど、俺は、勃起しないよ。金のためってね。

でも皆、基本は、M男だから、命令口調と、情けない姿の自分をって、考えたら、ある程度は勃起する。いわゆる半立だね。他の面子は、結局チップ貰えれば、本番するらしい。自分は、性感帯の殆どがアナルだから、客がフェラチオして、勃起させられても、断ってる。一様、店の禁止行為だしね。

だから、客からクレームがくる。

オーナーは、禁止ってのは、建前だって、事情を話すと、ならって、違う客層を斡旋してきた、そう・・・ゲイの客だ。

オーナーとの約束で、俺からのフェラチオは、無しでって事で、了承した、しかしね。

それが、たまんないんだよな。

アナル好きなら、失神する程の気持ち良さなんだよ。

今、俺のアナルは、ゲイの893親分さん専用で、月に小遣い100万円と、マンションを、買ってもらったよ。

体験談関連タグ

|||||||||||||||||

2014年10月15日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】妻と私の結婚生活【隣の芝生】

私達は、結婚して10年を迎えようとしています。

妻:34歳 私:36歳

初めの2年位は子作りにも励んでいたんですが、お互い夜の営みを楽しむ様になり

子作りを止めました。

まぁ妻はドMで私はS、すっかり型にハマってしまったんですね。妻のMに気づいたのは、2人で旅行に出かけた時でしょうか?

旅館で食事を楽しんだ後、妻を布団に寝かせSEXを始めました。

妻の後ろから挿入しようと四つん這いに体制を変えた時です、帯が妻の身体に絡みつき

ちょっと縛られたんです。私は慌てて帯を解こうとすると”何だか興奮するわ”と妻が言いだし、

そのままの格好で挿入すると、いつも以上に妻は喘ぎ、興奮していました。

そんな妻の後ろ姿に、私も興奮し、白い大きなお尻をビシッと叩いてみると、”あっ・・・いい~”と

声を上げ始めるんです。Mっ気があるのか?と思い手を縛り、天井の柱にくくると、半立ち状態で

バックから挿入しました。

今まで見た事が無い位、妻は乱れ悦びそして中に思いっきり出してあげました。

ハァハァ息を切らせながら、”露店風呂で続きしよう”と甘える様に言われ、私は妻の帯を解き、

肩を抱き合う様に風呂に向かいました。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月22日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】仲良し夫婦【隣の芝生】

妻の愛美にせがんで、過去の男とのエッチ話を聞かせてもらうようになりました。

最初は最高のオカズだったんですけど、何度も聞いてるうちに新鮮味も少々薄れ気味です。

結婚前に愛美が付き合った男の数もそう多くもないし、昔の話だと忘れちゃってることも多いしね。

いっそのこと、浮気でもしてきてくれないかと頼んでみようかしら。

新鮮味が薄れたとはいえ、やっぱり萌えちゃう愛美の過去。

その愛美がリアルに浮気をしたら・・・想像しただけで勃ちまくり。

ネットで探せばそのテの体験談は山ほど見つかるけれど、本気で実践してみようと考えたらそう易々とは踏み切れない。

だいいち愛美が言う事聞いてくれるかどうか。そこが最大の難所です。

3ヶ月ほど悩みまくった末に決めました。

断られたらきっぱりあきらめよう。でも、言うだけでも言ってみようと。



うちでは毎週土曜日の夜がエッチの日。

晩御飯を食べたらダラダラと二人でTVを見、紅茶を飲んだらお風呂に入って、11時くらいからエッチスタートって感じです。

その日もいつも通りの流れで、まったりエッチが始まりました。




体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

2014年9月9日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談

【人妻】妻を常務に預けてしまった(5)【隣の芝生】

 妻を常務に預けてしまった(5) 妻の雅美は、旅行から戻って常務を愛しているように思えた。雅美も悩んでいた。幾ら財産が貰えるからと言って常務の子供を妊娠することに少なからず抵抗を持っていた。旅行からはピルも服用していなかった。その後のセックスは生で行い膣の中に出している。妊娠は時間の問題のように思えていた。「雅美、俺のDNAを後世に残してくれ、お願いする。癌が進行している。雅美とセックスできる期間も残されていない」

 常務が涙を零しながら雅美に訴えた。その涙には抵抗できなかった。

「私、常務の子供を産みます。妊娠させてください」

「妊娠するように頑張ろう」

 二人は、抱きあって身体を重ねていた。常務も生きて来た証を残すために最後の奮闘を御粉っていた。 私にも常務から内線があった。常務の部屋に入ると常務が土下座した。

「君には不服かもしれないが雅美が妊娠することを許してくれ。俺の残された命は僅かしかない。俺の血の繋がった子孫を後世に残して置きたい。俺が愛している雅美に産んで貰いたいのだ」

「雅美は、承知したのですか」

「雅美は、承知してくれたが主人が心配だと言っていたので—–その代り、俺の全財産を君達に相続する」

「—-常務、椅子に座ってください」「解ってくれたか—ありがとう。ありがとう—-もうすぐに弁護士が来る」

「弁護士が—-」

「俺の財産を君達に譲渡する段取りをしてくれる弁護士なのだ」 ドアがノックされた。

「高見と申します。常務、身体は大丈夫ですか」

「医師からは恐らく半年と言われた。俺はいつ死んでも良くなった。この間、話したように雅美が妊娠したら私の財産を雅美夫婦に譲渡するようにして貰いたい」

「譲渡すると譲渡の税金が50%になります。ここは雅美さんに書類上だけ離婚して貰い、妊娠、出産まで待ちます。配偶者は財産の1/2を相続する権利が発生します。無駄に税金を支払うこともないです」

「ご主人、私の話に納得して貰えますね」


体験談関連タグ

|||||||||

2014年9月3日 | 体験談カテゴリ:人妻との体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ